FC2ブログ
ドラマブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14才の母・・・志田未来
ストーリー

14才にして子供を身ごもった女子中学生・未希
・・・彼女は、普通の女の子、だった。
新しい 「生命」 をその体に宿すまでは・・・
両親、兄妹、先生、友達、
周りの人々全員の猛烈な反対を受け
彼女は一人ぼっちになってしまう。
誰一人、母親になることを認めてはくれない。
彼女が幼すぎるから。彼女がまだ中学生だから。
誰もが、彼女に、「堕ろせ」 と言う。
誰もが、「堕ろせばいい」 と、いとも簡単に言う。
肉体的にも精神的にも追い込まれていく主人公…
でも、その苦しさの中で、彼女は気付く。
「私は一人ぼっちじゃない。一人だけ味方がいる。
私にはこの子がいるもん!」

彼女は、産む決心をする。
14才にして母親になる決心をする・・・

かなり気になるドラマだなぁ。
去年「女王の教室」で圧倒的な演技をしてた、志田未来ちゃんサプリでも優等生役を演じていたけど今回の役は今までと違う志田未来ちゃんを見れそう!!

志田未来


お笑い芸人、次長課長の河本さんも出演するみたい。
こちらの演技も楽しみですね!


スポンサーサイト

テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
14才の母
どんな母親になるのでしょう
2006/09/27(水) 23:29:12 | URL | 14才の母 #I4t1ZHtI[ 編集]
中学生が危ない! [ 14歳の母 反対 ]
中学生が危ない! [ 14歳の母 反対 ]
昨日の放送は見みました。
見ていないと反対意見がかけないからです、
14才の母最新情報掲示板に、
こんな書き込みを見て黙っていられなくなりました。

見た人からは、そんな過激な場面はなかったということで、
ああ、ちょっと安心していたのに、
「14才の母」で検索してはじめに出てくるブログの書き込み。
http://14.teleplay.info/article/24755322.html
「14才の母、最新情報」

かなりやばいです。
見ていられません。
皆さんはどう思いますか?

自分の子供がこんな書き込みをしていると知ったら、
普通の親は嘆き悲しみます!

やっぱり14才の母、放送反対です!
スポンサーの不買運動しましょう!

スポンサーってどこだろう?
2006/10/14(土) 21:10:53 | URL | 三田 次郎 #-[ 編集]
14才の中2はどんなに考えても賛否両論にはならず
15才や16才の母だったら、賛否両論はできるしかし14才の中2はどんなに考えても賛否両論にはならず結論は否しか出ない。15歳や16歳の高校生では義務教育終了してしまってもまだ生活能力はなく親からの学費で生活している。高校生の出産がテーマなら出産をして育児するために高校を退学するか中絶して高校生活を送るかの選択になる「14才の母」では早くも未来ちゃん以外のドラマ以前から噂されていたもう一人の「14才の母」と思われつ生徒は1年遅れで未来ちゃんの学級に復帰したこれはすでに育児で1年間学業を休業した。もう一人の「14才の母」と見る人が大半だ。わずか42人しか14才の出産はない。47都道府県に1件しかないかの現象が2年続けて起きる中学校は異常としか言いようがない。14才は出産のリスクが危険であり青木家のアザミを読んでみて編集後記を見ると「私は運が良かった」とかかれている出産手記があった。去年のケース から見ても42件の14才の出産があったが、17人死亡25名しか生存しておらず。3分の1が一ヶ月以内に死亡する危険なリスクが第2の「14才の母」の出現は14才の出産をさらに推奨してドラマぶち壊しの恐れがある。この子は妊娠は単なる噂だけの子で描いてほしい。そうしないと美希(未来ちゃん)の「14才の母」が食われてしまうのだ。また2回つづけて14才の出産成功ケースを出すと危険リスクが見ているものに伝わらないのだ。また14才で自立する事が不可能なことや世間の風当たりや問題提起を表現する事が難しくなってしまうのだ。ここは慎重に描かないといけない。このドラマのせいで中学生の間でセクッスが流行する可能性もある。金八の「15歳の母」は今の日本に10代のセックスや妊娠は、当たり前の時代にしてしまった罪の重いドラマなのだ。問題提起では14歳と言う年令からして設定が間違いである。14歳では、妊婦として身体が保たないし下手すれば母子共危険がでてくる。ドラマを成功させたいなら手抜きは、辞めてほしい。私の妹は中一の時ちょうど志田未来ちゃんと同じ身長・体型だったけど生理きてなかった。中2で身長が161cmのなった中二5月でやっと来たのだ。志田未来ちゃんも初潮きていない可能性が高い。妊娠なんて程遠い世界だと思う。リアリティなさすぎだ。そしてドラマを見た中学生の間にセックスブームが到来してコンドームしていても無効なエイズやSTD性感染症があっという間に蔓延して子供が作れないようになる。避妊そどうさえすればいいということは今はできないのだ。とんでもない過激なドラマで、才能のある小学生や中学生を汚していく事はやめろと言いたい。フェミやジェンフリが芸能界仕切ってるからこういうことになる。ほんとに気分悪い。性教育が逆効果起こして悲惨な結果になっている現状。こういうのは逆効果になること確実である。来年の214歳以下の出産数が2005年の42件を越えると「14才の母」は日本壊滅への道のりドラマといわれても仕方がない中学生や高校生の出産が10万件超えると日本は予算は1兆2000万円にもなり崩壊するのだ。未来ちゃんは今後色気のあるエロ女優、かつての関根恵子路線を歩ますためだがこの路線は厳しい句準用は短い。こんなドラマは「アメリカや欧米先進国」じゃ絶対に垂流せない、下品で卑しい日本のテレビ局はなんでもあり状態。特に日テレとTBSのドラマはみるに耐えない放送倫理無視したドラマだらけだ。節操がない。こういう話題作りの仕方といい、子供を出しにつかう。児童ポルノにもなりかねないやらしいこの番組のスポンサーの心境がわからない。国策ドラマや少子化対策の切り札にはまったくならず逆に少子化を加速化させる基になる。ロリコンが増えて幼女(小学生や中学生、高校生)目当ての性犯罪も増加する。頭おかしいんじゃないの?このドラマ作る人は。と思わず突っ込みたくなる。志田未来ちゃんは清純路線を歩む子だと思って人はガッカリしている。ドラマでも14才のセックス、妊娠、出産は許せない、嫌悪感を覚える。このドラマは今後、安易に考えないで現実的に制作してほしい。14才という低年齢は子宮が16歳の4分の3しかない。このために安産はできないのだ。青木家のアザミでさえ自分は運が良かったと述べている。海外でもみんな帝王切開手術で死者も多く出ているのだ。日本も実際に死者がでているのだ。医師全体は増えているが産婦人科医は激減している。それはなぜか、出産中絶に伴う事故が多く起こり裁判になりとんでもないことが多いから産婦人科医はなり手がなくて激減している事実も描かないとドラマがまとまらない。またいくら早発月経の子供でも小学校高学年の低年齢出産は母体の命は帝王石化腕も危ないのだ。14才以下が2005年は42件一ヶ月以内の死亡は17件生存者は25人だこの
2006/10/15(日) 20:38:27 | URL | ギララ #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
近所の人たちに「14才の母」を子供達と一緒に見た親はいなかった小学生はもう就寝の時間だ中学生も部活動の子供は朝練習で午後11時まで起きるのはきついまた中3は受験勉強タイムである。また頭から子供たちには見せなかったといっていたが保護者達はどんな番組か見ないと感想も遅れないから保護者達は見たという家庭が多かった。し両立輪私は30%と見ていたが19,7%だがそれでも水曜日午後10時枠ではNO1だったが多くは保護者の視聴率で跳ね上がった。ドラマのテーマに無理があるがそれ以上にドラマのストーリーや脚本から問題があるとの声が上がった子犬を助けようと危険な橋の上に行き落下して現実なら命がなくなるシーンやもう一人の隠れた14才の母の登場は同じ中学校にはありえないことで避難が出ている。また万引き成功シーンは小中高の保護者からも非難の声が上がりここは店員に見つかりしかられるが理解のある店員で許してもらえたと言うような工夫がない。少年犯罪で一番多い万引き推奨につながらないかとの非難の声が上がった。「14才の母」は中学生の出産主意小番組になる恐れがあるから我が家は主意曜日の午後10時は視聴TV禁止にしました。変な影響を受けたら困る。という女子中学生や高校生の保護者達の声が聞こえた。私は「14才の母」は金八の「15歳の母」のように日本をおかしくするTV番組になってほしくない。全国PTA連盟も苦情は過激な性教育やジェンダーフリー教育の場面が出ると黙らないだろうと思う。視聴率主義や商業主義で、日本人の性のモラルはどんどんおかしくなっていく。「14才の母」は日本崩壊番組になる恐れもあるのだ。
「女王の教室」では今ビデオで見直すとの未来ちゃんの失禁シーンといい非常識な教師の行動は現実とかけ離れすぎだ。今のテレビの学園ドラマは視聴率稼ぎなので現実とかけ離れすぎている。私は志田未来ちゃんは私は嫌いではない。どちらかというと応援している。しかし、14才の母の主演。この役は13歳の志田未来ちゃんのイメージに会わないし誰が約を行っても14才の出産は47都道府県以下の異次元の世界なので非難は確実に出る。彼女の女優として、人間として、その後のキャラクターが決まってしまう。2チャンネルにはすでに小学生でセックス体験済みだとか、だから抜擢されたとか、いろいろ書かれているけれど、こういう番組の主演をするだけでいろいろ書かれ、噂され、固定したイメージを植えつけられ、持ち続けられる。松田聖子と中森明菜。持ち歌のイメージが二人のその後を決めたとも言われる。二人とも清純路線で大成功してなお活躍中である。志田未来ちゃんが「14才の母」のような汚れ役になるのは、なんとも残念だ。14才の母、は問題になり放送してはいけない番組を放送してしまったのだ。来年厚生労働省で14才以下の出産が42件以上になると日本崩壊番組と叩かれる中学生と高校生の母が10万人に達すると日本は崩壊すると言われる。主演志田未来ちゃんも影響を受けるだろうけれど、見る子供たちも間違いなく影響を受ける。「14才で子供を産むことってあるんだ」「ということはその前に体験するんだ」「好きだったらいいんじゃないのかな」その上、児童に権利を与えようとか今話題になっている。本当にやめて欲しい。日本はますますおかしくなる。童貞処女は恥ずかしいことではない。本当は誇れることなのに。結婚前に体験することが、どれだけ心を傷つけるか。マスコミは良識を持って放送報道をして欲しい。今後は第一回のほう放送のマナーを良く守り金八のパクリにもならないように過激な性教育やジェンダーフリー教育の要素は一切出さないこと、また命がテーマなら子供の中学生の出産推奨番組にならないようにパピーエンドにせづにバッドエンドにすること。コンドームやセックスペニスヤバギナと金八のように性的用語を連発してジェンダーフリーカラーを出さないことが大切だ。「14才の母」は視聴率は衝撃的な内容で子供を堕落させる恐れもあるのだ。開放的な性教育は、10代の妊娠を増やし、社会的負担を増大させ、何より子供たちを不幸にする。そしてその赤ちゃんも不幸にする。エイズ時代のアメリカの性教育を扱った本
http://www.newsdesign.co.jp/at_work/aids.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アメリカでは、開放的な性教育を行った結果、かえって多くの少女が不幸な妊娠をする結果となり社会問題化。ブッシュ政権下で厚生省の10代妊娠対策室長を務めたこの本の著者は、日本でもさかんに言われるSAFE SEX(コンドームなどを用いた安全な性交渉)教育ではダメ、SAVE SEX(結婚までは性交渉を控える)教育が効果を上げたと報告。日本はアメリカの失敗を真似ないでほしいと述べています。女優でもある彼女の白いスーツ姿の写真と純潔を表す白ユリをモチーフに、フォトショップで構成。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今はコンドームの使い方を教える性教育ではだめなのだ!」(14才の母」反対ブログより引用)
結婚までは貞操を守る!自分の体は大切にする。性の価値観や性のモラルを教える日本社会にならないといけないと思う。子供を持つ親の当たり前の気持ちなのだ。

2006/10/16(月) 18:02:33 | URL | ギララ #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポートまだ16歳の母なら賛否両論できる学業選ぶか意気地選ぶかの研究討議はできるが 、中学生2年生では賛否両論にならず結論は日本国民全体のことを考えると否しか出ない。中学生や高校生の母が10万人に達すると日本は潰れるのだ。性に興味があるから間違った知識でやってしまう可能性もありさらには大人の性も煽り少女性愛者(ロリコン)の犯罪が増える恐れもある。事実小学生や中学生、高校生を対象にした性犯罪が増えている。中学生や高校生の性犯罪は表に出ないし小学生ほど注目されないが実際は小学生の性犯罪の数十倍も発生している。「14才の母」は主演の13歳の中1の子役志田未来ち ゃんの演技がすごくても、ドラマの設定が過激であるから、中学生に与える影響は非常に大きい。たとえ14才の母になってはいけないと、安易な性交渉はいけないという筋書きであっても、妊娠したんですから、最後産むんですから、好奇心旺盛な子供たちには、どうしても、その前に行う行為に関心が大きく、志田未来ちゃんがかわいければかわいいほど、演技がよければ良いほど、中学生同士の安易な付き合いが増え、10代の妊娠がますます増える可能性があります。もう日本は限界状態に来ている14才以下の出産は2005年は42件だがそれでも性教育がまったくなく高校生も純情な時代の1970年の日本万国博の年は子供は今の2倍 。もいながらわずかに12件である。今はゆがんだ教育となった性教育のせいで3倍の42件だこれが47都道府県の数を越えるようにな ると一気に増加傾向に展示悲劇が多く起こる去年は42件の14才以下の出産児は1ヶ月以内の死亡が17件生存者は25名40%生まれても死亡リスクが伴い有名な青木浅見さんも14才の出産は運が良かったと述べている。非常に危険な14才以下の出産リスクをよく考えて描かないと金八のパクリと言われる金八で「15歳の母」があったが15歳と14才ではまったく進退の発育状態が違い16歳からは体が完成しているから出産の危険リスクはないが15歳は16歳の5倍の危険リスクがあり14才は5倍の危険リスクが伴う16歳の25倍もの危険リスクがあるのだ。産婦人科医も出産や中絶の危険リスクが多くなり手がなく医者の数は増えているが産婦人科医は減っており医師不足になっているのも大きな社会問題になっている。ここもきちんと描くことが大切だ。すでにドラマの設定自体が過激なのだ。だから、このドラマの視聴率が上がれば上がるほど、日本は70年~80年のアメリカ社会のようになる可能性がある。10
代の妊娠出産が増え、親は安易に離婚し、親も子供も不幸になる。アメリカはそれで経済成長率が下がり、犯罪が増加し、80年代までは大変だった。アメリカは性に対して自由な教育=コンドームの使用を教える性教育をやめて、クリントン政権でさえ、結婚するまで純潔を守る性教育に変えて、10代の妊娠は減り、社会不安要素も減っていた。パピーエンドでではなくて出産の危険リスクも大きいことも考えて、最悪のバットエンドでないと命の尊さは伝わらない。「設定が過激なだけで、「ドラマ自体は泣いたり、わめいたり、どなったりだけの欝ドラマ」とか、また設定が金八パクリと言われな いようにするためには、金八とはまた急激に時代が変わり過激な性教育やジェンダーフリーが中止された今の時代に合うように過激な性教育やジェンダーフリー教育につなる、セックスや性交、ペニスやワギナ、コンドームやピルといった性的用語は出さない、生徒に言わせない、ことが大切だコンドームは避妊ができてもエイズやSTD性感染症は防げない。逆にこのドラマに刺激を受けたバカ者たちがフリーセック状態になり、コンドーム使用によりエイズやSTD性感染症が蔓延すると妊娠以上に怖いからだ。また第一回の放送
を見て中学生の校内暴力を助長するシーンにならない工夫も大切だ。学校を午後から作を超えて脱走まったく気が付かない教師の管理ミスを棚に挙げて学校長から担任への注意もない。教育現場の担任教師普通なら家庭訪問して親にも忠告をするのが現実の教師の世界なのだ。指導不足教員ばかりの学校に見られる。また妊娠検査薬の万引き成功も中学生の万引きを煽る。子犬を助けるために命を顧ずに助けに行く美希(未来ちゃん)は本当の勇気ではないことや学校教育現場の先生をあまりにもバカのして学校の先生のイメージを悪くしている。今日は福岡県の中学生の自殺が教師の言葉が原因で学校も大変な事態になっている中学校がある。学校長も言い訳するのは責任逃れではなくて、つい出てしまうのだろうが、このようなドラマの中学校の先生と現実の教育現場の中学校の大きな事件とのイメージが重なると世の中の先生の印象がますます悪くなる。本当の教師の現実性に迫

2006/10/17(火) 22:29:05 | URL | ギララ #-[ 編集]
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート まだ16歳の母なら賛否両論できる学業選ぶか意気地選ぶかの研究討議はできるが、中学生2年生では賛否両論にならず結論は日本国民
全体のことを考えると否しか出ない。中学生や高校生の母が10万人に達すると日本は潰れるのだ。性に興味があるから間違った知識でやってしまう可能性もありさらには大人の性も煽り少女性愛者(ロリコン)の犯罪が増える恐れもある。事実小学生や中学生、高校生を対象にした性犯罪が増えている。中学生や高校生の性犯罪は表に出ないし小学生ほど注目されないが実際は小学生の性犯罪の数十倍も発生している。「14才の母」は主演の13歳の中1の子役志田未来ちゃんの演技がすごくても、ドラマの設定が過激であるから、中学生に与える影響は非常に大きい。たとえ14才の母になってはいけないと、安易な性交渉はいけないという筋書きであっても、妊娠したんですから、最後産むんですから、好奇心旺盛な子供たちには、どうしても、その前に行う行為に関心が大きく、志田未来ちゃんがかわいければかわいいほど、演技がよければ良いほど、中学生同士の安易な付き合いが増え、10代の妊娠がますます増える可能性があります。もう日本は限界状態に来ているのです。 今日は「14才の母」第2回の放送だ今日は視聴率は30%超えが予想されているがこれは「14才の母」批判派がみんな見るから視聴率が跳 ね上がるのだ。だから丹って物高視聴率で喜べない事実もある。「14才の母」について多くの批判の書き込みがあるのは、このドラマの問題の関心の深さ、深刻さを表している。放送禁止用語の問題も多くあるが第一回放送では出なかった。 「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが、日本共産党をはじめとする無神論的唯
物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべて。しかし、「14歳の母 」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であり、日本人として断固許せない。安倍新政権になって教育の再生が求められる中で、日教組をはじめとする家庭崩壊推進団体の薄気味悪い笑い声が聞こえそうだ。まず、このドラマを徹底的に批判することが大切だ。そのためにはマスコミが注目してもより批判は視聴者は批判ブログもあるから多く批判文を書き込んでほしい 。そしてこのドラマのスポンサーすべてに対して倫理的、道徳的な問題点を突き上げ、スポンサーから下りてもらうように徹底して抗議行動を展開することが重要である。「愛するってどういうこと?新しい性教育ガイド」「10代の性行動の危機を考え行動する会」があるのをご存知でしょうか(以下のHPからの転載です)10代の性感染症、少女売春、妊娠が急増しています。これは東京などの大都市のみならず、県内でも同じ状況にあります。我々、医師、教育関係者、心理カウンセラーは、このような10代の性行動の急速な変容に深刻な危機感を抱いております。つい最近の情報(国立国際医療センター、丸岡慎一所長)によれば、東京都内山手線管内のエイズ罹患率は、既に米国のそれを超えたとのことです。規範意識を喪失した10代の(もちろん大人も)性的行動の変容が、日本社会を滅ぼす決定的引き金になりかねません。これは単なる私どもの杞憂とはいえないと思います。この問題をあらゆる立場の方々に深く受け止めていただき、われわれ大人に課せられた責任を共に考えていきたいと思います。今、我々は、総力をあげてこの問題に取り組まなくてはなりません。これは今行われているコンドーム一点張りの性教育に問題があるといわれています。「欲望をコントロールしよう!」という明確なメッセージを持った運動が、今強く要請されています。1970年代も昔も21世紀も「14才の母」は実際にはありえないのです。なぜなら、14才以下の出産は1970年は12件、2005年は悪魔の教育である性教育により42件ですがまた47都道府県の数に達していないが性教育により3倍以上に増えた。しかし子供を生む事で母とは言えない。生命を育むことで「母」になるのであって、14才でその資格も能力もない。自力で育てる収入や生活能力もなく国の補助金(これは我々の税金が使われている)や親や親せきに大きく迷惑がかかる。


2006/10/18(水) 20:50:06 | URL | ギララ #-[ 編集]
「14才の母」はテーマ自体が無責任で、許容範囲を逸脱している。第一回の放送から教育現場の性愛は漫才の世界となり、教育現場の厳しさもなく北海道や福岡県で起きた児童生徒の自殺事件は大きな問題を呼び話題になる中でこのようなドラマの学校は避難されて当然なのだ。美希の脱出の対応も「学校の責任なのに外のことまで面倒見れません」という担任の無責任発言や担任への注意もない学校長も問題だ。母になる事とは、どういうことなのか?母の役割の大切さ、崇高な使命をこの本を読めば「14才の母」は実際には今の日本巣赤いではひとりもできないわけがわかる去年は14才いかの出産が42件あったが一人も本当の母になれていないのだ。ここには真っ当な日本人の育て方の必要性も必要だ。戦後、アメリカから輸入された「育児の常識」が日本人をダメにした。救国の育児論。少年による犯罪、モラルの崩壊、弱者に向かった凶悪事件……。「壊れた日本人」の出現は 、永年受け継がれてきた日本ならではの育児法が、戦後なくなってしまった結果だった。 本当に悪くなったのは性教育が遅れていると性教育を始めたことが子供の性の暴走を引き起こしているが性教育が始まった1990年はアメリカやカナダは禁欲教育がスタートしており欧米先進諸国も性教育と禁欲教育を含む自己抑制プログラムに変わっていた。2
ちゃんねるだけでなく多くの掲示板やブログでこのような過激な放送を日本テレビは、有害テレビ局だ!といわれても。仕方がないのだ。特に「14才の母最新情報」ブログがあるが、中学生達の悲惨な書き込みを目にして、驚きと怒りが込み上げて来た。これでは中学生にセックスや出産を推奨する番組になることは確実で来年の厚生労働省の発表で14才以下の出産数が42件よりも増えると「14才の母」は中学生出産推奨番組だと非難がでる。日テレにここは「14才の母」という衝撃的なタイトルで視聴率稼ぎの狙いがある事実第2回放送が多くの批判側も見るから30%超えもあるといわれている。しかし現実は「14才の母」は確実に悲劇であり、100%近い確立で不幸になるから真似をするなと子供に呼びかけたい。セックスなどもってのほかである。結婚まで自己抑制して「純潔」を守るように自己抑制力を養い教育が必要だが今の性教育はセックスは最高の触れ合いと教えるなどまったく逆の教育である。若い時は、もっとやるべき事がある。一時の感情に流されて青春を棒に振るようなことはするなといいたい。日本テレビの安易な報道には、抗議と制裁が必要である。これがどれだけの青少年を不幸にする、悲劇を巻き起こすのかという自覚がまったく感じられず、視聴率に狂っているかかだ。賢明な広告主(企業体)であるならば、広告差し止めをして欲しい1つ嬉しいのは、ネットで同じ楽天ブログに、私と同じ意見の方がいた事です「★14才の母、放送反対!1人でも多くの方が立ち上がり、放送停止に追い込もう。それが大人が子供を守る責任と義務を果たす、当然の行為であると私は確信するものです。」この人の「14 才の母」反対ブログ見大反響を呼び多くの批判意見が第一回のストーリーが全部ビデオのように分析され番組が非難されている。「14才の母」批判ブログはなお増え続けている。これに出産が危険で産婦人科医のなり手がない事件が昨日報道された奈良県で出産により脳内出血でに妊婦の死亡事故、子供は助かった。「14才の母」をノン党に命のテーマにするなら出産危険リスクも考え美希(未来ちゃん)を助けるか子供を助けるかの難産となり両親は美希を当然助けようとするが美希は医者と引き換えに「この子を助けて」と自分を犠牲にすることをいい産婦人科医も究極の命の選択を迫られる最悪のバッドエンドにしないと「14才の母」の命のテーマは伝わらない。無事出産ではこのドラマのテーマはなんだったのか金八のパクリかといわるようになるのだ。




2006/10/18(水) 20:50:52 | URL | ギララ #-[ 編集]
21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート 今日の放送を見て金八とは違ったカラーが出ているところは脚本家は評価できる担任も校長の注意を受けていた。また美希(未来ちゃん)や智志(春馬くん)からは「妊娠」という言葉ではなくて「赤ちゃんができた」という比喩的な言葉に置き換えられており、セックス、性交、コンドーム、ピル、避妊などの過激な性教育に結びつく言葉も出てこなかったのも良かった。金八とは別のカラーが出ているのでこのドラマの個性になり視聴率が高いところもある。金八のように過激な性教育やジェンダーフリーのカラーを強く出すと金八のパクリになる。今の性教育はジェンダーフリーの過激な性教育は禁止されているから性的用語は出来るだけさけて比ゆ的に描いていかないといけない。さてドラマだが第一回よりも第2回はかなり現実性に迫っていたが。産婦人科医の対応は社会的な子育ての大変さは良く描かれていた。美希(未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人になると日本は予算が無くなり国の崩壊の元になるのだ。しかし14さいの出産の危険リスクが描かれていなかった。2005年の14才以下の出産は42件あったが17人の新生児はすでに死亡しており生存者は25名60%の生存率がないことや出産に伴う脳内出血で帝王切開手術で出産はできたが産婦人科をたらいまわしにされて死亡した女性の事件が体外受精児が話題を読んでいる中で今も産婦人科医は出産や中絶の危険リスクでよく裁判が起こり産婦人科医の数は減り続いている事実も伝えないと本当の社会的ヒューマンドラマにならない。14才の出産の危険リスクは非常に高い部分を大切に扱わないと命の尊さは伝わらない。また妊娠を知った特は父親の本当の姿はかなり描かれていた母は親像は描かれていない。母親の方も父親以上に激怒しないといけない。あっさり父を制止する母親、男が激怒すれば
母親ごとぶっ飛ばされるのが現状だ。ここは母親もぶっ飛ばされて二人とも家出をして父が冷静になってから帰り、もう一度話し合いという脚本の工夫が要る。美希(志田未来ちゃん)を逆に包括しているようだとこの場面は避難が上がった。ここは工夫してほしいところだ。父、一ノ瀬忠彦(生瀬勝久)はかなり現実に迫っていたが相手の家はなしに行ったときにあっさり断られるダメ男現実なら逆に扉を強く開けて桐野智志(三浦春馬君)の母につめよるのが本当の父親だここで母親の一ノ瀬加奈子(田中美佐子)が冷静に話し合うよに仲裁にはいり女性同士の話し合いにはいらないとドラマの現実性は出ない脚本の工夫がほしい。また来週の予告編で桐野智志( 三浦春馬君)を張り倒す恋人の母、桐野静香(室井滋)の方が本当の母親像が描かれていた。美希(志田未来ちゃん)の母、一ノ瀬加奈子(田中美佐子)も初めは激怒して美希(志田未来ちゃん)を方伍してやる場面がほしかった。また噂の隠れたもう一人の「14才の母」柳沢真由那(谷村美月ちゃん)と美希(志田未来ちゃん)の放送部での喧嘩のトラブルでは担任の先生、遠藤香子(山口紗弥加)とのトラブルでは教師はこんな二打おいの科と思わせる場面だ電話でその後の様子も聞こうとはしていない。
性教育の過激化と一致しているなはやり一番の大きな原因だよ「14才の母」も性教育に引っかかる恐れがあるから金八の「15歳の母」のように絶対にならないこと金八は今の時代では過激で非難が出ている「14才の母」は過激な性教育の面を抑えてセックス、性交、避妊用具名やコンドーム、ピル、などの過激な元場これまでのように生徒には控えさせること今回のように妊娠といわず赤ちゃんができたのと稼動すれば赤ちゃんができるか知っているわねというように徹底的に比喩表現で行くことが大切だセックス、コンドーム、ペニス、ワギナ、性交なの土曜後は生徒に言わせない性教育シーンがあっても受精と妊娠は触れても性交や避妊は絶対に教えてはいけないから控えることが大切だエイズの部分も比喩的表現に変えることが金八と違う今の性教育にふさわしいドラマになるからだ。

2006/10/19(木) 20:56:22 | URL | ギララ #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
このドラマ「14才の母」はたんなるキワモノであり脚本井上由美の脚本がフェミニスト系に傾いており男性軽史の面がある。現実離れが激しく登場する人物や社会の多くの現場の現実に迫っていない。このような意見は2ちゃんねるをはじめ多くの掲示板に書き込まれている。治安が悪く性も乱れている後進国や発展途上国には「14才の母」は多くいるのではと思いがちだがこう深刻や発展途上国、アフリカや東南アジアの極貧地域やIRAの支配地域でも、14歳以下の母は非常に少ないのだ、原因は14才以下の出産は子供が生まれても死亡率が非常に高い。また栄養不足で排卵も思うようにいかず生理も不規則なことが原因になっている。やはり後進国でも17歳の母からが多くなっている。14才の母の子は生まれても無事に育たないのだ。一般に乳児の死亡率が非常に高い。番組製作者は「もう一人の『14才の母』ドキュメント」のような特例を元にドラマに制作しているとドラマの後は金八のように大変な事態を招く恐れがある。主役の志田未来ちゃんの事務所(研音)や日テレにもう出始めている苦情が十分にある。過激な意見では設定自体のタイトルから過激なので中止しろ!という書き込みも多く見られるが、ドラマは中止するわけには行かない。一部の子供は「14才の母」を見て、「14才の母」の世界が正しいと思ってしまう。
ニュースなら特種のこと報道していいが、アイドルを使ったドラマでは危険なのだ。一歩間違うと麻薬を吸っていいという宣伝とおんなじになる危険性もあるのだ。視聴率が高いからと日テレは喜婚ではいけない反対派も多く見るから視聴率は逆に高くなっているのだ。第2回の放送も多くの問題点がる。やはりまだ教育現場の先生が現実に向き合っていないこと。母親や父親の現実像が現実のようで現実と比較すると程遠いこと。娘の妊娠を知れば中2だけでなく成人の大人の父親でも怒りは収まらないのが現実の世界なのだ。テレビドラマとはの激怒とはレベルが違うのだ。これは中2の妊娠なのでなお一層深刻に描かないといけない。一部の特例ではなくて圧倒的多数の現実の方を下に描く必要がある。父親の激怒はある程度伝わったが母親の激怒が足らず母親は包括的な面がやたらに目に付いた。現実社会のヒューマンドラマ目指すといっているが、あまりにも現実離れがひどいのだ。何よりも14才の出産の危険性や産婦人科医がなぜ減っているのか重大な現実も描かれていない。これはドラマですといわれればそれまでだが「14才の母」という過激なドラマを行う以上は、日テレは全責任を持って子供の性を来年、逆に14才以下の妊娠42件を増やし47都道府県数よりも多くなると「14才の母」は中学生出産推奨番組と非難がでる。今後はもっと多くの現実社会に迫る究極の現実に迫っていくことも大切だ。また金八時代と今の時代は大きく違いジェンダーフリーの過激な性教育的用語は過激で非難が出てる「14才の母」は過激な性教育の面を俺までどおり抑えて生徒にセックス、性交、避妊用具名やコンドーム、ピル、などの過激な言葉をこれまでのように生徒には控えさせること。今回のように妊娠といわず赤ちゃんができたのと比喩てきな言葉で状況は十分視聴者に伝わる。「なにすれば赤ちゃんができるか知っているわね」というように徹底的に比喩的な言葉でドラマを進めて行くことが大切だ。セックス、コンドーム、ペニス、ワギナ、性交なの用語は生徒に言わせないこと。性教育シーンがあっても受精と妊娠は触れても性交や避妊は絶対に教えてはいけないことになっているから。性交やセックス、コンドームのような過激な用語は金八とは時代が違うので控えることが大切だ。エイズの部分も比喩的表現に変えることが金八と違う今の性教育にふさわしいドラマになるポイントのひとつだ。


2006/10/20(金) 18:05:12 | URL | ギララ #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート21世紀最大の超問題作「14才の母」にもう一人の14才の母が2ちゃんねるの噂 どうり隠されていた。もう一人の14才の母は美希(志田未来ちゃん)と同じクラスの柳沢真由那だ。未希のクラスメイト。大学生にレイプされ妊娠していたため、1年留年している。冷酷な性格。という設定だ。大変危険なキャラクターであり全国でも年間去年でさせ42年しかいない14才の母である。数万校もある全国の中学校に47都道府県の数にも満たない14才の母が1校に2人も穴痔クラスに存在縷々ことは絶対にありえない現象だけに視聴者は驚きの声を上げている。こうなるとドラマはグロ化してますます汚れていく。「大学生にレイプされ妊娠していたため」ということは性犯罪も取り上げているのだ。ありえないドラマとなり現実離れも激しくなる。柳沢真由那に美希(志田未来ちゃん)が食われる様子が十分にでてきたのだ。物語の進行にもやはり問題点が出てきそうだ。これはとんでもない問題中学で現実なら調査が行われ大変な事態になる。来週からとんでもない現実離れの方向に行かないといいが。ドラマが壊れないかと心配である。もうひとつドラマを壊す恐れがあるキャラクターが美希(志田未来ちゃん)の弟、一ノ瀬健太だ未希の弟。ませている。設定になっている。この弟もドラマをぶち壊す不安材料だ。小学校の過激な性教育の面が出るト大変危険だ小学生は精通と初経の指導は許されるが他のことは指導は許されない小学生で過激な性教育の面が出るとば中学生以上に大問題になる。 一ノ瀬健太が「性教育で赤ちゃんができる方法を習ったという」セリフがはいるとこれまた過激な性教育が行われている小学校だとい
うことになり大きな非難が多でる。金八時代とは時代が違うから過激な性教育やジェンダーフリーの面は徹底的に控えないといけない。生徒の言葉は比喩な用語で十分視聴者は理解できる。性的用語、セックス、性交、H、コンドーム、ピル、ペニスやワギナといった言葉は金八のように言わせない。控えないといけない。セックス表現では彼氏とやった、結ばれたと比喩的な表現が必要だ。これで十分にわかる。避妊については触れないこと多くの中学校は受精と妊娠は教えても途中課程での性交や避妊は扱わないことになっているからだ。避妊指導は危険だなコンドームでは避妊は出来てもエイズやSTD性感染症は防げず逆に蔓延させて女性だけでなく男性も不妊症にさせる妊娠以上に危険リスクがある。今の間違ったコンドーム一点張りの性教育が唯一先進諸国で日本のエイズやSTD性感染症を増やしている原因だ。『初めまして、こんばんは。私は17歳男子高校生です。先程、貴ブログを検索サイトでふと見かけ、10月の記事を見ると衝撃的なタイトルのドラマが…。「14歳の母」、頭の中が真っ白にになりました。民放大手の日本テレビがそんなふしだらな番組を作るとは思ってもいませんでした。もはや日本テレビは視聴率を稼ぐ事にしか念頭を置いていないのでしょうね。あれほど日本テレビを信用していた矢先でした。現代社会にはびこる「物質主義」の象徴ともいえる今回の日テレの行為。視聴率優先、内容後回し。子供の教育者であるはずの大人たちがこのような破廉恥な番組を作ってるようでは、将来の道徳・モラルの向上は不可能でしょう。保守派の私は未成年の性交は反対です。親、学校、放送局がもっと道徳や倫理を教えることに力を入れれば防げるのではないか。でも人間は人間。ロボットとは違い、感情が生まれながらにして備わっているのです。 だから多くの人、特に発達段階の未成年が淫行行為の被害者になってしまう危険性が高いのです。一番大切なのは大人、特に親のしつ
けや学校教育は子供の将来を左右します。指導者であり教育者でもある立派な大人があのような番組を制作するのはいかがなものか。ひとつ間違えば大変なことを起こしかねません。そうなればの親は泣き、やり場のない怒りにさいなまれることでしょう。一生ただただ後悔するだけ。言語道断そのものです。健全な教え方や切り口での「純潔教育」はもう存在しないのでしょうか。本当に残念としか言いようがありません。親自体もその権力を失ってしまいました。学校教育も子供の非行防止を防いでいるわけではありません。メディアの優等生といわれてきたテレビ放送も、これでは子供にかえって悪影響です。健全な番組は少数派になったとすら思います。ああ、堕落した日本社会、一体どうなるのやら。これも時代の流れなのか。私たち人間にはどうにもできません。』 14才の母の公式掲示板に送られていたメールである。今後はもっとドラマの現実社会にも迫らないといけない。いすアガ増えている中で産婦人科医がなぜ激減しているのか。10年間で30%も減り医療ミス問題で
2006/10/21(土) 22:02:56 | URL | ギララ #-[ 編集]
十代だけを見てみよう16歳から19歳までは20才から30歳の出産と変わらず無事出産できているしかし15歳以下だけを見ると80%が難産になっている。14才以下の出産は去年の42件をケースに取ればなんと98%以上の確率で難産になっているのだ出産できた新生児は1月以内に17人が死亡40%もの死亡率25人しか生き延びていない。ここからも14才以下の出産が以下に危険リスクが高いかを示している。青木家のあざみの青木あざみさんの本をこまめに読んで14才の出産のことが書かれていた「激しい痛みと長引く分娩で命がなくなると思った親子とも無事だったのは奇跡だった」と答えていた。青木あざみさんも14才の出産は生死をさまよう思いをしているのだ。『17歳の出産は楽だった』と答えている。ここからも14才以下の出産は以下に危険リスクが伴うのかがわかる今後は産婦人科医の現実や14才の出産危険リスクにも激しく迫って行かないといけない。第一回に比べて第2回はかなり現実に迫っているが現実離れしていてドラマを壊しかねない柳沢真由那や美希(志田未来ちゃん)の弟一ノ瀬健太に過激な性教育の面を出させないようにさせるにはどうすればいいか単なるオマセな弟なら視聴者は納得するが学校の性教育でおかしな面が出ると大変な非難が出てドラマ自体も崩れる。大きな課題や問題点が大きいドラマで多くの不反射を視聴者の対象に巻き込み高視聴率をかせいでいるが高視聴率だけでは日テレは喜べないのである。
2006/10/21(土) 22:04:44 | URL | ギララ #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作品「14才の母」リポート近所の人たちに「14才の母」第2話を子供達と一緒に見た親はいなかった小学生はもう就寝の時間だし中学生も部活動の子供は朝練習で午後11時まで寝ないと朝5時半に起きるのはきつのだ。また中3は受験勉強タイムである。また頭から子供たちには見せなかったといっていた。しかし保護者達はどんな番組か見ないと感想も遅れないから保護者達は見たという家庭が多かった。このために第2話も視聴率は16,8%に跳ね上がったのだ。16,8%でも水曜日午後10時枠ではNO1だった。しかし多くは批判派の保護者の視聴率で跳ね上がった。ドラマのテーマに無理があるがそれ以上にドラマのストーリーや脚本から問題が第2話もあるとの声が上がった。父親の怒りは現実の激しさはこんなものではない「怒れば親子でいったん家を出て逃げる」と答えている。ここは父親の怒りが収まらず母親(田中美佐子)も美希(志田未来ちゃん)もいったん家を出て逃げて父親の怒りが収まったときに冷静に話し合うという脚本家のアイデア不足がやはりある。また相手の恋人桐田智知 (三浦春馬君)の家に行ったときは、父はここで再び怒り智知(三浦春馬君)の母(室瀬滋)に殴りかかり男らしさが必要だここでははが父(生瀬克久)をとめて女同士の話し合いに入るという現実性の工夫がほしかったドラマがまだ現実離れしているのだ。また2チャンネルでもドラマが始まる前から噂をされていたもう一人の「14才の母」の登場。柳沢真由那(谷村美月ちゃん)の存在はドラマをさらに現実離れさせ激増しているといわれる2005年でさえ14才以下の出産は42件で47都道府県のがづにとどかず47都道府県に一人いるかいないかの確立だ1校に2人の14才の母が存在することは絶対にありえないのだ。なお14才以下の出産は2005年は42件だがそれでも性教育がまったくなく高校生も純情な時代の1970年の日本万国博の年は子供は今の2倍も多かったがわずかに12件である。今はゆがんだ教育となった性教育のせいで3倍の42件だが、まだ47都道府県の数を越えるていない。来年14才以下の出産が42件以上になると「14才の母」は日本崩壊番組だと非難される美希(志田未来ちゃん)の周辺の出来事は周りに迷惑をかけていることになり日本の中学生や高校生が美希(志田未来ちゃん)のような子になると日本は崩壊する。また14才以下の出産は悲劇になるケースが多い。去年生まれた14才以下の母の新生児は42件中1ヶ月以内の死亡が17件、生存者は25名であり40%は生まれても死亡リスクが非常に高いのだ。有名な青木あざみさんも14才の出産は運が良かったと述べている。非常に危険な14才以下の出産リスクをよく考 えて描かないと金八のパクリと言われる。金八で「15歳の母」があったが15歳と14才ではまったく身体の発育状態が違い16歳からは体が完成しているから出産の危険リスクはないが15歳は16歳の5倍の危険リスクがあり14才は25倍の危険リスクが伴う。16歳の25倍もの危険リスクがあるのだ。産婦人科医も出産や中絶の危険リス
クが多くなり手がなく医者の数は増えているが産婦人科医は減っており医師不足になっているのも大きな社会問題になっている。ここもきちんと描くことが大切だ。すでにドラマの設定自体が過激なのだ。だから、このドラマの視聴率が上がれば上がるほど、日本は70年~80年のアメリカ社会のようになる可能性がある。10代の妊娠出産が増え、親は安易に離婚し、親も子供も不幸になる。アメリカはそれで経済成長率が下がり、犯罪が増加し、80年代までは大変だった。アメリカは性に対して自由な教育=コンドームの使用を教える性教育をやめて、クリントン政権でさえ、結婚するまで純潔を守る性教育に変えて、10代の妊娠は減り、社会不安要素も減っていた。パピーエンドでではなくて出産の危険リスクも大きいことも考えて、最悪のバットエンドでないと命の尊さは伝わらない。また16歳の母なら賛否両論できる学業選ぶか意気地選ぶかの研究討議はできるが、中学生2年生では賛否両論にならず結論は日本国民 全体のことを考えると否しか出ない。中学生や高校生の母が10万人に達すると日本は潰れる。なお性教育に関しては文部省は学習指導要領では小学校では精通と初経を扱う、エイズ指導は消えた。中学校は受精と妊娠、エイズを教えるが経過は扱わないとされており性交や避妊指導は禁止になった。エイズ指導でも性的接触、コンドームは軽く触れるか取り扱わなくてもいいとされている。コンドーム着装指導は学習指導用免脱だつなのだ。小学校や中学校では性交や避妊し指導は禁止されている。高校で初めて性交や避妊指導に触れるようにされている。(文部省の学習指導要領より)中教審も性教育に関しては強く守るように通達している。「14才の母」はこの文部省の性教育の指導指針も守って番組を進めないといけない。


2006/10/22(日) 20:21:00 | URL | ギララ #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート下記のソースは「14才の母」で検索してはじめに出てくるブログの書き込みである。「14才の母、最新情報。これは露骨でかなりやばい内容ばかりで見ていられない。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクト
が強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。このドラマの話題の超過激な主人公を演じている志田未来ちゃんはどんな子なんだろうか調べてみると恐るべき事実が覚醒した。インターネットで最新情報が入り一番信頼性があるフリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』で志田未来ちゃんを調べると「『14才の母』の収録が終わったあと、母親役の田中美佐子と更衣室 で着替えていたときに、突然パンツ1丁で自作の歌を歌いながらおかしな踊りを踊り出したことがある。」これは志田未来ちゃんが普 通の中1とは思えない面がある。普通の中1は私も良く離しているがまだ子供であり純真なものである。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが、日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であり、日本人として断固許せない。安倍新政権になって教育の再生で性教育の大幅な見直しが求められる中で、日教組をはじめとする家庭崩壊推進団体の薄気味悪い笑い声が聞こえそうだ。視聴率が反対派も多く見るから跳ね上がるが、マスコミが注目し
ないように無視して番組を見た感想を生で批判することが大切だ。そしてこのドラマのスポンサーすべてに対して倫理的、道徳的な問題点を突き上げないといけない、スポンサーに徹底して抗議行動を展開することが重要だ。しかし「14才の母最新情報ブログ」には下記のような書き込みがあり私は反論した。「14才で子供を産むのは多くのリスクやデメリットがあると思います。しかし、多くの喜びや苦労を経験することは素晴らしいと思います。ネガティブな発想で後悔するより、前向きな発想で苦労に立ち向かいましょう。色々な体験が貴方の人生を豊かにし、充実した一生を送れるでしょう。4/9/それなりに Posted by はじめ at 2006年10月22日 12:57]」このような書き込みと意見はあまりにも無責任だ。今、このドラマ「14才の母」で美希(志田未来ちゃん)の周りで起こっている出来
事はみんなに美希(未来ちゃん)が周りに迷惑をかけているのだ。たった一人の中学生の妊娠や出産でもこのように大きな迷惑を回りにかかるようになる。中学生と高校生の母が10万人になると国は私たちが払っている税金を一人あたり年間120万円、10万人だと1兆2000億円もの税金が費用に使われて一般国民の税金も引き上げられ経済的にも日本は崩壊するのだ。税金もこんなバカ中学生やバカ高校生に使われるのは我々はもってのほかなのだ。また14才で子供を産むのは子供だけでなく母体の死亡リスクやデメリットが非常に高いことも考えていない。16歳が女性は体の完成期だ。16歳から1年ずつ低年低下するごとに5の二乗倍も出産危険リスクは高まって行く。今日も自然分娩だと脳梗塞や死に至るタレントのニュースが報道された。16歳は出産危険リスクはないが15歳からは1年年齢が下がるとひどい違いがでてくるのだ。本当の14才の母である青木あざみさんの自伝「青木家のあざみ」を読むと。「14才の出産は凄く苦しくて難産になり死ぬかと思った親も子も無事だったのは奇跡だった」。と編集後記に書かれていた。17歳の出産は楽だったと書かれている。「多くの喜びや苦労を経験することは素晴らしいと思います。ネガティブな発想で後悔するより、前向きな発想で苦労に立ち向かいましょう。色々な体験が貴方の人生を豊かにし、充実した一生を送れるでしょう。」こういう意見はとんでもない意見で危険な中学生の出産推奨になることは確実である。非常に危険な意見だ。2005年には42件の14才以下の出産があった。1970年は子供の数は今の2倍近くいたが。14才以下の出産は、わずか12件だった。しかし最近は悪魔の教育となり見るも無残な結果となり子供の性を暴走させ始めた性教育により14才の出産は3倍も激増している。しかし14才以下の出
産は厚生省の発表でまだ47都道府県の数にも届かない42件なだ。しかも一ヶ月以内に生まれた子供は育たずに17名も死亡しており25人しか現在生存していない。過去10年間で14才以下の出産で15件も事故がおき14才以下の出産で死亡した14才の母は15人もいる。これが数万人になると出産による死者も数千人14才以下の出産で死亡することになり大きな社会問題になる。このような危険リスクをまったく考えないでよくもとんでもない書き込みをするもんだ。大人の性教育を良く勉強しろといいたい。なお小学生での出産は外国人のケースが報道されているがほとんどが帝王切開手術で生まれている。自然分娩は無理なのだ。14才以下の出産危険リスクは外国人も日本人も変わらないのだ。このように名違った考えを中学生や高校生に植え付けると大変な事態になる。




2006/10/23(月) 20:57:57 | URL | ギララ #-[ 編集]
跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート14歳という年齢は、まだまだ子供なのだ。一人では産婦人科医の
医師の寝台も受けられないし初診という言葉差へ知らない。保健所の重要性についてもまったく知らない。母親がいないと母としての役目を務められるわけがないことは前のドラマでは良くわかった。またここで重要なのは美希(志田未来ちゃん)や智知(三浦春馬君)の周りで起きていることは全てが自分達のために起きているトラブルであるということだ。たった一人でもこれほどの状態になるこれが10万にに数が膨れ上がるとトラブルの多い家庭や出来事に書き込まれる人の数は数百万人にも及び、
さらに国の補充は我々の払っている税金が1兆2000億円も使われて日本は破壊されてしまうのだ。3年B組金八先生が日本崩壊の危機を誘った子供の性の暴走や校内暴力激増家庭崩壊を招く番組になったように。「14才の母」はさらに日本崩壊に向かわせる危険性をはらんでいる。国会中継見ていると今後は高校生の子供のために一時のアメリカのように保育園を増やすことを決めている。このような不適切な保育園が増えると日本はGNPが今後さらに落ちて行き大ピンチになる。自分で自分の欲求を処理できない子供が、子供の世話ができるわけがないのだ。セックスの低年齢化は、どうにも避け難い風潮のようだが、それをテーマにドラマ化するとはテレビ局は成り下がったものだ。このようなドラマは今ではアメリカや欧米諸国では制作は禁止されている。イエロー・ジャーナリズムもいいところだ。なぜセックスの低年齢化の風潮は起こったのか。全ては始まりの根源は学校で行われている性教育に原点があった。性教育が始まり少女コミックが子供が
性的知識を身につけたことに付け込み性教育を推進する性教協と結びつきエロ化した。さらにテレビ番組もバラエティー番組を中心に全てが思いっきりエロ化が進み子供向け番組までエロ化が進みとどまるところを知らない。今の勢いだとインターネットの有害情報カットソフトで止めているアダルトサイトまでモロに性交動画まで開放されるとんでもない時代になりそうであるこうなると完全に性解放でコンドームでは避妊は出来てもエイズやSTD性感染症も防げないので2010年にはエイズやSTD性感染症で高校生の段階で全員が不妊症になる恐れがある。この点から見ても「14才の母」に反発している批判者が多いしかし番組見ないと感想はかけないからテレビを多くの保護者が見るから視聴率は当然上がる。この点から見ても「14才の母」に反発している批判者が多いしかし番組見ないと感想はかけないからテレビを多くの保護者が見るから視聴率は当然上がる。これで日テレは図に乗ってはいけないのだ。タイトルをみて、「『へ~、14歳でも母親になれるの?』と小6のわが子が言いました。確かに生むことはできるかもしれないけど、母親になれるのでしょうか?興味本位で見たくなる過激な内容のドラマより、早く小学生には就寝させています」という書き込みが多くのスレ丹反論が出ている。「14才の母」放送でジェンダーフリーやフェミニスト、過激な性教育の面だ出さないで欲しい。性の低年齢化も学校でとんでもない性教育を行った大人の責任なのだ。性の乱れを正すのは、大人が見本になれば良いのであって、この番組は百害あって一利なし。必要ないと断言できます。実際、今の流行や風潮に賛同できない点が沢山ある人が再び増えてきているのである。

2006/10/24(火) 21:04:47 | URL | ギララ #-[ 編集]
多くの掲示板に不適切な発言
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート多くの掲示板を見るととんでもない書き込みが多く目に付くひどいものを取り上げてみた。「恋愛するのに年齢制限などない。人を好きになったらファックするのは自然なこと。 何歳でファックするか分からないから、小さいうちに避妊方法を教えるのは必要なことだ。」 このまったく無知な性教育の根本もわかっていない心のない書き込みには怒りがこみ上げてくる多くのこのようなふざけた書き込みがあるのだ。子供にセックスを許して避妊指導を行うと避妊はできてもエイズやSTD性感染症は防げない。エイズやSTD性感染症はコンドームでも防げないので子供の間にあっという間にエイズやSTD性感染症が広がり子供はみんな不妊症になり少子化問題どころではなくなる大問題となり妊娠より怖い結果を招いてしまう。だから中教審が「安易な避妊指導はすべきではない」と警告出して呼びかけているのだ。「女の子を持つ母親だったら将来起こるかもしれない可能性が絶対無いとは言い切れないし子供が子供を生む行為がどれだけ大変なことになるか子供と真剣に話し合ってもいいのでは?
子供はいろんなところでさまざまな情報を得るものだし正しい知識、価値観が身に付くように導くのが親の役目。」この意見も大変危険である。 中学生に性にフランクに話すと子供の性はますます暴走する。性丹ついてフランクに離せるようになるには高校生からだ。家庭調査でも性経験の早い子供の家庭は小さいうちから性についてフランクに話す家庭が断トツに多いことが調査で判明した。逆にラブシーン見て氷りつく家庭の子供は性経験は凄く低かった昔の子はここが自然に生の防御になり性経験が低かったのだ。日本はここを間違えて性教育で子供の性を暴走させている。アメリカは子供の性の暴走の原因は性教育にあったことを突き止めて禁欲教育に切り替えて大成果を収めている。47都道府県にも及ばない14才以下の出産ケースを上げて、このような非常事態だから性教育しましょう。「14才の母」を見て性について親子で話し合いましょうという考えでは子供の性は暴走する一方だ。アメリカのように強くブレーキを踏み子供の性の正常化は、禁欲教育に切り替えない限り子供の性はますます暴走する一方なのだ。日本はアメリカのような禁欲教育は無理だ。しかし自己抑制プログラムなら可能であり一部の幼稚園では実施されていて全国に広める勢いに安倍内閣は教育改革で進めている。金八と時代が違いジェンダーフリーも過激な性教育も廃止された時代にこのドラマは超逆風の中をいくようなドラマだ。コンドームは避妊は出来てもエイズやSTD性感染症をあっという間に広げ子供をみんな不妊症にする。今のままだと2010年には高校生全員が性感染症で不妊症になる恐れがあるのだからコンドームという言葉やセックス、ペニス、ワギナ、という言葉は避けて、できるだけ比喩的な言葉に置き換えて生徒には言わせること。またジェンダーフリー番組だった金八との違いを出すためには。人形での過激
な性教育シーンは禁物だ。絶対に苦情が出る。フェミニストやジェンダーフリーも男女行動参画から今はずされている。この時代のカラーに合わせる番組つくりが大切だ。 「子供が子供を産めば、就学人口が増えて私立学校は助かるね」というばかげた意見があったがこれは全く逆で少子化につながってしまうのだ。性教育は子供の少子化輪をかけているのだ。


2006/10/25(水) 20:22:04 | URL | ギララ #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」第3回の放送を見て3年B組金八先生の「15歳の母」のパクリにならないようにドラマはよく工夫されているところは評価できる。また産婦人科医から14才の出産の危険リスクの危険性の話が出た。ここは今度のドラマの展開に重要である。15歳と14才では年齢はわずか1才しか違わないが15才と14才では出産の危険リスクは5倍も違うことを頭に入れてドラマは進行していかないといけない。14才の出産は16歳から1年下がるごとに5倍の危険リスクが伴う14才は16歳の25倍の危険リスクがあるからここが大事なのだ。今日は産婦人科医には産婦人科医の現実性が帯びていた。さらにここは深く現実に迫るべきだ。また何よりも過激な性教育やジェンダーフリーの問題になる性的用語が出なかったのは評価できる。
しかしドラマには以前,難しい問題が澤山残る。智志(三浦春馬君)母(室井滋)と美希(志田未来ちゃん)の両親、父(生瀬克久)と母(田中美佐子)との話し合いは内容が薄くもっと現実的に勘定を入れることが大切だ両者がはね掛け合いになったがこれは正しかった。美希(志田未来ちゃん)の告白と智志(三浦春馬君)の戸惑いも現実的だ智司(三浦春馬君)の説得は現実的に正しい。しかし母にすぐに美希(志田未来にちゃん)の妊娠を打ち明けていない所は男らしく責任が取れていない。智志(三浦春馬君)が母(室井滋)に打ち明けて智志(三浦春馬君)も母(室井滋)に殴られて激怒され再び両親の話し合いに入る方が現実性がでたと思う。今の描き方は智志(三浦春馬君)は男らしくないと撮られても仕方がない脚本になっている。現実なら、かわいいわが子をどちらの親もが救おうと必死になる姿がまだ見られない。これはドラマだとわかる薄い描き方が気がかりだ。現実なら、「子供を産みたい」と言うのは妊娠した女性の単なる主張で普通のケースだ。これは子供のわがままで親はもっと強く反対して手術させるだろう。話し合いは冷静すぎる。社会的ニューマン性にもう一歩近づけないといけない。智志(三浦春馬君)は男らしさがないのはフェミスト独特の脚本のような感じがする。井上真由美さんはフェミニストですが男性軽史はドラマに響くからここは男も前面に出さないといけません。過激性教育やジェンダーフリーの面は抑えているところは評価できます。友人が「胎せ」というのは友人としては当然の言葉です。しかしこの言葉は今後は重要な課題が出てきます。中絶の自由は日本の悪いところです。中絶をアメリカのように禁止すれば禁欲教育になると思います。中絶の自由は日本の悪いところです。智志の母も変化はあります。ドラマは全体が重いのは当然ですがもっと現実に迫ってほしい面も多くあります。しかしドラマは現実というより異次元の世界です。美希はまだ自分の過ちに気付きません。これは無事出産ハピーエンドは許されません。命の大切さをわからせるなら究極の選択をラストはさせないといけません。生まれてくる新しい命と美希(志田未来ちゃん)の命のどちらを選ぶかですね。いくらナレーションをどんなに美しく入れても単純なドラマだけでは命の尊さ命の奇跡は伝わりません。無事出産で生まれてくる命は誰のもの、だけではただの中学生の出産ドラマになるだけですラストは壮絶なバッドエンドにならないとこのドラマの意味はありません。産婦人科医の話は今日は良かった。現実味は今日のほうが先週よりはある。今後は産婦人科医の激減の苦悩までここは描くべきですね。学校教育現場の中身、教師像がまだ描ききれていません。大きな教育問題が起きている中であれが教師の姿だととらわれると大変です。教育現場ももっと真剣さが要ります。学校教育現場の中身、教師像がまだ描ききれていません。大きな教育問題が起きている中であれが教師の姿だととらわれると大変です。教育現場をもっと真剣さが要ります。主人公の美希(志田未来ちゃん)の気持ちがなかなか分からないん部分もある。なんであんなに産みたがってるのか?中絶が何で好きじゃなくなることになるのか?親にも言わずに妊娠を隠してたくらいなのになんで友達にはあっさり打ち明けるのだろうか?今後はもっと深くドラマを現実性に智被けないといけない。過激な性教育やジェンダーフリー教育を出さなかったことは金八とは違ったドラマ展開になっているので評価できる。また15才と14才はひとつ違いでも大きな差が出る次期である金八のようなパピーエンドではなくてみんなが号泣するバッドエンドにすべきだ。ウラジーミル・ナボコフの有名な小説ロリータもラストはロリータが出産で亡くなる感動的なバッドエンドになっているので名作といわれているのだ。ここに「14才の母」は金八の「15歳の母」と15才と14才はこんなに大きく違うのだという結末にしてほしい。


2006/10/26(木) 15:23:08 | URL | ギララ #-[ 編集]
第3回の放送を見て
見ないで批判するのは良くないので「14才の母」は毎回見ている。第3話もきちんと未で感想が書けるように毎回ビデオまで撮っている。私のような人は非常に多くおり。反対派は子供は見せないが保護者が多く見ているので。視聴率が跳ね上がっている。毎回ドラマを見るたびにショックを受ける。ドラマの流れがやっぱり産む方向に流れているのだ。やはり物語の設定が大きな問題だ。あってはいけないタブーを破ってしまったドラマである。14才の母を勧めない、安易に妊娠を勧めるはずがない、という意見もあったが、
未希(志田未来ちゃん)のお母さん(田中美佐子)は、結局出産を認めるわけで、子供を思う親の気持ちから出産の正当性を引き出すあたり、作者のうまい誘導としか思えない。そもそも、生命の尊さというけれど、生命は、愛があって生まれのだ。この14才の二人がそれだけ愛し合って作った子供ですか?慰めているうちに一時の感情に流されて、できてしまったのではないんですか?できてしまったから、これから愛と責任と覚悟を作るんですか?順番が逆ではないですか?これは大人の「できちゃった婚」を正当化するような話になります。覚悟と自覚と責任を持ってから結婚して子供を作るのではなく、できてしまったから、覚悟と責任を持とうとする。順番が逆です。胎教といいますが、子供を作るときの感情が、子供に影響を与えるという話も聞いたことがあります。生命と愛、どちらが大切か。愛のほうが大切です。愛の間違いは、その人個人で償うことはできません。相手がいて、それは血筋となって子供に受け継がれ、家族一族を巻き込み、社会的にも大きな負担をおわせます。アメリカの純潔教育は、ただ単に、結婚するまで純潔を守れ!という教育ではありません。人生はいくつもの選択を繰り返し行っていくものです。彼から求められたらどうするか、とか、いくつかの人生の場面で、人生ゲームのように、どのような選択をするかを勉強します。彼の求めに簡単にこたえていいのか?結婚していないのに求めてくるというのは、結婚を真剣に考えていないことであり、私自身を真剣に、大事に思っていないことであると教えます。学生時代は勉強をすることがまず一番大切であるのに、一時の感情に流されてしまって関係を持つということは、意志の力が弱いということであり、将来社会に出て仕事をしても、一時の感情で動き、成功しない可能性が高い、ということになります。


2006/10/27(金) 12:41:40 | URL | ギララ #-[ 編集]
第3回の放送を見て
そのようなシュミレーションを繰り返して、私が本当に幸せになるためにはどのような選択をしたらよいのかを、勉強するのが、アメリカの自己抑制教育の一つのプログラムです。そこではモラルを教え、安易な楽な選択は、かえって自分を将来苦しめ、目標を持ち、自己実現に向かって忍耐と努力と節制をすることが、大切であり、自分を本当に幸せにすると教えるプログラムです。クリントン大統領は自己抑制教育を支援し、ブッシュ大統領がさらに強力に押し進めたため、犯罪が減り、10代の妊娠が減ったのです。14才の母を見て、この番組は出発から間違いであり、取り返しのつかない間違いを、命の大切さという、一見重要に思える主題でごまかしてしまう話であると思いました。「シングルマザー」「成田離婚」という言葉がマスコミに出て、今や公団団地の多い小中学校のクラスの過半数が、母子家庭、父子家庭という、離婚する親を増やしてしまいました。同じように、「14才の母」という言葉がTVドラマを通じて社会に広がり、本当の愛を知らない中高生が、一時の感情で「愛」と勘違いして、10代はじめの妊娠出産が増えていくことは、何か目に見えるようです。責任も覚悟も十分に知らない自己中心的な大人も問題ですが、もっと大切なのは、いのちを産み出すのは愛だということです。
夫婦になるということは簡単なことではないです。優秀な子供が、親が離婚するので、勉強ができなくなり、ブラスバンドで全国大会に行く子供が不登校になり、そんな例をたくさん見てきました。いえ、もちろん母子家庭でも父子家庭でも優秀な子供はもちろんいます。ドメスティックバイオレンスで、離婚したほうがいいケースもあります。そういう家庭も見てきました。小学校のときは勉強のできる子供でしたが、情緒不安定で、不登校気味になり、中学は普通の学校に通えませんでした。親の身勝手で傷つくのは子供です。子供がいつも犠牲になります。私の恩師は、結婚するには免許が必要なくらいだといいました。一時の感情で流されて子供を作ってはいけない。このドラマは順番を間違えている。このあとの展開は、命の大切さという点で、二人の愛情を盛り上げ、妊娠出産を正当化し、困難を乗り越え出産するという顛末の公算が大きい。べつにそれでもいいじゃん、何目くじら立ててんの?というかも知れません。でもそれは、14才の出産を結局認めることでしょう?私の予想が当たっても外れてもどちらでもいいです。とにかくはじめから順番を間違えています。本当にこのドラマ、放送して欲しくなかった。美希(志田未来ちゃんに)無事出産ハピーエンドのようになると中学生に出産やセックスの推奨、シングルマザー、シングルファーザー推奨ドラマといわれても仕方がなくなる。少女性愛(ロリコン)ブームを起こした。ウラジーミル・ナボコフの有名な小説ロリータもラストはロリータが出産で亡くなるラストは読者が号泣するような感動的なバッドエンドになっているので名作といわれている。この小説は1970年代の作品でアメリカがシーカスの性教育で子供の性が暴走していく中で作られた小説で性教育ではなくて自己抑制プログラムになるようによく工夫されて作られている。セックしシーンも少ない。禁欲教育が始まる1988年からすでに自己抑制プログラムを訴えていた小説であり大反響を呼び居間のアメリカの禁欲教育の原点になっている。「14才の母」ドラマは金八とは違い過激な性教育の面は出ていないが今後のドラマの展開で「14才の母」が金八の「15歳の母」と違う名作になるかがかかってくる。ラストはみんなが号泣するバッドエンドにして今教育再生会議で検討されている自己抑制プログラムの大切さを考えさせ本当の「命の大切」さ「愛のメッセージ」が伝わるラストシーンになるようにドラマを工夫してほしい。

2006/10/27(金) 12:44:38 | URL | ギララ #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート出演者のインタビューから危機感。 ▼中学時代はモテることしか考えなかった。未希の父親役を演じる生瀬勝久。中学生のときは生徒会長をしていたそうだが、実は「女の子にモテることしか考えていなかった」と暴露。交換日記をしていたというカワイイ(?)一面もあったようだ。ドラマの反響の大きさについて「それぞれの立場で考え方が違うのは当たり前。いろいろな考え方、いろいろな答えがあるだろうし、ドラマがいろいろなパターンのサンプルになればいい」と語る。「今回は自分の期待以上のモノに仕上がっている」と自信をのぞかせる。■クールな教師役がハマっている山口紗弥加▼クールでカッコいい教師役にピッタリ。未希が通う私立中学の担任教師・遠藤香子は、「生徒が妊娠する」という学園始まって以来の大事件に激しく動揺する。そして、責任逃れに必死になり、正面から立ち向かうことを避けようとするのだが……。次第に彼女自身が教師として大きく成長していく。香子役の山口紗弥加は「自分が中学生のころからは想像もできないが、産まない選択をする子のブレーキになれればいい」と神妙な表情で願いを打ち明けた。■「重いテーマのドラマなので、癒しになりたい」と語る次長課長の河本準一▼重いドラマだからこそ笑いも必要?未希の叔父・マコトはエレキギターショップの店長でもある。マコトは未希のことをかわいがっており、両親と違って未希にとても甘い。未希の妊娠を知ったときも、未希の意思を尊重する。偏屈ではあるが、自分の信念で生きている。マコト役の河本準一(次長課長)は「重いイメージを払拭するように笑いも盛り込みながら演じたい」と意気込みを語り、「久々に真面目なことを言っている自分に酔っています」と照れ笑いを浮かべる。主人公にとっては癒しの存在になりそうだ。河本は中学生のころ、「お寺でデートをしたが、女の子が『お寺なんてイヤ!』と叫んだ。すると寺の住職に『イヤなら出て行け』と言われた」と暴露して会見場を笑わせた。■「父親になるなんて、考えたこともないからまったく分からない」と困惑する三浦春馬▼この役を大切にしたい。私立男子中学に通う3年生・桐野智志は未希の彼氏。起業家の母親に女手ひとつで育てられたが、母親は物質主義で自分勝手。智志はそんな母親に反発している。未希のことは本気で愛していいが、妊娠には驚きを隠せず思わず逃げ出してしまう。どう責任をとっていいのか分からず、現実逃避をしてしまうのだ。幼い父親役を演じることになった三浦春馬は「15歳の父親はこれから先、経験することはないと思うので、この役を大切にしたい」と語った。■「中学時代はませていた」と話す室井滋
▼子育ての大変さを知って欲しい智志の母親・静香は女性起業家として活躍するシングルマザー。息
子を一流大学に入れることにこだわりを持っている。それだけに、息子が中学生の女の子を妊娠させたことに衝撃を受け、自分の地位を脅かすスキャンダルになりかねないと考え、堕胎させようとする。室井滋は「最初はよくある話かなと思ったが、大変なことなんだと演じていて実感した」とコメント。最近、北朝鮮の核実験がマスコミをにぎわせているが、富山出身の室井は「私も中学生のころはませていたのでデートはよくしていた。でも北朝鮮に拉致されるから日本海には近づかないで山でデートしていたので拉致されることなく無事でいます」と冗談を言って記者たちを笑わせた。幼い妊娠について「本人次第だと思うが、いい年になっても子どもを育てられない人はたくさんいる。江戸時代には12、13才の結婚は普通のことだった。でも子育ては大変なことだからこのドラマでそのことを知ってもらいたい」と番組をアピールした。担任教師・遠藤香子役の山口紗弥加や桐野智志(三浦春馬君)の母役(室井滋)の言葉はこれか中学生に非常に危険なメッセージとなっている出演者達のインタビューは中学生出産推奨番組になる方向へ向かわせようとしているのだ。江戸時代は12歳から13歳の結婚出産が多かったがこの時代はなんと65%の死産が起こっている。育った子供はやはり16歳以上で生まれた子で初めての子は多くは死産となったり母親となった子供が多く命を落とした。また中学生で産まない選択をする子を育てることは日本崩壊につながってしまうとんでもない言葉だ。

2006/11/03(金) 20:22:23 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
前文の続き
ドラマの現実性も考えて出産はピーエンドでは美希はドラマのセリフではないが悲劇のヒロインになるだけで中学生に出産推奨ドラマといわれるラストはみんなが号泣するバッドエンドにすべきだ。第4回の放送の感想だが過激な性教育の面がなかったことは評価できる。ただし週刊誌記者、波多野卓(北村一輝)の補助者が「いまどき中学生の妊娠なんか珍しくないですよ」のセリフには教育現場の先生方から非難の声が上がっている学校の先生達も悪魔の教育となった性教育が子供の性の暴走を生んでしまったことはみんな良くわかっているのでこれは過激な性教育に結びつく発言だ高校3年生女子の性交体験者に対して中学3年生は女子でもまだ4%と凄く低いのだここは「中学生の妊娠は高校生に比べるとまだまだ少ないが確実に増えてきている海外には食べ物もなく飢え死にする子供多い国が多いがまさに日本の縮図だ」といえば言葉が比ゆ的になり過激さも消えるのがいきなり図張りが過激な性教育に結びつくから要注意だ。しかし波多野卓(北村一輝)の役は地味だが一番現実性がありこのドラマを救っているのだ。また女性キャラクターに比べて男性キャラクターの役が軽くフェミニスト色が濃いという批判がある母親(山口美佐子)が美希(志田未来ちゃん)を説得したり学校へ行くことはわかるが本当の世界なら父親が娘をほうれるはずはないのだ。父親も会社を休んでも母親と共に学校に行き先生の注意を受けて男らしい返事が必要だった。ニューマンドラマに迫っているのは女性ばかりだ。管理職もこの学校は女性教頭だが教員社会は管理職を降格する制度で多くの女性管理職が教諭に降格して現実は80%以上がだん性が管理職の世界だ女性管理職教頭は中学生日記と共に大規模校の教頭だけに疑問視されるが学校の教頭は学校管理の専門職で美希(志田未来ちゃん)の脱走を見逃しこの事件のきっかけを作ってしまった無責任教頭と見られる学校も事件の経路から不手際も認めないといけない一方的に美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)が責められるのはおかしいのだ。学校では職員会議になり全校的な問題に発展することが現実性がある。妊娠ではなくて出産となると47都道府県に1人いるかいないかの非常に珍しい現象なのだ。しかし美希(志田未来ちゃん)が学校でクラスメイトに妊娠や出産の決意を述べるのはここは現実離れというよりもこうなるともうSFの世界に近くなるほどの現実離れだしかしドラマでこのようなことをやるからには全校的な噂になっているはずだから。クラスメート以外に廊下にもネタ好きなものが並び美希(志田未来ちゃん)の証言に伝令が飛び学校中が激震する場面が
あれば現実性が益していたまた交通事故も不思議なのだ単車が横倒しになるなら単車の人は死亡か重症であり交通事故処理も大変なはずだ軽く当たりこける程度なら単車にブレーキがかかり減れてこける場面の方がわかりやすかった。あの交通事故は重大な人身事故で飛び出した美希(志田未来ちゃん)が全面に悪くなり大変な自体になる想像しかできない場面だ。事故設定も考えるべきである。また 美希(志田未来ちゃん)のクラスメートへの告白日本では現実なら初めてのケースだ久保田恵(北乃きいちゃん)の言うことは凄く正しい。またもう一人の14才の母だという噂で人気を集めている柳沢真由那(谷村美月ちゃん)の助け舟も正しい。しかしこのような状態は女性教師一人で収まる事態ではない。教師で収まらなくなったときに柳沢真由那(谷村美月ちゃん)が助け舟を出せばより効果的だった。もう一人の14才の母と言われる柳沢真由那(谷村美月ちゃんは)美希(志田未来ちゃん)の14才の母が食われる恐れがあるから噂だけに止めた方がいい。現実に47都道府県に一人いるかいないかの14才の母が同じ学校に同じクラスに2人もいるの
は絶対にありえないからだ。なおこの美希(志田未来ちゃん)の告白はとんでもない事件を呼ぶはずだ。地域でも噂になり騒ぎはさらに大きくなる。波多野卓(北村一輝)の役は以外に重要なのだこのような47都道府県に一人入りいないかの美味しいネタは他の週刊誌もかぎつけるはずだ波多野卓(北村一輝) の一人舞台にして美味しいところを北村一輝がさらうのではなくてライバルの週刊誌も出現して週間記者同士の激しいやり取りも現実として描いていかないといけない波多野卓(北村一輝)の週間誌記者にもスポットを当てる必要である。このように「14才の母」は実際は11話完結は無理なドラマになるのである。
2006/11/03(金) 20:23:31 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート14才の母、まずは性行為をしないこと!を前提のドラマの流れになっている かが問題だ。第4話を見ると過激な性教育の用語が出ないことは評価できる。しかし美希が級友の前で出産宣言して騒ぎが大きくなるなど、ありえないことでドラマの流れが、ますますおかしくなっているのだ。なぜ美希(志田未来ちゃん)が産みたいのかの理由が陳腐。まわりの反応も不自然なのだ。はじめに結論あってのあらすじで、こじつけているから、おかしな展開になっている幹事が受ける。内容などあまりなく、話題性だけで、視聴率稼ぎの番組だということがばればれになってきた感じもする。美希に出産させ母子共に健康だと「中学生に出産を推奨する番組だ」と必ず叩かれる。やはりラストは感動的なバッドエンドでないと「14才の母」の意味はなくなる金八の「15歳の母」のパクリといわれても仕方がない。14才は15才と1歳違いだが大変な違いがあることを出さないといけない。ラストがバッドエンドで感動的なら命の尊さや愛の大切さも伝わるが無事出産、パピーエンドでは命の尊さも愛の尊さも伝わらないただの視聴率かせぎのドラマにしかならなくなる。産婦人科医、的場春子(高畑淳子)や母親の言葉「貴方の都市で子供を産むことは命の危険を伴うからね」「貴方の子供の命と引き換えに貴方は命を失ってもいいの」の言葉を大切にして今後ストーリーを進めると本当の命の大切さや愛の尊さが伝わるストーリーになるまたなによりも社会的ヒューマンドラマにするためにはだん性キャラクターにもスポットを当てフェミニストやジェンダーフリーっぽいドラマから脱却してあくまでも「14才の母」美希(志田未来ちゃん)中心にドラマが展開していかないといけない
弟の描き方は今の感じは現実性はある小学生にはまだ漠然とした出来事なのだ。過激な性教育のカラーは金八のように今の時代は出さないことが大切だ。ここでなぜ幼いころにセックスしてはいけないのだろうか。http://www.so-net.ne.jp/renaikagaku/news/content/020520.html
このソースをよく読んで考えてください!また12歳から13歳の出産が多かった江戸時代や平安時代や江戸時代は女性の平均寿命は27歳で多くは15歳以下の低年齢出産で多くの女性が亡くなっておりまた15歳以下で生まれた子供のなんと70%に当たる3分の2の子供が育たずに死亡していることも頭に叩き込んでドラマを作らないといけない14才以下の出産危険リスクは恐ろしいものがあるのだ。
2006/11/04(土) 19:13:50 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
前文の続き
14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は、中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えははっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。あとは本当にこのドラマがどのように展開していくかです。我が家はとりあえず子供は大人になり孫も小学生になっているから影響を受けなくていいかもしれないけど、クラスや友人で見ている子供から、「将来まわりまわって、悪影響を受けなければいいが」と話し合っていた「14才の母」は金八の「15歳の母」の2の舞になってほしくない。14才は15才と1年違うとこんなにも違い
がでて大変な事態になるという。ナボコブの名作「ロリーター」のような自己抑制プログラムのメッセージになってほしい。



2006/11/04(土) 19:15:30 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート14才の母、公式掲示板です。
http://www.ntv.co.jp/14/bbs/index.html
しかし、こちらに今日夕方書き込むと削除です。「14才の母 公式掲示板」は反対意見は掲載されません。これでスタッフが言 っていた賛否両論はできたものじゃない。女王の教室のように反対意見も載せる掲示板になっていない。 「長く続けて欲しい」という書き込みは載せるけど「放送中止して欲しい」という書きみは削除する。こんなことで公式掲示板が成り立つかといいたい。「14才の母」反対派は多くいるのだ。反対派の視聴者が大半を占める異例の番組の特長が生かせないのだ。私が書き込んだのは激しい言葉もなかった、10代妊娠が増えることを懸念しての書き込みだったが削除は許せない。この公式掲示板の書き込みをコピーしてとっておけば良かったと思ったが後の祭りだ。 思い出して書いてみると「この掲示板に書き込む10代の子の内容と、大人たちの内容が180度違うのは、 一体どういうことでしょう?結局子供たちはまだ理解できないのです。 村瀬プロデューサーの目的は何ですか? 番組制作者の責任が本当に問われます。 10代妊娠出産を警告するドラマならともかく、 この番組はマスコミの倫理性を問われる番組です。 取り返しのつかない過ちを命の大切さという言葉でごまかして、 反対や困難を乗り越えて出産するという、 結局は10代妊娠出産をすすめてしまう番組にならないか、 たとえそうではなくとも、10代の子の書き込みを見ていると、 結局は10代の妊娠出産を増やしてしまうことになるのではないか。」 私は反対意見を書き込んだが、無残にも削除された。反対意見を受け付けないような番組なら単なる視聴率稼ぎの有害番組といわれても仕方がありません。今からでも放送中止して欲しいと怒りが日テレにこみ上げてきましたね。「スポンサーも下りてしまえ」といいたいです。まったくきつい表現もありません、それに個人を誹謗中傷したりする内容ではなかった書き込みです。 公式掲示板の関係者はあまりにも都合がいい様にしている。 勝手な日本テレビ、番組制作責任者。 14才以下の出産は2005年度はまだ42件とまだ47都道府県にも満たないが1970年の12件に比べると確実に激増傾向にある、2006年度の14才以下の出産が42件を越えると日テレは本当に責任が問われる要になり日本を崩壊させる番組を制作しているといわれても仕方がなくなるのだ。中学生や高校生の母が10万人になると日本は我々の税金をバカ中学生やバカ高校生により1兆2000億円もの予算を使用しなければいけなくなり税金もつりあがげられ日本は崩壊してしまうのだ。ここをよく考えて番組関係者
も番組制作してほしい。 なお智志(三浦春馬君)がアメリカに留学するがアメリカのハイスクールに高校生の子供のための保育
所があるなどと紹介するとこれは国際的な問題に発展する。日本は高校内に高校生のための保育主施設を増やさざるを得ない事態になってきているのに対してアメリカは禁欲教育が凄い成果を上げて高校生の子供のための保育所のような不適切な施設は撤去されて激減しているのだ。ALTの英語の指導主事も「アメリカでは高校内に高校生のための保育所があることで有名だったが一昔前のこと、1998年からは多くの高校内の保育所は撤去されています」といっている中でアメリカの高校(ハイスクール)には高校生のための保育所があると番組内で出すとこれは日本とアメリカの問題に発展しかねない特に今日本に滞在中の英語指導主事ALTの先生達は凄く怒るのだ。もうなくなりつつあるアメリカの高校生のために子供を預かる保育所の紹介などは日本滞在中のアメリカ人からの反感でドラマが壊れる。アメリカの高校の健全な面を紹介するように気をつけてドラマを制作していくことが大切になってくる。

2006/11/05(日) 19:31:07 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
14才以下の出産は2005年度はまだ42件とまだ47都道府県にも満たないが1970年の12件に比べると確実に激増傾向にある、2006年度の14才以下の出産が42件を越えると日テレは本当に責任が問われる要になり日本を崩壊させる番組を制作しているといわれても仕方がなくなるのだ。中学生や高校生の母が10万人になると日本は我々の税金をバカ中学生やバカ高校生により1兆2000億円もの予算を使用しなければいけなくなり税金もつりあがげられ日本は崩壊してしまうのだ。ここをよく考えて番組関係者
も番組制作してほしい。 なお智志(三浦春馬君)がアメリカに留学するがアメリカのハイスクールに高校生の子供のための保育所があるなどと紹介するとこれは国際的な問題に発展する。番組製作者は英語ALTなどのアメリカの在留日本人は「アメリカの高校内に高校生のための子供を預かる保育所のことが出るとアメリカに対して失礼になる。大きなでたらめだから苦情を言う」と間心を持ってみているのだ。アメリカの高校には高校内に高校生の子度pもを預かる保育所があることで有名だった。しかし最近はほとんどが取り除かれてきているのだ。日本はアメリカとは逆に高校内に高校生の子供のための保育施設を増やさざるを得ない事態になってきているのに対してアメリカは禁欲教育が凄い成果を上げて高校生の子供のための保育所のような不適切な施設は撤去されて激減しているのだ。ALTの英語の指導主事も「アメリカでは高校内に高校生のための保育所があることで有名だったが一昔前のこと、1990年からは多くの高校内の保育所は撤去されています」といっている中でアメリカの高校(ハイスクール)には高校生のための保育所があると番組内で出すとこれは日本とアメリカの問題に発展しかねない特に今日本に滞在中の英語指導主事ALTの先生達は凄く怒るのだ。もうなくなりつつあるアメリカの高校生のために子供を預かる保育所の紹介などは日本滞在中のアメリカ人からの反感でドラマが壊れる。
2006/11/06(月) 12:39:04 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
前文の続き
アメリカの高校の健全な面だけを紹介するように気をつけてドラマを制作していくことが大切になってくる。 志田未来ちゃんの事務所(研音)は、今まで色々と使い捨てしてきた事務所である。 「14才の母」でこんなもんやっちまったら、今後志田未来ちゃんは後が続かなくなる。志田未来ちゃん自身も今後は多くのスキャンダルに巻き込まれて危険な目に遭う可能性もある。「女王の教室」で味をしめたのか、広く顔を売ってもらったから日テレに恩返しっていうのか知らないが「14才の母」のタイトルで、内容で勝負とか訳分からない。言い訳は通用しな。いい加減にしろと日テレや研音に言いたい。これまでのストーリーの流れは金八のように過激な性教育の面は抑えられており、生徒の言葉使いも健全であることは評価できるが女性上位でだん性軽史のフェミニスト的ドラマになっていることはもっと変え膳しないといけない。フェミニスト全盛期の「ごくせん」は再放送は本当の放送の半分以下の視聴率しか取れていない。14才特有の「大人は何もわかってくれない病」が今のとこと炉テーマになっている。自分の世界に入り込んじゃって、突っ走る。 で後になって大体、周りが言ってた事は正しかったって解る展開だ。それにしても智志(三浦春馬君)の態度が曖昧すぎて観てていらいらする。美希(志田未来ちゃん)はもうちょっと控えた方がいい。 無駄に美希(志田未来ちゃん)をひたすら押すばかりだとドラマ自体も苦しくなる。美希(志田未来ちゃん)事態の描き方がありえない描き方になるから美希(志田未来ちゃん)のクラスもヘンな個性キャラクターが集まりすぎの感じになってしまうのだ。 こんな出産希望の告白中学生現実にはいない! 恐ろしドラマだがここから現実精を出すにはさらに超架空の現実性にもって行かないといけない。このドラマの鍵を握る新聞週刊誌記者(北村一輝)の存在は貴重だこの美味しい週刊誌のネタを他者の週刊誌も取材にのり出し週刊誌記者同士の取材合戦の厳しい現実にも迫らないといけないと思う。学校教育現場は、このようなケースは47都道府県に1人以下の確立の出来事だから先生全員が集まる職員会議になるのは当然で現実的だ。ただ学校の教頭がこのような大規模校で女性教頭、美希の脱走にも気かない。部下には逆に厳しい。教育現場の先生は反感を持つ場面も多い。教頭はやるべきことを行ってこそ部下に厳しく注意できるのだ。 担任とその生徒と親だけの問題だでなく全校的な問題に発展するが14才では出産危険リスクが15歳のなんと5倍16歳の25倍と非常に高くなるので金八の「15歳の母」との大きな違いはジェンダーフリーの過激な性教育の要素を消すだけでなく出産はできずに劇的なみんなが号泣するようなバッドエンドにならないと「14才の母」にした意味がなくなる。再び注目を集めているナボコフのロリータは15歳で妊娠して低年齢出産となり母子共に死亡する劇的なクライマックスだが「14才の母」はロリータを超える劇的な悲劇のバッドエンドは十分にでき永久の名作にできる要素は十分にある特に女医の行っている「お母さんの命か生まれてくる子供の命かどちらかを選ばないといけなくなるかもしれません」という言葉を大切にしてドラマが進行していけばロリータを超える名作になるのではないのだろうか。

2006/11/06(月) 12:40:47 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
作者自体が目標を見失っている
現代社会によどむ難題をテーマにして果敢に切り込むドラマを作る以上、賛否両方の声にさらされるのは避けられない。「私自身、何が正解か分からない。でも、命の大切さについて、このドラマを見て親と子で語り合ってもらえたら」と、井上さんは結んだ。毎日新聞 2006年11月6日 東京朝刊井上真由子はアホかこれでも脚本家かよ。これらの事件はみんな「14才の母」が始まってから起こった事件じゃないかこの言い訳をどのように説明するのだ虐めの自殺事件は「14才の母」の放送後相次いで起きているこのことを井上真由子は同説明していいのか本人事態がわかっていないのではないのか。「私自身、何が正解か分からない。でも、命の大切さについて、このドラマを見て親と子で語り合ってもらえたら」と言う言葉は無責任だ自分でも政界がわからないことを脚本化してドラマ化は非常に危険な問題を引き起こす危険性があるのだ。ちなみに去年の中学生の出産は42人で、そのうち生まれた子供は17人は死んであり。生きてるのは25人なのだ。子供を出産した14才以下の少女の死亡は10年間で25名にも上るのだ。こんな危険なケースが中学生に蔓延すると恐ろしいことになる。3年B組金八先生は校内暴力や子供の性の暴走の引金となった「15歳の母」の制作は非常にまずいのだ「14才の母」は「15歳の母」と違い1年違うと出産危険リスクはこんなにも違ってくるということを強調した描き方にしないといけない。14才以下の女子中学生200万のうち42人しか今のとこといないが1970年の
300万人の女子中学生がいた1970年の12人に比べると確実に悪魔の教育になった性教育により確実に増えている。中絶は450人程度だが、どっちにしろレアケース。主演が天使で演技が神の時点で数字狙いはみえみえだが、美希(志田未来ちゃん)の気持ちが通じて母(田中美佐子)が父(生瀬勝久)を説得しても父は最後まで反対の立場を取り賛成している叔父(河本準一)との激突も描いてほしい。父と叔父の激突は普通にあるのだ。産む方向にいくとしたら、このパターンしかない気はするが。母親が賛成にまわったら、世間がどうあれ別に怖いモノないが。無事出産は許されない中学生の出産で視聴率稼ぎの糞ドラマと非難されても仕方がない。ドラマの流れも父(生瀬勝久)の扱いが弱く「中学生のくせによく考えもせず娘に手をだしやがって、とか娘を傷つけた、とかはいわなかった」のもおかしい「男としてどうやって落とし前をつけるつもりなんだ、とか。なんでだろう…。」という意味ばかりが目に付いた。日テレも大変である 日テレは視聴率が高くがよろこべないのだ。父(生瀬勝久)が智志(三浦春馬君)をそこまで追い詰めなかったのは。未希(志田未来ちゃんが智志(三浦春馬君)を好きだからか、妊娠したのは智志(三浦春馬君)だけのせいじゃないから。智志(三浦春馬君)がまだ子供だから(これが成人だったら違うだろうか)。と予測はできるが。まあ喫茶店なんていう公衆の面前で、大の男が中学生を罵倒なんてできないから小さな声での説得と思うが現実には二人だけの場所での父(生瀬勝久)が智志(三浦春馬君)に激怒する場面があると現実性も出ていた。脚本のアイデア不足も目立つ。今後は出産のかた向いていくが過激な性教育の言葉は使わずに今までのパターンを守りアメリカで自己抑制プログラムや禁欲教育の元になったナボコブの「ロリータ」に負けない感動的な悲劇で幕 を閉じるバッドエンドにして幕を閉じ永久の名作にしてほしい。
2006/11/07(火) 13:44:39 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
今4話まで観たが、過激な性教育の面は「3年B組金八先生」の「15歳のような過激な性教育やジェンダーフリー教育」の面はかなり控えられており、金八の「15歳の母」(主役、杉田かおる)は初めは出産に反対だったドラマは逆に金八やクラス全員や親までもが中学生の出産を応援して中学生の子供の誕生を許してしまった。まったく社会の現実性がなく。子供の性を暴走させた番組と今になって大きな非難が出ている。原作者の小山内美江子さんはフェミニストでジェンダーフリーであり過激な性教育推進派で七生養護学校の裁判の旗手を振っている人なので。このような糞ドラマになってもやむをえない面があるがこの答辞は性教育の必要性が叫ばれてジェンダーフリーがブームになっていた時代だ。今は逆に過激な性教育は廃止されジェンダーフリーも禁止されている時代が大きく違うので時代に合わせており、またドラマも金八の「15歳の母」の逆路線を行っていて親や学校、クラスの友人にも猛烈の反対されて追い詰められていく主人公美希(志田未来ちゃん)の描き方は金八の「15歳の母」とは比べ物にならない現実性があり評価できる。親友の久保田恵(北乃きいちゃん)のセリフは現実に迫っておりクラスの級友全員も現実の世界に近い態度なのだ。
しかし社会的ヒューマンドラマにはまだほど遠いのだ。「14才の母」は1悲劇のヒロインごっこではない。美希(志田未来ちゃん)の告白は非現実的だが波多野卓(北村一輝)の新聞記者が再び現実的な世界に引き戻している。47都道府県で1人いるかいないかの14才以下の母は大変なスクープになる。しかしこれだけの噂になってしまったネタの独り占めは考えられない。たの週刊誌記者からの波多野卓(北村一輝)のライバルが現れて取材合戦の現実の厳しさも知ってもらわないといけない。また命がテーマなら級友に責められたときに学級担任や母(田中美佐子)の前で美希がベランダにかんしゃくを起こして走り出し転落数全に級友に助けられている場面があれば命の尊さが良く伝わったと思う「実際に私の友人が勤めていた中学校で報告があった本当の事件だが胎児にはいたらなかった」また「15歳の母」との違いは1年違うと出産の危険リスクがこんなにも違うのだという描き方をしないといけない「14才の母」は「15歳の母」のように無事出産パピーエンドの描き空は許されないのだ。的場春子(高畑淳子)の言っている言葉 「貴方の年齢で子供を産むことは命の危険が伴います最悪の場合は母親か子供の命の選択になります」という言葉を大切にしてドラマの流れを作れば本当に命の尊さを伝えるドラマになる。ラストは本当に美希(志田未来ちゃん)か生まれてくる子供の命の究極の選択を迫られるクリマックスにならないと命の尊さは伝わらない。「コドモのコドモ」のようなSFの空想世界のドラマでは今では大きな非難が出るのだ。「14才の母」という超過激な題材を元に描くファンタジーは非常に難しいのだ。出産を反対する父(生瀬勝久)と賛成する叔父(河本準一)の激突も必要になる。現実では「もう一人の14才の母ドキュメント」のように自力で”普通の生活”は今の社会では送られない。国から補助金を年間120万円ももらい。親や親類の手助けが会って初めて育児ができている。自力だけでは生活は不可能なのだ。中学生や高校生の母が10万人になると日本は1兆2000億円もの費用が要り国は潰れるのだ。それに何よりもこの番組公式掲示板が反対派の意見は受け入れず。賛成派の意見だけしか取り上げない死んだ掲示板になっている。こんなことでは賛否両論はできない。公式掲示板はマンセー掲示板なのである。このような公式掲示板もなっていない。http://www.ntv.co.jp/14/bbs/index.htmlここ数年の世相を考えれば観る側が神経質になる事くらいある程度想像できるだろ。そのくらい作り手側も覚悟の上なら視聴者全員が納得できる放送に仕上げないといけない反対派の人の方がビデオ録画して番組分析して意見を出しているのだ私も「14才の母」反対派だが毎回ビデオ取りして何回もビデオを見返して感想を書き込んでいるのだ。自分は今63だが単にインパクトを狙った感のあるタイトルとそのイメージだけの作品になってほしくない。今のところ現実と非現実の入り混じった展開で何だか品がないドラマのパートも多く見られるのも気がかりだ。現実を踏み外さないこと、扱うテーマは重くてとうぜんだが粗さが際だったり問題を軽視しているという印象になったりすると叩かれやすくなるから要注意だ。無事出産パピーエンドは絶対にしないこと命の尊さを訴え「合うために生まれてきた」がテーマなら美希(志田未来ちゃん)か新しい生まれてくる命の究極の選択は絶対に必要になる。14才の年齢での出産を肯定させないためにも、感動的なバッドエンドにしてみんなが号泣するようにならないとドラマの意味や「15歳の母」ではなくて、どうして「14才の母」にしたのか意味がなくなる。「14才の母」は出産が命にかかわるだけに命の尊さを伝えるには偶然にいいテーマになっている。自己抑制プログラムの大切さを伝えるメッセージとなるように描いてほしい。性教育の必要性を訴える内容になると非難が大きくなりったかれるのだ。14才以下の妊娠は2005年は42件しかなくて出産のためになくなった女の子は10年間で25人にも上る危険なことも忘れないで大切にして全員の視聴者が納得できるクライマックスにしてほしい。なおアメリカの高校内の子供を預かる保育所は取り壊されている高校生のための子供を預かる保育所を取り上げてアメリカの高校には高校生の子供のための保育所があるなどというと日本在留アメリカ人が起こり国際的な問題にもなりかねないから絶対に控えることも大切だ。

2006/11/08(水) 16:06:35 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポートまだ過激な性教育やジェンダーフリーのカラーが出ていないことは評価できるただ出演者や男女の役柄ポジションを見ているとフェミニストカラーが強いという非難は免れない。過激な性教育の面が出なかったのは評価できる。しかし以前ドラマの内容を本当の「14才の母」も取り扱った愛媛県U市の産婦人科医の話や学校や両親の話を総合してみると大きな矛盾点と性教育を肯定している危険性が出てきそうな気がしてならないのだ。まず美希(志田未来ちゃん)の担任、奥村美子(出口結美子)が「私は反面教師だったかもしれませんどうすれば子供ができるか知らない子もいる
のですから」これは性教育を肯定する言葉で逆に子供の性を暴走させてしまう。40年前の子供でさえ小学校5年生で性教育はないが整理の知識も見に付けており性交(セックス)すれば妊娠することは男女共に知っていたコンドームについても小学校高学年になれば知っていた。今の子で中学生で「どうすればこどもができるかしらない」という言葉は性教育推進の言葉だと非難が出ている。また今後は性教育シーンがあることや的場春子(高畑淳子)が今は少なくなっている性教育の講師として学校で性教育の公演などを行えばドラマは壊れる今までのドラマの路線を続けないと現実世界は見えてこない。教育現場の学校の先生や友達との人間関係や家族、週刊誌記者波多野卓(北村一輝 )ライバルの他の週刊
誌記者との美希(志田未来ちゃん)を通しした取材合戦、叔父(河本準一)と父(生瀬勝久)産婦人科医、的場春子(高畑淳子)の非常事態の医療現場24時間体制の厳しさを描かないと命の重さや究極の社会的ヒューマンドラマにならない弟、一ノ瀬健太(小清水一揮)の描き方は今の路線が正解だ。 性教育シーンは今の時代は危険なので出さない方がいい。金八の「15歳の母」よりも過激な性教育やジェンダーフリーの面がなく、かなり現実的に描かれている面は評価できるが、なんか展開があまりにも無難で非現実的な面が多くなっているのは気がかりだ。その中でも緊張感とか感動できるシーン、セリフがあれば面白いと思えるんだろうけど、本当に緊張感が伝わらない噂が学校中に広まったことは現実性があり評価できる。日本中の女子中学生は200万人いるがその中の42人なのでこれは大変な出来事で週刊誌のスクープは特種になるのだ。波多野卓(北村一輝)の新聞記者が現実離れしそうになったときに現実の世界に引き戻している。波多野卓(北村一輝)
の言って入ることは凄く正しく裁判になっても逆に週刊誌社のほうが勝つだろう。ただし他者の週刊誌がかぎつけて問題が実名化してしまう週刊誌が出ると逆転する。やはり波多野卓(北村一輝)のライバルとなる他者の週刊誌記者の登場があればより現実性が出てくる。 また美希(志田未来ちゃん)のクラスの級友の前での告白で簡単に美希(志田未来ちゃん)に屈してしまう両親もおかしい。中学生や高校生で妊娠した子は母性本能が働き子供を産みたがるのも事実である。もう一人の14才の母と噂される柳沢真由那(谷村美月ちゃん)が美希(志田未来ちゃん)をかばうのは同じ気持ちが通じあうためだろう。しかし200万人中42人しかいない14才の母が同じ学校で同じクラスに2人も存在するのは絶対にありえないのだ。ここは現実離れしているから、もう一人の14才の母は噂だけに止めるべきだ。両親は最後まで反対して美希(志田未来ちゃん)が家出をして切羽詰ってから納得する方が現実にチックなっていた。脚本のアイデア不足が痛い。桐野静香(室井滋)は美希(志田未来ちゃん)の中絶をあきらめた両親に愕然として「あんたはそれでも母親ですか」と美希(志田未来ちゃん)の母、一ノ瀬加奈子(田中美佐子)に詰め寄るがこれは正解なのだ感情論や衝動だけで「産む」と繰り返し言っている主人公美希(志田未来ちゃん)は考えがわからない。公式BBSが反対派の意見を拒否してマンセー意見しか受け入れない掲示板なので公式掲示板としての機能が果たせていないのだ。また智志(三浦春馬君)が男として弱すぎるここは美希(志田未来ちゃん)と駆け落ちするくらいの強さがほしかった。母親の意見にあまりのも素直すぎるのだ。一番の注目はクライマックスだここは14才の出産で出産統計要覧でも危険なハイリスク出産の危険性を生かしてほしい中学生に中絶も出産もどちらも良くないメッセージとなる名作にするためにはハイリスク出産で未希と赤ちゃんのどちらかの命の究極の選択になるようにすることが大切だ。「14才の母」は「15歳の母」をもう越えるドラマとなりナボコブの名作「ロリータ」と比
較されるようになっているロリータを超える昇華したバッドエンドにしてほしい。産婦人科医、的場春子(高畑淳子)の 「ハイリスク出産」の危険性や波多野卓(北村一輝)の「強いようで意外にもろいものですよ」という言葉がラストに生きるクライマックスになると。名作に仕上がるのではないかと思う。

2006/11/09(木) 13:34:30 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート第5回
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート第5回の放送を見て美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)と智志の母(室井滋)の籍民間の違いが現実的見逆転している感じがしてドラマの脚本のアンバランスが目に付いた。ドラマの流れは主人公が悲劇のヒロインになり無事出産パピーエンドでは中学生出産推奨ドラマになりとんでもないことになる。子供の育児費は多くの費用がかかり1000万円を超える国からの補助費だけでは足りないのだ。中学生ではバイトも仕事もなく育児はみんな親任せになり親の負担は計り知れない。家庭解体にも多くは高校生の母でさえ結びついており、中学生や高校生の母が10万人になると日本は崩壊する。子供生むこと許す美希(志田未来ちゃん)の母親(田中美佐子)は現実では失格になる。まだ出産さらに協力に反対して育児期なのだ。「15歳の母」はいかにいい加減なストーリーだったかがわかる。現代なら袋叩きに会う作品なのだ。「15歳の母」ではでなかった。ハイリスク出産の問題点を出したのは作品として成功している。こんなにまで反対されてるのに子供産みたいって言い張る理由が弱い気がする。
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec22/ch258/ch258b.html
上記のソースは転連例出産のハイリスク出産の危険が大きいことをあらわしたソースだ。このソースを見れば14才で奇跡的な出産をはるかに越える14才以下の子供に命がハイリスク出産により奪われている。産婦人科医が少子化を上回るスピードで減少しているのはこのようなハイリスク出産が原因している。 アメリカも日本と同じで日本以上の産婦人科医不足が問題になっている欧米先進諸国も同じであり産婦人科医不足は先進諸国全体の問題となっているのである。産婦人科医と低年齢ハイリスク出産の恐怖もドラマには強く取り入れないといけない。14才で子供ができて育てるような金八の「15歳の母」とは「14才の母」の場合は事情がまったく違うのだ「新しく生まれてくる命の大切さ」や「愛するために生まれてきた」のテーマを生かすにはハイリスク出産の恐怖を強く描き母体か生まれてくる赤ちゃんの命の洗濯に持っていかないと当然伝わらない。ナボコブの名作ロリータが再び注目を集めているがロリータもハイリスク出産の怖さで自己抑制プログラムや禁欲教育の必要性や性教育の危険性を描いており後進諸国でも自己抑制プログラムの一環として推奨図書となっている。ロリータにはなかったハイリスク出産で母か子の命の究極の選択に持っていけばすばらしいクライマックスになりみんなが納得するドラマになると思う。視聴率稼ぎのドラマにならないでほしい。ドラマのギャラの主演はトップクラスの俳優で1時間300万ぐらいもある。ただし志田未来ちゃんのような子役は普通事務所所属タレントは全員給料制だからギャラが入るのは事務所になるのだ。ここに事務所の「14才の母」の衝撃的なタイトルドラマの中身が在るのは間違いない。しかし日テレも事務所もただ視聴率稼ぎのドラマなのか凄い教育的なメッセージのドラマになるのか今は分岐
点に立たされているのだ。ドラマの設定も美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)の家も智志(三浦春馬君)の母(室井滋)
の家も金持ちって言う設定がイマイチな感じもある。子供の子供ができても不自由なく暮らせる環境にあるが去年の14才以下の母の出産の家庭は厳しい条件の家庭が多く志望した17名の子供以外の生き延びた子供も里子運命と言う悲しい結末を迎えている。14才以下の出産はハイリスク出産により50%は生まれてくる子供は一週間以内に死亡、生き延びた50%も里子運命になっている青木あずみのケースは極少ないまれなケースに入るのだ。見てて、どーせ、どっちの家も子供一人くらい増えても大丈夫じやないけーって思ってしまうような環境の家庭だけに子供に間違った考えを起こされると大変なことになる。どっちかの家が貧乏で、それが原因でいがみ合うとかっていうドロドロが欲しかったが今のケースでもドラマは成り立つ。義務教育の中学校っていては公立では退学できない美希(志田未来ちゃん)のような名門私立校では確実に公立学校に転校させられた医学になるのは当然でここは現実的に描かれていた。ただし2ちゃんねるでドラマの前から噂をされていた隠れたもう一人の「14才の母」と言われる柳沢真由那(谷村美月ちゃん)の存在が実に不気味なのである。これが本当なら美希(志田未来ちゃん)の「14才の母」が食われる恐れがある。ここは噂で済ませるようにもって行く必要がある。47都道府県でも1人以下で珍しい14才の母が同じ学校で同じクラスに同時存在在は絶対にありえないからだ。現実でも私立名門校だから退学できる。公立中学校に籍を置けばいいのだ。ここは金八の「15歳の母」とは比べ物にならない現実性があり評価できる。しかし今のままではまだ完全な社会的ヒューマンドラマになっておらず。このドラマに素直に感動できないという人が以前多い。まだどこかが現実離れが起きている。週刊誌記者の波多野卓(北村一輝)の設定は正解だった。ドラマが現実離れしかけたときに現実の世界に引き戻しているのだ。職員会議は教育現場の実情にかなり迫ってきている。ただし担任教師の信頼はこのような事件後どうなるのか私立の先生には指導不足教員制度はないが校長の権限で首が多いのが実情なのだ。この厳しい教育現場の実情も描かないといけないだろう。職員会議で「うちは私立だから、生徒を選んで当然だ!公立に行け!」というのは現実には正しいのだ。美希(志田未来ちゃん)の名門私立中の先生達の反応は結構現実的に描かれているのはかなり評価できた。どちらかの家庭を貧乏にしても、そのことが、出産に反対する理由として前面に出ちまう。「家にはもう一人子供を養う余裕はない」これで未希(志田未来ちゃん)はなす術もなくKOだ。未希が出産するか否か、迷える状況に設定してあるつうこと。は現実は多いが平凡でこれではドラマにならない、設定はやはり今の設定がベストか智志(三浦春馬君)の父もいるとドラマは父親同士のカラムも描くことができてより現実的に描けたのではなかろうか。ただし「金さえあれば子育ても世間体もなんとかなるもんね」と子供には錯覚を起こさせないでほしい。金八の「15歳の母」は先生もクラスの仲間も非現実的であり子供に校内暴力や子供の性の暴走を招いたのだ。金八のような「15歳の母」のドラマ構成では今の時代では非難が出て通用しない。さそうあきらの「コドモのコドモ」はSF作品で命の大切さなどはまったく伝わらないのだ。ただし美希(志田未来ちゃん)に比べて第5話の別れのシーンを見ても智志(三浦春馬君)の扱いはずいぶんと軽く感じる以前よりは重く扱われるようになったがまだまだ智志(三浦春馬君)の扱いが軽すぎる。別れのシーンではいきなり車が走るシーンにジャンプしており智司(三浦春馬君)の母(室井滋)がどのように誘導したのかが描かれていない。引っ張って息子を連れて行くとか、未希(志田未来ちゃん)がゆっくり歩き出すとか演出の工夫がほしかった。問題はなぜ15歳以下の出産が日本人も体格のいい外国人もハイリスク出産になるのかはソースを見てもわかる通り、膣が狭すぎてまともに産めないのが一番多い。また出産に必要なホルモンが十分に出せる機能が働かないことも書かれている。妊娠中毒症も多いことも気をつけないといけないのだ。今後ドラマは智志(三浦春馬君)と友達と学校とサヨナラを決意しただけで覚悟とか思ってるが、それだけですむわけがないのだ。家族にまで世間の非難というすごい試練が待っている。家庭崩壊や自殺寸前まで行ってほしい。実際は14才以下の出産は47都道府県の数にも満たないのでスクープすれば週刊誌は凄い特ダネであり実名記載はないから現実に裁判を起こしても名誉毀損にはならないのだ。ここは波多野卓(北村一輝)の他の週刊誌の記者がライバルとなり取材合戦の過熱化より記事が過激になり問題化させないといけない。そうしないと智志(室井滋)は裁判には勝てないのだ。14才以下の出産は伏せられるので普通は記事になることはありえないがスクープされる恐れは今でもあり記事にされると凄い特ダネになる。この現実も見せないといけない。波多野卓(北村一輝)の言葉「意外にもろいものですよ」的場春子(高畑淳子)の「お母さんか赤ちゃんの命の選択になります」という言葉を大切にして後半には母子共に低年齢ハイリスク出産で死亡したナボコフの名作「ロリータ」を超える名作にしてほしい。



2006/11/10(金) 20:20:19 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
なぜ子供のセックスはいけないのか
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート 人間には天敵がいません。天敵がいないほどに人間は生物界で絶大な力を得ました。その力は頭脳の力であることは誰もが認めています。道具を作り出す力です。この生物界で人間に命を狙われても生き延びられる動物は他に存在しません。人間は事実上、地球のどの生物よりも強いのです。 しかしながら、人間にとってもっとも警戒すべき天敵は人間です。核爆弾を発明し、人間は地球を壊滅させることができるだけの武力を持ってしまいました。強いというレベルを超えてしまったのです。相手の命を奪うことができる武器などいくらでもあります。だから人間はルールを作り、そのルール内でしか子孫を残せないようにしてしまいました。お金がなければ満足な家にも住めませんし、男性ならば包容力がなければ女性と結婚すら不可能です。力づくで女性を強姦したり、お金を盗もうと思っても、ルールがあるためそれができません。ルールに従いつつ、力をつけていかなければ人間は子孫を増やしていくことが許されない時代となりました。人間が子孫を残そうとすると、競争しなければならないのは同じ人間同士です。そして人間は頭脳の力で競争力が決まるため、頭脳を鍛えなければ競争に勝って生き残ることができません。実際に頭脳力をまともに鍛えることのできない発展途上国の人々は、全世界で8割であり、貧しい国では生きていくのも困難です。頭脳力を鍛え上げた国には手も足も出ないのが現実です。日本に住んでいるとそのことに気づきませんが、世界の8割の国は支配される側である現実を知る必要があります。日本もいつそうなるのかわかりません。 さて、ほとんどの方が「11歳でセックスするのは早過ぎる」という意識を持っていると思います。これはなぜでしょう。なぜ早過ぎると感じ、なぜ早過ぎるといけないのでしょうか?それ
は前にも述べたように、肉体や頭脳をしっかり成長させてから実を結んだほうが有利か?それとも肉体や頭脳が未熟でも早く実を
結んだほうが有利か?ということにかかわってきます。セックスというのは明らかに生殖(繁殖)活動です。ただし、生殖活動に精を出せば、生きるための競争力を身につけることがお留守になります。これは動物も植物も同じです。人間の「生きるための競争力」とは単に食事を確保するための能力ではありません。道具や武器を作り出す力です。しかし、11歳で核爆弾を作り出す頭脳は養われません。マシンガンを作り出す頭脳も養われません。各種電気機器を作り出す頭脳も、家を作る頭脳も養えません。11歳の頭脳では、あまりにも未熟なのです。ここで問題があります。何と比べて未熟、または誰と比べて未熟なのかということです。みなさんは将来核爆弾やマシンガン、電気機器などを作る職につかないから、頭脳をそこまで鍛えなくても関係ないと思っているでしょう。それは比べる相手を考えていないからそのような思考が生まれるのです。 何と比べて頭脳が未熟というのか?それは武器や電気機器を作り出すことのできる国の教育レベルと比べて未熟だと言っているのです。明らかに発展途上国の教育レベルは先進国とくらべて国民の頭脳が未熟です。未熟であればそのような文明の機器を作り出すことが不可能です。文明の機器を利用することもできません。ですから、文明の機器を作りだし、利用できる国々に勝てません。将来、文明の機器を作り出す企業に就職しようとしまいと関係なく、教育レベル
が低い発展途上国では先進国に勝ち目が全くなく、そのためそこに住む国民は貧しい生活をしいられてしまうのです。11歳でセックスにあけくれたらダメなのは、国同士が戦い合い、競争しあってるからです。11歳でセックスにあけくれる人が多くなればなるほど、人間同士の生き残りをかけた競争で勝てなくなり、そのうちセックスにあけくれようと思っても、そのまえに今日食べる食料を確保しなければならない貧しい国になってしまいます。国民が11歳でセックスにあけくれるようになると、貧困になり、飢えに苦しみセックスすらする余裕ができない国になってしまうのです。今、日本と言う裕福な国に住んでいる私たちには、実は地球上で熾烈な生存競争が行われていることに気づいていません。なぜ、セックスを禁じられ、勉強をさせられているのか?実感がわいていない人がほとんどです。それは生き残るためなのです。頭脳力を鍛えて他の国の国民を打ち負かす力を身につけるためなのです。桃や栗の木が実を結ぶために3年の歳月が必要なのは、実を結ぶ前にまず生き残らなければならないからです。これは人間も同じことです。生殖活動であるセックスをする前に、すでに生き残る力をつけておかなければ、子孫を残すのに不利なわけです。今、地球は国際社会になりました。国際社会とはとても美化した言い方ですが、これは本当のことを言うと、国際暴力社会、国際生存競争社会と言いかえることができます。他の国の企業が日本に上がり込んで、日本の経済を吸い取っていってもいい世界だということです。他の国の企業が日本の企業にけんかを売ってもいい世界だということです。そして日本も同様に他の国にけんかを
売っています。生き残る力は、世界と比較して勝つ力です。勝たなければ先進国としての現状の裕福な生活が送れないということです。これは一人一人の生活レベルに関係しているとても身近なことであって、他人事ではないことを知らなければなりません。逆に言うと、生き残る力をアップさせるためには、セックス(生殖活動)を犠牲にしなければなりません。セックスする年齢をどんどん先送りさせ、その間に生きる力を身につけさせなければなりません。人間の遺伝子には、11歳で初潮がくるように設定されていますが、生き残る競争が国際的に激しくなってきたため、たったの11年では頭脳力を鍛えるには不充分になってしまいました。だから私たちは11歳でセックスを始める人に対して「早過ぎる」というイメージを持つようになったのです。 じゃハイリスク出産の危険性はどうなるのかこれは逆に高まるのだ栄養豊富な土壌では薬味をつけた果実や野菜にはしまりがなくやわらかくなるのと同じ理屈でハイリスク出産の危険性は高まり低年齢出産ハイリスクでの死亡率は逆に高まってきているのだ「14才の母」低年齢での出産の子育ての大変さには良く迫っているがハイリスク出産の怖さにもうひとつ迫りきれていない今後は低年齢ハイリスク出産の危険性に迫っていき家庭崩壊の危機や週間記事のスクープも大切にして現実に描きラストは親とこの命の究極の選択になりロリータ以上の名作にしないといけない現在は駄作で終わるか名作となるかの便起点に「14才の母」は立たされているといえるだろう。


2006/11/11(土) 14:40:08 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート初潮が来る年齢は肉体の成熟度で決定されるように遺伝子には仕組まれているようです。だいたいある一定の体重に達すると生理が来る傾向があると言う研究結果があります。ということは、食べ物が豊富にあって裕福な国では、貧しくて飢餓状態にある国よりも早く生理が来てしまいます。つまり、裕福な国では食べ物に困らな
いので早熟傾向になるということです。生物学的にはこれは当然のことです。桃や栗の木でさえ、やせこけた土地では実を結ぶためには3年より長めの歳月を要します。人間だって同じです。しかしこれはまさに、遺伝子が現状と逆走しています。なぜなら、先進国では、裕福な国ほどセックスを先送りして、教育にいそしませなければならないからです。セックスをさせたくない国の国民ほど、発情する年齢が早くなってしまうのは何とも皮肉です。ですが、私たちはこの遺伝子の仕組みの不都合を受け入れなければなりません。それを受け入れた上で、セックスすることを先送りするように理性に言い聞かせなければなりません。考えてみればこれほど理不尽なことは他にありません。からだは恋愛やセックスを欲しがっているのに、国際競争力を身につけるために、これを我慢しなければならな
いのですから。本能を理性で抑えつけることになります。ですが、理性で抑えつけるためには、なぜセックスの欲求を抑えつけなければならないのかの理由を教えてあげなければなりません。これを理論でしっかり教えなければ理性は働きません。当然です。にもかかわらずセックスを早い年齢でしてはいけない理由を生徒にきっちり教えることができる教師が皆無であることは驚きです。そして実際にセックスを先送りにする教育は全国のどこを見渡しても行われていません。今後は教育者にこのような内容を生徒に伝えて言っていただきたいと本心から思っています。これは今21世紀最
大の超問題作「14才の母」に生かされているのだろうか。ドラマも中盤に差し掛かった。中番でも賛否両論が渦巻いている。一番現実的なキャラクターは週刊誌記者(北村一輝)産婦人科医、名門女子私立中学校教頭が以外に現実的なキャラクターになってきたといわれている。出演キャラクターはさらに現実的に近づけで後半に向かっていかないといけない。視聴率が高くてもドラマに批判が集まっている事を謙虚に受け止めないと子役女優志田未来ちゃんを日テレは潰すことになる。でも主演の子はこんなドラマのイメージぐらいで潰れるようなタマでは無い気もする。無事出産ハピーエンドでは「14才の母」にした意味がなくなるのだ
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec22/ch258/ch258b.html
15歳以下の低年齢出産の危険性は日本人がけでなく体格のいい外国人も同じなのだ。特に注目が集まる最終話では、出産によって、母子どちらかに死が及ぶことを聞いた未希は、自分より生まれてくる子供を優先して欲しいという選択肢を医師、的場に告げる。それを聞いた両親は無論、未希に強く反対するが、彼女は全く聞く耳を持たない。激しい陣痛の末、未希は手術室に運ばれる。外では家族・ 智志・母静香も見守っていた。結果はどうなるのかというナボコブのロリータでも描かれていない究極の命の選択にならないと「命の大切さ」や「愛するために生まれてきた」のテーマは視聴者には伝わらない。クライマックスはロリータを超える、みんなが号泣するバッドエンドのクライマックスになると「14才の母」は名作となり伝説のドラマとなるだろう無事出産ハピーエンドでは逆に今までの
ドラマの流れも壊れて単なる糞ドラマになり叩かれる。「命の大切さ」や「愛するために生まれてきた」のテーマを生かすためにも視聴者みんなが号泣するバッドエンドのクライマックスにしてほしい。

2006/11/12(日) 17:14:56 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061112-00000018-maip-soci
志田未来ちゃんがいじめを苦に自殺するメッセージを送った記事であるこれがィ十を書けるストッパーになるのか答えはノーである今日もまた中学生のいじめによる自殺のニュースやいじめのあった小学校長の自殺が相次いで起きた。志田未来ちゃんのメッセージに「14才の母」はドラマになる可能性が低いからだ、無事出産ハピーエンドにすればどうなるのか逆に子供の性は暴走して中学生の中絶や妊娠が増えていく。いじめによる自殺者も激増する。第6話は子供の性も暴走させる危険性も秘めているのだ。智志(三浦春馬君)へのコンドーム君の絵のいじめ、これは逆に今でも起きているコンドーム君のいじめをさらに激増させる基になる。また児童ポルノに入る美希(志田未来ちゃん)ツワリシーンなど過激な性教育の要素が入っているのだ。パピーエンドにすれば今の子供に逆に子供の性を暴走させ、中z説や出産を激増させさる恐れがある。このような時代こそスタッフは心を鬼にして劇的なバッドエンドにして子供へ思い知らせるメッセージが必要なのだ。中学生への命の尊さや愛の尊さはハピーエンドではメッセージにはならない。バッドエンドにしてこそメッセージになるのだ。(ソース引用)いじめ 女優の志田未来さん「絶対にやめて。命を大切に」拡大写真いじめ問題について語る志田未来さん=神奈川県川崎市で11日、兵藤公治写す「命」をテーマにした話題の連続ドラマ「14才の母」(日本テレビ系)で主人公を演じる志田未来さん(13)が11日、毎日新聞の取材に「いじめは絶対にやめて。命を大切に」と同世代の仲間へメッセージを語った。志田さんは14歳で身ごもる名門私立中の中学生役に挑戦している。普通の少女が妊娠し中絶を考えるが、母との語らいを通じて生命誕生の神秘と尊さに気づき、出産を決意する物語だ。視聴率は初回から20%近い。素顔はあどけなさの残る中学1年生。出演をきっかけに、命について改めて考え始めた。そこに、同世代が自ら命を絶つ事件が続いた。「今まではニュースで自殺と聞いても、『かわいそうだな』ぐらいしか思わなかった。でも『何でだろう』と考えるようになった」最近、ドラマと同じように自分の母と誕生時について語り合った。「私が生まれた時、お母さんは本当にうれしかったそうです。愛されているって思いましたね。だから自ら死を選ぶなんて考えられない。天国に行くとか、生まれ変わるとか、そういうのはないかもしれない。だから今を大切に生きようと思う」自殺予告の手紙にも「もし本当だったら助けてあげたい。独りでさびしくて、相談もできないんだと思うから」と感じた。いじめる人には「相手のことを考えて、と言いたい。自分がそうなったらどう思うか。絶対にやめて」と語気を強めた。 ○ ここまでは志田未来ちゃんの考えで自殺防止を訴えているがこの後がいけない。 (ソース再び引用)ドラマの主人公は子どもができて愛と命の尊さを知り、強くなっ た。「今つらい思いをしている人には自分が愛されていることに気づてほしい。ドラマを通して愛情や命ってこんなに大切だと伝 えたい」。同世代ならではの思いが込められている。【長野宏美】 (毎日新聞) - 11月12日17時1分更新 ○ これではドラマの完結変を予告しているようなものだ。製作者はせっかくの過激なタイトルドラマを糞ドラマで終わらせる気だろうか「14才の母」はこのままではナボコブの「ロリータ」を超える名作にはならない。「14才の母」はハピーエンドでは非難がでる。母体か赤ちゃんの究極の命の選択になってこそ初めて価値が出る。感動的なみんなが号泣するクライマックスにならないと何のメッセージにもならない。無事出産ハピーエンドにすれば逆にいじめや自殺者は激増する。子供の性も暴走する。このような時代こそスタッフは心を鬼にして劇的なバッドエンドにして子供へ思い知らせるメッセージが必要がある。中学生への命の尊さや愛の尊さはハピーエンドではメッセージには成らない。バッドエンドにして初めて子供への厳しいが暖かいメッセージになる。 なお来週出るコンドーム指導でのコンドーム君の智志へのいたずらやいじめは今起きているいじめにさらに輪をかける恐れがある。コンドームは避妊は出来てもエイズやSTD性感染症を逆に拡大させてしまうから要注意だ。ドラマは後半は、産婦人科医、的場春子(高畑淳子)や週刊誌記者 波多野卓(北村一輝)のような現実性が出ているキャラクターを生かしてドラマを展開していくべきだ。実際に産婦人科医、的場春子(高畑淳子)のいっているIUGRを検索してみるときちんとある。
http://chinakohachio.zero-city.com/iugr.html#dame
「14才の母」で問題になっているIUGRとはこのような未熟児状態を言う場合が多い死産、早産、流産の危険度は高いが助かる可能性も多い。この場合は脚本家、井上真由子は助かるほうを選択してハピーエンドにする可能性がある。このために美希(志田未来ちゃん)の出産の場合は14才の年齢から来るIUGRからさらに危険リスクの高いハイリスク出産の要因が出ないといけない。また出さないと中学生や高校生への自己抑制のメッセージにならない。逆にフリーセックス容認番組になってしまうのだ。無事出産ハピーエンドにすれば逆に本当の教育現場では、いじめや自殺者は激増する。子供の性も暴走する。このような時代こそスタッフは心を鬼にして劇的なバッドエンドにして子供へ自己抑制の大切さを思い知らせるメッセージが必要なのだ。中学生への命の尊さや愛の尊さは今の子供はハピーエンドではメッセージには成らない。バッドエンドにして初めてメッセージになる。
http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?c=%C2%E7%CB%E3+%A5%DE%A5%EA%A5%D5%A5%A1%A5%CA&url=18/s250.html
ハイリスク出産15歳以下の年齢はハイリスク出産の危険性が高い。美希(志田未来ちゃん)の場合は多くの危険リスクがあてはまってくる。(ソース引用)母親の年齢:15歳以下の患者は,子癇前症や子癇,および低出生体重または栄養欠乏児を出産する危険性が高い。35歳以上の患者は慢または追加された妊娠誘発性高血圧,妊娠性糖尿病,子宮筋腫および難産の危険性が高い。胎児染色体異常の危険性は,35歳の0.9%から43歳では7.8%まで増大する(表247-1参照);35歳以上のの患者には,染色体分析のため,絨毛膜の絨毛サンプリングや羊水穿剌が提案されるべきである(247章参照)。母親の体重:非妊娠時の体重が45kg未満である女性は,発育遅延(SGA)児を出産する危険性が高い(260章参照)。低体重の女性で体重増加が不適切(7kg未満)であると危険性が高くなり,SGA児の発生率は30%に達する。逆に,母親の肥満は胎児の巨人症,妊娠性糖尿病,および高血圧の危険因子である。母親の身長:身長5フィート(152cm)未満の女性は,胎児-骨盤不均衡,未熟分娩,および子宮内発達遅延の危険性が高い。
2006/11/13(月) 18:40:00 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート美希(志田未来ちゃん)の妊娠のケースは現実の答えははっきりしている。現実なら中絶だ2005年は200万人以上もいる女子中学生以下の内出産は42人しかないこのうち17名が一週間以内に死亡しており、育っているのは25名しかいないのだ。しかし中絶は45汚名にも上るが中絶するとドラマにならないし中絶推奨番組と叩かれる。しかし出産はさらに危険な行為である。中学生や高校生へ出産のメッセージになると困る。 14才では母体の命の危険りすくが非常に高いのだ。何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束される。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成ない。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問がでる。もちろん経済的にも自立は絶対に無理(働けません、雇ってくれる会社などないし、親のすねかじりになる)それに何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないのだ。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円以上もの予算が要り税金は我々の払っている税金が使用され苦情も出るし日本は崩壊してしまうのだ。
この書き込みは公式掲示板は受け付けない。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないのだ。また反対意見も拒否してしまうのだ。これはおかしいことだ。「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる。反対派の意見は受け付けていないのだ。これでは賛否両論にならない半分以上は反対派の視聴者が見ているが「番組の視聴率に貢献してくれてありがとう」というならこれは社会問題になる。ドラマはいい加減な現実離れの「15歳の母」とは違い「14才の母」はかなり現実性がありよく研究はされているが。現実の世界と比べるとまだマラ現実とはほどと浮く奇麗事で済まされている面が多いのだ。もうこのドラマは破綻はすでにしてる。穴だらけだ。日テレは当初から視聴率稼ぎが狙いであり「14才の母」という現実では異次元の世界となる過激なタイトルで視聴率稼ぎではないだろうか。ドラマは大きな反響あって高視聴率は合ってもつっこまれまくりになっている。諸悪の根源のような思想の元に作られたドラマといっていい。規定概念を打ち破ることが良い事、純粋まっすぐは何が何でも正しいといういかにも団塊左翼が考えそうなネタドラマだ。


Re: 無題 - 批評 大志尊徳

2006/11/14(Tue) 13:47

こんな時代の大人に育てられた子供は本当に可愛そうだ、自殺だってしたくもなるだろう、本当にこういうあいまいなドラマが現在の日本をダメにしている顕著な例だ20年前でも中学生で産もうとする女がえらいなんて反響はない。今より遥かに保守的だった時代だ。美希(志田未来ちゃん)の行動や性格は志田未来ちゃんの演技力が高すぎて逆効果になりリアリティがないのは別にかまわないが、演技力とは無関係に美希(志田未来ちゃん)が共感できないキャラになってしまっていることと、脚本家が信じてる倫理観がどうもおかしいというのが致名的。タイトル自体が過激すぎなのだ 「14才の母」で「命の尊さ」や「愛するために生まれてきた」を市庁舎に伝えるにはまだ「14才の母」はドラマでこんなに世の中甘くないって思わせる目標に迫りきれていないのだ。「14才の母」を私は今までの放
送分1話から5話までビデオ録画を完全に行いセリフも調べて脚本を分析してもこのドラマの狙いは中絶なんてしないで皆産んで少子化問題を解決しよーぜの方向性も見られるが無事出産ハピーエンドじゃ話にならない。子供の性を放送させ望まない妊娠やエイズやSTD性感染症が増えてみんな子供は不妊症になり逆に少子化に輪をかける用になるドラマではコンドームを取り上げて入るがコンドームは避妊は出来てもエイズやSTD性感染症は防げないので中教審から「安易な避妊指導はすべきではない」と中教審から警告が出ているのだ。コンドームでみんながせっクスするようになるとあっという間にエイズやSTD性感染症が蔓延して高校生で子供が全員不妊症になり少子化問題どころではなくなるのだ。この時代が2010年に迫っている党危険なデーターまで出されているのだ計算上では2010年には確かにそのようになる。「14歳の母」はこのような時代にブレーキをかけるドラマにするならば、ハイリスク出産により母親か生まれてくる新しい命赤ちゃんの究極の母子の命の選択にしないといけないナボコブのロリータでも描かれていない。究極の命の選択にならないとドラマの狙いである「命の尊さ」「愛するために生まれてきたの」の目標は絶対に達成することは不可能なのだ。美希(志田未来ちゃん)の両親(生瀬勝久、田中美佐子)がはじめの設定と違い美希(志田未来ちゃん)の出産の肯定派になり叔父(河本準一)を起用している意味がなくなってきているのが気がかりだ。美希(志田未来ちゃん)母(田中美佐子)と智志(三浦春馬君)の母(室井滋)との激突は現実的だが智志の母(室井滋)の方が現実性がなぜかある本当の現実はテレビの「14才の母」とは比べ物にならないくらい厳しいのだ。また智志の母(室井滋)と週刊誌記者、波多野卓(北村一輝)との対決も始まるが週間記事の内容からみても、いくら訴訟を起こしても今の段階では波多野卓(北村一輝)に智志の母(室井滋)は勝てない。ライバルの週刊誌記者が出て内容が抽象的に過激化しないと智志の母(室井滋)は裁判で戦っても勝てない。ここでは波多野卓(北村一輝)のライバルがいる。よく番組を分析すると波多野卓(北村一輝)は正義感あふれる交換のある新聞記者だ。これとは考えが別の週刊誌記者の出現が必要になる後半を多くの工夫をつけて盛り上げるべきだま
た美希(志田未来ちゃん)の父(生瀬勝久)と叔父(河本準一)との激突も是非描いてほしい。またコンドームやセックスや性交、ペニスやワギナなど中学生の学習指導要領を無視した過激な性教育用語はできるだけ控えさせることも大切だこのような言葉は使用してはいけないことになっており今では中学生では有害用語になるのだ。

2006/11/14(火) 13:52:21 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート簡単に出産するといっても、検診費、出産費、育児にかかるお金は莫大で、中学生では全部親にかかる。実際に14才の母でもお金は親に負担がかかっている。ドラマ「14才の母」の母親(田中美佐子)のバイトのパート費の稼ぎは実際は飛んでしまうのだ。赤ちゃんの世話も親にかかってくる。「子供が一人増えるみたいなもんだ」と家庭環境からは考えられるが実際はそうは行かないのが本等の現実なのだ。迷うくらいなら中絶しろといっても中絶すれば中絶推奨番組になるから中絶は許されない。お前に子供を育てるには厳しい環境生まれた子供は本当に可哀相な環境になるのだ。「14才の母」をきっかけに来年度の14才以下の出産が2005年の42件を超えると大変な自体になる。増えると将来のDQNが大量製造される危険性がでてくる。ドラマにすると最終的には中学生に対するメッセージを送るには中学生では中絶も出産も許されないメッセージをきちんと教え込むことが大切になる。ラストはやはり、ハイリスク出産となり美希(志田未来ちゃん)か新しい命救うかの究極の選択にしてバットエンドならテレビ史にも残る名作となる。子供が子供を産んで一番大変なのは遊びたいと言う欲求を抑える事になる。金銭的にも親戚身内に援助してもらわないといけない。国からの保障金は出るがそれだけでは生活できない中学生に出産を助長するドラマの放映になると非難がでる。視聴率におぼれDQN全肯定ドラマになると叩かれるのは目に見えている。最後は中学生でもセックスしていいし出産もしようって煽って終わりでは非常に困るし学校の先生からも大きな非難が出る。低年齢出産の多くは多くは最後は子育てがウザくなって子育ては親任せか親類任せになり里子に出すケースが多いのだ。現実は厳しいのだ。また女性には出産適齢期というのがある。中学生は見た目は大人に見えるが、妊娠はできても出産するほど体は成熟していないケースが多いのだ。「14才の母」は性欲がではじめた中学生や高校生の子供には受けること受けない子に真っ二つに分かれている。中学校では以外にも「14才の母」の話題は出ていない。しかし数字が良いのは性や命の問題に興味があるのではなくて単に同世代のセックス絡みのドラマが見たいだけのなだ。またロリコンファンが良く見ている熱心な反対派はビデオ録画をして番組を分析して感想を書き込み意見を送っている。しかし公式掲示板が機能を果たさず反対派の意見は受け付けないと大きな非難が出ている。また未成年の出産は奇形とか流産が多いこともこのドラマでは付け加えないといけない。「14才の母」はドラマの内容は金八の「15歳の母」とは比べ物にならないくらい現実に迫っていることは評価できるが、まだまだ厳しい現実と比べると美化されている面が多いのだ。こういったドラマに出してしまう志田未来ちゃんも厳しい状況に置かれている。奇麗事を並べても、中学生のせいを煽るだけで中学生へ何のメッセージも伝わらないのだ。「少子化問題は今後の日本の最大の懸念であります。出産や結婚の低年齢化を進めるべき。やりたいさかりなんだからや
らせてやれ。」なんて考えでドラマを制作されると少子化は加速化して止められなくなるのだ。産婦人科医はハイリスク出産に奇形児出産も加えるべきだIUGRだけでは未熟児だけで助かるケースが多いから一気にハピーエンドに行く危険性があるからだ。今日は注目の第6話が始まる問題は一番非難が集中する性教育シーンは避けるべきだ「私は反面教師かもしれません、異性と結ばれると子供ができることを知らない生徒がいましたから」のセリフがおかしい
のだ。性教育がない40年前の子供でもセックスすれば子供ができることは小学校5年生でもう全員が知っていたのだ。過激な性教育のシーンは避けるべきだ。後半は児童ポルノにもならないように美希(志田未来ちゃん)を中心に多くの複雑な人間関係を描きらすとの出産で視聴者が全員が号泣するようなバッドエンドにすれば素晴しい名作となりいじめや自殺、などを避けるメッセージとなるバッドエンドに知るには番組関係者のスタッフ達も心を鬼にして描かないといけないだろう。

2006/11/15(水) 12:58:10 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
「14才の母」第6回放送を見ての感想は視聴者が心配していたコンドーム等の過激な性教育やアメリカ留学でアメリカの高校内の保育所の誤った紹介や今大きな問題になっているいじめの問題場面を抑えたことは評価できる。しかし他のドラマの本編となる趣旨の部分は奇麗事すぎる。このことを公式掲示板に書くとはねつけられてしまった。公式掲示板が反対意見を受け付けないのは痛い。賛否両論ができなくなっているのだ。これで大反響というほうがおかしいのだ。本編ドラマは奇麗事では済まされないのだ。美希の担任の先生、遠藤香子(山口紗弥加) は美希(志田未来ちゃん)の卒業を先送りするように努力して学校長も跳ね返さずあっさりと激突なしに合意している。父や母の仕事や弟の健太や彼氏の智志(三浦春馬君)の私生活にも師匠は出ていることは描かれているが子供達は今の時代なのでいじめの場面は軽く触れる程度でいいが両親の勤め先での風当たりは強くなるパワーハラスメントは強く描いてほしかった。美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)のコメントは毎回上手ですが心を打つインパクトがもう一歩だ。現実なら週間記事の問題になると学校へは兄弟共に行きにくくなる。両親も会社やパートの勤め先へもも出勤しづらくなるのがパワーハラスメントで生きず楽なるのが本当だがこの大切な部分が奇麗事に流されているのだ。産婦人科医から妊娠12週目に入ります。14才の出産はハイリスクになるから引き受ける産婦人科医はいない設備の整った総合病院だけだろう。産婦人科医の現状は少子化以上に産婦人科医が減っているのがなぜかもっと迫らないといけない。週刊誌にこのような事件が載れば当然学校は私立名門校ですから問答無用で退学ですが。ここも奇麗事で済ませようとしているのも気がかりだ。波多野卓(北村一輝)の記事の描き方は現実的に巧みで上手に書かれているから名誉毀損にはなりません。これでは裁判はできないこのような美味しいネタを一週刊誌だけが取り上げるのはおかしい。他の週刊誌記者が出現してスクープ合戦がエスカレートしないといけない。波多野卓(北村一輝)のライバル出現が必要になるのだ。美希(志田未来ちゃん)の両親が出産皇帝に回ったのでドラマが始まる前の叔父(河本準一)が唯一出産肯定に回るという叔父(河本準一)の人材の意味がなくなっていますよね。やはり美希(志田未来ちゃん)は一時的に叔父の家に世話になりまた両親に引き戻されるという脚本の工夫がほしいです叔父(河本準一)にがスポットを浴びていません。また学校のクラスでは、もう一人の噂の14才の母、柳沢真由那(谷村美月ちゃん)の存在が不気味です。噂が本当なら絶対にありえないSFの世界になるし、美希の14才の母を食われます。学校の対応の鍵はもう一人の14才の母、真由那が握っている気がする。美希の親友、久保田恵(北乃きいちゃん)よりもスポットがあたってきていますね。波多野卓(北村一輝)の新聞記者のキャラクターは凄くいくていてドラマを現実に引き戻していく生きたすばらしいキャラクターになりましたね。他の週刊誌のライバル記者の出現が入ります。波多野卓(北村一輝)が出てくると安っぽいドラマも重厚なドラマの雰囲気になるから不思議です。今日は名言集ができます。「世界には食えなくて死んでいく子供がたくさんいる。」「銃を持って戦ってる子供もたくさんいる。」「将来のためにお勉強ですか?いいご身分だね。」正論だ。世界の常識や良識を代表している意見だ。発展途上国で異常に高い子供の死亡率。内戦の続くアフリカの少年兵をすぐ連想した。豊かな日本の子供は甘えてるよ。世界30ヶ国を放浪して中南米で子供ギャングの強盗に会った。野卓(北村一輝)ならではの説得力がある名言葉だ。波多野卓(北村一輝)も世界を回ってみていかに日本人が恵まれているか実感したそうだ。外国で働きたいと思ったが外に出て初めて客観的に日本を見れすばらしさに気づき日本で頑張ろうと思ったとう北村一輝にぴったりの役が波多野卓なのだ。今は3流週刊誌のゴシップ記事の編集長だが過去理想に燃えた正義感の強い戦場取材のジャーナリストだった男だこんな男は悪役週刊誌記者に離れない。波多野卓(北村一輝)と対局する週刊誌記者の出現がいる。智志の母(室井滋)がきて美希(志田未来ちゃん)を説得していますが父側の母としては当然中絶を勧めますね。智志の母は世間の煮が水を飲んできているだけに世間を良く知っています美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より遥かに現実性があります。週刊誌は怖い。近所の人達もうわさがあっという間に広がるのだ。健太を発見いじめが覚醒した事で止めたのは正解だ。いじめの場面を出すと今の教育現場のいじめの非常事態では、いじめを助長してしまうのだ。しかし健太もこれからが大変になるはずだ。14才の妊娠はたった一人でもこのように親や兄弟さらには身内や学校まで迷惑がかかるのだ美希(志田未来ちゃん)のようなバカ中学生やバカ高校生が10万人にもなると日本は崩壊してしまうのだ。弟にも迷惑がかかり始めましたね。やはり「14才の母」は出産も許しても中学生に出産推奨になり命の尊さや愛のメッセージにならない。美希(志田未来ちゃん)新しく生まれて来る子供の命の選択になってこそテーマが生きてくる。なぜ「15歳の母」ではなく「14才の母」にしたのかその意味も伝えるメッセージにするためにも。ラストは衝撃的なバッドエンドになり本当に中学生への命の大切さのメッセージにしないといけない。脚本かも番組スタッフも心を鬼にして視聴者が号泣するバッドエンドに持っていかないといけない。中学生に命の大切さを教え、子供の性の暴走を止めて、いじめや自殺を撲滅するメッセージとするには美希( 志田未来ちゃん)死すの内容にして愛するために生まれて北野のテーマを生かすためにも生まれてくる赤ちゃんの命を助けて美希(志田未来ちゃん)が死ぬ壮絶なクライマックスにしないといけないのだ。無事出産はピーエンドでは逆の子供に何のメッセージも伝わらない目的のないドラマになってしまうのだ。ラストは衝撃的なバッドエンドにすべきである。

2006/11/16(木) 15:02:16 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート - 批評
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート智志(三浦春馬君)の母(室井滋)がきて美希(市が未来ちゃん )を説得している場面があった。父側の母としては当然中絶を現実の世界でもこの場合は勧めるが。智志の母(室井滋)のほうが美希(志田未来ちゃん)の母よりも遥かに現実性があるのだ。智志(三浦春馬君)の母は世間の、にが水を飲んできているだけに世間を良く知っていから現実性が伝わるのだ。週刊誌は怖いのだ。近所の人達にもうわさはあっという間に広がり近所の人も美希
(志田未来ちゃん)の噂を始めたのは当然な現象なのだ。美希の担任遠藤香子(山口紗弥加)も健太(小清水一揮君)を発見いじめが覚醒しました。いじめの場面は今の時代はいじめ増加につながるので描けませんが現実では健太(小清水一揮君)学校ではいじめに合い、これからが大変になります。このように現実の世界なら物語の数段倍も中学生の妊娠は親や兄弟、親類に大きな迷惑がかかるのだ。波多野卓(北村一輝)のような新聞記者の出現も現実性がある今この物語を前半は美希(志田未来ちゃん)の両親(生瀬勝久 田中美佐子)が引っ張っていたが、今物語を引っ張っているのは波多野卓(北村一輝)と智志の母(室井滋)である。この二人のキャラクターが現実的になり物語を救っている美希(志田未来ちゃん)の両親が美希(志田未来ちゃん)の出産肯定派に回ったので叔父(河本準一)のキャラクターにスポットがなかなか当たらない。先週は叔父(河本準一)にスポットを当てるチャンスだった。ここでは一時的に美希(志田未来ちゃん)は家族の迷惑を考え一時的に家出をして、叔父(河本準一)の世話になり両親の説得で家に戻る工夫があれば叔父(河本準一)にもスポットが当たっていたのに脚本のアイデア不足が痛い。やはり「14才の母」は中絶だけでなく出産を許しても中学生に出産推奨になり命の尊さや愛のメッセージにならない。美希(志田未来ちゃん)新しく生まれて来る子供の命の選択になってこそテーマが生きてくる。なぜ金八の「15歳の母」ではなく「14才の母 」にしたのかその意味も伝えるメッセージにするためにも。ラストは衝撃的なバッドエンドになり本当に中学生への命の大切さのメッセージにしないといけない。
脚本かも番組スタッフも心を鬼にして視聴者が号泣するバッドエンドに持っていかないといけない。中学生に命の大切さを教え、子供の性の暴走を止めて、いじめや自殺を撲滅するメッセージとするには美希( 志田未来ちゃん)死すの内容にして愛するために生まれて北野のテーマを生かすためにも生まれてくる赤ちゃんの命を助けて美希(志田未来ちゃ
ん)が死ぬ壮絶なクライマックスにしないといけないのだ。無事出産はピーエンドでは逆の子供に何のメッセージも伝わらない目的のないドラマになってしまうのだ。ラストは衝撃的なバッドエンドにすべきである。ドラマは新しい命と引き換えに美希(志田未来ちゃん)を殺す木でドラマを作成しないと中学生に命の尊さや愛するために生まれてきたのメッセージは伝わらない絶対にバッドエンドでないとドラマは死んでしまう。出産でバッドエンドでテープの美希(志田未来ちゃん)のジョッキーが美希(志田未来ちゃん)が赤ちゃんと命と引き換えに子供を産む決意表明をしていたことになれば素晴しいエンドだ。このようにみんな生まれてくるのは奇跡なんだということがわかればいじめや自殺をするものはいなくなる。今の中学生へのメッセージにするにはスタッフは美希(志田未来ちゃん)を心を鬼にして死すにしないと番組は名作にならない。

2006/11/17(金) 15:43:39 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
「14才の母」はドラマタイトルからテーマが非常に難しい。
追跡、21世紀最大の弔問大作品「14才の母」リポート「14才の母」はドラマタイトルからテーマが非常に難しい。14歳の
妊娠出産の是非以前に、主人公が妊婦かつ子供というのが動かしにくそうだ感情先行の熱血キャラが理屈先行方のキャラをやりこめ、体当たりで周囲とうち解けていくってのは王道だが、このドラマの場合主人公の設定が足を引っ張ってあまり派手なことが出来ないでいるように思う 結果、主人公は相手をにらみつけて口先で主張するにとどまっている。それじゃ説得力が足りないのも無理はない自分のクラスメイトや弟をいじめも今の時代はリアルな描きからは無理だ大人の世界のパワーハラスメントならリアルに描けるがここがリアルに描ききれていないのだ。 無事出産ハピーエンドにすると、このドラマは金八のパクリだといわれても仕方がない「14才の母」のケースは答えははっきりしている。現実なら中絶だがドラマで中絶すると中絶推奨番組になるから中絶はさせなかったのはドラマ的には正解だ。しかし出産となると14才では15歳に比べると母体の命の危険が非常に高いのだ。何より親の肉体がまだ子供で女性として身体機能が未完成なのだ。14才で出産した場合は、とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束される。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成らない。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問が残るし、もちろん経済的にも自立は無理です。(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は削除され載らなかった。日本テレビの「14才の母」公式掲示板は社会的責任を問う投稿は載せられなくなっている。これはおかしいことだ「女王の教室」の公式掲示板はどんな意見でも取り上げていた。「女王の教室」の公式掲示板とは、何か状況が違いすぎる。反対派の意見は受け付けていない。こんな賛否両論で着ない公式掲示板を作るスタッフ自体にも問
題がある。なぜドラマ反対派と賛否両論の勝負をさせないのだ。ドラマ反対派の中にはわざわざビデオに録画して番組を分析して意見を書き込んでいる人も多くいるのだ。青木家のアザミの本を読んで14才の出産について書かれていたところで目が止まった。青木あざみさんの話は掲示板に面白半分に書き込んでる人とはまったく違うのだ。「14才の出産は母子共に元気だったのは奇跡だった出産の時点では母子ともに死を一時は覚悟した」と言っている。17歳の出産は楽だったと書かれているところから14才の出産が以下に危険かがわかる。14才以下の出産は1970年は12件だが悪魔の教育となった性教育が始まってからは3倍の42件の出産が2005年は14才以下の出産があったが新生児は一週間以内に17名が死亡しており25名しか生存していない約半分は新生児は死んでいる。10年間に出産した少女は27名も死亡している。非常に危険リスクが高い出産なのだ。 「14才の母」がロリータ以上の名作になるには、新生児出産→未希(志田未来ちゃん)死亡→一ノ瀬夫妻が女児に未輝と名付ける→7年後立派な青年に成長した智志が未輝を認知し引き取り生涯独り身で子供を育て働く 新生児出産(未希【志田未来ちゃん】死亡)がベストの条件になる。中学生に自己抑制のメッセージを伝えるなら未希(志田未来ちゃん)死亡でないとドラマはいきない。美希(志田未来ちゃん)の両親(生瀬勝久 田中美佐子)も父、智志、智志の母(室井滋)も呆然と立
ち尽くす。 未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)が子供を抱き上げ「お母さんは天国に行ったのよ」と言うナレーションが入り、 見舞いの着ていた全員が呆然と立ち尽くし号泣する。ここで美希のテープが全国の中学生へのメッセージとなって流れる。中学生には「14歳では妊娠も出産も許されない」との全国の中学生のメッセージを美希(志田未来ちゃん)のナレーションが主題歌「するし」が流れる中で行われる壮絶なクライマックスになると素晴しい名作になる。出産させて母子共に健康ではどんなに美化しても糞 ドラマだと叩かれる。 ナボコフの「ロリータ」は自己抑制のメッセージになり注目を最近は再び浴びているが「14才の母」がロリータを超える名作になるにはスタッフ全員が心を鬼にしないといけない。
2006/11/18(土) 14:43:18 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
なぜか先週の予告とストーリーが書き換えられていた
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポートなぜか先週の予告とストーリーが書き換えられていた。当初は「産むか産まないかは最後までわからない」と言ってた。しかも先々週のジョンのあらすじにはこう書いてある。「11/15放送の第6話では波多野の雑誌が発売。高名な女社長の息子と名門女子中学生の醜聞とあって世間の格好のエサに。加奈子(田中美佐子)や忠彦(生瀬勝久)も偏見と中傷にさらされ、今までどおりには働けなくなる。ついに離婚の危機に・・・。家族の苦しむ姿に、未希の次なる決断は――家を出ることだった」ところが実際の6話は全然違った。ここで叔父(河本準一)が大きく脚光を浴びるはずだったが叔父(河本準一)のキャラクターが生かされていない。確かに波多野卓(北村一輝 )雑誌の記事の影響で美希(志田未来ちゃん)は噂にはなったけど、ちゃんと「今までどおりに」両親(生瀬勝久 田中美佐子)は働いてた。だいいち「離婚の危機」なんて“これっぽっちも”描かれていない。ここは非現実的なのだ離婚の危機があってこそ現実性があるのに脚本が弱いのだ。確かに未希(志田未来ちゃん)は家を出ようとしたけど、「決断」なんて言えるほど悩んでない。“その後の”未希の言葉で「家族の苦しみ」がサラッと説明されただけなのだ。ストーリーの順序がまったく逆になっている。これは、あきらかに予告編のストーリーが違ってるのがわかる。ようするに、スタッフが公式掲示板でマンセーに意見ばかり取り上げるからマンセーの意見に屈したとしか見受けられない。反対派はマンセー派以上にいるのに。大きな非難が出るドラマ展開になる危険性もドラマに出てきた。「産んで子供を育ててハピーエンドで終わりじゃ大変な非難がでる中学生の出産推奨番組になる」「ハイリスク出産の怖さ、育児の大変さ。ここが一番肝心なことなのに」それを裏切るような急展開だよ。もう冬になってるし。早く産ませて育児の展開にもっていくともうこれは糞ドラマになり何の意味もなくなる。そして7話のあらすじがとってつけたような「お金」の話。なんでいまさ母子手帳を巡るお金の話になるのか。全体が1話延長されたことも関係してるかもしれない。とにかく当初の構想とはだいぶ違う方向に行ってる。おそらくラストもいじってるだろう。こんなへたれなスタッフとは思わなかった。出産して子育てドラマになると中学生出産美化のドラマになるとひどい非難がでる。出産させて子育ての話になると、非難の大きいジェンダーフリー漫画「コドモのコドモ」のようなSFのストーリーで「コドモのコドモ」のテレビ化か金八の「15歳の母」パクリか大きな非難が出てなんでタイトルが「14才の母」にしたのか無意味になってしまうのだ。私は反対派だがドラマは全話ビデオに取り番組を分析して意見を書き込んでいる。最後まで見るつもりだ。公式掲示板の反対派の意見拒否はやめてほしい大きな非難が反対派の意見を受け付けないことに大きな非難が集中している。反対派の人のほうが熱心に視聴していることも考えないといけない。「産むか産まないか」は最後のクライマックスに持っていかないといけない。美希(志田未来ちゃん)が死ぬか、それとも赤ちゃんが死ぬのか、究極の命の選択の話にならないといけない。究極に命の選択になるとはじめて命の尊さがわかり、大きな反響を呼び再び高視聴率も期待できる。究極の名作となる事も考えられる。無事出産
で子育ての話になると見る人はアホらしてもう見る気はしなくなるのだ。ジェンダーフリー番組と評判が悪い3年B組金八先生の「15歳の母」のパクリとか「コドモのコドモ」のテレビ化かとかいわれてSFの物語のどたばた劇にならないようにしっかりとした名作にするためにも美希(志田未来ちゃん)死すの気迫で番組スタッフは今後のストーリーを描いてほしい。現実離れが両親 (生瀬勝久 田中美佐子や学校教育現場の先生達が現実から遠ざかって行くのも気がかりだ。逆に智志(三浦春馬君)の母(室井滋)や波多野卓(北村一輝)が現実的なギャラくターとなり今はドラマを引っ張っている。美希(志田未来ちゃん)の両親も再び後半は現実の世界に早く戻す必要があると思う。日テレスタッフは「14才の母」のドラマを壊すなここまで来たなら永遠の名作に仕上げてほしい。美希(志田未来ちゃん)死すの気迫で描かないと名作にならない。



2006/11/19(日) 15:26:21 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート1970年代に比べて、今、女子中学生や女子高校生は「性の価値観や性のモラルが低下してお金さえ払えば、もう恥らいなく簡単に体を売り売春に走る子供が多くなった」。性教育が始まる前までは、女子中学生や女子高校生は自分の一番恥ずかしい部分見せるのは、物凄く恥ずかしく侮辱的な行為だったのが、性教育により、今の女子中学生や女子高校生は、自分の性器を見せて当たり前と考えが逆に入れ替わった。女性器を見られて楽しい。女性
器を見せてこそ一人前、処女をなくして一人前といった風潮の考えになってしまったのだ。逆に女性器見せようとしない女や性交せずに処女を捨てられない女は淘汰される運命が今の社会の風潮なのだ。恐ろしい世の中になったもんだ。性をあまりにも軽く見すぎている女子中学生や女子高校生。これは非常に危険な現象だ。コンドームさえしていれば大丈夫という考え方の性教育に危険性がある。コンドームではエイズもSTD性感染症も防ぐことはできないのだ。エイズが女子高校生に蔓延して行くのもうなずける。「大人」になっても性教育の間違った教えを受けたものは、幼稚性が抜けない者は多くでてくるのだ。ゆがんだ性教育がとんでもない社会を作り出したのだ。こんなことを書いていたらキリがないのだ。幼児性のまだ抜けない中学生は子供なんて産んで欲しくないのは今の保護者も昔の保護者に負けないくらい強いことはアンケート調査でわかっている。ドラマ「14才の母」は中学生へ性の価値観や清野もたるの大切さが命の大切さや愛の絆と共
に教訓となるメッセージに描かれないといけない。中学生の親が子供に中学生はセックスすることも妊娠や中絶や出産をすることも、よくないってのは偏見じゃないのだ。環境でも幸せに育つ可能性は、限りなく低い。例え未希の家であっても、やはりメリットよりデメリットのが大きいのだ。美希(志田未来ちゃん)が新で新しい命の誕生と引き換えに、自分は荒らしい命と引き換えに死亡して生命の価値や性の価値観や性のモラルを中学生に伝えるのは大切なことなのだ。しかし回を追う毎に内容が浮世離れして薄っぺらになっていくのも気がかりだ。とりあえず今週爆笑したのは10歳そこそこの弟健太(小清水一揮君)が「産めよ!」と言い美希(志田未来ちゃん)の出産を肯定しているのだ。しかし家族はどちらかというと被害者面してるし苦しみながら堕胎させる結論に至ったほうが今の社会にはためになる教訓を残せるはずなのだ。男は女性を妊娠させて金さえ出せばいいとでも言わんばかりなのだ。来週は慰謝料の話がでるようだけど、慰謝料請求したいのは現実は桐野家のほうではなかろうか。脚本が弱くなっているせいもあるだろうが、一ノ瀬の両親はあまりにあっけなく転びすぎたよな役回り的に家族から最初に理解を示すのはわかるが、理解に至る過程の描写があまりに薄すぎてついて行けない。未希の方はひたすら産みたい以外何も言っていないし正直6話にはガッカリした。大きな山場になるはずだったのだ。生瀬が降格になり、田中は近所からつまはじき。弟のいじめが学校教育現場で多い今の時代なのではぶいたのは正解だが、ここは愕然とする未希(志田未来ちゃん)もっと詳しく強く描写してほしかった。そうすれば、今までの未希(志田未来ちゃん)の甘さや一ノ瀬家の甘さが意味を持ったものになる場面で美希(志田未来ちゃん)の家でも一時あり叔父(河本準一)も大きなスポットが当たっていたのだ。ほんとに残念としか言いようがない。次回は母親対決もあるが「甘さの理由」を説明してほしい。視聴者全員を納得させるのは、ほど遠いドラマである。今後は少しでも現実に近づけることが大切になる。



2006/11/20(月) 15:19:14 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
ドラマの描きかたが大きな問題
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポートこれまでにも書いてきたが、要は、ドラマの描きかたが大きな問題なのだ。ここに描かれてる美希(志田未来ちゃん)は軽薄には描かれているのだ。外貌はいたって真面目な模範的な中学生として描かれているようだ。しかし外貌や言動が軽薄であれば自ずと意見も分かれる。美希(志田未来ちゃん)に描く人物像を固定しないと正反対の印象になるからそれを誤解なく描ききれてない。脚本が問題だとずいぶんと前から言われてきたのだ。まず、「会いたい」と「逢いたい」の違いを論理的にし「会いたい」よりも「逢いたい」の方が適切であると説明せんといけない。ここがド
ラマで鮮明されていないのだ。実際に普通の中学生は不可能な行動を美希(志田未来ちゃん)や智志(三浦春馬君)派とって入るが智志が男らしく智司の母(室井滋)から逃げずに入るのは好感がもてる。美希(志田未来ちゃん)だけでなく智志にもスポットを当てるべきなのだ。しかし、このドラマの「無理が通れば道理が引っ込む」的な、「会いたいから産む」的安易さもっと言うなら、安い言葉で主人公の無理を通させようとする脚本家の社会認識ってどうなんだろうか?と嗤ってしまう。現実的に行き社会的ニューマンドラマにするなら、もっと社会を冷たく描かないといけないのだ。二人が逃避行しなきゃいられないくらいに描かれるのが普通なのだ現実はこんなに甘いものではない。悲劇的な最後を迎えないと視聴者は納得せず金八の「15歳の母」のパクリだとか「コドモのコドモ」のようなありもしない出来事の糞漫画のテレビ化か結局はジェンダーフリーや過激な性教育推奨番組かと大きな非難がでる。今のとことドラマの流れを見ると社会派ドラマを気取っても、結局は泣きドラマを指向して入るようにしか見られない。これを聞いたら井上由美子は泣くだろうが実際に多くの人達は中学生の妊娠や出産を美化しているような流れになっているという意見が非常に多いのだ。反対派の意見を受け付けない公式掲示板と共に問題がある。結局は「会いたいから産みたい」ていう言葉が“会心の一撃”のつもりだったんですよ。井上にしてみれば。その前にさんざんお母さんが前振りしてたでしょ。・「世界で一番、未希が大事」 「この子に会うために私は生まれてきたんだな~て思ったの」(3話)・「どうしても産みたいっていうなら、納得できる理由を言いなさい!」(4話)こういう流れがあって未希の決意表明につながったわけです。これなら視聴者も納得するはずだと。涙を流して未希に共感するだろうと。現にお母さんは納得して手をつないで帰っていったわけですから。ところが蓋を開けてみればまったくの正反対!!視聴者からは共感どころか叩かれまくったわけですよ。つまり肝心なところで
脚本をミスったということになります。普通の見方をすればだれでもそうなります。ところがラストに大どんでん返しがあり、究極の命の選択になり。美希(志田未来ちゃん)赤ん坊の命を助けて死ぬドラマにして美希(志田未来ちゃん)テープが全国の中学生に命を伝えるメッセージとなるバッドエンドのドラマになれば。一転して神脚本になる可能性も残されているのだ。ここは脚本家は選択肢を今迫られているといえる。今はまだドラマの途中なので最後まで見てから判断したい。
2006/11/21(火) 12:51:11 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
全国の中学生に伝えるメッセージとして描くことが大切追跡
全国の中学生に伝えるメッセージとして描くことが大切追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポートドラマ「14才の母」は「普通の家庭に生まれた女の子が14歳で妊娠してしまった、っていうのが重要なのだ。14才で妊娠して出産することがどんなに怖いことになるのか全国の中学生に伝えるメッセージとして描くことが金八の「15歳の母」との違いを出さないといけない金八のパピーエンドになってしまった「15歳の母」のような現実離れのジェンダーフリーのストーリーになると非難がでてしまう。普通の家庭なら十中八九14才の娘の出産を認めるわけない。ドラマの流れを見ると物事には必ず原因があり結果が生まれるという必然性、合理性が欠けていて、結局は「14才の母
」もドラマでしかないの課という感じだ。ドラマなんだから面白くするのが第一義に決まってる面白くもないキャラ設定なら、それそのものが間違ってるんだよ第一ごく普通の家庭に生まれたと言う設定のままでも、もう少し前向きに育児について勉強したりは出来きているがドラマの都合のために娘の出産を認めるわけがないって部分でリアリティを放棄してるのだ。面白さとリアリティが両立できないなら、「14才の母」は何のためのドラマなのかわからなくなり金八の「15歳の母」以上に現実離れしてありえないSFの世界「コドモのコドモ」のドラマ化と極評されても仕方がない。ごく普通の家庭である必要は良かったが、これを描きたいというテーマが先走りすぎて、細部の描写が追いついていない。制作側のやる気が空回りしてる印象を受
ける。「14才の母」は今クール最低のドラマ:だめんずを超える最悪のドラマにならないでほしい。未熟な子供の出産の怖さ。 この主人公、美希(志田未来ちゃん)は、お産の時にハイリスク出産で赤ちゃんの命と引き換えに死ぬが。その後、残された子供の為に、メッセージ(カセットテープ)が残って全国の中学生にメッセージが伝わる結末にならないとドラマの意味がなくなる。美希(志田未来ちゃん)のところをみると、親子で相互依存というか、スポイルしあっている感じがする。美希(志田未来ちゃん)はそこそこ親のいうことをきいてよい子をやってきたかもしれないが、それゆえに親はなんだかんだいって結局自分に甘いという認識もどこかにあると思う。親は私が幸せなのが、いちばん幸せなはずと信じていたり、なあなあでひきずりこんで親をまるめこめる自信がある子供っていると思う。親は、オニババといわれ、たとえ一生どんなに恨まれようと、自分なりに子供の幸せ考えたら賛成するこはできない、ってこともある。14の出産は多くはこれに値する。美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)はそこまで描ききれていないのだ。これは脚本に責任がある。また自分の子供に対してヒステリックな智志の母(室井滋)も弱さが見え隠れしてるし作者が女性だし「強さ」の捉え方の男女差みたいなものが多く見られるのは残念である。それに半年ちょっとで臨月むかえるのに就活はないだろ。未経験者をそんな短期で雇うわけないし不慣れな労務でラストはバッドエンドにしないとドラマはぶち壊しだ。慣習的事実に目を奪われがちだが、出産という最優先目標に対して最優先ですべきことは、自身とお腹の子のために体調を万全に期すことだが美希(志田未来ちゃん)の環境は過酷すぎるのだ。出産に伴い危険なハイリスクをさらに高めるのだ。ちなみに愛媛県内でも16歳で妊娠した子がいたが。
皆予定日直前まで仕事していた。しかし過酷な労働が原因で16歳でも流産してる。14才では簡単に出産はできないのだ。子供を産みたいと妊娠した中学生や高校生はみんな言うそうだが生んだ後は心が入れ替わる子が多いのだ。中学生の言うことを簡単に信じることはできない。心も体も成長途中、価値観は毎日のように変わってる。
あのくらいの年齢だと。信じて欲しければ「産みたい」言うだけじゃなく、何か具体的な行動を継続しないと。誰だって信じられないのだ。ここは脚本の工夫がや描きかたが悪い。フィギュアもそうだけど価値を理解できないものには何度その価値を説明しようが理解を得るのは難しい。賛同を得ようと思ったらいかに自分が情熱を注いでいるかを示すことによってそれに変えるしかない。情熱をもって示されたならそれに応えるべく情熱をもって受け止めないと価値を見誤ることになる。ペットのように食わせてやってるんだから文句いわずに言うことだけを聞いてりゃいいという態度では永久にその価値に気付くことは出来ない。また責任が双方にあるように子供に対する権利も双方にある。その権利を放棄(認知しない)する代わりに慰謝料を払うって言ってるんだから貰っとけば良い。貰わないと後で子供のことで恐喝してくる気だと思われても仕方ない。このドラマは、いくら主人公が健気でかわいく見えても「セックスして妊娠した中学2年生」と思うと全然同情はできない。慰謝料を払うのが、相手なりのけじめでもあるんだろうけどあんな奴らの金なんかいらない!で断っちゃなあ貰っといて産まれた子が成人した時に、渡すとかがいいと思う。新聞に、祖父母に赤ちゃんの世話してもらった時はお金を払ってる人がいるって載ってた。あくまで気持ちの範囲だけど自立してる人だって、援助受けてるじゃないかってのがますます説得力無くなってきている。援助費は我々の出している前金から国から支払われる美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると1兆2000万円の税金が使われ数百万人もの人間がトラブルに巻き込まれ日本は崩壊するのだ。このような社会情勢は「14才の母」には描かれていない。今日は「未来はお金では買えないの第7回目の放送だ。11話だけで完全に社会的ヒューマンドラマとして描かれ美希(志田未来ちゃん)死すの壮絶なエンディング、美希(志田未来ちゃん)が新しい命を助けて犠牲となるように死に美希(志田未来ちゃん)が全国の中学生に命の大切さや性の価値観野生のモラルの大切さのメッセージを伝えられる名作にできるのか。これは脚本家もスタッフも心を鬼にして描かないといけないだろう。

2006/11/22(水) 14:20:14 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
「14才の母」リポート第七話を見た感想
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート第七話を見た感想から。あれだけ反対されていた美希の退学がどういうわけか1年間の休学に変更された。なんかドラマ全体がだんだんと軽くなって崩れていく感じがする。現実なら妊娠して出産する中学生を休学で受け入れる名門私立中学校は聞いてもどこにもなく現実離れでどうかしている。またマスコミの取材により智志(三浦春馬君)の家庭の方がダメージが大きくなり会社倒産に追い込まれ美希(志田未来ちゃん)の家族結束が逆に強まる空気も何が現実離れである。本当は美希(志田未来ちゃん)の家族の方を悲劇にする方が現実的な描き方だ。いつもこのような事 態で泣くのは女性の方なのだ。また普通なら智志(三浦春馬君)の家族から慰謝料をもらうのがふつうだが、ここはドラマだとわかりすぎ脚本が弱いのだ。慰謝料は娘親によっては男親は、がっぽり取られるケースがよくあるのだ。また裁判になるケースも多いのだ。ドラマ自体が現実性がない。脚本が非常に弱い。「14才の母」をスーパーファンタジーに様な形で描かれては困る。母親学級の自己紹介で驚く周りの妊婦達はもっと驚きの声が上がってもいい。看護師から子育てのお金のことを伝えられるがこの看護師も元は14才の母だったと言う設定がアホらしい。何人も14才の母をつくり珍しくないと錯覚させている悪魔の教育となった性教育により14才以下の出産は1970年代の3倍になったと言っても全国でわずか42件しかなく47都道府県にも満たない美希(志田未来ちゃん)の周囲に14才の母ヲ多く作るとこれほどドラマが現実離れしてしまうことはない。美希(志田未来ちゃん)と智志(三浦春馬君)に母親同士(田中美佐子 室井滋)の話し合いの内容は智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の方が現実性があるのだ。 美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)はジェンダーフリーの未成年者自己決定権を主張しているこれは小学生や幼稚園児で出産は自己決定権でかまわないと言うことになり非常にかけ気奈性教育の考えなのだ、智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は未成年者では自己決定権は無理と言う考え、これは智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の考えの方が慎重で凄く正しい市保守的で安全なのだ。しかしこのドラマは波多野卓(北村一輝)の週刊誌記者が書いた記事で不幸は智志(三浦春馬君)の家庭に降りかかった。美希(志田未来ちゃん)の学短遠藤先生(山口沙弥加)も美希(志田未来ちゃん)の1年休学を認めた時点存在感が薄くなった。叔父(河本準一)の店のバイトの話は初めて叔父(河本準一)にスポットが当った感じになったが。美希の親友久保田恵(北乃きいちゃん)が柳沢真由那(谷村美月ちゃん)から預かった教科書からは、やはりドラマが始まる前から噂をされていたもう一人の14才の母の可能性が風浮上している。現実はこんなに甘くはない。47都道府県に毎年一人以下しか出現しない
「14才の母」をこんなにやすやすと普通の世界のように描かれると大変な自体になるのだ。見ている子供は「14才の母」の世界が普通に見てしまうとさらに悪影響を及ぼすのだ。認知書には相手の父親のサインが普通は必要だが書かない人は慰謝料を払わないといけないことになっているこれは後の裁判になった場合の重要な手がかりに丸からだ。現実は凄く大変なものなのだが軽々しく描くのはどうかしている。また慰謝料を断る両親も現実離れだ。慰謝料がないのとあるのとでは子育ての負担額は全然違ってくるのだ。美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)はジェンダーフリーの未成年者自己決定権を主張しているこれは小学生や幼稚園児で出産は自己決定権でかまわないと言うことになり非常にかけ気奈性教育の考えなのだ、智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は未成年者では自己決定権は無理と言う考え、これは智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の考えの方が慎重で凄く正しい市保守的で安全なのだ。しかしこのドラマは波多野卓(北村一輝)の週刊誌記者が書いた記事で不幸は智志(三浦春馬君)の家庭に降りかかった。美希(志田未来ちゃん)の学短遠藤先生(山口沙弥加)も美希(志田未来ちゃん)の1年休学を認めた時点存在感が薄くなった。叔父(河本準一)の店のバイトの話は初めて叔父(河本準一)にスポットが当った感じになったが。美希の親友久保田恵(北乃きいちゃん)が柳沢真由那(谷村美月ちゃん)から預かった教科書からは、やはりドラマが始まる前から噂をされていたもう一人の14才の母の可能性が風浮上している。現実はこんなに甘くはない。 47都道府県に毎年一人以下しか出現しない「14才の母」をこんなにやすやすと普通の世界のように描かれると大変な自体になるのだ。見ている子供は「14才の母」の世界が普通に見てしまうとさらに悪影響を及ぼすのだ。認知書には相手の父親のサインが普通は必要だが書かない人は慰謝料を払わないといけないことになっているこれは後の裁判になった場合の重要な手がかりに丸からだ。現実は凄く大変なものなのだが軽々しく描くのはどうかしている。また慰謝料を断る両親も現実離れだ。慰謝料がないのとあるのとでは子育ての負担額は全然違ってくるのだ。波多野卓(北村一輝)の週刊誌記者は今回のドラマでは最高のキャラクターになった。現実離れを現実の世界に波多野卓(北村一輝)のキャラクターが引き戻しているのだ。一番現実性がないのは美希(しだ未来ちゃん)の父親(生瀬勝久)母(田
中美佐子)だ。美希(志田未来ちゃん)の父親(生瀬勝久)の言葉は何で他人の家族、智志まで躾けるのかな激怒すると冷静さがなくなり躾けどころではないはずだ。これきぬらべて波多野卓(北村一輝)の言葉は現実味がある。美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)も間接的取材している。「今夜は大雪になるという言葉」は大きな医務が含まれていた。智志の母(室井滋)の会社の倒産や美希が腹痛に見舞われて倒れて病院へ直行するなど大変な事態が予告どうりに起こっているがこれは波多野卓(北村一輝)はこうなることをすでに呼んでいたことになる。来週はそのまま入院していましたが出産はさせないようにしてほしいですね。出産は最後に持ってこないと何にもなりません。このドラマは美希(志田未来ちゃん)が自分の命か子供の命のどちらかを選択するかと言うところに価値があり無事出産すればもうだれもドラマは見なくなる。また的場春子(高畑淳子)がまだ母親学級にしてるところは今の時代には良かった。いつの時代になってもやはり育児は女の仕事なのだ子育ての主力は女である仕事の主力は男なのだ。ただし夫婦で望まれた出産に臨む幸福というものの典型が描けているかはテレビでは疑問が残る。脚本家井上真由子は子供がいないのか、いまいち脚本のリアリティがないような気がする。なお「14才の母」が糞ドラマでなく名作になる条件は、最終回にある。産気づく美希(志田未来ちゃん)、母を振りきってあわてて産院にかけつける智志(三浦春馬君)。陣痛にうめく美希(志田未来ちゃん)の声ののち、子供の産声がきこえてきて「僕の子供だ!」「私の子供だ」と感動の涙を一筋。しかし出産からしばらくしてに美希(志田未来ちゃん)の容態が激変して美希(志田未来ちゃん)死亡で父(生瀬勝久)母(田中美佐子)智志(三浦春馬君)、智志の母(室井滋)含めその他もすべて号泣。(←視聴者なきどころ?)美希(曾田未来ちゃん)の死後、14年後、大きくなった子供が、美希(志田未来ちゃん)と同じ学校に通い、放送部で昼の放送で。成長した子供(女の子)が「14才で私を殺さずに産んでくれた母の事を語り、母の夢を継いでDJを目指していると語る。自分は母の分まで強くいくることを誓います。全国中学生のみなさん何事が会っても負けないように強く生きましょう」と全国の中学生に命の大切さや性の価値観やモラルの大切さを伝えるメッセージを「しるし」に乗せて流していく。このような感動的なバッドエンドにならないと本等の命の大切さや愛や性の価値観や性のモラルの大切さは今の中学生には伝わらない。懇親の力を込めて究極の名作になるようにスタッフもここは心を鬼にして描いてもらいたい。





2006/11/23(木) 13:44:27 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」の場合は美希(志田未来ちゃん)死すとなり新しい赤ん坊を自分の命を犠牲にして助けるエンドにならないとドラマとしては大きな非難がでるだろう。 中学生に出産するケースが増えると日本はダメな国になり崩壊するからだ。14才で、実際に妊娠、もしくは産ませたとした場合出産が危険な状態になり、母
体か子供かどっちかの命を選べと言われたらどうするか。現実は100%母体の命が優先となっているがここは命がテーマなので赤ちゃんの命が優先すると感動的なドラマになる。日本社会全体のことを考えると14才の妊娠を応援するわけにはいかない、メディアの「大人の事情」 「泣かせ」に使いますと言わんばかりの大仰でわざとらしいミスチルの歌 ・オープニングの、胎児と死を連想させるムービー ・田中美佐子目線の、過去形の語り ・産まれた子供ではなく、母親の名前が「未希」という意味深な設定 ・小さい頃からの夢が叶わなかったことを象徴するような、 あるいは母子が直接会話することが叶わなかったことを象徴するような、ラジオDJ風のテープレターこれらが無事に子供産んでハッピーエンドになる伏線演出になると大きな非難がでてドラマの価値観が問われ叩き上げられる。美希(志田未来ちゃん)は死ぬけど、赤ちゃんはじめとして、美希(志田未来ちゃん)の頑張りがみんなを変えていくっていう感じのラストになると永久の名作となる。 赤ちゃんは無事、美希(志田未来ちゃん)は死すと言うバッドエンドになってこそドラマ全体が生きてくるのだ。智志(三浦春馬君)は 『生きてて、なりたいものになって』 と残した美希(志田未来ちゃん)の言葉通り、勉強し医学生になる。 美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)が過去ナレーションで 「やっぱ美希(志田未来ち
ゃん)は死ぬんでないかと」美希(志田未来ちゃん)が死なないと感動出来る場面は作れないのだ。美希(志田未来ちゃん)は生まれてくる赤ちゃんと命の引き換えに周りの反対を強引に押し切って出産して死亡する壮絶なラストでないと名作に残れない。またこのラストならナボコブの名作「ロリータ」を超える名作となる。また美希(志田未来ちゃん)が死なないと何で「14才の母」にしたのか意味がなくなる。美希は死ぬが、そこを逆説的に命の尊さを訴えると全国の中学生に命の尊さを教えるメッセージになる。「14才の母」最終回で母子共に危険な 状態になり、どちらかを選択する展開になる。両親は美希の命を選択するが美希が赤ん坊の命の選択を
強くするので赤ちゃんは無事出産するが赤ちゃんの命の引き換えに美希は死ぬクライマックスにならないとドラマにならない。なお親友恵(北村きいちゃん)は一言ぐらい謝ってほしかった。あれでは以前絶交したままだ。さらになぜ、帰ろうとした方向とは反対方向へ走り出したのまも気になる。脚本もひどいけど、こういうあまり
にも適当な演出が多いから萎える。しかしこのまま金八の二番煎じになってもらいたくない。無事出産パピーエンドだと金八のパクリになる。金八の「15歳の母」とは比べ物にならない名作にするためにも美希(志田未来ちゃん)を死すしかないだろ。 金八の時は、あの設定が衝撃的だったからだけではない。当時の社会風俗がジェンダーフリーがブームになっていて過激な性教育が多くはやって教育現場が混乱に陥っていたころの時代だから、うけたのだ、今の時代は過激な性教育が問題になり性教育がバッシングされて叩かれている時代だ。時代がまた激変したのだ。今の時代は性教育反対者の時代だから金八の「15歳の母」
は逆に叩きまくられるだろう。性教育には今の保護者は非常にウザクなってきているのだ。ドラマも後半にはいり後、8、9、10、最終回11話が12月20日になる。究極の命の選択になりラシトはみんなが号泣するバッドエンドにしてこそ、なぜ「14才の母」がタイトルだったのかがみんながわかるのだ。




2006/11/24(金) 15:09:28 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
ハイリスク出産は16歳以下だった
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート今日の愛媛新聞で産婦人科医は医療ミスが起これば数千万円もの慰謝料を支払うことが義務づけられ産婦人科医のなり手がなくなりさらに今後は産婦人科医不足は深刻になる記事が掲載されていた医療事故はやはり16歳以下の出産や50歳以上の出産の危険性が上げられていた。50歳以上のハイリスクは「14才の母」と一致していたが16歳以下は「14才の母」では15歳以下がハイリスクと紹介されていたがまだ1歳上までリスクが高いことになる。今日の愛媛新聞の記事からは14歳出産みんな幸せでハッピーエンドは許されない。親か子の究極の命の選択のバッドエンドが今の時代だから命の大切さを伝えるメッセージとなるためにも必要になるだろう。美希(志多未来ちゃん)の言葉を生かして「キリちゃんへなりたいものになってね」というメッセージ を生かすべきだ。智志(三浦春馬君)は「最後の最後でやりたいものを見つけられました」は契機イベントが必要であり美希(志田未来ちゃん)の死を機になり手がない産婦人科医に勇気を持ってなることがいい。 波多野(北村
一輝)はアフリカの戦場記者に戻るための契機イベントが必要ではないか週刊誌的なジャーナリズムに嫌気と罪悪感を感じるための契機イベントが必要。これも「14才の母」がテレビしに残る名作になるには、美希(志田未来ちゃん)が死ぬのが一番分かりやすい。無事出産してハッピーエンドになるのは不自然で金八の「15歳の母」のパクリか「コドモのコドモ」のテレビ化か何のために「14才の母」にしたのか。
と大きな非難がでるのだ。 ただ、波多野(北村一輝)の場合は智志の母(室井滋)との問題解決もまだ残っているがここを同描くかも問題だ。どんな展開でも、美希(志田未来ちゃん)が死ぬのが最も収まりがいい。美希(志田未来ちゃん)がボロボロに弱っていく姿を後半はメーンの描き、ラストで美希(志田未来ちゃん)にかかわった人たちが全員駆けつけて、子供の命と
引き換えに美希(志田未来ちゃん)は死ぬ全員が号泣する壮絶なクライマックスとなる。美希(志田未来ちゃん)の死後の周辺人物の成長も描きつつ命の大切さや希望のメッセージのテープが流れて、バックミュージックにミスチルの「しるし」が流れる何も知らずにキョトンとしている元気な赤ちゃんのカットが入って「みんなが生まれてきたことは軌跡なのだ命を大切にしよう」というメッセージが入る。そこから時は14年後に一気にジャンプして。美希(志田未来ちゃん)の生んだ女の子が14才後の美希の通っていた。同じ中学校の放送部に入部してDJを行っており「中学で死んだ母親の分まで強く生きることを誓う。皆さんも命は大切にしてください」と言うメッセージを放送で流す。子供は女の子で志田未来ちゃんがラストのナレーションで髪形変えて子供の役と二役する。智志(三浦春馬君)は激減していく産婦人科医を勇気もって志願して産婦人科医になる。子供は智志(三浦春馬君)に引き取られており智志(三浦春馬君)は一ノ瀬家の養子になり父親になっている。美希(志田未来ちゃん)と結婚したことになり再婚はしていない。健太(小清水一揮君)は25歳の若者に成長して結婚式を挙げる。(ここは大人役の役者がいる)美希の子供は叔父健太に花束贈呈をする場面もエンディングで流す。波多野(キラ村一輝)の書いた記事「14才の母」は名記事となり波多野は大週刊誌の社長になっていた。智志の母も会社を立て直して分かれた夫と再婚していた。だから智志を安心して一ノ瀬家の養子に出せた。このようにエンディングも大きな工夫が必要だ。名作にするには美希(志田未来ちゃん)死すで描くことが大切だ。ナボコブの名作「ロリータ」に負けない名作となようにスタッフは努力してほしい。

2006/11/25(土) 14:33:19 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
本当に命の大切さを伝えるには
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート今は小学校、中学校、高校でいじめやいじめによる自殺が相次ぐ中、 今日のニュースであわや長崎県佐世保市の事件の2の舞になっていた事件がなんと71件もあったことがわかった女子児童が男子児童にカッターナイフを振り上げ、被害者の男子児童は2年たっても心の後遺症に悩んでいると言う。小学生で71件が密閉されていたことも驚異的だが中学校はなんと1358件もあり高校は1065件だが高校生は密閉が多くあると言うことだ。被害者の児童生徒は登校拒否など精神不安定に追い込まれている。恐怖症やノイローゼに襲われているのだ。命の大切さを伝える「14才の母」は今の時代では無事出産ハピーエンドでは、何のメッセージも伝わらない。何で「14才の母」にしたのか。「『コドモのコドモ』のテレビ化か」「金八の「15歳の母」のパクリだ」と言われるのだ。命のメッセージを今の中学生に伝えるにはやはり親か子供の究極の命の選択になり未希(志田未来ちゃん)は赤ちゃんに命を譲り死んでいき、子供は助かる事により、命の誕生は奇跡の出来事である。命の大切さのメッセージを中学生に伝えないといけないのだ。エンディングのラストは14年後の新しい家族の写真や未希(志田未来ちゃん)の子供を智志(三浦張る馬君)が死んだ美希(志田未来ちゃん)や生まれた子供のために一ノ瀬家の養子になり結婚は申せずに子供を育て今深刻な医師不足に見舞われている産婦人科医になることが理想だ。エンディングのラストはバックには未希(志田未来ちゃん)の全国の中学生に向けたメッセージが入る。特に命の大切さやいじめなどに負けない強い心のメッセージが必要だこのナレーションは14年後成長して14才の中学生に成長した美希
(志田未来ちゃん)の子供 (志田未来ちゃん2役)(女子)で志田未来ちゃんがナレーションをミスチルの「しるし」と共に流すのがいい。今週の美希の母(田中美佐子)の過去形の語も今後は大切にドラマを進めてほしい。最初のままの過去形のナレーションならバッドエンドになり名作になる確実も高くなる。また病院にもよるが最近は母親学級じゃなく、両親学級って名称にかわってきてる所も多い。平日昼間でも、両親で参加したりしている。あそこの医院がの方針か、脚本家も産婦人科医、的場春子(高畑淳子)の考えも打ち出すべきだ。結果的には美希(志田未来ちゃん)は確実に死んで頂きき永久の名作にしてほしい。赤児に命を譲り美希(志田未来ちゃん)死亡は自己決定の結果であり美希(志田未来ちゃん)はが死ななければ、多くの視聴者が許さないのだ。親か子のどちらかの命をえらばなくてはいけなぬなる。ここが今の中学生に命の大切さを伝える究極の場面になる。師は美希(志田未来ちゃん)でないといけない「死をもって命の尊さを伝えるドラマは過去にありましたが、今回は生をもってそれを表現したいと思いました」と言う井上真由子の言葉を生かすのは、赤ち ゃんは産まれてきて育つが、未希が死なないと視聴者から苦情が出る。美希が死んでこそドラマの価値が出る。母子共に無事でハピーエンドでは中学生に出産推奨番組になり2006年に14才以下の出産が42件を超えると「14才の母」は日本崩壊番組だと叩かれるのだ。またラストに美希(志田未来ちゃん)のテープに全国の中学生のメッセージを入れてもいい「Djをもって、私の最後の仕事とる。低年齢
妊娠についての危険リスクを述べる。低年齢での妊娠の際、第一選択はあくまで出産であるという考えは、今も変わらない。しかしながら、現実には私自身の場合がそうであるように、低年齢出産はハイリスクで命の危険を伴います。世間から謂われのない差別を受ける例がしばしば見受けられます。大切なことは中学生では子供ができる行為をしてはいけないことです。私は、特例の数少ないローティーンに入ってしまいました。まだ成長しきれていない体しか持たない者には、それを正しく行使する責務があります。私のようなまねは絶対にしないでください。なお自ら危険リスクの高い低年齢出産の第一線にある者が、私は子供を出産し、我が子に命を託します。みなさん私の歩んだ道を許してください。みなさんは私のようなバカなまねはしないでください」。一ノ瀬未希  「14才の母」最終話は、美希(志田未来ちゃん)は子供(女子)は命がけの出産で生まれて、赤ちゃん見て喜ぶが、まもなく様態が悪化して意識不明に陥る未希(志田未来ちゃん )。未希(志田未来ちゃん)の意識は戻らない。産婦人科医、的場春子(高畑淳子)も全力を尽くすが 未希(志田未来ちゃん)の意識はついに戻らないまま多くの人の見つめられながら死亡して全員が号泣する感動的なエンドならナボコブの名作「ロリータ」を超える名作となりテレビ史にも残るだろう。

2006/11/26(日) 14:55:38 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
回を追うごとにドラマが現実離れしていくドラマ
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート21世紀最大の超問題「14才の母」が大詰めを迎えている。しかし回を追うごとにドラマが現実離れしていくドラマの脚本が弱くなり現実離れして言っているのが気がかりだ。堅実離れしていくドラマを現実に引き戻している重要なキャラクターが作波多野卓(北村一輝)になってきた。波多野卓(北村一輝 )が智志(三浦春馬君)へ言った「金を見ると無性に腹が立つのだよ。子供が作れるということは肉体的には大人だ。しかし生活は母親に頼りきっていないと生活できない まさに日本の縮図だよ」この波多野卓(北村一輝 )は今暴走しているのほんの子供達の荒れた性をそのまま表している。また美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)に言った「あなたなら何を言っても驚かない 今夜は大雪になるかもしれませんよ娘さんを大切に」この言葉は美希(志田未来ちゃん)の体調の激変と智志の母(室井滋)の会社倒産を予言した現実性のある言葉だ。ドラマは完全に今は週刊誌記者、波多野卓(北村一輝)中心に動いているといっても言い過ぎではない。美希今後は波多野卓(北村一輝 )の言葉を大切にして(志田未来ちゃん)死す。となるように描き、生まれた子供は生きることで全国の中学生へ命の尊さのメッセージを伝えないとドラマの意味がなくドラマ全体が崩れるのだ。この年齢で子どもを産むって事はそれくらいのリスクを背負う事だって視聴者にわからせないと意味がない。現実は厳しい、簡単に子ども作ったり中絶したり出産するなよってメッセージを込めて。「しるし」のテーマは死と生の対比。愛の最高潮と別れの対比のメッセージソングとなり。美希(志田未来ちゃん)は死んでいく。子供の命を守り死んでいくことで今の中学生に波多野卓(北村一輝 )風に命の大切さのメッセージを伝えることが大切なのではなかろうか。母の美希(志田未来ちゃん)死亡・子は無事→数年後にメッセージテープレター。このような作品になってこそ神ドラマとして残る。丸っきり同じだね。美希(志田未来ちゃん)は死に、子は生きてたくましく育っていきさらに強くい来ることで命の大切さ性の価値観や性のモラルを高めることになるのだ。途中流産の危機がある→予定より早い時期に破水→帝王切開では母体が危険→自然分娩で、なんとか我が子を抱くことができ「生まれてきてくれてありがとう」と涙する未希→しばらくして未希が急変して危篤状態にに→出演者全員に見守られて死亡→智司の母(室井滋)復縁して会社建て直す智志(三浦春馬君)一ノ瀬家に美希と結婚したことになり養子に入り赤ん坊は一ノ瀬家で育てる智志(三浦春馬君)は医者が怖がる産婦人科医に勇敢にもなり産婦人科を立ち上げる。的場春子(高畑淳子)は年齢的にも産婦人科医を続けなくなり看護師達を智志(三浦春馬君)の産婦人科医となる。生まれた女の子供は美希と同じ中学校に生き放送部で活躍しており志田未来ちゃんが二役で全国の中学生に命の大切さのメッセージを流す。25歳に成長した健太(大人役)は結婚式を盛大に挙げ美希(志田未来ちゃん)の子供(志田未来ちゃん)が花束を贈呈するシーンも流す。 多くの視聴者が納得して感動するエンドが必要だ。エンドが悪いと何のための「14才の母」かなぜ1話延長されたのかもわからなくなるからエンディングが大切だ。

2006/11/27(月) 13:05:00 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
テーマが難しいドラマ後半をどうやってまとめるのか -
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート母子ともに無事とした場合金八の「15歳の母」のパクリやリメークとか絶対に起こりえない「コドモのコドモ」のテレビ化とか言われるようになる。テーマが難しいドラマ後半をどうやってまとめるのか美希(志田未来ちゃん)の出産に終点が集まる。家族は現実なら家庭崩壊だ。前半はかなり現実的だったドラマも後半
は非現実的になってきた。現実的なキャラクターは波多野卓(北村一輝)だ智志(三浦春馬君)の母親(室井滋)の経営失敗は現実的だが美希(志田未来ちゃん)の家庭の絆を強めたのは逆にドラマは非現実で木あり家庭崩壊した家庭がラストになる再び結束して絆が生まれる工夫がいる。11話からは結束の状態が早すぎた。智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は離婚した夫と復縁して会社も建て直し智志(三浦春馬君)を一ノ瀬家の養子に出す。美希(志田未来ちゃん)は女の子を産んだがハイリスク出産で死亡して一気にドラマを14年後にジャンプさせるのが最高のドラマのエンディングにふさわしくなぜ「14才の母」だったのか良くわかり15才と14才ではたった1年違うとこんなにも違うのだと言うことも視聴者にも良くわかる。今は出産がどうなるかで視聴率が上がっている。無事に出産して子育てドラマになった糞ドラマは誰も見やしない。 最終回は,14年後とかにいきなり世界を変えてもいい。ただし 美希(志田未来ちゃん)は死亡しており、生まれた女の子の赤ちゃんが成長した姿がある子供役も志田未来ちゃんが演じる。ここで美希(志田未来ちゃん)の子供(志田未来ちゃん)から日本中の中学生に命の大切さや愛の尊さのメッセージが日本中の中学生に心を込めて流すべきだ。絶対にありえない「コドモのコドモ」のテレビ化といわれることは避けないといけない。「コドモのコドモ」がいかに空想でSFなのか産婦人科医に聞けば良くわかる。正確には女子は生理が始まり半年たたないと受精は確実にできない。男子は精通があっても7ヶ月立たないと女性を受精させる精液が射精できない。なお女子は本当は1970年代に比べて初経年齢は12,7歳で1970年より一ヶ月だけ早まっている。男子は精通は13、6歳と逆に1970年の13,4歳より緩慢化している。身長は男子も女子も1945年からは1970年までに17cm身長が伸びているが1970年から1985年の間はわずか1,6cmしか伸びていない。1885年からは伸びがなく日本人の限界に近づいたと言われている。 当然初経年齢も精通年齢もそんなに変わらない。性教育によりデマが多いからここは気をつけないといけない。女子は47%が小学校の間に初経を迎えるが男子の精通は中1の中期が平均だ。中1は12歳では受精能力はまだ低い中2にならないと受精能力は身に付かない女子も中1で生理は80%となるから受精は小学生に比べると高くなる。産婦人科医に聞くと「コドモのコドモ」のように小5同士の4月の性交では妊娠は絶対にありえない「コドモのコドモ」の春奈とヒロユキは遊びで小学校5年生の4月に性器のくっつけごっこで遊び性交している。4月では小五のカップルどころか小6同士のカップルでも妊娠は起らない。中学生以上の男性では小5の4月では妊娠は不可能だと言うことだ。小6で4月でわずか3%2学期で8%3学期で13%が妊娠の可能性があるが、ここからは大人でも小学生を妊娠させるのは厳しいのだ。たまに数全万人に一人5歳以下の早発月経が起こり妊娠のケースもあるが早発月経では。女の子は身長は早くストップして伸びない。女子は生理の早さと身長の伸びに女子は大きく影響している早発月経の子は身長の伸びはストップする。男子は精通と身長の伸びは影響はない。「コドモのコドモ」の春奈は小4の2学期に初経があったことになり150人に一人の確立しかおこらない。ヒロユキは小41学期の1学期に精通が起きていることになりなんと100人に一人以下という確立になるのだ。ここから見ても「コドモのコドモ」はありえない世界を描いており「14才の母」は、このような糞漫画と同じになってほしくない。最終回は母子共に危険な 状態になりどちらかの命をを選択する展開になり、親は美希の命を選択するが美希(志田未来ちゃん)は赤ちゃんの命の選択を強くするので危険な出産を許してしまい、赤ちゃんは無事出産するが赤ちゃんの命の引き換えに美希は死ぬクライマックスにならないとドラマにならない。 いくら絵空事のドラマとは言え、そこそこ恵まれた実家の親掛かりで出産後学業継続のんきに子育てエンドなど描くととんでもない非難がでる。世の辛酸を嘗め尽くし、我が子に生んでしまった事が赤ちゃんに命を譲り死ぬことになるような展開が妥当だ。 物心ついた子供に「生んでくれてありがとう」といわれた事だけが救いだった、みたいなナレーションが美希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)から入り、ラストは14年後美希(志田未来ちゃん)そっくりの孫娘(志田未来ちゃん)が出て命の大切さのナレーションを入れる感動的なクライマックスなら名作として残る。

2006/11/28(火) 13:52:21 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
公式掲示板に怒りを感じる
公式掲示板に怒りを感じる
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポートhttp://14.teleplay.info/article/24755322.html
この公式掲示板に怒りを感じる。公式掲示板にはすでに2000万超える意見が送られているが反対派の意見は多くは、撥ね付けられているのだ。私の多くの知人は反対派100人は「この掲示板にすでに300通のメールを送ったがみんな撥ね付けられた」という100人が300通のメールを送ればすでに3万通も撥ね付けられた反対メールがある。日本中には多く反対はいる。熱心な反対派はビデオ録画までして作品を分析して感想を送っているがみんな跳ね付けられている。10万人が300通のメールをい送れば3千万通ものメールが届くが公式掲示板は都合のいいメールしか掲示板には乗せていないのが現実なのだ。視聴率がよければなにもかもマンセーのテレビ局の陰謀が見え見えなのだ。公式掲示板は賛否両論ができる掲示板にしないと何にもならない。北村一輝のコメントを見て脚本家やスタッフに怒りを感じる「この先、答えがどこに着地するのか分からないけれど、スタッフも出演者もギリギリまで、何が最もいい答えかを考えながら作っています。だから、最後まで見守っていただきたいですね。」 ギリギリだと?はぁ?これはどういうことだ。脚本を途中でコロコロ変更するからドラマが雑になるんだろうが!! 撮って出しのきついスケジュールでクオリティなんか期待できるはずがない! そしてこれはどういうことだ「考えながら作ってます」 はぁ? 最初から決めてるんじゃなかったのかよ!! だからファンの多くは今まで必死に「おまえらの主張」を探してきたんだよと言いたい。中にはビデオ取りして1話から7話まで何度も見直した反対派も多く入る。 ビデオで見ても、どうりで描写が弱くなっているわけだ。ようするに公式掲示板のマンセ-派の意見を聞きながら作ってるようなきがす る。こんなことすれば脚本もグダグダになる。 なんでそんなことするのか?いい作品にしたいなら反対派の意見の方をマンセー派の意見よりも良く聞け!このようなテーマは正しい結論はあるが間違ったことを正当化して美化するようでは、どうせ正しい答えなんてないんだから。「14才の母 愛するために生まれてきたの」のせっかくのテーマが台無しじゃないか。本当に腹立つ! ドラマは感想は見ないと掛けないから最後まで見るが、家族が話し合うきっかけになればとか言ってたが十代の妊娠や性について「14才の母」を見でて親子で話合う野は無理だ。波多野卓(北村一輝)だけが今は唯一現実性を保っているキャラクターだ。 しかし今のままでは主人公に全然共感持てないしリアルでなくてきもいだけだ。波多野卓(北村一輝)編集長の平和ボケの飽食日本を憂う愛国?の情に共感する人が回を追うごとに憎まれ役が逆に増えているのは現実味があるキャラクターに偶然に仕上がったためだろう。過去に何があって真実を追求してた正義感溢れる戦場ジャーナリストがゴシップばかり追いかける三流ジャーナリストになったのかそのほうが興味ある。最後主人公に影響されて純な心を取り戻し初心に帰るという脚本だけはやめてくれ。最後まで一ノ瀬家を追い詰めるハイエナ編集長の悪に徹して欲しい。本当に発展途上国の方が社会や人間は腐敗してるわけで。 彼がジャーナリズム振りかざしてやってることは単なるイジメではなく中学生への警告だからだ。個人名が安易に想像できるような記事を書いて正義を語られる憎まれ役だが逆に好感が出るのは何か現実性があるためではなかろうか。単に正義感ふりかざして取材をしている記者ではないのだ。取材先に莫大な迷惑をかける、なんてまさにマスゴミという設定も現実への皮肉も効いてる。まさに今の中学生へのこれ以上の警告はない。 現実的には「14才の母」は内容は本当は18禁にすべき番組だ。これを子供たちが正義だ愛だ命の尊さと勘違いしたら困る。波多野卓(北村一輝)の役、言ってることは正論だ。それを言わせる人間に堕落した元戦争ジャーナリストを当てて「偏った正義感・まさにマスゴミ」として扱ってる。言ってる内容に対して反発がくるようにね。しかし反発ではなくて逆に好感が視聴者から出ている。美希(師だ未来ちゃん)マンセー要員ではなくて美希の刺客になってほしい。現実的なキャラクターとして生きたのは波多野卓と智志の母だけだがラストは大どんでん返しの新しい命の誕生と共に美希死すを描かないとドラマが死ぬ その後はやらないほうが正解だ最後まで死んで子供を産むかどうか分からない方向でドラマを進行させるべきだ、叔父(河本準一)の店がキーになると入っているがいまのはじめとは逆に河本準一のキャラクターは生かされていない。テレビ雑誌で、北村一輝さんが「最後は未希が死んでしまう」と言っている記事も目にした。ちなみに、北村一輝は「14歳の妊娠・出産に関しては賛同できない」ときっぱり言ってた。ラストは美希(志田未来ちゃんが)死んで数ヶ月後、ミキの遺品のテープの中から彼女の朗読詩が発見された。
これは、彼女が好きだった英語詩の一つ。もしかしたら、自分の運命をすでに悟っていたのかもしれない。美希(志田未来ちゃん)の学校では、彼女を偲んでそのテープがそのまま流された 「敢えて翻訳はしない。みんな各自の感性で彼女のラストメッセージを受け取ってほしい」ローティーンの世代は自分の体作って教育受けて、社会性身につける大事な時期 犬や猫じゃないんだから性器と本能丸出しで暴走すんなよと! 子供時代は大人になるための準備期間。しっかり勉強して、将来合法的な手段において財を蓄積し、他者を踏み台にして自分と家族に最大限の利益をもたらさなければならない。そこからはみ出した者は、ドラマの登場人物であれ、存在は許されない。このようなメッセージにならないとドラマは生きない。今日はまた注目の8回目の放送となるドラマがハピーエンドの方向への暴走だけは避けてほしい。


2006/11/29(水) 14:01:53 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート来週の予告編が出てきた。波多野卓(北村一輝)の前で陣痛で倒れた未希(志田未来ちゃん)はなんと波多野卓(北村一輝)により助けられるのだ。病院に運び込まれてそのまま母子共に元気に赤ちゃんを出産する前半は早期胎盤隔離に陥るが無事赤ちゃんを出産母子共に健康と出た。これでは金八の「15歳の母」と同じである何のための「14才の母」なのかわからない。15才と14才ではまったく違うのだ。14才以下の出産は2005年は42件しかなかったが15歳から19歳までは18500件以上に急激に増えている。「14才の母」のテーマと命の大切さそのものがうまくかみ合っておらずに脚本に無理があるのだ。11回中のドラマで9回での出産は早すぎる。これからはその後を描いても「14才の母」ドキュメントであったうまくいった一部のケースばかりが描かれていき、ドラマは全て美化されていく一方になり、ラストの感動も何にもなくなってしまう。このドラマは脚本がどこかで入れ替わっいて味気ないドラマになった。「コドモのコドモ」のテレビ化とも言われている共通点も多くある。「コドモのコドモ」も子供が生まれたその後が描かれている。「コドモのコドモ」のラストは春奈の担任だった先生、八木希代子が12年後40才誓い年齢の高齢出産で無事に子供が生まれ「僕らはみんな生きている」何の意味もない言葉で幕を下ろしているガラスとに希希(志田未来ちゃん)の叔父(河本準一)の奥さんが高齢化出産するようになればまさしく「コドモのコドモ」と同じシナリオだった可能性があり「コドモのコドモ」のテレビ化の美化だったと考えられる。このことはすでに2ちゃんねるでは凄い書き込みがある。本当はこのドラマは出産は最終回にもって来るべきだ。その後は入らないのだ。その後は美化されてハピーエンドになるスリーリーになると見る人は少なくなる。ラストは未希(志田未来ちゃん)が「燃えたよ、燃えつきた…、真っ白な灰に…」そして、父(生瀬勝久)と母の加奈子(田中美佐子)と弟の成長した健太(大人の役)と智志(三浦春馬君)智志の母(加山滋)成長した恵(北山きいちゃん)や未希の担任(山口美佐子)旗の卓(北村一輝)叔父(河本準一)美希の子供が、未希(志田未来ちゃん)の遺影と写真撮影する場面でエンドなら命の尊さや愛の大切さなど社会的なヒューマンドラマになる。子供を産んで、パピーエンドが決まればもうこのドラマの価値はなくなる。来週は無事出産でドラマは壊れる。脚本家もっと工夫をつけてほしかった。このドラマは過激なタイトルのインパクトと志田未来ちゃんの人気で視聴率が上がっているだけで。内容は首を傾げたくなるほど弱いのである。今日のほうそうも最悪だった。妊婦(戸田奈穂)が臨月を迎え「14才?いいわねえ、私34歳で3人目の子持ちだからもう何もできない」と言うセリフは14才の妊娠・出産を美化しただけではなく、視聴者に34歳で3人の子持ちだったら人ヲワリみたいないい方されてたとこれは、抗議してもいい場面だ。波多野卓(北村一輝)は未希(志田未来ちゃん)を助けたことにより未希(志田未来ちゃん)の信者になるのは見えてきた。ここまで鋭い修監視役でドラマを引っ張ってきた影の主役だけにラストまでドラマを引っ張ってもらいたかった。今週のラストの場面は第10話に持ってきてラストはどうなるのだろうとファンをハラハラさせた方が視聴率は確実に上がるからだ。波多野卓が未希(志田未来ちゃん)を助けたことにより智志(三浦春馬君)にも好感持ち週間TOPに二人の礼賛記事を書くラストも考えられる。「14だが親が暖かく援助するなかで、立派に子供を産み育てている本誌は若い二人を応援したい」と雑誌に書くようだともうハピーエンドに転がり込んでいくのだ。ラストは再び学校に復帰して卒業式にも出席して完全なハーエンドでは完全な金八のパクリ、その後を美化して描いても「コドモのコドモ」のパクリであると言われても仕方がない。このドラマが、批判されているのは脚本の浅さかさ。中学2年生がその場に居た好きな男子と簡単にやっちゃって、子供が出来た。会いたいから産むと言い出す。付き合ってお互いを知った結果、産みたいではないわけだし。親も理解ありすぎ。 設定からして、無理があった。ようだ脚本の問題については多く言いたいことがあるから後日述べることにしよう。

2006/11/30(木) 15:46:30 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
すでに完結したドラマ
21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」のドラマの展望が予告編により明らかになった。未希 (志田未来ちゃん)は、無事子供を産み、病室に智志(三浦春馬君)がかけこんできて、未希(志田未来ちゃん)の父(生瀬勝久)は、智志(三浦春馬君)が来たことに好感を持つようになる。美希と産まれてきた子供に合わせることもゆるす。母(田中美佐子)はも一生懸命に未希(志田未来ちゃん)に静かに合わさせる未希(志田未来ちゃん)は、それに気付き智志(三浦春馬君)が来てくれた事にうれしいい気持ちを持ち智志(三浦春馬君)に今まで合った事を伝える。智志(三浦春馬君)は未希(志田未来ちゃん)の父、母(生瀬勝久 田中美佐子)に理解してもらおうと頭を下げてお願いする。その言葉とは「未希(志田未来ちゃん)と子供を育てさせてほしいと言う。未希(志田未来ちゃん)はそれに対しいて、無理をしないでとつぶやくと、智志(三浦春馬君)が、未希(志田未来ちゃん)をなっとくさせる。2人はしあわせになると言うなんと筋学どうりのハピーエンドの展開になる糞ドラマだったのだ。これでは9話以降は誰も見ないもうハピーエンドは決まってしまうからだ。未希(志田未来ちゃん)の出産はどうなっていくのか美希(志田未来ちゃん)と赤ちゃんの命はどうなると言う命のテーマが高視聴率を生み出していたのだ。 その後、美希(志田未来ちゃん)と子供のその後を描いても何にも命のテーマにつながらない。社会的ヒューマンドラマが今でも不足と言われているのに。もっと深く突っ込むこともできない。社会情勢の描写が軽いままで終わってしまうのだ。波多野卓(北村一輝)は未希(志田未来ちゃん)を救うなどかなりキャラクターが生かされているが叔父(河本準一)にスポットが当たっていない「コドモのコドモ」のテレビ化なら叔父(河本準一)の奥さんか誰かが肯定か出産になるかもしれない。2ちゃんねるの筋書きどうりだと「それ見ろいわんこっちゃない」と大きな非難が出る。未希(志田未来ちゃん)が学校に復帰してクラスメートの久保田恵(北乃きいちゃん)や柳沢真由那(谷村美月ちゃん)と再び再開するようになることも書かれていた。ここでもう一人の14才の母である柳沢真由那(谷村美月ちゃん)かの秘密も明らかになるそうだ。ますます現実離れの糞だラマになっていくのだ。ドラマの展開が無事出産周りの環境も良くなり、中学生に心配ないから中学生は妊娠すれば出産をどんどんしなさいという出産推奨番組になってしまうのだ。来年14才以下の出産が42件より増えると「14才の母」は日本崩壊番組と言われる。今でも高校生や中学生の出産者や母子家庭に払われている予算は20分の1にもなり、これはみんな我々が出している税金が使われている。中学生や高校生の出産が10万人にもなると予算は日本全体の3分の1にもなり日本は崩壊してしまうのである。このような社会的な状況を書かれるとプロデューサーは痛い所を突かれるようで会見が公式掲示板に受け入れられないと言う声が相次いで起きている。マンセー意見だけとりあげ馬鹿げた中学生や高校生、ロリコン男性の意見ばかり受け付ける公式掲示板も問題である。マンセー意見ばかり2000万集めても何にもならない反対意見はその何倍にも上ることが考えられるからだ。第8回の展開で波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)を助けたことにより、未希(志田未来ちゃん)信者になるのは見えた。智志(三浦春馬君)にも好感持ち出ス事は間違いない。ラストは週間TOPに二人の礼賛記事を書くような設定なのだ。記事の内容が出ていたが「14だが親が暖かく援助するなかで、立派に子供を産み育てている。本誌は若い二人を応援したい。」てこんなことを書く雑誌の方が矛盾している。
またラストは卒業式言う完全なぱぴピーエンドでは完全な金八のパクリであり、いくら、その後を美化して描いても「コドモのコドモ」のパクリである。このドラマが、批判されているのは脚本の浅さかさ。その場に居た男と簡単にやっちゃって、子供が出来た。で、会いたいから産むと言い出す。付き合ってお互いを知った結果、産みたいではないわけだし。親も理解ありすぎ。 設定からして、無理があった。9回でドラマは完結してしまい11話まで延長した意味がない。
2006/12/01(金) 13:25:31 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
急激に脚本が弱くなり、内容も軽くなる
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」は13歳のまだ子役の志田未来ちゃんが中学生の妊娠や出産を演じてるからインパクトが強くて次のドラマの展開が気がかりになり、意外性で次はどうなるのだろうと言う期待感が視聴率を高めてきたがドラマは後半になって急激に脚本が弱くなり、内容も軽くなり、非難が多くなっている。こんな内容で「かけがえのない命を大事にしなくちゃ。」と言う命の大切さはマンセー意見しか受け付けない公式掲示板の書き込みを見る限りあるとは限らない。書き込み見るとみんなマイナスの方向に行っているのだ。子どもは皆に祝福されて望まれて生まれてきたほうが幸せに決まってる。自分が生まれることによって誰かが不幸になった子どもは不幸になるケースが多いのだ。だから性欲に負けて無責任にセックスするのは、最悪最低の人間のすること。猿以下。経済力もないくせに子どもを作るなんて、ただの無責任の馬鹿。と伝えるメッセージは前半はあったが後半は両親が未希(志田未来ちゃん)の出産の肯定に回り、両親は反対、未希(志田未来ちゃん)の見方は叔父(河本準一)と言う考え方はドラマが始まり吹っ飛んでおり予告編であった叔父(河本準一)が言っていた「生めばいいじゃないか未希は祝福されて生まれてきたんだろう」と言う場面もカットされてしまった。ドラマは大きくどこかで脚本が変わっているのだ。これでは、セックスして出産するから「14歳の母」それだけの母。子を育てて躾る母とは違うことに不快感を感じる人が増えているのだ。このドラマでは公式掲示板毛は反対派の意見は受け付けないから賛否両論の意見が出きないが公式掲示板以外は大きな非難が大量に出ているのだ。女性週刊誌や番組の掲示板で、書かれている意見を読んで、「そうだよなあ」と思ったのが、「両親に経済的余裕があるから、娘の出産を許せるんだ」という意見。これは親の考えが安易すぎる。どう考えてもこのドラマには、経済的観念がスコーンと抜けている気がしてなりません。未希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すれば経済的に日本は崩壊してしまうのだ。世間の風当たりもぜんぜんきつくない。たまに、近所の人のひそひそ話や白い目で見られる場面が出てきても、基本的に、主人公の周りにいる人間は、彼女の出産を受け止めているワケになる。ちょっと明るすぎない?って思うことがおおくなっている。 金八先生のときは、ジェンダーフリーや過激な性教育が猛威を振るっていた時代だから良かったが今の時代は許されないことがいっぱいなのだ。そんななかで、来週はいよいよ、出産です。赤ちゃんは無事に生まれてくることが、もうサイトには、すでに来週の予告が載ってしまった。許せないドラマになった。せっかくの「14才の母」を名作に描ききれなかったのはプロデューサー(村瀬健)や脚本家(井上真由子)にある。未希(志田未来ちゃん)が復学。高校卒業後 智志(三浦春馬君)と結婚 このまま家でぬくぬく子育てだったらままごとと同じドラマになるのだ。名作となるには、難産の末、赤ちゃんは産まれる。赤ちゃんは無事だか未希(志田未来ちゃん)の容態は悪化。そして未希(志田未来ちゃん)の最後の言葉。「産まれてきてくれてありがとう。会いたかった……。お母さん(田中美佐子)、私きっとこの子を愛するために生まれてきたんだね」それから15年後、未希(志田未来ちゃん)の写真に向かって、一人の少女が言う。「お母さん。私今日から高校生になるよ。とうとうお母さんを追い越しちゃったね。お母さん、あの時私を産んでくれてありがとう」この少女こそ、美希(志田未来ちゃん)が自分の命と引き換えに産んだ子供であた。………………完。と言う内容なら今の中学生へ本等の「命の尊さ」のメッセージとなり名作となるが予告編により名作となる可能性はなくなった。「14才の母」はもう9話で完結したといっていい。
2006/12/02(土) 12:53:50 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」は予告編で早くも無事出産が流れてしまった。難産になることは予想できるしかし社会的反響を考えれば(昨今国家による道徳的規制が異常だ)14才以下の出産は2005年は42件あったが、生まれた17人の新生児が一ヶ月以内に死亡しで25面しか生きていない。42件の中には死産は含まれていないのだ。おぎゃーと産まれて半数近くはすぐに死ぬのだ。未希(志田未来ちゃん)は運のいい方に入ってしまった。このように、ふつうに産まれては未青年に産んで育てるのもいいなと思わせてしまう。中学生出産、推奨番組となり増加傾向にある中学生の出産をさらに増やしてしまうのだ。そうなれば、大きな社会問題としてとりあげられ今後の番組製作に世論におされ自主規制がはいることは充分考えられる(子供向き漫画の性描写も自主規制)。死産でもそこに至るまでの真摯な命や男女の性の大切さは描写完了できる。また未希(詞だ未来ちゃん)が退学ではなく休学という伏線は未来が学校に生きて戻ることも表している事もドラマが一気に壊れることも表している。編集長、波多野卓(北村一輝)がアフリカ難民の子供を撮影し社会に問掛けていた過去がこれからどう関連してくるか大きいだ。波多野卓(北村一輝)の言葉をドラマに中に生かしてほしい。この物語「14才の母」のテーマは「命は誰のものか?」ということだ。未希(志田未来ちゃん)はこう言っている。「わたしはわたしを選べるかな?・・・だってわたしだけの子供ってわけじゃないね・・・誰が親とかなんとかじゃなく、1人の人だもんね・・
・」これがおおきなドラマのポイントにならないといけない。つまり、どちらかの命の選択となり、産むかどうかは「母親と赤ちゃんの意思で決める」ということが大切なのだ。母子ともに危険な状態になったとき、赤ちゃんから何らかのメッセージががる。どんなメッセージかは分からんが(ここが来週はクライマックスにならないといけない)ただそれで未希(志田未来ちゃん)が決断することは確実にいえる。赤ちゃんが「生」を選んだから、自分は「死」を選ぶと。少なくとも安産でないのは公式よめばわかるが。実際は会えてよかったと無事出産している。話は11話の中で第9話でいよいよ出産となっている。無事出産ラストは美希(志田未来ちゃん)が学校に復活でき智志(三浦春馬君)と結ばれることも決定して。パピーエンドの伏線が撮られているだけに許せないのだ。「14才の母」は難産で子供の命か未希(志田未来ちゃん)の命かの選択を迫られる。悩んだ挙句、父(生瀬勝久)が未希(志田未来ちゃん)の命を選択するが本人は子供の命を優先して産婦人科医が未希(志田未来ちゃん)意思を尊重して子供の命を選択する。子供は無事に生まれて子供を見て「会いたかったよ」と言い残して未希は容態が急激に悪化して死亡する。母(田中美佐子)のナレーション「未希、あなたの命は続いていく…」でミスターチルドレンの「しるし」が流れ「♪ダァリィン~~ダァァァァリィィィン~~~」で字幕が上がるラストとなってはじめて名作になる。安産、認知、超大団円だから大きな問題が14才の母には残るのだ。これに美希の叔父(河本準一)の妻に高年齢出産があると「コドモのコドモ」のテレビ化だったと非難が出る。またドラマがはじめの予告とは似ても似付かぬ方向に流れ、ドラマが回を追うごとに内容が軽くなり、明るくなり現実離れしたのも残念である。脚本家やプロデューサーの弱さも出ている。今後はこのような中学生に出産を推奨する問題ドラマを制作しないでもらいたい。脚本自体に無理があったのだ。

2006/12/03(日) 15:37:24 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
ドラマの内容が現実離れして内容も軽くなり非難が多くなった21世紀最大の超問題作「14才の母」の来週の予告編はこうなっている。突然の陣痛に襲われた未希(志田未来ちゃん)は、波多野卓(北村一輝)に助けられ的場クリニックへたどり着く、予定日よりも一ヶ月早いが春子(高畑淳子)の判断でそのまま自然分娩!加奈子(田中美佐子)は必死で励ます駆け付けた忠彦(生瀬勝久)は未希(志田未来ちゃん)の顔色があまりに悪く苦しんでいる様子にうろたえる慌てて春子(高畑淳子)を呼び戻すと、既に赤ちゃんの胎動も停止しており未希(志田未来ちゃん)も赤ちゃんも命が危なくなるが母子共に元気に無事出産することが明らかにされた。10話 11話 二人はバイト生活。学校に復帰そしてお互い18と17になるまでの援助を未希(志田未来ちゃん)両親にお願い。同居生活が始まる。ハピーエンドになるあらすじ許せないドラマなのだ。これではただのままごとで子供の性を煽り逆に中学生の出産を増やして日本経済に罅を入れ日本を崩壊される元になる。このようなバカ中学生やバカ高校生に我々の払っている税金が大量に使われるだけでも許せない。公式掲示板下は受け入れられない意見だ。これからの時代10代で子供生んで普通に育てれば一生子供を生まない女や結婚しない女よりは偉いと評価される恐れもでてくる。昔は結婚しない女は不幸な事情を持っていたり子供がいない夫婦はどちらかに欠陥があるなど他人が同情する余地があったけど今は子供がいない夫婦とか結婚しない女は大半が面倒だとかかったるいからなどと最低な理由が多いから少子化問題の日本に於いては未希(志田未来ちゃん)のような少女の方が偉いと思われるのだろう。未希(志田未来ちゃん)みたいな子は現実は親がみんな面倒を見てしまう。面倒なことは全部親任せが現実だ。これはテレビドラマだから「コドモのコ
ドモ」のように自力で考えられないように育ていくSFの世界になる公算も大きい。子供産むなんて楽でいいだろうがという、まさに日本経済や社会全体のことも考えない日本崩壊ドラマだ。脚本家も脚本が弱く視聴者は多くは反感を持っているが公式掲示板はマンセー意見しか受け入れていない。脚本の弱さもあるが、スタッフとかもメインテーマを意識して製作してるんだろうか?これからの時代10代で子供生んで普通に育てれば一生子供を生まない女や結婚しない女よりは偉いと評価される考えのものが公式掲示板の書き込みを読んでみて凄く多いのに危機を感じる。公式掲示板が日本経済や社会情勢を考えた書き込みは受け付けなくなっているためだ。この
ために多くの乱立するブログや掲示板に批判意見が多く書き込まれている。このドラマは結婚するもしないも、出産するもしないも、どちらが偉いとかそういう問題ではない。 本人の意思や何らかの事情によるもので、ケースバイケースだから。働きもせず、学校にも行かず、ご飯作るでもなし、掃除洗濯するでなし。昼間にのんびり親のお金でベビー用品のお買い物。世間一般の妊婦よりずっとお気楽な妊娠期間を過ごしてる。自分が思うのは伏線がどうこうってことじゃない。見る側は本題と離れた何気ないシーンでも登場人物の性格、立場、考え方なんかを無意識に読み取ろうとする。どうでもよくて背景にすらならない無意味なシーンなら初めから見せるなと思う。途中で方向が大きく変わったってことも許せない。来週はいよいよ出産だがもうこうなると第10話、第11話は消化試合のようなものだ。現実離れして金八の「15歳の母」や「コドモのコドモ」のようにハピーエンドに向かっていくドラマはもう価値がないこのドラマで一番中心的な役割を果たしたのは波多野卓(北村一輝)叔父(河本準一)唯一美希の出産に賛成する役は両親が出産の皇帝側に回ったことでキャラクターとしては何の価値もなくなった。キャラクター設定も大きく違っている。こんな矛盾したドラマ消化試合となってしまった第10話、第11話、どんな苦難があってもパピーエンドになる糞ドラマ「14才の母」はまったく許せないのである。
2006/12/04(月) 13:43:47 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート第9話で「14才の母」は完結したといっていい。未希(志田未来ちゃん)は生死をさまよってピンチになるけど、死ず母子共に出産するのだ。なお14才今の出産を調べると2005年は42件、1970年は12件だったが最近は悪魔の教育となった性教育により3倍も増加しているがまだ47都道府県の数に達していないのだ。考えてみれば「14才の母」の最終回のヒントは1話に隠されてるのだ。橋でのジミ救出劇があった。ジミは赤ちゃん。あれは二人の将来を暗示していた。このことはちゃんと産んで赤ちゃんも無事。めでたしめでたしとなることなのだ。赤ちゃんが産ま れてドラマをどんなの美化して描いても、もうそれは消化試合のようなものなのだ。ドラマはハピーエンドに向かっていくのだ。「14才の母」は極端に言えば妊娠して子供に会いたくなったから産もうってドラマなのだ。また視聴者も中学生や高校生は時間的に見るのは難しいと言うから小学生や中学生の視聴者はほとんど考えられない。放映前から多くの掲示板を見ると2チャンネルだけでなく多くの人間がロリコンっぽい発言を繰り返している掲示板が非常に多い。プロデュサーの狙いは全部とは言わないがテレビは視聴率がすべてなので半分はそれなのだ。志田未来のセックスシーン、妊娠姿出産シーンを想像させてロリオタに他の子どもに対する性的犯罪の狙いを付けさせる。 それで視聴率がとれれば他の子供たちの犠牲なんかどうでもよいのだ。来週の予告は、第9回:「出産命をかけた24時間」脚本・井上由美子 演出・佐藤東弥、事前に手配しても引き受けてくれる大病院は見付からなかったのに、あっさり出産にこぎつけるんだなー盥回しのほうがリアルなのだ。今年の出産に関する事件を見てもそうだ。元々クリニックは緊急搬送先の病院と連携してる。リスクが高いからという理由で転院を断られてる現実をもっと強く打ち出さないといけない、緊急で死亡の可能性が高いならなら余計に断るだろと言う場面がないのである。ここも脚本の弱さがある。本人の意思や何らかの事情によるもので、ケースバイケースだから。出産前も働きもせず、学校にも行かず、ご飯作るでもなし、掃除洗濯するでなし。昼間にのんびり親のお金でベビー用品のお買い物。世間一般の妊婦よりずっとお気楽な妊娠期間を過ごしてる。自分が思うのは伏線がどうこうってことじゃない。見る側は本題と離れた何気ないシーンでも登場人物の性格、立場、考え方なんかを無意識に読み取ろうとする。どうでもよくて背景にすらならない無意味なシーンなら初めから見せるなと思う。途中で方向が大きく変わったってことも許せない。来週はいよいよ出産だがもうこうなると言う楽しみから視聴率も上がっていた。第10話、第11話は消化試合のようになってしまった。現実離れして金八の「15歳の母」や「コドモのコドモ」のようにハピーエンドに向かっていくドラマはもう価値がないこのドラマで一番中心的な役割を果たしたのは波多野卓(北村一輝)叔父(河本準一)唯一美希の出産に賛成する役は両親が出産の肯定側に回ったことでキャラクターとしては何の価値もなくなった。キャラクター設定も大きく違っている。こんな矛盾したドラマ消化試合となってしまった第10話、第11話、どんな苦難があってもパピーエンドになり糞ドラマになる「14才の母」は、まったく許せないのである。中学生に何のメッセージも与えないばかりか、学校や勉強が嫌になってる女子中学生の皆さん。妊娠して出産を決意すると、こんな素敵な、夢のような生活が待ってるよ!お母さんもお父さんも、今よりずっと優しくなるよ。おまけにあなたは、赤ちゃんという素敵なおもちゃを手に入れられる。世話はもちろんお母さんが手伝ってくれるし。だって、中学生に赤ちゃんの世話なんか無理だもん。やってくれるに決まってる。うらやましいよね。みんなで未来ちゃんをみならおう!と言う考えに、このドラマの影響を受けた中学生が日本中に増えるとみんなどうするのだ。日本は崩壊して滅びる。たった一人でもこんなことになるのだから全国200万人の女子中学生がこんな状態になるともう日本中の人がパニック状態になり日本は崩壊だろう。日本の未来を考えても本当は絶対検温的にも未希(志田未来ちゃん)には生まれてくる赤ん坊に命を譲り死んで行かないと命のメッセージにはならないのだ。難産でも無事出産でんで「逢えてよかった」ではテーマと意味が違っている。「愛するために生まれてきたの」のサブテーマとも かけ離れていくのだ。今週で「14才の母」はすでに完結してしまった。
2006/12/05(火) 14:21:07 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
村瀬健プロデューサーも脚本家、井上真由子もおかしい
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」の村瀬健プロデューサーも脚本家、井上真由子も頭おかしいと思われても仕方がない。筋書きどうりにハピーエンドに向かうドラマは何の感動もない。現実に考えても今日が出産で最終回なのだ。未希(志田未来ちゃん)は14才以下の出産では運が良すぎるグループに入ってしまった。リアルをえがくなら14才以下の出産で7割方母体が死んでる現実を描き子供は命がけで出産して助かる事実を描いてほしかった。視聴率稼ぎの数字狙いの、こんな奇麗事ドラマ作った罰はいつか日テレに跳ね返って来るだろう。14才以下の出産は産後の日だちも悪く出産後一ヶ月以内に死亡と言うケースも多いのだ日本も海外も多く起きている恐ろしい事実だ。しかしハピーエンドですべて片付けるのはやはりテレビドラマだと言わざるを得ない。ラストは大人になった未希(志田未来ちゃん)と智志(三浦春馬君)が結婚するかクラスメートに祝福されてハピーエンド、誰かの高齢出産がありはピーエンドは金八の「15歳の母」や「コドモのコドモ」のパクリと言われる。また47都道府県に毎年一人以下しか出現しない14才の母を何人も出現させると、こんな現実離れした馬鹿げたドラマはないと非難が集中する。テレビ誌でみると。村瀬健プロデューサーの話だと、未希(志田未来ちゃん)の責任、加奈子(田中美佐子)の背負う十字架、智志(三浦春馬君)との再会の仕方がキーということで。ドラマはますます悪い方向に進んでいくのは間違いない。やはりラストは未希死すでないとドラマ全体が糞ドラマになり名作ともいえないし再放送の価値もなくなる。一番最悪ラストは未希(志田未来ちゃん)と智志(三浦春馬君)の結婚 専業主夫の智志(三浦春馬君)に子どもを預け、DJとして活躍する未希(志田未来ちゃん)下手なしゃべりで14才での出産の苦労話を全国に発する こんな終わり方だったら 非難は大きく出るだろう。予想される選択肢のうち一番つまらない方向に進んでいるのは間違いない。今週はいくら難産で帝王切開手術しても無事出産は間違いない。しかし抵抗切開は今後は未希(志田未来ちゃん)は帝王切開でないと子供は産むことはできず3人までしか子供はうめない。事実も伝えないと帝王切開手術は安全と勘違いしてしまう。 多分11
話に未希(志田未来ちゃん)と智志(三浦春馬君)でハピーエンドだろうと言う公算が強くなってきた。しかし中学生の性交妊娠出産推奨ドラマにだけはなってほしくないと思うがこのままでは中学生の性交妊娠出産推奨ドラマになってしまう。7割の母体の死因には産後の慶賀の悪さも14才以下の出産は原因している現実も描かないと視聴者は納得しない。視聴率数字狙いの、こんな奇麗事ドラマ作られたことはこんな糞ドラマにお金と時間を費やす大人がいる日本はオワッタことも意味する。日本の未来は真っ暗だ。未希(志田未来ちゃん)は16歳なれば結婚できる。智志(三浦春馬君)は18歳で結婚できるが結婚するまえに金八「15歳の母」のように入籍はせずに友人たちだけでプライベートな式を挙げることは考えられるがこれは完全な金八「15歳の母」のパクリまた叔父(河本準一)夫婦の高齢出産を描いても「コドモのコドモ」のテレビ化となる。エンドを普通に行えば金八の「15歳の母」のパクリまたその後で誰かの高年齢出産でエンドなら「コドモのコドモ」のテレビ化、14才の母を何人も登場させると47都道府県 に一人いるかいないかの14才の母の会合はありえない現実離れだと非難がでる。最終回はやはり子供に命を託して、未希(志田未来ちゃん)死すでないと名作にならないのである。


2006/12/06(水) 13:46:08 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
「14才の母」公式掲示板は正統派の反論は意見をみんな拒否
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」公式掲示板は正統派の反論は意見をみんな拒否されて賛否両論で着ない状態で大きな反感を買っている。公式掲示板の書き込みで「感動した産ませてあげたい」という書き込みばかり中学生や高校生の書き込み場仮で同じ内容ばかりの書き込みや同じ文章表現が多いのにがっかりすると言うより反対派意見を受け付けない公式掲示板がどうかしている。大人までが、「お花畑でおめでて~な。」と馬鹿げた書き込みは公式掲示板に掲載せられ日本の経済や未来や社会情勢の正論は書き込んでもみんな拒否されてしまうから公式掲示板はとんでもない掲示板だ。中高生の意見も大人の意見もあまりに馬鹿すぎて、がっかりだ。 ドラマの内容は昨日で完結かと思っていたが予想外の展開となり次はどうなるのだろうかと言う危機感を残して盛り上げたことは凄く評価できる。来週もまた視聴者はどうなるのだろうかと言う期待感でみんなが見るからだ。機能の放送は大成功だったといっていい。問題は10回の放送だ。ただ現実手奇異なようだが医師に聞くと現実はこんなもんじゃないということだった医者の薮ぶりがめだった。普通陣痛のモニターはナースステーションで常に監視しているから陣痛間隔が短くなったり異常が出たらすぐに対応する。陣痛間隔が短くなったら普通看護師さん一人は付くものだし、14歳、34週目の出産と高リスクはわかっているのに対応が緩慢すぎるのだ。あれで子どもに障害が出たり母体に何かあったら訴訟になり現実では裁判になるだから産婦人科医になる人がいなくなり産婦人科医は激減しているのだ。この現実にも迫らないと社会的ヒューマンドラマにならない。
http://www.fab.or.jp/abruption.html
早期胎盤剥離の恐怖こんな怖い状態からは母子共に無事なのは奇跡だ。波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)を助けて車に乗せた幹の父(生瀬勝久)は命の恩人である波多野卓(北村一輝)へのお礼が足りない本当なら深々と頭を下げるのが本当なのだ。15歳以下の低年齢出産で一ヶ月も早いことはよくあるが非常に危険度が高く死産が多くなっている。出産が一ヶ月も早く赤ちゃんの体重は2000g以下の場合は出産できても育つ可能性は限界線で危険状態なのだ。このために昨年度あった14才以下の出産では17人の新生児が一ヶ月以内に死亡して25名しか生存していないというIUGR児の危険度も高いのだ。来週は未希(志田未来ちゃん)は母子共に危険状態にありその間に2ちゃんねるで噂をされて痛もう一人の144歳の母と言う噂の高い柳沢真由那(谷村美月ちゃん)の謎、これは常識では全国で42人しか舞人出現しない47都道府県に一人以下しか出現しない14才の母が二人も存在することは考えられないが単なる噂か本当に14才の母なのか謎は説くべきだまた行方不明になって未希(志田未来ちゃん)の父(生瀬勝久)と再会した智志(三浦春馬君)やその母(室井滋)の変容、ホームレスのような暮らしになった智志(三浦春馬君)と母(室井茂)の謎、また未希(志田未来ちゃん)の命の恩人、波多野卓(北村一輝)が取材に執念を燃やす謎、担任の先生や若いときに子供を産んだ助産婦が何歳の出産だったのかその謎も未希(志田未来ちゃん)がまだ命の危機感、を母子共に残っている第10話でといていき。11話に運命の90分拡大スペシャルにもって来るべきだ。「14才の母」は今ではアメリカや欧米先進諸国では制作できない作品だ。第10話まで良く引っ張ってこれたのは一応評価できるが残り第2羽が名作になるか糞ドラマで終わるかの勝負の分かれ目だ。ここまで着たからにはナボコブのロリータを越える名作にすることも可能だ。最終回は未希(志田未来ちゃん)意識は戻り子供と再会でき、ここでは「会えてよかった 愛するために生まれてきたの」のテーマを生かす。しかし一時は回復しかけた未希(志田未来ちゃん)の容態は再び悪化して。ドラマは未希死すとなり巣庁舎も号泣するバッドエンドになり中学生へ「命の大切さ」と「性の価値観や性のモラル」の大切さを日本中の中学生に向けたメッセージにならないと「14才の母」の意味がなくなる。後の2話で永久の名作となるか単なる糞ドラマで終わるかの境目になる村瀬健プロデューサーが言っていた。ラストは加奈子(田中美佐子)の背負う十字架という言葉も生かしてほしい。
2006/12/07(木) 14:17:02 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
第十話はまだ未希と生まれた赤ちゃんの命の戦いを中心に描くこと
第十話はまだ未希と生まれた赤ちゃんの命の戦いを中心に描き完結編11話まで引っ張ってどうなるのだろうと言う危機感を漂わせるべきだ。いきなり美希意識回復、子供は元気になりパピーエンド
では中学生達の変わりかけた性の価値観が再び壊れてしまうからだ。多くの十代の妊娠ドラマではその後が描かれておりその後は描く必要はないのだ。なお産婦人科医の対応はプロの産婦人科医からは「対応が緩慢すぎる」との批判の声が強いが、産婦人科医の厳しい現状にも迫ってほしい。普通にパピーエンドだとまたかと大きな非難が出る体。来週第10話は美希と赤ちゃんの命の運命を中心に、ドラマ前から噂されていたもう一人の14才の母と言われている柳沢真由那(谷村美月ちゃん)は本当に14才の母なのか、会社のディスクの上にある写真立てに未希(志田未来ちゃん)と智志(三浦春馬君)のプリクラを張っていた未希(志田未来ちゃん)の命の恩人となった一番の重要人物、波多野卓(北村一輝)の謎、谷村と先生の過去のいきさつ、智志(三浦春馬君)とその母(室井滋)の行方などまたとかれていない今までうすかった社会的ヒューマンドラマにこの謎を説いていき美希と新生児の命の危機感は「テーマの命 愛するために生まれてきたの」を生かすために最終回11話まで持ち越さないといけない。16歳以下の出産は母体死亡率も高いのだ。第10話で美希意識回復、元気になり赤ちゃんも助かりもうパピーエンドが見えると11話の1話延長90分拡大が生かせなくなるのだ。未希(志田未来ちゃん)=死亡、子供=生死をさまよいながら何とか生き延びる。という危機感を11話まで持ち越さないといけない。10話でいきなりハピーエンドでは公式掲示板でも変化が出てきた十代の子供の書き込みがまた壊れてくる。
またせっかく今までひっぱて来たドラマも最終回を待たずに終了する。最終回は一時は未希も退院して新生児も順調に育ってきて未希(志田未来ちゃん)は新生児と合い智志(三浦春馬君)やクラスメートにも赤ちゃんを抱いてもらい「愛するために生まれてきたの」のテーマを生かす。ここまでは一見ハピーエンドのように見えるがここでドラマは一転して再び相当な難産で出産した美希の体は相当なダメージを受けており、再び命を掛けた戦いが始まる全国の中学生に「命のたいせつさ」を伝える本等のメッセージを送るためにだ。ドラマは最終的にはハッピーエンドでは非難が大きく出てしまう。バッドエンドでないとドラマはいきない。ラストは未希(志田未来ちゃん)は赤ちゃんに命を譲るように理解された仲間に見守られながら死んでいくバッドエンドなら日本のドラマ史上に残る最高の名作になる。問題はスタッフと村瀬健プロデューサーと脚本家、井上真由子が心を鬼にして描けるかがこのドラマの成功か失敗かにかかってくる。残りの第2話でこのドラマだけでなく日テレ自体も「14才の母」をなせ制作したのか問われてくる。ここまできたらナボコブの名作「ロリータ」に負けない名作になる方を期待したい。
2006/12/08(金) 13:44:32 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」の物語はストーリーの流れから、川に落ちそうになり助けた子犬ジーミが物語の鍵を握っていた。ジーミを二人で大で喜んでいたのは二人の間に子供ができることを暗示していた。残るな謎、もう一人の14才の母と放送前から噂が高かった柳沢真由奈は本当にもう一人の14才の母だったのか、未希(志田未来ちゃん)の14才の母を食ってしまうおそそれのあるこのキャラクターの謎や未希の命の恩人となった悪役週刊誌記者だがなぜか正義感あふれている週刊誌記者、波多野卓の謎、未希の担任の先生と体育の先生との関係、智志(三浦春馬君)と落ちるところまで落ちた智志(三浦春馬君)の母(室井茂)の運命はどうなるのか。第十話美希と子供の緊迫した命の戦いを描きながら未希を取り巻く人物の謎を解いていくストーリーにすべきだ命の戦いの緊迫感は完結編の11話まで引っ張らないと意味がなくなる。セックスするとこんな怖いことになるのだ。という自己抑制の書き込みが公式掲示板で現れ自己抑制効果が第9話でやっと出始めてきたのだ。10話でドラマを完結させて崩壊させないようにしないといけない。ドラマに緊迫感があり次はどうなるのだと言う危機感をラストまで持ってこないといけない。公式掲示板の変化を持て模様8話まではこのように十代の出産推奨番組になりかけていた。
*14歳の母 公式掲示板より
すごく勉強になります☆☆私も未希みたいに赤ちゃんが欲しいと思いました。

中学は学校行かなくても未希みたいに卒業できるなら中1で赤ちゃん産んで卒業まで育てれば、保育所に預けて高校に行けるし、遊べるし、オシャレできるしいいと思います。

若いお母さんだと自慢になるし、彼氏が働いて16才になったら結婚すればいいと思います。このようなとんでもいない、ばかげた書き込みが第8話まで公式掲示板に続出していた。ところが第9話放送後は。
*14歳の母 公式掲示板より
毎週番組拝見させて頂いてます。つい見てしまいますが・・14才の母・・「悪影響だな」と思いました。ドラマと現実を別に考えれない子って最近増えているし、このドラマがきっかけで出産の低年齢化が進まないことを望みます。14才で出産する大変さ、もっと伝えるべきです。真似する変な子が増えないこと望みます。自分の行動に責任持てる年齢になってから結婚・妊娠したほ
うが無難ですね。
 このように書き込みに自己抑制の心が始めて芽生えたのが第9話の放送なのだ大切なのは第10話だ。中学生に自己抑制の大切さのここを植え付けるのは出産後もさらに命の戦いを描くことが大切だ。なおドラマの産婦人科医の行動にはプロの医師からは、行動があまりのも緩慢だ。まず骨盤などをレントゲンで確認して体が小さめ(当方148センチ)の人などは特に病院側からいろいろ言われる。出産もハイリスクで危ないため大学病院でお産の手を早めに打つ。こんな未成熟な子供がお産するんだから最初から大きな病院で帝王切開するべきでは?胎盤剥離してから大慌てしているし。当方も大変難産でお産時にアクシデントあり。現実なら裁判になっていると医療現場の産婦人科医からは厳しい非難の声を聞
いた。ここは脚本家の工夫がもっとほしかった。プロの医師も厳しい目で見ているのだ。第9回は14才で出産することがどんなに大変なことか自分も子供を創りたいなどととんでもない書き込みをする十代の子が減り出産はやはり適齢期にしようと言う自己抑制の考えに変わってきたのは大成功だった。ドラマを成功させるのは第十話は未希(志田未来ちゃん)と新生児の命の戦いを中心に
描き周囲の人物の謎を解いていくことが大切で命の危険性は最終回まで持ち越すことが大切だ。14才の母にはその後はいらない。このような種類のドラマは、その後は、みんな描かれておりなり、その後は何を描いても同じことになるからだ。最終回は未希(志田未来ちゃん)の体調も一時回復して命が危なかった赤ちゃんも保育器から出て赤ちゃんと感動的な対面ができ「逢うために生まれてきた 逢えてよかった」ことや命の大切さを強調させる。智志(三浦春馬君)やクラスメートもみんな赤ちゃんを抱くことができ一時は幸せに包まれるが未希(志田未来ちゃん)の体は走を絶する難産により体はもうほろほろになっていた。 智志(三浦春馬君)やクラスメートもみんな赤ちゃんを抱くことができ一時は幸せに包まれるが未希(志田未来ちゃん)の体は想を絶する難産により体はもうほろほろになっていた。ラストに再び未希の命の戦いを描がき未希(志田未来ちゃん)は子供の命をつなぐように、みんなに見守られて死ぬバッドエンドになれば日本のドラマ史上の名作となり有名なナボコブの名作「ロリータ」を超える名作となるのだ。性の価値観や性のモラルを高め自己抑制の大切さのメセージとなるドラマにしてほしい。「14才の母」の成功か失敗かは日テレの存亡がかかっているといっても言い過ぎではないのだ。

2006/12/09(土) 14:07:14 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」はいよいよ大洲目を迎えている。本当に日テレが全 国の中学生に自己抑制や生の価値観や尊さを伝えるメッセージとして放送したのか単なる視聴率稼ぎが狙いだったのかは後の2話で決まってしまう第9話で完結と見ていた多くの人たちは意外な展開にもう1話見ようと言う人が増えている。この命の戦いはラストの一話延長90分スペシャルまで引っ張ってこないといけない。智志(三浦春馬君)が予告で 「あいつと子供を助けて欲しい」と言っいた医師は誰なのか “あいつ”というのは知らない医者に言う言葉ではないだけに新たな謎が発生している。智志(三浦春馬君)が知っている顔見知りの医者のはずでありこの謎を説くことも必要だ。 智志(三浦駆る馬君)の母(室井滋)の落ちぶれた様に驚いたが未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)と未希(志田未来ちゃん)のコントがなんか甘い気がする。智志の母(室井滋)の運命も説かないといけない。本当は智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の言ってる事は正論なのだ。今のリアル18才でさえ昔の18歳以下に自己責任の力は全国調査で低下が見られたのだとても選挙権を18才に引き下げるのは難しい状態なのだ。しかし幾ら同意の上での行為だったとしても他人の娘を孕ませたのは自分の息子なのだ。結局、結論は両方の家庭が自分達親子のことしか
考えてない(だからバチが当たった) って感じで描かれている感じだ。桐野家だけでなく一之瀬家も同じだ。相手方に相談もせずに、 中絶から一転して勝手に出産だからね。中途半端に周囲のエピソードが入るせいで、肝心な14歳で出産する責任の重さを 未希(志田未来ちゃん)が理解してるのかどうか、本当に覚悟してるのかどうか、疑問を持ってしまう。 もちろん現実になれば、友達も先生もどれもこれも一つ一つ重い問題だけど、ドラマだから、伝えたい事を決められた範囲内に簡潔にまとめすぎている。現実なら家庭のシーンを中心に、もっと親と子供が話し合う部分を見たかったし、 もっと強く反対するだろう。智志(無浦春馬君)が 会いにいって 未希(志田未来ちゃん)が目覚ましたら 白よき姫のようになり一転して糞ドラマになる。 この展開は 一番あっちゃならないことだ。結末を見てみないとわからなが。 未希(志田未来ちゃん)、一ノ瀬家の描き方はかなりよくできると思う。このドラマの一番ダメなところは、相手役の智志(三浦春馬君)の
良さがまったく描かれてないところ。 常々、なんでこんな逃げてばかりのマザコン男を未希(志田未来ちゃん)は好きになったんだろう、って思ってしまう。もっとこれから工夫がいると思う。なお第9話は初めて14才の出産の怖さが分かり「命の大切さ」も分かり、公式掲示板に今週になって初めて「性行為は適齢期まで控えよう」「セックスを寛恕人がされて行うとこんなに恐ろしいことになるんだ」と始めて自己抑制の書き込みが増えてきたことは正解である。この緊迫感は最終話11話まで引っ張らないといけない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E7%8E%8B%E5%88%87%E9%96%8B
(ソース文一部引用)帝王切開の恐怖、母体死亡率は普通分娩の10倍、未希(志田未来ち ゃん)は一番危険な垂直切開手術だった 『手術方法の完成により、帝王切開そのもので死亡する妊婦はほとんどないが、それでも母体死亡率は経膣分娩の4倍から10倍とされている。 また、術後の長期間安静により肺塞栓症の危険が高まる。そのため、早期離床、早期歩行(術後24時間以内)が原則である。輸液によるhemo-concentrationの予防もはかる。過去に帝王切開での分娩を経験した妊婦は、以後大抵は普通の 「経膣分娩」は行わずに帝王切開による分娩となる。過去に帝王切開での分娩を経験した妊婦の経
膣分娩を「帝王切開後経膣分娩 (vaginal birth after caesarean:VBAC)」といい、分娩中の子宮破裂の頻度がやや高くなる。その ため、VBACを行う場合はいつ でも帝王切開を行える準備をしてから行われる(double set-up)。』妊娠は生理が始まり排卵が起きるようになるとだれても性行為すれば妊娠する。母体がまだ14歳とかだと子供の成長に母体の子宮の成長が追いつかなくて子供も死産、母親も出血多量で死ぬケースになりやすいのだ。それをこのドラマは強く描家内といけない 全国の中学生に安易なセックスやや妊娠は絶対に許されない自己抑制のメッセージを伝えないといけないのだ。日テレが「14才の母」の放送が成功か失敗かの結論はあと2話 に迫ってきている。

2006/12/10(日) 15:23:34 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追以前、14才の妊娠出産は良くないと書いたが。中絶には反対です、未希(志田未来ちゃん)場合も中絶すべきではありません。中絶すれば中絶推奨番組となり、中学生や高校生の中絶が爆発的に増えます。中絶はあってはいけません。生まれていなくとも、おなかの中で小さくても生命なんです。中絶してはいけません。間違った関係でも生命を宿したら責任を取って産むべきです。ここはドラマは正しく描かれている。宿った生命に罪はありません。しかし14才の出産はもっといけません。14才の母の掲示板に、私は妊娠をして子供ができたらやっぱり子供を産んで育てます中1で子供ができて自由に義務教育は卒業できるから子供を作りたい。そういう書き込みをいくつか見ました。10代終わりから20代はじめ、大学生たちだ。勘違いするな!子供がソだれられないときは子供ができる性行為はするな!もし妊娠すればどんなに苦労してもその生命を宿した責任を一生背負いなさい!と怒鳴りたい。問題は、中絶や出産をしなければならないような関係を持つことが間違っている。そんな安易な性行為は、してはいけないのだ。結婚できない、育てられないなら、男は求めるな、女は応じるな!結婚して、親が心から望んで、回りからも祝福されるような、正しい関係を持ってから子供を作りなさい!と言いたい。「14才の母」は、これから最後の2話になります。このドラマは物語の大前提から間違っていると思うので、どんなに感動的な最後になろうと、ハピーエンドのなれば、私だけでなく反対派は納得しないと思います。物語は、最後の終わり方ですべてが決まりにってれがただの視聴率稼ぎだったのか、それとも全国の中学生へ自己抑制と命の尊さや愛の深さを伝えるメッセージだったのかが決まる。全国の中学生に間違った付き合いをしてはいけないと教えるような終わり方になることが大切だ。まだ子供を作ってはいけなかった。一時の感情に流されて関係を持ってはいけなかった。そう諭す内容であるならば、この番組は教育上良い名作になる。そうでなければ、結局は視聴率稼ぎの問題作であり、日本社会に10代妊娠出産を増やす大きなきっかけになった、大変な悪番組と後で言われるようになる。「ローマの道は世界に通ず」と言われたローマ帝国も、外国から攻められて滅んだのではなく、裕福になることで、享楽と奢侈に流れ、人々の倫理道徳が退廃し、不倫、同性愛、家庭の崩壊などで、国力が下がって崩壊した。と言うことは、様々な人々が指摘し、日本へ警告しています。未希(志田未来ちゃん)の「赤ちゃんに会いたい」という気持ちはすばらしいからここはクライマックス前に体調は一時回復して。奇跡的に赤ちゃんの命の危険性もなくなり赤ちゃんを抱くことができ「会えてよかった」という場面は入れるべきだ。しかしこの後のドラマが問題だ。中学生の性行為は、避妊は知っていても、はじめからそう思って関係を持つ、つもりはなく衝動的な性行為が多く避妊のことなどまったく考えないと言う。中学生は、これからが大切な時期なのだ。中学生で男女関係野に着たい関係は、持たないようなメッセージの番組は今はなく逆に中学生や高校生の性を煽る番組が目白押しなのだ。「14才の母」の脚本家、井上真由子さんは出産経験者?って話をしてたけど子供が見てるから、嫌なら見るなじゃ済まないのだ。それは、自分の子供ってだけじゃなくて大人として確認すべきなんじゃないのだろうか。脚本家やスタッフは、自分の子供にこの作品のヒロインを見習えっていえるのか怪しいのだ。9割以上の保護者が未希(志田未来ちゃん)は見らうなと答えている。名作にするには未希死亡、子供奇跡的に生存にならないと初めのテーマの「命の大切さ」が出てこない。両方生存では意味がない。ゴールデンだしハッピーエンドなら糞ドラマNO1決定と言わてれるのは確実なのだ。なお来週の脚本はテレビガイドでは智志(三浦春馬君)のオヤジ=優秀な外科医。未希(志田未来ちゃん)が奇跡的に助かる。・・・脚本:野島伸司 ここでせっかく十代の者達の考えが変わりドラマが盛り上がり金共感も出ているのにぷつんと切って第11話を残してドラマを終わらせてほしくない。最終回は、まだ撮り終えてない両者生存は許されない。未希(志田未来ちゃん)が生きてた糞ドラマになる。未希(志田未来ちゃん)は死んで、赤ちゃんは産んだ母親の分まで強く生き抜く姿になるのがBestなのだ。未希(志田未来ちゃん)は出産のダメージが予想以上にひどく一時は持ち直したが再び危篤状態になり、命の戦いが始まる。弟健太(小清水一揮)は叔父(河本準一)へ預けられ両親から放置され、桐母(室井滋)は何とか立ち直り、医師の夫と結婚桐ちゃんも心の目を覚まして真面目な高校生となり、未希(志田未来ちゃん)ができなかった医師を子育てしながら目指す。このようなドラマの流れなら自己抑制効果が出て若年の妊娠・出産の危険性は伝わるんのでなないだろうか?
どんなに生命の危険があっても、もしハッピーエンドで終わったら、今好きな人がいる中学生の中には、僕たち私たちも「赤ちゃんに会いたい」って勘違いする若い男女が出てくるかもしれない。逆にこの気持ちが強まり子供の性を暴走させるのだ。今の社会では、14才、15才での妊娠の可能性は悪魔の教育となった性教育によりはるかに昔に比べて起きうる出来事になっている。 今の教育の今後の改善点だ。だからこそ、現実の大変さを教える番組になってほしいと真剣に思う。また、大人や性教育を過激に行っている教育現場の教師も、そのような社会になった責任をもっと感じるべきだ。大人(特に教師)が一番反省すべきだと思う。14才の母、は何とかドラマは第9話までドラマは引っ張ってこれた、第9話は放送の中では評価の高い名作だった。公式掲示板でも自己抑制の書き込みが増えてきたからだ。本当にエンディングが、教育上良いことだけを祈りたい。最悪のバッドエンドで、見た中学生が、「やっぱりまだ14才では早いんだ」「こんなに大変なんだ」と、思いとどまるような、そんな終わり方になってほしいと思います。

2006/12/11(月) 13:16:51 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
せっかく1話追加、11話90分拡大が決まった「14才の母」は役者起用、小児科医、反町隆史起用で再びラスとパピーエンドの危機に陥っている。下手をすれば明日でドラマが終わってしまう可能性もあるのだ。緊迫感は最終回の11話まで持ち越さないと意味がない。プロデューサーとか製作側はしゃぎすぎだ。いくらスポンサーから「金出しまっせ~」っていわれても作品が糞になれば何にもならない。反町隆史起用ってことは、小児科医が智志(三浦春馬君)の父説は消えた可能性が高い。室井滋と反町隆史のカップルは考えられないからだ。室井滋はこのまま転落した人生で終る。立ち直るエピソードとかなさそうな感じがしてきた。最終的には、未来(志田未来ちゃん)死ぬエンドでないと名作に離れない。村瀬健プロデューサーの言ってる未希(志田未来ちゃん)の責任、加奈子(田中美佐子)の背負う十字架って話からいうとそれしかないはずなのだが。ハピーエンドでは大きな非難ができ中学生に出産水晶番組になり自己抑制にならないと非難が出る。未来につながるラストでは、智志が未希(志田未来ちゃん)の遺影に自分の子供と親を超えて力強く今後生きていく姿を描くバッドエンドでないと糞ドラマになり何もならなくなる。反町隆史は悪魔でも小児科の名医として描かないといけない。未希(志田未来ちゃん)は一時は回復して子供と会うことができ智志(三浦春馬君)や級友にも子供が抱かれ一時は幸せいっぱいに包まれるがこくな難産が体に与えたダメージが大きく再び命の戦いが始まりラストは未希(志田未来ちゃん)死に、智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は夫と復縁、智司(三浦春馬君)は美希が果たせなかった夢、医者(産婦人科医)になる弟健太(大人役)は教師になり未希(志田未来ちゃん)の子を受け持ち「命の大切さ」のナレーションがながれるバッドエンドになれば名作になる。有名役者、反町隆史の出演で第10話でドラマがハピーエンドに向かうことがわかってしまい。最終回待たずにエンドとなることを多くの視聴者は恐れている。残り第2話だがここに来てなぜ反町隆史を登場させたのか視聴者がみんな納得できる演出で完結編11話に結びついていかないといけない。最終回までドラマは生きてまた多くの視聴者が見るのが第10話で完結してしまうのか問題は明日の第10話で決まる。
2006/12/12(火) 16:07:12 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
はじめの脚本は公式HPではオリジナルストーリーとなってた。一ノ瀬家は父(生瀬勝久)、母(田中美佐子)、兄、未希(志田未来ちゃん)、弟(小清水一揮 君)、の5人家族で恋人、恋人は高1と言う設定だった。インターネット喫茶で本を読み一ノ瀬未希(志田未来ちゃん)の出る章の結末だけ読んだ。クラスメートの前で「命の大切さとか正直わかんない。でも、会いたいの。」こんな感じでお母さん(田中美佐子)が感動してふたりで教室を去っていくというとこで終わり。脚本家としては、これで視聴者を感動させられる、見方にさせられると思っていたのではなかろうか。最終的には一ノ瀬家は父(生瀬勝久)、母(田中美佐子)、未希(志田未来ちゃん)、弟(小清水一揮 )の4人家族の変更となり兄がはぶかれ恋人も中学生の15才となり智志(三浦春馬君)と決まったはじめの構想では恋人智志(三浦春馬君)からも未希(志田未来ちゃん)は捨てられる運命だったが智志(三浦春馬君)のカバーがあり生きていくことができるようにキャラクター設定の変更があった。脚本が一転、二転、三転しているのだ。このドラマの脚本は、いい大人が、本気で考えたんだろうか?思慮深くて真面目な性格なら、学校抜け出しもしないし、いきなりセックスもしない、万引きもしない、何よりも「命の大切さなんて正直わかんないけど・・・」なんて言わないはずだ。逆に、後先考えない無鉄砲という正確の設定の方が逢っていた。まさにそこの部分が、このドラマの生命線なのだ。どういう理由を持ってくるかが非常に大事なのだが。「産みたい理由」てのを唯一の武器にして、未希は戦っていかなくちゃいけないんですよ。だから絶対に支持される理由じゃないと、未希の言動に誰も納得できなくなります。井上由美子はここで賭けに出たのではなかろうか結果は完敗だった。安易に夢だけではいかないってことを伝えたいなら。未希だけ死なないと命の大切さは伝わらない。最終回も病院でないといけない。14才の母でその後を描く必要はない。このような重大の妊娠ドラマは過去に、多く、その後を描かれているが行き着く頂点は同じになるからだ。その後を描いてもまたかということになるのだ。ここに来て大物俳優、反町隆史の登場は小児科医(反町隆史)が絶対にヒーローになる野は間違いない。今日の新聞から赤ちゃんも元気になると言う予告が新聞のテレビ番組欄に載っていた。反町隆史の登場はそういうシナリオだったのかと言うことにしてはまったく無意味なのだ。未希(志田未来ちゃん)の赤ちゃんは助かるのは今日の新聞記事で分かった。未希(志田未来ちゃん)は意識不明中で、母(田中美佐子)と父(生瀬勝久)が未希(志田未来ちゃん)が録音してたカセットテープ聞いてた。叔父(河本準一)夫婦や弟健太(小清水一揮君)もやってきて未希(志田未来ちゃん)に目を覚ますように呼びかけるが目を覚まさない未希(志田未来ちゃん)に呼びかけるがここに父(生瀬勝久)未希(志田未来ちゃん)似合うことを断っていた智志(三浦春馬君)がやってくる。ここで未希(志田未来ちゃん)が目を覚ませば「白雪姫」か「眠れる森の美女」の童話の美化かと綿割れるだろう。未希(志田未来ちゃん)は今週は死なないまでも以前命の危険性を伴った危機感を持ち合わせて来週の最終回の90分一話拡大スペシャルに持ち込まないといけない。来週は未希(志田未来ちゃん)も一時は体調を回復して赤ちゃんと対面、赤ちゃんを書くことができ、家族も彼氏智志(三浦春馬君)もクラスメートも全員赤ちゃんを抱くことができて幸せいっぱい似つつまれるが。過酷な出産は未希(志田未来ちゃん)の体を確実に蝕んでおり、ラストは再び命の戦いが始まり、未希(志田未来ちゃん)は生まれた赤ちゃんに命を引き継ぐようならストでないと命の尊さも生の自己抑制も伝わらない。最後では未希の意識戻って(しかも後遺症ゼロ)、赤ちゃんも小さいながら無事育ってめでたしというラストでは美談になるだけで糞ドラマで中学生の出産を増やし子供の性の暴走に輪をかけたと叩かれるだけになる。ドラマは先が見えると満開のお花畑になり、見なくなる人も多きなり、このドラマが小さな生命を道具扱いにして尊重してないことになる。未希(志田未来ちゃん)死亡。そして14年後、赤ちゃんは中学2年生まで成長して全国の中核性に命の大切さを伝えるメッセージにしないとドラマは生きない。反町隆史登場はドラマ美化ではなくて日地理の人間として赤ちゃんの命を全力で救追うとする姿を描き。命の緊迫感を持たせて最終回11話につなげるキャラクター人らないと何にもならない。今日の放送とp来週の最終回は日テレ自体の価値が大きく問われる内容となる。

2006/12/13(水) 14:10:11 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
「14才の母」の視聴率は前回放送は16,7%だったが今回は前回の緊迫したドラマ展開効果で21,7%に跳ね上がった。個々からも以下にテレビドラマは前回のドラマ展開が大切なのかが良くわかる。緊迫感で注目された今回は母子共に健康で緊迫感がなくなり肩透かしを食った人が多かったが最終回の予告編で再び緊迫感が出た。来週の放送は予告編により最終回は救われたといっていい。予告編でドラマが見えてくればみんなドラマ離れをしてしまい。最終回の資料率は下がっていたが予告編ですべてが救われた。14才の母は今週はあまりにもきれいに流れすぎた感じだ。反町隆史の小児科医と赤ちゃんの命の救出の命がけの戦いをもっと全面に題してほしかった。あまりにも奇麗事でドラマが進行しすぎていた。せっかく視聴率も21%を超えて盛り上がってきたのに。もうこれでドラマはハピーエンドになり、糞ドラマになり、もはやこれまでかと思われたが。来週の予告編でまだドラマは終わっていないという予告が出て。緊迫感を持ったまま最終回の第11話にはいり、ドラマのすべてが救われた。バーギングから仮死状態のあかちゃんのようす。赤ちゃんを救おうとする小児科医(反町隆史)の姿を強く描いてほしかった。赤ちゃんの緊迫感がないのだ。脚本が弱いのにいらいらする。予告編で最終回まで緊迫感が持ち込めたが注目の土屋小児科医(反町隆史)の活躍がほとんどなくせっかくの登場が何にもならなかったのは残念な感じがする。このドラマを一番大きく動かしているのは波多野卓(北村一輝)だ未希(志田未来ちゃん)を助けてこのドラマの運命を大きく変えたのは波多野卓(北村一輝)だ。最終回は波多野卓(北村一輝)がこのドラマの最終回の鍵は間違いなく握っている未希の週刊誌記事タイトルに「14歳の母」から「14才の母」に書き換えたと事にキーが隠されている普通は歳は年齢を表すが才は才能や能力を表す。未希(志田未来ちゃん)はもうすでに他の子とは違い母になる才能は持っているが、肉体的な年齢では母になる確率は非常に低い。2005年度では14才以下の出産は悪魔の教育となった性教育で激増したといっても42件しかない1970年の性教育はなかった時代は子どもの数は今よりも遥かに多かったがたったが14才以下の出産は12件しかない。今でも14才の母は毎年1県に一人いるかいないかの非常に珍しい現象なのだ。多くはハイリスク出産となるケースが多いのも事実だ。このドラマの陰の主役となった波多野卓(北村一輝)の記事タイトルに大きなヒントが隠されている。このタイトルでは未希(志田未来ちゃん)は母丹なる確率は非常に低くならないとドラマがおかしくなる。今週は脚本にも問題があった。せっかく大物俳優、反町隆史の出演は注目されていたが、未熟児を生かそうとする精子を書けた戦いが診られなかった。役者、小児科医(反町隆史)がいかしきれていない。脚本の弱さがもろく出てしまい残念である。やはりここは小児科医(反町隆史)と赤ちゃんの命がけの戦いが必要だったと思う。今週はもうドラマを終わったかに思えたが。ラストの予告編でドラマはひたたびまだ終わっていないことがわかり多くの人が最終回まで見ようと意欲が出てきた。今週の放送の視聴率からもわかるように視聴率が下がっていても内容がハラハラドキドキするないようになり、ツ後はどうなるのかという展開だと16,5%から今週は21,8%と視聴率はグーンと上がるのだ。予告編が出なかったら今週でドラマは終わり来週の資料率は下がっていたが予告編でまた大変なことが起きることが分かり目が離せない展開となり視聴率は確実に上がる。このようなドラマはこれまでにケースはなく、奇麗事では「命のとうとさ」や感動には結びつかない。ハピーエンドとなることが一番いけないのだ。脚本が弱いのだ。未希のテープにはやはり出産の怖さも入っていますが奇麗事だけでなくもっと重く扱えなかったのだろうか。第11話最終回が今週のような放送では大きな非難が出る。ドラマも無意味なドラマになる。智志(三浦春馬君)が来たときに未希(志田未来ちゃん)
が目を覚した場面は「眠れる森も美女」や「白雪姫」形ドラマになっていて予想通りだと非難が出た。予告編のように智志(三浦春馬君)が「先生二人を助けてください」と頼み込んだことを生かしてほしかった。ドラマが何かに振り回されて脚本が何回転もしている気でならない。今週は脚本が弱すぎた。このドラマ全体の流れも弱い男性、強い女性という男性軽視の強いドラマの流れになっている。昔のドラマのタイプは今とはまったく逆で子供ができれば男が責任を取りすぐに結婚するか他の手で責任を取るケースのドラマが多かったがどうも最近は弱い男性、強い女性のフェミニスト系のドラマのパターンが多い感じが多く「14才の母」もでフェミニスト系のドラマの感じがする。智志(三浦春馬君)も母に反抗して中学校を出て働く。未希(志田未来ちゃん)は子どもをアルバイトしながら働くパターンは金八系のドラマで嫌というほど見せつけられた。金八や「コドモのコドモ」はまったく命のメッセージには程遠い。架空の世界だ。14才の母は「命がテーマ」な
ので最後まで未希(しだにらいちゃん)と子供の命がけの戦いを第11話最終回に強く描きラストはどちらかが死ぬバットエンドにならなければ。ドラマの価値がなくなる。今週のように脚本が弱いと命の大切さは伝わりません。逆にこれから未希(志田未来ちゃん)のまねをするバカな中学生が増えます。ドラマの先が見えるともう面白み藻なくなり視聴率にも響く。波多野卓(北村一輝)はこのドラマ「14才の母」を最後まで盛り上げドラマの運命も左右した一番重要なキャラクターになった。智志(三浦春馬君)「ここは日本だから健康ならいくらでも自分で仕事は見つけられるだろう」という今週の名文句もも残した。波多野卓(北村一輝)はこのドラマの運命を未希(志田未来ちゃん)を助けたことで
ドラマ全体の運命を大きく変えたキャラクターだ。波多野卓(北村一輝)がいないともう未希(志田未来ちゃん)は死んでいた。「14歳の母」と「14才の母」違いの謎は来週とかれることを期待したい。智志(三浦春馬君)の母(室井滋)が出産祝い金。誓約書も破りすて、これで親戚関係ができてしまった。波多野卓(北村一輝)の週間記事タイトルタイトル「14才の母」をいかし。最終回は大きな波乱あり。ドラマがこのまま奇麗事で終わり大きな避難がでないことが大切だ。ラストは第どんでん返しが起こりハピーエンドではなくてバッドエンドにしないと多くの視聴者から非難の声が上がります。また中学生出産ドラマと非難がでます。このままドラマを終わらせてはいけません。ラストは絶対にみんなが号泣するバッドエンドでないとナボコブの小説「ロリータ」のような名作になりません。12月20日の最終回がこのドラマの成功か失敗かの鍵をを握っている。

2006/12/14(木) 15:44:18 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
先週の放送は視聴率は16,4%だったが内容が非常によく来週はどうなるのか緊迫感があったので今週は時間が1午後0時30分からにもかかわらず。資料率はついに21,8%と20%を超える大台に乗った。ここはやはり私の予想通りだった。しかし今週はドラマはすべてが美化するように解決して行き11話はもうその後を描く最悪の糞ドラマになる予告編がでればもう「14才の母」の最終回はなくなっていたが、再び緊迫感にあふれた最終回の予告編が流れてドラマの最終回のピンチは救われた最終回が一番大きく視聴率が上がらないといけないそのためには凄い緊迫感がいるのだ。ドラマの最終回の鍵は未希(志田未来ちゃん)の命の恩人となった重要なキャラクター波多野卓(北村一輝)の週間記事に書いた「14歳の母」から「14才の母」に書き換えたところにあると思う。この意味は辞書で意味を引くと歳は年齢そのもの才は才能を表し未希(志田未来ちゃん)は14才でも母になる才能はあるが肉体的に無理なことを意味している。最終回は個々を生かしてほしい。14才という年齢は肉体的には母になることは無理なのだ去年は42件の14才以下の出産があった。悪魔の教育性教育で14才以下の出産は1970年の12件の3倍以上に増えているとはいえ、まだ47都道府県の数に達していないのだ。14才以下の出産は今でも非常に珍しい現象なのだしかし危険度ハイリスクは高く42人の新生児のうち17名が一ヶ月以内に死亡しており25人しか生存していない。14才以下の出産した新生児は生存率50%と以前危険なのである。 村瀬健プロデューサーの言っていた未来(志田未来ちゃん)の母、加奈子(田中美佐子)の背負う十字架ってなんなのか? 未希(志田未来ちゃん)の責任とはなんなのか? 最終回の謎を多くの雑誌で取材されているがこの約束は守ってもらいたい。「14才の母」ほど予告編とドラマのずれが大きいと非難が出ているドラマはこれまでなかったのだ。最終回は約束を果たしてほしい。また村瀬健プロデューサーは公言通りハッピーエンドにはさせないバッドエンドにさせるという約束も守ってほしい。全国の中学生の命の大切さと性の価値観野生のモラルの大切さを伝える自己抑制のメッセージを伝えるためには今週で幸せいっぱいの再開ができ「愛するために生まれてきた 会えてよかった」も目標は十分に達成できている。一番大切な命の尊さが全国の中学生に伝わっていない。ここは、ちゃんと未来(志田未来ちゃん)か赤ちゃんが命がけの戦いを通じて死ぬ事により命の大切さを伝え、社会的じめをつきつけたり、批難の声を受け止める結末にしなきゃ皆納得しない。ドラマとしては出産で危険な状態に陥った未希(志田未来ちゃん)の「桐ちゃん…」といううわごとを聞いて父親(生瀬勝久)は桐野親子(室井滋)が隠れ住むアパートを訪ねる。 そこにいたのは以前とは見る影もない廃人のようになった静香。父親は「ミキと赤ん坊が危険な状態になっている。何もしてくれなくて良い 会ってくれないか」と頼むが智志(三浦春馬君)は「ボクに何をしろって言うんですか」と叫び追い返す。未希(志田未来ちゃん)は無事出産するものの子供はNICUへ、未希(志田未来ちゃん)も出血性ショックで昏睡状態に陥る。 医者からは「今は待つしかない」の言葉。 家族が心配そうに見守る中、病院に智志(三浦春馬君)が現れる。 そのとき、未希(志田未来ちゃん)に反応があり、昏睡から目覚める気配。智志(三浦春馬君)は未希(志田未来ちゃん)に会わずに帰る。この場面はあまりにも現実離れしすぎていた。自分の娘の命が危ないときは父親は娘の命のことしか頭にはなくなり他のことはできなくなる。「14才の母」はやっぱりドラマだなとテレビを視聴していた父親から非難が出ていた。 もう一つアパートに帰ると、静香(室井滋)と元秘書が自己破産についての話をしていおり「自己破産すると銀行融資が受けられなくなる」とかたくなに破産を拒絶する静香(室井滋)。 智志(三浦春馬君)は「自分は働きたい、少しでも子供に渡したい」と母親(室井滋)に話す。 一方、未希(志田未来ちゃん)は生まれた赤ちゃんに会うためNICUへ。 保育器の中の赤ちゃんにそっと触れ、涙する。 そのころ、静香(室井滋)が加奈子(田中美佐子)のところを訪ね、出産祝いを渡そうとする。 加奈子(田中美佐子)の「なにもいりません」の言葉に静香(室井滋)は前に美希(志田未来ちゃん)が書いた 認知を求めない誓約書を破り捨てる。この場面は現実的だったが描写が過激すぎと母親側からの声があった。 成り行きを見続けてきた波多野編集長(北村一輝)が原稿に「14才の母」と言う題名をつけまとめ上げていく。「14才の母」では意外な形から過激主役になり脚光を浴びるキャラクターとなった波多野卓(北村一輝)の「14才の母」という記事タイトルが最終回のなぞの鍵を握っているのは間違いない才能だけでは母にはなれない肉体的な成長も必要なのだ。 最終回の経過はは赤ちゃんも未希(志田未来ちゃん)の容態が再び悪化していき未希か赤ちゃんのどちらかがラストに死なないと中学生にセックスや出産推奨ドラマといわれても仕方がなくなる。今のリアル中学生にはやはりラストは思い切ってバッドエンドで今のリアル中学生に本等の「命の尊さ」を思い知らさないといけないとおもう。
2006/12/15(金) 11:28:36 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
21世紀最大の超問題作「14才の母」もいよいよ大詰めを迎えた。このドラマは過激なタイトルで多くの反対派の人たちも視聴しているので高視聴率をマークしているがその文、激しい反発意見が出ている。このドラマの最終回はスタッフも厳しい最終回を迎えておりいまだに撮影がつずいているという。脚本が一点も2点もしているのだ。いったいどういう風にもってくるのか「14才の母」は一歩間違い母子共に無事でハピーエンドにすると中学生にセックスや出産推奨番組になり大変な自体を招く番組と来年叩かれる恐れは確実なだけに最終回は重要になってくるジェンダーフリードラマ3年B組金八先生や「15歳の母」やジェンダーフリーSF漫画「コドモのコドモ」のようなラストは今の時代は絶対に許されないのだ。母子共に無事でパピーエンドの話になると未希(志田未来ちゃん)が14才で男を誘惑して自分からオマタを開いてセックスしただけの淫行バカ女のお話になり。失敗して妊娠しただけの事、その辺にいる援助交際の子となんら変わらなくなるのだ。エンドはこのようなエンドが考えられる。1、ミキが死ぬ→生まれてきた子供に命をつなぎ生まれてくる子供の命の尊さや命の大切さが伝わり性の価値観や性のモラルが全国の中学生に伝わる。2、子供が死ぬ→出産は凄いことで生きて行き事は奇跡なのだ命の大切さ性の価値観や性のモラルが全国の中学生に伝わる。
両方生きてハッピーエンド→電波お花畑 3、両方死んでアンハッピー→ ミキが死ぬ→生まれてきた子供に命をつなぎ生まれてくる子供の命の尊さや命の大切さが伝わり性の価値観や性のモラルが全国の中学生に伝わる。自己抑制のプロ食いラムになるがすでにバボコブの名作「ロリータ」で使用されていた。4、母子共に無事ハピーエンド→ 中学生のせいを暴走させ未希(志田未来ちゃん)の真似をする子供が増えて中学生にセックスや出産推奨ドラマになり来年14才以下の妊娠か42件を超えると日本崩壊番組だと叩かれる。納得行くラストはやはりどちらかが死ぬことが必要条件になる。母子とも死亡はロリータですでに使用されている。一番にイラストは未希(志田未来ちゃん)が死ぬことだ。母子共に無事でどんなに苦労して生活していくラストを描いても今のリアル中学生達には「命の尊さ」は伝わらない。「14才の母」はタイトルが過激でドラマの流れからも、日本版「ロリータ」とも呼ばれているがナボコブの「ロリータ」のような名作にするにはやはり
バッドエンドでないといけないロリータはラストは15才という低年齢出産のために母子共に死亡した。この当時はアメリカは性教育ブームで子供の性はあれまくっていたのでロリータコンプレックスという言葉がはやり日本人は略して「ロリコン」という和製英語が
できたて、流行語になり大ヒットしたこの小説「ロリータ」は今は見直されて後進国で自己抑制教育推奨本として読書が勧められておりアメリカの自己抑制プログラムや禁欲教育の原点となったのだ。ラストは未希(志田未来ちゃん)が頑張って勉強して自治医科大に合格しましたなんてわざとらしい作り話は止めてほしい。公立の医学部合格するのは真面目で頭の良い子が一生懸命勉強してても至難の業で医師になるまでには何億円ものお金が必要なのだ。未希(志田未来ちゃん)の命を助けて、ドラマの運命を変えた、このドラマの陰の主役、波多野卓が書いた「14○の母」の「歳」と「才」の文字に鍵が隠されているのは間違いない。「歳」は肉体的な年齢「才」は才能を表す。現実は、どちらが欠けていても母にはなれないという意味になる。未希(志田未来ちゃん)母になる才能はあるが肉内的に母になる段階に達していない。これで母になる子と吐く可能なのだ。また逆に「才」が欠けても赤ちゃんの育児放棄などで母にはなれない。ドラマ「14才の母」は未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんの、どちらかが死なない限りこのドラマは生きない。本等の「ロリータ」原作版が世界的に今の時代になって注目を集めている。「14才の母」も、どちらかが死亡して名作になり自己抑制の全国の中学生へのメッセージにすべきである。
http://www.ntv.co.jp/14/story/index.html
この予告からは最終回の予測はつきにくい。公式HPの更新を待たないといけない。 ナボコブの名作「ロリータ」のような名作になれるか、ただの糞ドラマで終わるかは来週の最終回で決まる。

2006/12/16(土) 12:39:12 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
前回の展開をもう一度振り返ってみよう。本人はICUにいて、子供はNICUにいた。このような状態ではとんでもない高額医療費となる。保険使っても高額医療費は発生する。このような医療費を両親は払えるのか。現実に置き換えると「14才の母」自体のドラマに無理がありすぎる。無理はあるが過激な衝撃的なタイトルで13歳の中1の子役志田未来tyんの起用で視聴率は大きく取れた日テレも次は無い。同じ14才の母でも小6の子供を主役にした12才の母をやっても今度はグロとなり同じことは2度と受けない。志田未来ちゃんに未来は無くなったのだ。妊娠でも14才の場合はハイリスクとなり後遺症が残るケースが非常に高い。14才以下の出産は1970年はわずか12件しかなかったが今は悪魔の教育性教育が2005年は3倍以上の42件にふやして増加傾向にある。「14才の母」もエンドがハピーエンドとなり美化すれば中学生の出産推奨番組、日本崩壊番組と叩かれる可能性がたかい。最終回は重要な鍵を握ってくる。バッドエンドでなければ視聴者から大きな反感を買うのだ。反対するならドラマを見るなというのは反対者に対して失礼だ。反対者だからこそ反論するために多くの反対者が熱心に見ているから視聴率が高くなっているのだ。第10話の高視聴率は第話の危機から来る緊迫感が資料率を21,2%にまで上げた。予告編がなければ最終回は視聴率は急落していたが予告編で再びきんぱぷかんが出て最終回も救われ行使両立がでるのは間違いない。問題はないようなのだ。このドラマは妊娠が主体なのでコンドームの大きな問題となっているAIDSには触れない方がいいし触れないことはこのドラマの成功につながった。大きな問題点は、まだ成長過程で自分の体も心も、しっかり出来てない14才の子供に子供産むのはいい事だなんて思わせるドラマにはなって欲しくない。未希(志田未来ちゃん)が自分の命を子供の命の変わりに引き換えに死んでいくエンドならナボコフの名作「ロリータ」を超える名作になってくる。子供が死んでの最終回でも今のリアル中学生には十分に自己抑制につながる。一番感動を呼び名作になるのは最後に未希(志田未来ちゃん)が死んでしまうのがいちばんいい。また志田未来ちゃんの今後のためにも良いと思う。加奈子(田中美佐子)があまりにも重い十字架を背負うということは、村瀬健プロデュヒューサーはしっかりと描かないといけない。
制作されたきっかけが「未成年者の興味本位の性行為と、それに伴う望まれない妊娠」の増加に警鐘を促すという点にある以上、ハッピーエンドには元々許されないのだ。三ヶ月に渡って放送してきたドラマの、「視聴者に伝えたい事」が台無しになるのだ。少なくとも始めから常識有りきではない異次元の世界の展開でドラマは高視聴率のまま進行した。
最終回ではどうなるのか。最終回は視聴者全員が納得して。バッドエンドにならなければ何のために一話延長され90分拡大放送になったのかもわからなくなる。未希(志田未来ちゃん)の母、加奈子(田中美佐子)があまりにも重い十字架を背負うという事を生かすと共にラストは普通のドラマのようなハピーエンドではなくてバッドエンドにしてテレビしに残る名作にしてほしい。大きな問題点となる、まだ成長過程で自分の体も心も、しっかり出来てない中学生の子供に子供産むのはいい事だなんて思わせるドラマにはなって欲しくないしそのようなエンドは許されない。
2006/12/17(日) 15:28:31 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
ドラマ「14歳の母」は普通に考えても「ど~しよぅもなく視聴者からドン引きされる主人公」を主題にドラマなになり家族だけでなく出てくるキャストの9割が肯定組(校長とか担任とか含め)、視聴者も「そういうのもありなのかな」とマインドコントロールし
それを認めない1割(キリ母とか)は、言ってることは一番まともなんだけど、相当根性悪いってことにして天罰が下るという設定にしてある。ただ、同様の手法をとれば、堀江モンも美化されるのと同じことにつながるのだ。じゃあなんでこんな「変な」ストーリーになってしまったのか、それは、村瀬健プロデューサーにあるのだ。村瀬健プロデューサーが権力で脚本に指図してるためだ。登場するキャラクターは初期の設定と大きく変わってるのはみなさんも気づいてますよね。実は一度”相関図”というのがフライングで出たのだ。 ネタバレと言えるぐらい詳しく書いてあった。 (今は訂正された「別の」相関図になっている) その最初の相関図によれば、 ・未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)と父(生瀬勝久)は出来ちゃった結婚→(本編では望まれた妊娠) ・小野寺校長はミキに退学を要求→(本編では擁護) ・波多野卓(北村一輝)の攻撃対象は未希(志田未来ちゃん)だった→(本編では智志(三浦春馬君) ・叔父(河本準一)だけが未希(志田未来ちゃん)を応援→(本編では全員応援)これだけ違いがあるのだ。脚本家、井上由美子が本当にやりたかったことが判るだけに、それが実現できなかったことは残念なところもあるが。逆に訂正が正しかったところもある。しかし同時に、村瀬健プロデューサーがどういう意図をもって指図したかがよくわかる。視聴率では彼にとっては大成功なん野田が後のことを考えると大変な自体を招きかねないドラマになる。正当な反論はまったく受け付けない公式BBSで「産みたい」と云っている10代の多さを考えてもこの無責任電波放送は大変なことを来年度から招きかねないのだ。番組HPでは10代は肯定的な意見、3,40代は否定的な意見が多かった。30代の私も否定的な考えだ。今のリアル10代の危険性がわかってきたからだ。 自分が本当に働いて稼いで生活してないから、「愛」「命の大切さ」を考える事を正しい(きれい)と思い「お金」「生活」を考えるこ事を間違い(汚い)と思うんだろうね。それよりもハイリスクの事も考えず「好きな人にためなら命を預けてもいいと思います 何とか出産できれば」と書かれているのも驚く。
ホント10代には悪影響としかいいようがないよ。14才の出産の危険性を見せた素晴しい出産自体シーンも今の14才には分かっていないものがいまだに多いのに驚く。ラストはやはり未希(志田未来ちゃん)か赤ん坊が死んでバッドエンドにならないと今の炉ある中学生には「命の大切さ」の本等のメッセージは伝わらないようだ。「生」は伝わらずに「性」の行為はだけは伝わったと言うドラマのないようになっては困る。全国の中学生に本等の命の大切さを伝えるためには、思いっきり暗い悲しいバッドエンドでないと誰も納得しない。もう最終回は「白雪姫」や「眠れる森の美女」ごっこは、やめてラストは真面目に締めてバッドエンドで最高の感動作にしないといけない。ナボコフの名作「ロリータ」は低年齢出産により母子共にロリータが死んでいく感動的なエンドが人々胸を打ち今では自己抑制プログラムや禁欲教育のメッセージとして再び注目を浴びているが「14才の母」はロリータに負けない名作になってほしい。名作になるか、ただの糞ドラマで終わるかは最終回のエンドにかかっている。何とか名作に仕上げてほしい。
2006/12/18(月) 12:58:34 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート ドラマ
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート ドラマ「14才の母」はドラマをバックラッシュさせると、打算も何もなく純粋に相手をいとおしく思った結果のセックス=妊娠、打算はなかっただろうけど、純粋なのならなおさら怖い「これっていけないことかな」この言葉から未希(志田未来ちゃん)はもうセックスは知っていたのだ。 嫌な言い方だけど、好奇心か、性の衝動が抑えられなかった結果の妊娠としか思えない。このことからは波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)を叩く理由は十二分にある。一円も稼げず、義務教育を受けなければならない身で子供産むなんて無責任なのだまたあっさりそれを認めた両親もどうかしている。むしろ、智志(三浦春馬君)に絡んでるのが的はずれ。小野寺学校長にしても、私立の学校を首にしたところで、学校側が非難されるはずがない。「14才の母」は家族構成から大きく図テレいる。初めの脚本、一ノ瀬家は父、母、兄、未希、弟=本編は父、母、未希、弟の4人家族となった。初めのころの構図とここから大きく変わって、ドラマの内容も一転2点3点している。予告編のこれほどずれたドラマは過去にはなく、予告編は視聴者の釣りだと見る人がかなり多くなっている。ハッピーエンドだけは絶対やっちゃ駄目だ。スタッフは心を鬼にして社会的に責任をおわす形がベストだ。「たった一つの恋」とは視聴率も2倍も高く多くの人が注目している視聴率は反対派があまりに過激なタイトルに心配したドラマを注目してみた結果高視聴率になった。反対派の人たちに嫌だったらドラマは見るなというのは大変失礼だしとんでもないことだ。私はこのドラマの大きな反対派だがビデオ録画を第1話から全部録画しておりドラマを分析して感想を書いている。ドラマが完全に終われば11話を通してみて観想を総集編として書いて出すつもりでいる。やはりラストは「命のさいせつさ 愛するために生まれてきた」がテーマならもう親と子供が会えて「愛するために生まれてきた 逢いたかった」の目標は達成されている。一番想いテーマ「命の大切さ」を伝えるには未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんを死亡させ重い感動的なバッドエンドの最終回にしないと3ヶ月のドラマの意味がなくなるバッドエンドになってこそドラマの内容は全部生きてくるのだ。 家族も片方だけでなく、両方の家族に責任があるのだから両方が困る最終回にしないといけない。中学生には安易に子供は産んじゃいけないんじゃなくて安易にセックスしてはいけない自己抑制のメッセージとして伝わらないといけない。自己抑制のメッセージが必要なのだ。未希(志田未来ちゃん)死亡の最悪のエンドが一番いいのだ。そもそもこのドラマがハピーエンドになって終われば、若年出産反対推進とか言う以前にどうかしてる、ただ面白ければいいって感じになり今更何も望んでなかった日テレの視聴率狙いだったといわれても仕方がないのだ。ハッピーエンドでは絶対にダメだ今のリアル中学生へのメッセージにするならバッドエンドでないと伝わらない。
ミスチルの唄に ♪最初からこうなることが決まっていたみたいに違うテンポで刻む鼓動を互いが聞いてる 心の声は誰かが聞くことも無い♪とあるように初めから悲劇だったエンドにならないといけない。波多野卓(北村一輝)が言っていたように戦争反対なんてのも大切なテーマだけど今の日本では戦争で死ぬ人は一人もいないけど育児能力がないのに子供を生んで餓死させたり虐待死させるケースが多発してる時代にもなった。ハピーエンドになると「『14才の母』は視聴率を取ることが目的だった。テーマをうまく料理できなかった」といわれる。このドラマが変にハッピーエンドに終わって、こういうこと なら私も産んでみようかな、なんて考えるバカな通学生ガキが来年度は増えないように自己抑制を掛ける意味でこのドラマは不幸な終わり方をするべきだ。育てられる、育てられないじゃなくて、14歳ならもっとやるべき大切なことがあるだろ。 セックスの時点で完全に間違い。自分を大切にして欲しい。それよりも一番怖いのは出産のハイリスクなのだ。悲惨に終らないとメッセージ性が0のだ。公式掲示板の書き込みのように、中学で赤ちゃん生んで幸せです!とか何のメッセージもハピーエンドでは伝わらない。日本中の中学生の今後を考えてもハッピーエンドではなくてバッドエンドにすべきなだ。
2006/12/19(火) 12:44:42 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
前文の続き
私は両方助かってハピーエンドは反対です。虐めや自殺する子供たちは両者が助かりはピーエンドとなると。命を一度失ってもまた生まれ変われると逆効果が起こり自殺を逆の助長するようになります。また中学生の生も暴走する恐れもあります。両者が助かってはピーエンドだと逆に命の尊さは伝わらず。自殺しても生まれ変われるという考えで自殺を助長して。また子供を作ってもいいという性の価値観がなくなる中学生が増えます。ラストはどちらかは粗暴するバッドエンドでないとドラマは壊れます。
2006/12/19(火) 13:13:37 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
今日注目の「14才の母」最終回が放送される。
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート今日注目の「14才の母」最終回が放送される。予告編の内容からパピーエンドの奈脳性が高まり。糞ドラマになり中学生のセックスや出産の番組になる可能性が高まり怒りを感じている人が多くいる。私は両方助かってハピーエンドは反対だ。虐めや自殺する子供たちは両者が助かりはピーエンドとなると。命を一度失ってもまた生まれ変われると逆効果が起こり自殺を逆に助長するようになるからだ。また中学生の性の暴走に拍車を掛ける恐れもある。両者が助かってはピーエンドだと逆に命の尊さは伝わらず。虐められると自殺して生まれ変われると信じて自殺を助長してしまうのだ。また子供を作ってもいいという性の価値観がなくなる中学生が増える。ラストは未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんか、どちらかが死亡するバッドエンドでないドラマは壊れる。赤ちゃんがもし亡くなっても、未希(志田未来ちゃん)の原因で低年齢出産の為急死だったら納得でき自己抑制には一応なってくる。すべての原因は低年齢出産=14才=未熟。未希(志田未来ちゃん)を死亡させるほうが良いのだが、赤ちゃんを死なす結末は良くないけど、こうしないと〔命〕を感じ取れない。「たったひとつの恋」みたいなおわらいドラマのパピーエンドにはなってほしくない。「14才の母」は「たった一つの恋」とは違い衝撃的な過激なタイトルと金八の「15歳の母」とは違った方向でこれまで高視聴率をたたき出したドラマだ。それだけにどんなラストになるのか多くの反対派の人も注目して今日は多く見るのだし視聴者みんなが納得するには絶対にハピーエンドになってはいけない。ラストは日本全国の中学生に本等の命の尊さを伝えるためにバッドエンドにして、みんなが号泣するバッドエンドに
なり中学生に自殺防止と命の尊さと自己抑制の大切さ性の価値観と性のモラルの大切さのメッセージにならないといけない。ラストで名作ドラマになるか糞ドラマで終わるかの運命がかかっている。公式のP日記読んでみると。作品を見て親子で話し合ってみませんか。賛否量飲んで切る公式掲示板もあります。とあった公式掲示板も作品の質についての批判はBBSから削除するし。いったい何を考えてもらうために作ったの?命の大切さを・・って看板掲げたわりには、BBSの内容は14歳の出産・育児の賛否ができないじゃないか。
肝心の「命の大切さがわかった」人は10代のお花畑ちゃんたちだけなのは今後は非常に危険性を伴う。20歳以上の意見は何倍も多いのに見んな削除されているからだ。この期に及んで、頓珍漢なこと書いてるってゆうか、村瀬健プロデューサーのアタマがお花畑だったんだなといわれても仕方がないのだ。両者が無事でハピーエンドになると、赤ちゃん死なないんだ?なんだ、これって親が育てるんだし生活費も親持ちだし意味ないドラマになってしまう。馬鹿みたいなドラマになるのだ。ハピーエンドになると叩かれるが未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんのどちらかの死が必要なのだ、両方無事でハピーエンドになると逆に命の大切さは伝わらず虐めが増えて自殺者も増え、子供び性の価値観や性のモラルも逆に低下して逆に子供の性も暴走する。「たった一つの恋」のようなつまらない糞ドラマにならないように思い切って感動的なバッドエンドにするのが本当なのだ。今のリアル中学生たちに子供育てる経済力なかったら絶対に産んじゃだめ!!こういうの見て、リアル中学生のおばかさん達が ぼんぼこ子供を産む時代になると日本は崩壊する。だからハピーエンドは本当は絶対にいけなのだ。ハピーエンドだと10代には害悪な番組になる。ヌードや暴力的な表現よりよっぽどタチが悪い。公式HPのBBSの10代のレスがひどい
「命の大切さを感じましただぁ?」本当に「大切」だと思うのなら14才で子供作ろうなんて思うな!するな!「どうしてお金って大人は言うの?もっと大切なものがあるのでは?」それは自分が自分で働いて生活すればわかるよ、というが中学生にはわかんないのだ。「この番組で命の重さや性について考える事が出来ます」それを「バカの考え休むに似たり」と言うのです、むしろ考える方がよくないかもしれない。大人だって完璧じゃあない、余りにも少なく情報や経験で特に人生について「考える」というのは非常に危険なのだ。こういう番組を見て憧れを持つ中学生は多くいる。 影響受けやすいのが中学生。こういうドラマを放送するのはテレビ局の自由。影響があったとしても、責任問題にはならない。それは見る側に選択の自由があるから。視聴率が高くて、ここまで話題になるのは、良くも悪くも成功だろ。問題は見る側がどう受け止めるか。実際は今のゆとり世代のリアルな子供達は簡単に真似すると思うよ。特に恋人がいる奴。中学生なんてただでさえ周り見えなくなるし、思い込み激しのだ。私が3年前まで現役教師をやっていた時代もそうだった。また安易に産み捨てる中学生も増える恐れもある。ハピーエンドになると立ちが悪い最低なドラマと言われる。なお今日のズームインに出演した志田未来ちゃんは今日のズームインで生出演しているが、「子供を産みたくなった」と中学生の性をさらに暴走させる発言をしている。来年からは子供を出産する中学生が増えて日本経済に大きな負担を掛けるようになれば我々の税金が使われるのだ。中学生で出産するバカ中学生どもに我々の税金が使われるのは腹が立つ。またドラマの脚本も弱い。周りが未希(志田未来ちゃん)に対して厳しくしないと大人は立場無しだ。『言うからには自分の力でなんとかしなさい』という当たり前のセリフすらない。そして甘えきる未希(志田未来ちゃん)。甘えが当然と思い感動するドラマ支持派の十代の視聴者。一応期待して見てきたけど生温くて残念である。父親のいないとわかってる子供を産むことが美化されるのも複雑。全てにおいて未希(志田未来ちゃん)が守られるばかりで、赤ちゃんのことは考えられてない。
ドラマの価値はないても笑っても今夜の最終回で決まる名作になる可能性は低いが1%は名作になる可能性は残されているらしい。残りの1%で名作になってほしいのが私の願いである。
2006/12/20(水) 13:17:11 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート(番組を見終わって)
「14才の母」はこんなドラマのエンドは許されませんよ。ラストは未希(志田未来ちゃん)赤ちゃんのどちらかが亡くなってバッドエンドにならないと命の尊さもドラマのテーマも伝わらない最終回で幹死亡のチャンスはあった「若いお母さんは子供を見放す人が多いけれぢなかには逆に頑張りすぎる人もいるから気をつけないとの場面ではまだ手術から日がたっていない」という場面で再び美希の容態悪化に持っていけたはずだ。まったく脚本が現実離れしすぎだ。近所の人も未希の噂をしているが、風当たりが凄く弱いのだ。現実ならしばらくはよそにこのケースは出かけるはずだ。赤ちゃんに異常が発生してもすぐに回復する。もっと緊迫感が視聴者に痛々しく伝わらないといけない。何のために小児科医(反町隆史)まで出演させたのか意味がない。学校は学校で美来(志田未来ちゃん)に普通では評定不能な終業書を先生が家まで来て渡し、職員会議では学校長ばかりでなく反対してきた教頭までが美化論する基地が医学校。また予告編で注目された「私のところに生まれなかったほうがよかったのかな」このセリフは待合室の椅子で母という言葉で予告編で、ガラス越しの未希の絶叫と大きくずれていた。視聴者の釣りだった。これだけ視聴者をだまして釣り視聴率をかせいだドラマは過去にない。智志(三浦春馬君)は高校へ行かずに働く決意をした。これは当たり前です。未希の体調の回復がドラマの中で早すぎた。 帝王切開手術での後遺症でもう第2子からは子供を産めない体になっていることも出ない今後多くの中学生が帝王切開手術を受けるようになると危険です。一度帝王切開手術を受けるともう抵抗切開手術なしでは出産できなくなるからだ。赤ちゃんも回復ドラマの事案の中で早すぎる。最終回は緊迫感に掛ける。こんなエンドでは感動も何もない。なにもかも美化すればいいというものではない。これは中学生の出産推奨ドラマになった。結婚話は美談だけだった。 現実はこんなに甘くはない。もう一人の14才の母との噂が高かった柳沢真由那(谷村美月 )の謎は隠されたままになった。噂どうり大学生と付き合っていたが両親から無理に引き離されたことだけが分かりましたが、個々だけは正解です。もし本当にもう一人の14才の母なら美希(志田未来ちゃん)の14才の母はかすんでしまっていたしありえないドラマになっていた。母子共に元気に退院した時点でドラマはもう消化試合のような形となった。働き始めた智志(三浦春馬君)再び仕事をはじめた智志(室井滋)の母。子供を無事に家に連れて帰り記念写真撮影する一ノ瀬家。波多野卓(北村一輝)だけが現実的に未希(志田未来ちゃん)の取材です。波多野卓(北村一輝)は未希(志田未来ちゃん)の命の恩人となりドラマの運命を大きく変えた重要学荒くターとなり後半になるに連れて主役になってドラマを動かしていきました。波多野卓(北村一輝)は「14才の母の取材を続けるおもしろい取材にさせてくれ」という波多野卓(北村一輝)の言葉が名言となり残った。このドラマの主人公はドラマが終われば主役は波多野卓(北村一輝)だった。波多野卓(北村一輝)の記事の編集でエンドになったことがそのことを表していた。しかしこんなに美化されてしまったエンドでは視聴者からの反発が非常に大きい。このドラマの脚本が名作、白い巨頭の脚本家、井上真由子さんの脚本とは思えない弱い糞ドラマになってしまった。また叔父、まこと(河本準一)の活躍の場がまったくなく、また生かせず。何のために河本準一を起用したのかが分からなかった。反町隆史の起用も本等の死に物狂いの赤ちゃんの命との戦いがなくてキャラクターをいかしきれていない。こんな完結では命の大切さは当然、中学生には伝わらない。結局、このドラマで意外な方向で大活躍したのは波多野卓(北村一輝)と未希の母、加奈子(田中美佐子)であり他のキャラクターは皆、不完全燃焼で終わった感じだ。完結編で名作になれなかったのは残念だ。もう「14才の母」のような過激なドラマは作ってほしくない。再放送もこんな完結ではしてほしくない。なにもかも美化させただけのドラマになり期待された名作にはなれず中学生への自己抑制へのメッセージにはなっていない。未希(志田未来ちゃん)は帝王切開手術での後遺症でもう第2子からは帝王切開手術でないと子供を産めない体になっていることもドラマには出なかった。最終回は緊迫感に掛けすぎた。これは中学生の出産推奨ドラマといわれても仕方がない。結婚話も美談で終わり現実はこんなに甘くはない。これはひどすぎる。結局ただの視聴率第一の中学生の性交助長糞ドラマといわれてても仕方がない。最近のテレビは視聴率の奴隷と化している。視聴率さえ採れればあとはどうなってもいいという考え方だ。またこのエンドでは逆に学校教育現場で学級崩壊やイジメ問題も当然増える。「14才の母」はなぜか後味の悪い放送になってしまった。これは日本の危機だ。今のテレビは腐っている。マスコミもスポンサーや自分たちの不祥事は隠蔽する傾向にある。それでいて他の事件は偉そうに報道している。こんなテレビじゃ子供から見ても「大人はクズ」と感じてしまう。子供が大人を尊敬できない時代だから子供のモラルも低下し日本の品格もがた落ちなのだ。全部責任は今の大人にある。大人は子供に偉そうなことをいう前にきちんとした見本を見せろ!今の親は子供のやったことはすぐにマスコミやメディアやゲームのせいにする親が多い。教師も学校の性教育を反省しない。大人がこんなことじゃ子供もカスに成長する「子はカスがいい」とはよく言ったものだ。今の大人はどうにかしてる。なんでもかんでも人のせいにして自分の責任だと認められない大人が多すぎる。亀田も子役も料理も全部金づる扱いです。今日の「14才の母」のような美化の仕方はよくない。後味が悪くて眠れない視聴者もたくさんいるのだ。こんなことすれば脚本もグダグダになる。 なんでそんなことするのか?いい作品にしたいなら反対派の意見の方をマンセー派の意見よりも良く聞け!このようなテーマは正しい結論はあるが間違ったことを正当化して美化するようでは、どうせ正しい答えなんてないんだから。「14才の母 愛するために生まれてきたの」のせっかくのテーマが台無しじゃないか。本当に腹立つ! ドラマは感想は見ないと掛けないから最後まで見るが、家族が話し合うきっかけになればとか言ってたが十代の妊娠や性について「14才の母」を見て親子で話合うのは無理だ。波多野卓(北村一輝)だけが今は唯一現実性を保っているキャラクターだ。 しかし今のままでは主人公に全然共感持てないしリアルでなくてきもいだけだ。波多野卓(北村一輝)編集長の平和ボケの飽食日本を憂う愛国?の情に共感する人が回を追うごとに憎まれ役の味方やフェアンが逆に増えたのは現実味があるキャラクターに偶然に仕上がったためだろう。過去に何があって真実を追求してた正義感溢れる戦場ジャーナリすトがゴシップばかり追いかける三流ジャーナリストになったのかそのほうが興味ある。最後主人公に影響されて純な心を取り戻し初心に帰るという脚本だけはやめてくれ。最後まで一ノ瀬家を追い詰めるハイエナ編集長の悪に徹して欲しい。本当に発展途上国の方が社会や人間は腐敗してるわけで。 彼がジャーナリズム振りかざしてやってることは単な
るイジメではなく中学生への警告だからだ。個人名が安易に想像できるような記事を書いて正義を語られる憎まれ役だが逆に好感が出るのは何か現実性があるためではなかろうか。単に正義感ふりかざして取材をしている記者ではないのだ。取材先に莫大な迷惑をかける、なんてまさにマスゴミという設定も現実への皮肉も効いてる。まさに今の中学生へのこれ以上の警告はない。 現実的には「14才の母」は内容は本当は18禁にすべき番組だ。最後の終わり方は現実では「ありえない」。普通は男の方の両親も健在の場合が多いからこんなに綺麗にまとまるわけない。最後の写真の場面は性交を助けるドラマとしか見えない。
2006/12/21(木) 13:11:52 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
ドラマ「14才の母」は視聴率稼ぎが見え見えのドラマになった。その問題点の一つはドラマの話が変わり過ぎたことだ。未希、桐2度と会わない約束で出産→いつの間にじっくり話し合ったのか結婚宣言、未希医者を目指す→すぐにでも働きたい。最終回は医者の医の字も出てこない、未希が意地でも産みたがった子→誰にも望まれない子、桐、子供産まれないほうがよかった→二人の子だから責任とりたい。あまりにも常識的に考えても話が変わりすぎてドラマの内容がバラバラになっていた。ギリギリで撮影してるから撮ってる方が混乱して、話の辻褄が合わなくなってたためか、それにしてもひどすぎる。最終回に近づいたら予告画面と本編が違うし。お粗末過ぎる。予告編で多くの視聴者がつられた23%の視聴者のうち15%は予告編でつられてしまったといっていい。これは放送終了後不満を漏らす人が非常に多い事からもわかる。前回といい、今回といい予告と違うのは視聴者を迷わしテレビ番組全体の信用をなくする元にもなる。特に今回、予告だと明らかにおもしろそうに見えたのに裏切られた視聴者はたまったものではない。数字さえ取れればそれでいいのか?凄く裏切られた気分だよ!と言いたい。 結局のところ、命の尊さ云々よりも、物語を美化してるに過ぎない糞ドラマの結果になった。こんなドラマに関わったMMJも地に堕ちた感じだ。同じチームで来年も別企画やるみたいだけど、もう日テレとは組まない方がいいのではないか?所詮、制作協力だ。ひでードラマだが予告編や宣伝が凄かったので視聴率は22、7%も上がったが内容は糞ドラマで視聴率稼ぎだった。このドラマは宣伝や予告編が凄かったから志田未来ちゃん以外の子でも高視聴率は確実に出ていた。しかし命の大切さ命の大切さっと言うのがテーマならハッピーエンドになっちゃいけないドラマなのだ。このドラマの場合 未希(志田未来ちゃん)が死んでも赤ちゃんが死んでも仕方ないのが当然だ。美化して今回のようにハピーエンドにすれば14歳以下の子供にセックスさせたり妊娠、出産させる粗悪な番組になってしまったのだ。自分を殺すのは最悪なことだ。しかし虐めによる自殺はこのドラマではテーマになっていない。死と言う運命も受け止めなくちゃいけないのも人生じゃないのか?母子どちらかを死なせた方が悪影響少もないし中学生への警告となり自己抑制の効果はでていた。世の中のバカ共に子供のセックス、妊娠、出産はこれだけリスクがあるんだって見せしめてやればよかった。最終回の予告では、病室の外で生瀬田中夫妻が、苦悩する娘にかける言葉もなく立ちすくむ場面があった。未希が赤ん坊に向かって絶叫する声、ベッドの上で膝を抱えて苦悩する場面もあった。 昨日見た本編では、そんな場面がまったくなかった。赤ん坊のピンチもほんの一時的なものだった。また親達の考えがコロコロ変わるのは何なのか未希(志田未来ちゃん)の父(生瀬勝久)が、誓約書を取り戻しに行った後で、「もう桐野君は関係ないんじゃないのか」と未希(志田未来ちゃん)に説教したり。先週は智志の母(室井滋)が未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)に御祝儀を渡したついでに例の誓約書を破り捨てて「今後は他人でいられなくなった」と言って、つまり赤ん坊の認知を明らかに行い、智志(三浦春馬君)と未希(志田未来ちゃん)の婚姻を承認する態度をとったが今回は「赤ん坊を見る気はないし、2年たてば考えが変わって結婚なんてことにはならないわよ。あほくさい」という趣旨の発言をしている。こんなことは現実ではもういえないはずだ。まして未希(志田未来ちゃん)の母は智志(三浦春馬君)の母の命の恩人になっているのだ。こんな言葉が出ること事態がおかしいのだ。それにしても「14才の母」はハッピーエンドで糞ドラマにしてしまったことは許されない。散々予告でバッドエンドを臭わしたり、名作になる予告を出したりしてあまりに甘ったるいストーリー展開を続けるから今になって大きな非難が出ている。村瀬健プロデューサーの言っていた加奈子(田中美佐子) の背負う十字架ってなんだったのか。この1週間でドラマの設定が急の変更された展開になった気がする。予告通りの展開なら名作になっていた。先々週の予告では未希(志田未来ちゃん)が先週の予告では、いかにも子供が死んでそうだったがふたを開けると他のドラマとなんら変わらないハピーエンドであり予告編は視聴率稼ぎの手段であり、多くの視聴者が引っかかり視聴率が22,4%になっただけなのだ。こんなエンドになることが分かっていれば誰も見ずに最終回でドスンと視聴率が下がっていた。第9話の放送が一番よかった。あの放送で第10話が21,2%と視聴率が跳ね上がった。ドラマには緊迫感が必要なのだ。これはどのドラマでもいえるが、同じ時期のドラマでは緊迫感では「14才の母」の方が「たった一つの恋」よりは遥かに上だったので視聴率は2倍近く伸びた。しかし、ラストのエンディングが「たった一つの恋」と同じ内容になったのは残念だ。ラストがよければ永久の名作になっていた。あのエンドでは命の尊さはストーリーが弱くて伝わらない。反町隆史の小児科医の必死の活躍が本編の2倍以上ほしかった。反町隆史の必死の命がけに戦いがあれば命の尊さはかなり伝わったはずだ。このドラマは反町隆史を生かしきれていなかった。公式掲示板では案の定再び、視聴者の感想観は「10代女の9割が単純に 「感動した、命の大切さが解った」 と書き込んでることにゾっとした。公式掲示板は反対意見を受け入れないからダメだ反対派の数は肯定派の十代の肯定派の数を大きく超えていたはずだ。これでは中学生の性は必ず暴走する。バッドエンドにできるチャンスは最終回のドラマの中には何回もあったのだ。 たとえドラマでもある一定以上のリアリティは必要。 これはとうとう最後までそれから目をそむけまくって、きれいごとだけでハッピーエンドに持っていったから不快に感じるものが多い。本当は誰かが死ぬ予定だったのかもしれないが、昨今子供のいじめ自殺が相次いでいる為に急きょ最終回のシナリオを書き換えたのかもしれない。だからと言ってはピーエンドはゆるされない。それならハーフバッドエンドに持っていくべきだった。赤ちゃんを心配して無理していた未希が体調を再び崩して闘病生活に陥り私は絶対に元気になって赤ちゃんを抱いてみせるとベットからのメッセージにかえるハーフバッドエンドでも作品の重さが違っていたのだ。ハーフバッドエンドは思いつかなかったのだろうか?ハーフバッドエンドはハピーエンドよりも遥かに「命の尊さ」と言うテーマも伝わるのだ。脚本のアイデア不足が非常に痛い。
2006/12/22(金) 12:56:56 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
各中学校からの教師達の声を聞くと、「中学生で子供を造りたい」と平気で言うバカ中学生が増えて中学校の先生達が頭を痛めているそうだ。恐れていたことが本等になってきた。どうすんだよ日テレこの罪は重いぞ来年の14才以下の出産が2005年の42件を超えると「14才の母」の影響で日本壊滅番組と非難はさらに大きくなる。そのためにはお花畑のハピーエンドではなくて今の子供の自殺問題も考慮するなら番組の価値が上がるハーフバッドエンドにすべきだった。赤ちゃんの世話でミリが行き再び体調を崩した未希(志田未来ちゃん)がベッドから「必ず元気になってそらをまただっこするからね」のこ駑馬でエンドすれば作品価値がまったく違っていた。また中学生にも中学生の出産は負担が大きいことも分かり自己抑制へのメッセージになっていた。エンドがハピーエンドで14歳の多くの中学生が見ていたから大変なことになった。無事産んで無事退院したストーリーになったからだ。「あたしも彼氏とセックスしたい」とか言ってる人も爆発的に増え子供の性の暴走に沢に追い討ちの拍車がかかり始めている。ドラマとはいえもっと現実的にしないと駄目だと思う。人の考えはひとそれぞれだけど、一番きびしくしないと。命の重さを教えるなら、もっときつくしてほしかった。「14才の母」のような超過激なタイトルのドラマはナボコフの「ロリータ」のような「名作」になるか糞ドラマになるかのどちらかで中間はないのだ。中学生に妊娠出産させよう!ドラマになり最も最低最悪なドラマとなった。公式掲示板もまもなく消えるそうだが、論争の中心になっている産む産まないうんぬん以前に、そこへ向けてのストーリーが 強引で「???」の連続だった。序盤に張った伏線も回収されていない物が多々あり不完全燃焼だ。問題提起ドラマの触れ込みだっただけに、ただセンセーショナルなテーマを扱い視聴率が欲しいだけで、大枠のみを決めて見切り発車だった。キャスティングが良い作品だけに残念だ。子育てに充分な環境を整えられない人間は出産してはいけないし、宗教上中絶できない場合はセックスを遊びとしてはいけない。未希(志田未来ちゃん)の場合は親がいたから出産できた。しかし、親への感謝の気持ちが薄い。そんなところが未希(志田未来ちゃん)を更に低脳に見せている。14歳の母なるドラマがお花畑的内容になり、日テレに抗議した親がいた二乗があり裁判まで起こした親もいた「子供の教育は親がすること。公序良俗を乱す番組や出版物から子供を引き離すのも親の責任」が世論だが。保護者の事情が事情だった、だけに地裁は日テレ有罪判決した。公式掲示板は産む・産まない議論より、ドラマ作りの甘さをつく投稿すれば皆削除していた。多くの反対派の人の現実的な意見を無視した掲示板になり多くの反対派の人の反感を買うことになった。公式HPでとりあげられた意見を見ると。10~19才→7~8割感動。20~29才→感動、批判半々30~→7~8割批判。 どうみてもDQN10代が増えたドラマだ。本等の反対派意見は皆削除するからおかしくなる。反対意見は三千五千万は削除されていてマンセー意見ばかり取り上げていたのだ。柳沢真由那(谷村美月)は転校生は大学生との付き合いに親が反対して無理やり別れさせたから不登校になってた。この扱いだけは適切だった。噂のもう一人の14才の母にするた大変な非難がでていた。しかしみんなが期待していた波多野卓(北村一輝)謎が明かされなかった。ドラマの中心人物になってきただけに謎を知りたい人が多かった。教育現場の扱いも非現実的で甘く教師からは非難の声が上がった。また産婦人科医や小児科医の行動が緩慢で甘くてドラマもいい加減にしてくれという非難の声が医師から上がった。今までこんな糞ドラマを最後まで見たことがなかった。日テレ宣伝うまく高視聴率に結びつけたが予告と本編のずれのひどさはかつてなかった。特に視聴率が上がった後半は予告編に釣られた人が多かった。「14才の母」が名作で中学生の自己抑制になる条件は4つの選択があった。
1、未希が死に、そらは助かる→十代女子なら、悲劇のヒロイン、殉教者として崇め、妊娠、出産、命との戦いの末に力が尽きる。
2、未希は助かりそらは死ぬ→反町隆史の手当ての回もなく命はかなくも散っていく
3、両方死ぬ→ロリータと同じだが名作になる条件
4、子供の自殺の現状からバッドエンドができないならハーフバッドエンド美希が出産とそらの育児で体調崩して入院、「いつか必ず良くなってそらを抱くからね」のコメントでエンドこの4つが「名作」になる条件だった。しかしハピーエンドで、お花畑、結果は最悪だった。コンドームはエイズやSTD性感染症に無効で避妊は出来ても性感染症という別の危険性があるから出さなかったのはよかった。性教育シーンもなかったのは正解だった。金八時代との違いはクリアしていた。それだけにエンディングのラストがお花畑になりクリアできなかったのは残念だ。最後まで近所の人が、胡散臭そうに見ていたのが世間を代表しているなと思った。近所のおばさん連中までニコニコ迎えたら興ざめだ
2006、ワーストオブ・糞ドラマとしかいいようがなくなった。14歳で妊娠して中卒で働いてもなんとかなるなんて事を伝えたかったなんかはとんでもないことだ。「14歳の妊婦」がなんとかなっても「母」は別、と一億総ツッコミが目に見えている。結局、TVだから万人向けにせざるを得なかったのは本音ではなかろうか。ラストがハーフバッドエンドなら、まだ学習効果が期待できた。こんな糞ドラマでは高視聴率稼ぎだしても話題性がなく続編を作れば形叩き台にされる。「14才の母」は近年まれに見る高視聴率で完結したが放送は成功しなかった。続編とか、もうやめてほしい。
2006/12/23(土) 13:35:50 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
「14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。高卒で子育てして、働きながら勉強など受験に受かっても、女は25過ぎたら就職口なんて無い。それも無名大学なら書類ではじかれるでしょうに。だったら勉強せずに頑張ってパートから正社員に上がる方を選ぶ方が道は開けるのだ。いつでも勉強できるなんて、お花畑もいい所だ。働いた事がないから、働きながら勉強するなんて言えるんだ。現実と何一つ即して無いのに、現実と戦ったフリ。まさにお話の世界。公式BBS見てみると、続編希望者が十代に多くいた。三十台からは希望者はいなかった。十代はこのドラマの続編希望どうして希望するするか理由が書かれていない。感動した。おもしろかったの理由だ。三十代以上の続編はないほうが言いのほうは現実と食い違いが激しすぎる。と理由は具体的に書かれていた。私も続編は希望しない。「14才の母」は近年まれにみる低視聴率に喘いでいる日テレの水10枠を高視聴率に切り替える必死さが伝わってくるドラマに見えた。高視聴率は子供と性丹ついて一緒に考えるのではなく公式掲示板の書き込みからは、子供の性への好奇心や性欲が大人の恋に勝ったってことだろう。最初から最後まで自分の事しか考えられない今が良ければいいとかそんな感じだ。結局はそれだと思う。なんかそこんとこうやむやにして純愛とか言うものには欠けていた。またテーマの命の尊さを伝えるにはインパクトがラストになくお花畑になり伝わらなかった。14で少女コミックや新聞のコーナーの性に関する相談は、学校の教育現場では見られないという。逆に男女がいちゃつき性が暴走しており十愛とは程遠いものだという。あの程度の間柄で純愛も何もない。また学校の性教育自体も避妊じゃなくて簡単にセックスしないことだろう。中教審が求めているのは個々なのだが川崎市のようなとんでもない過激な性教育地帯があり志田未来ちゃんは神奈川県出身の子役タレントという点も注目しておかないといけない。大人でさえ避妊失敗して望まない妊娠があるのに、子供に避妊とかいうのは恐ろしい性教育でありセックスを前提とした性教育になるのだ。子供はセックスしては駄目!ロリコン反対!性的虐待撲滅!このような目的はまったくドラマの中に盛り込まれていなかった。良いキャラクターは波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)や智志(三浦春馬)訓へ全国への警告のメッセージを発していて虐めではなくて高感度があり後半は未希(志田未来ちゃん)の命の恩人となりドラマの運命を大きく変えた。もう一人は智志の母(室井滋)が未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)を現実性では上回り、現実手金キャラクターだった。他のキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の叔父(河本準一)をはじめほとんどが不完全燃焼に終わった。「人と違う道を歩くことがどんなに難しいか」と言うところが良い。 人と違う道を歩くこと自体は、別に悪くないが、子供が子供を産むことは、単なる「人と違うこと」では済まないのだ。結局このドラマの中の誰も、生まれてくる子の将来なんて考えてない。DQNカップル出産 → 中卒ワーキングプア DQN妊娠 ← 子供も中卒DQNに ← 生活保護 少子化対策にもマイナスだ。 日本国が「14才の母」によりさらに荒廃まっしぐらになりそうな予感もする。タイトルじたいが超過激で釣りだった。ついつまらなくてもみてしまうしり上がりに手に汗握る展開になっていき名作入りのドラマになるチャンスはいくらでもあった。しかし「面白くてズート観て来たのに、最終回でガッカリした」という意見も多い。「 ハッピーエンドじゃないって雑誌のコメントで読んだのに裏切られた」という人も多かった。 アンハッピーじゃない方が良かったとは言わないひとも、「もうちょっと上手な展開があれば」と思った人も多い。 志田未来ちゃんの親は学校にも行かせないでセックス万引きドラマ出させるんだから実の親事態も虐待もいいとこだ。志田未来ちゃんには妹いる。妹も芸能界入りさせるという。志田未来ちゃんと同じ道を歩ませるのは目に見えている。なおいじめ描写への批判なんかは虐められたことがある人や、虐め撲滅運動の人が熱心に叩いていたのでドラマに智志(三浦春馬君)や未希(志田未来ちゃん)の弟(小清水一揮)の虐め描写がでなかったのは正解だった。14才への批判では、虐めの件は普段はドラマ叩かないような人まで批判してる感じがした。「14才の母」はテーマ自体が問題だから批判がやむなしじゃなくて明らかに駄目で有害な作品になってしまった。どうせなら女王で中盤以降セックスなら納得いった。当然野島伸司は除いているよな?しかし野島的な終わらせ方も実は単にヌーベルヴァーグ映画とかに多い不条理的な終わらせ方を単に受け狙いで採用しただけの安直なものに過ぎないのだ。井上由美子自体も今回は脚本が振り回された感じだ。最低最悪の脚本家と言うイメージが付き名作「白い巨頭」を手がけた脚本家のイメージはもうなかった。『さっさと仕事やめてホームレスにでもなって志田未来と一緒に底辺の人生を生きればいいんだよ。志田未来も2度とテレビに出ずに不登校の学校に登校しろお前は「内申のためにクラブ入っています」なんていえる立場じゃないだろう。ろくすっぽ学校行ってなくて悲惨な成績とっているんだから』という怒りの視聴者の不満の声「14才の母」のスタッフ全員が反省すべきだ。
2006/12/24(日) 14:19:22 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
公式掲示板に中学生が、「14才の母」を見て、子供が欲しくなってセックスしている子がいて影響受けている。と書き込みが多いのに驚いた。 こんな書き込みのどこがリアリティあるのだろうか。批判しているのは、30歳以上。二十代は半々、十代が肯定している書き込みが多い。しかし中には10代の子が、いい加減目を覚ませとか同じ10代で恥ずかしいとか書き込みしてるぞ。という書き込みもある。多くの人は若い頃は別にいいじゃん、やって子供産みたい奴は産めばって思う人は昔から多かったが社会風潮が昔の子供の性をがっちりガードしてきたが今は性教育によりガードがはずされ子供は常に性経験による弊害の危機にさらされ続けている。問題解決は性教育をやめてマスコミやメディアを昔の状態に戻すのが一番いいのだが悪魔の教育である性教育さえもめている状態だ。娘はいま32歳で孫が10才の娘がいる。娘の時代は心配なかったが孫娘は性教育の危機にさらされ学校へも苦情を入れたこともたびたびある。孫娘は絶対ふしだらな娘になって欲しくないって思う。母親の娘はさらにその思いが強いに違いない。「14才の母」ほど批判の多いドラマはかつてなかった。小学校4年生の孫娘は小学校の健康観察からお寝んねでドラマはみていない。またこのドラマはエンディングが悪くて年頃の娘がいても見せたくない、このドラマを見て赤ちゃん産みたいとかいう娘にならないように保護者は賢く育てないといけない。結局、井上由美子にはオリジナルでドラマをよく考えてちゃんとつくる才能はなかったということになる。エンディングがお花畑のハピーエンドで激しく失望した。第9話はよかったが最終回の展開はなんだこりゃ?って感じになりレベルが低すぎ。
最後に「桐野母(室井滋)よく言った!」って感じのドラマだった。桐野母(室井滋)の方が遥かに現実的である。一之瀬親は駄目すぎ、現実はこんな理解のある親はいないいても数百人に一人だ。まったく現実性に書ける。智志(三浦春馬君)も駄目すぎ。男としては描き方が弱すぎる。智志のぼ(室井滋)がシングルマザー→自分は産んでるくせに、未希(志田未来ちゃん)には産むなと言う矛盾は息子だけは守りたい、という親のエゴが表現されているためかここがはっきりしない。こんなに、「もっと全国の中学生にもっとしっかりしたメッセージを伝えられなかったのか」と思ったドラマは初めてだ。見るものの心を荒ませるドラマだ。数年たてば、中身カラッポの糞ドラマだ。避妊の前に「SEXしない」という事が当たり前のような気がする。今の大人も何か勘違いしてるような気がする。今の性教育ってそれを教えずにSEXを奨励してるようにしか思えない。録画を何度もみなしても、最悪ドラマだ、予告編とも大きくずれて非難が多かった。子供も少しだけ危険な状態になるだった。近所のおばさんたちのほうが、現実的なキャラクターだった。
ドラマで視聴率がタレントの人気バロメーターにはならない。批判のために見てた人たちも私のまわりにたくさんいる。悪い意味で話題になった番組だから、最後どんな結びにするか気になる者は多かったが。結果、お粗末な甘い結末だった。「14才の母」は超過激なタイトルやCMや予告編の凄さ後半までのドラマのボルテージから志田未来ちゃん以外の子が一ノ瀬美希役を行っていても高視聴率は出ていた。しかしエンディングが後味が悪くてドラマが崩れたのが残念だ。2話の評価がいいのは、親バレの回でリアリティが高かったからだと思う。ということは、14歳ならではの悩みといえば「親にバレル、怒られる」というのが大方の見解てことだろう。だったらそれを序盤の山場にして(4話目ぐらい)それまではミキが1人で悩む展開にした法がよかったと思う。公式掲示板には『教室でみんなが集まるとこに行ったら元カレとか元カノとかセックスとかペニスとかアナルとか、ホントはセックスしたいんだけど関係は友達とかそういうのがザクザクいて心が痛んでトイレに駆け込んで泣いた。そういう事は性教育の影響で普通の小学校でも普通にいくらでもある話になった。悪魔の教育、性教育が小学生の性まで脅かしているのだ。性教育によりセックスや恋愛を知る年齢が早くなっている、ということは本当の事実だ。「14歳の母」を支持している小学生の女のコたちが多くなった。このような時代だからこそ「14才の母」はバッドエンドにして、女子小学生の彼女たちに小学生のときに恋愛やセックスの危険さに気付かせる自己抑制のメッセージが必要だったと思う。9話は名作だった9話から緊迫感がでて視聴率が跳ね上がった。9話を見る限り見えてくる教訓は、ものすごいシビアなものだった。特に夢もなく、勉強をしても全然打ち込めないし夢中になれない。っていうか学校がキライだし、少女としてふるまう気もない未来ちゃんの役は、自分の居場所のなさを感じ、居場所を求めて恋愛を繰り返す。未来ちゃんの役は自分の恋愛に逃避や依存の要素が含まれていることを自覚していて、満たされない気持ちを抱えながら恋愛やセックスに没頭し続けた役だったと書くと『すげ-バカな女』みたいに読めると思うけど、よっぽど潔癖に、誠実に生きている人でない限り、未来ちゃんの役を奨励して。おそろしいことになる。公式掲示板のこのような意見があった。『だって自分の好きな人から誘われて断れる? やるよね? 彼氏いてもやるよね? 当然じゃない?そんなことない? だって誘われないよ? 一生の記念じゃん。そんなのに誘われただけで誇りとか名誉とか思わない?そんな時にゴムつけろとか言える? 言えなくない? ヤッていただけるだけでもありがたいのにそんなこと言える?』「14歳の母」を見た小学生の感想だ。日本の未来は大丈夫なのだろうか。コンドームを信頼することは日本を滅亡に導くのだ。
http://newvoice.lucky-bits.com/talk/back/2002-9-19/9-19.html
http://www.ausbbs.com/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=136&forum=9
http://plaza.rakutenco.jp/mizuhonet/10001
http://hamamoto.or.jp/005.html
コンドームはエイズやSTD性感染症は防げません最近の性医学の進歩は目覚しいものがありますが悪いことが原因がわかっても防ぐ
手立てがわからないのです。
http://www.tctv.ne.jp/enoku/t24.html
コンドームでも防ぐことのできない性感染症の一覧表
公式掲示板に書き込んだ人の意見は危険で賛成できない。性教育や性感染症のついての知識が不足です。コンドームさえつければセックスしてもいいという考え方は今後激増しているエイズやSTD性感染症を拡大してしまいます。全員が不妊症になり妊娠以上の悲劇を招きます。もっと性教育を研究しないといけない。また、せっかく「14才の母」というタイトルの超過激なドラマをやりながら中学生の自己抑制にもならず逆に中学生の性を煽り中学生の性の暴走の基を作った日テレは許せない。
2006/12/25(月) 15:15:41 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
母としてもキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。普通の家庭で育ってたり、親と一緒に見てたりとかしてれば、そんなことは考えないし、考えても実現の可能性はゼロだって分かるんだけどああいう書き込みって本心というか願望にも聞こえる。本心だとしたら、本人が可哀想であり 親が無関心ってことだがいずれにしても大変な自体に発展しかねない中学生の出産は1970年は12件だったが悪魔の教育、性教育により3倍以上の42件に激増したがまだ47都道府県の数には至っていない。非常に珍しい現象ですんでいるが、これが「14才の母」によりこの種奪いに来年激増すると「14才の母」は日本壊滅番組と叩かれる。実際にドラマに影響されているのは、昨今の若ママブーム(?)に乗せられてなのか、実際はヤングママ十代ママは増えてもごく一部で1%にもみたず、逆に出産適齢期の20~30代のママは激減して独身者が激増して少子化は今年度は逃れるかもしれないが後は加速化するというショッキングなデーターも新聞をにぎわせている。女性が子供よりも仕事を選ぶからこの問題は仕方がないのだ。十代のママは増えても人口は1%以下で話にならないし増えると大量の税金が使用され日本は崩壊するのだ。計画的に中出し妊娠して、『命は大事教』のお題目を唱えて親を恫喝している中学生の公式掲示板の書き込みもどうかしている。賛否両論で着ない掲示板も良くない。ドラマでは命は大切なのはわかるが、それ以前に簡単に命を作る方が駄目ということも分からせないといけない。これはエンドにすべてがかかっていた。要は一人一人がしっかりしろよだよ。勉強しなきゃいけない時期はちゃんと勉強する。40年昔でも中学生にもなればどうやったら妊娠するくらい分かっていたのだ。セックスを前提とした性教育から、子供のセックスはなぜ駄目なのか教える自己抑制プログラムの方が今は大切だといわれている。安易に避妊指導は逆にセックスを認めることになるのだ。性教育は避けたドラマ造りはよくできていて金八の「15歳の母」より遥かによかった。エンディングがお花畑のハピーエンドになったのが残念だ。なんかふざけた中学生が頭にくるから熱く語ってしまった。なお14才以下の出産の場合ハイリスクと共にもう一つの問題は2005年は42件の出産のうち26年は実父、兄弟、義理父、従兄弟とか親近者が26名であり6割が近親相姦者だったこともよく考えておかないといけない。他人とのセックスの妊娠は16人だった。い近親相姦性的虐待からの子が非常に多いのが日本の特徴なのだ。ここもしっかりと考えておいてほしい。「14才の母」は幸運の幸運中の奇跡の14才の出産ドラマだった。
2006/12/26(火) 13:03:37 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
 追跡21世紀最大の超問題作14才の母の(番組見終わって)
○ 追跡21世紀最大の超問題作14才の母の(番組見終わって)
日本テレビのドラマ「14才の母」は12月20日で11話全部が終了した。志田未来ちゃん(13)が演じる未希ちゃんが産むのか、産まないのか、ドラマがどう展開されていくのが主なストーリーであり低年齢出産のハイリスクを伴う出産がテーマだった。プロの産婦人科医として若年妊娠を見続けてきた医師にドラマの感想を聞くと私は何か心が晴れない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない。たった一度であっても、セックスが行われれば妊娠や性感染症を引き受けるという教育はおざなりでありながら、結果として起こった妊娠に対しては、突如として「愛」だの「命の大切さ」だのと強調するメディア。これが怖いのだ。プロの医師に聞くと診療の場でもよく見受けられる光景です。中学生はめったにないが高校生のカップルに「妊娠」を告げながら「どうするの?」と問いかけると、決まって返ってくる言葉が「中絶!」。教育的な意味合いも込めて「中絶しか選択肢はないの」と尋ねると、「だって僕たち高校生ですよ。産めるはずがありません。経済力もないし、育児には自信がない」と。「君たちが高校生だってことは今に始まったことではない。妊娠する前から、セックスする前から高校生なのだ。妊娠したからといって急に高校生になるのはおかしくはないか」と諭すように語りかける医師の言葉の虚しさを私も感じる。「人間なんてそんなものです」と言ってしまえば元も子もないが、これではあまりにも無責任だ。ドラマの採り上げ方だけでなく展開についても十分に配慮はされていたが、内容は現実とが学校の教師や家庭、プロの産婦人科医と賭けかなれていた。「14才の母」は世間を混乱させるだけで事態を解決する力にはならない。エンドが特に悪い。特に心配なのは、人工妊娠中絶は悪、産むことが美徳であるかのような風潮を生みかねないことだ。「中絶なんて、そんな無責任なこと考えられない」と格好よくいうならば、「セックス後の出来事を予測せずに行動する人の気が知れない」と返したくもなる。過去に中絶を余儀なくされた女性たちの心を傷つけてしまわないかも心配だ。わが国では15歳未満の出産例が2005年は1年間42件と厚生労働省から報告されたが、その陰で456件(2004年度)の人工妊娠中絶が行われている。200万人もいる女子中学生の中からの数からだからしてた数のように見えるが性教育がなかった1970年に比べて3倍以上に増えていることが見逃せない。このデーターからも性教育は子供の性を暴走させる悪魔の教育となったことは間違いない。16歳から49歳の女性のうち16.3%に中絶経験があるだけでなく、その内3割は複数回の中絶を行っています。誰1人として中絶するためにセックスし、中絶するために妊娠する女性はいない。しかし、100%確実な避妊法は存在しないのだから、望むと望まないにかかわらず、妊娠可能年齢の女性がセックスすれば、たった1回でも妊娠は現実のものとなる。仮に妊娠を継続できない事情があれば、中絶はその個人にとってはやむを得ない選択と認めざるを得ないが。私は、若いという理由だけで頭ごなしに産むことを否定しているわけではない。理由はなんであれ妊娠をきっかっけに「産みたい」との欲求が沸き起こってきても不思議ではない。ハイティーンであれば、身体的には産むことへの障害はないといえるかもしれない。ただしローティーン(15歳以下)はハイリスクとなるから危険なことも考えないといけない。しかし、わが国の場合、家族、学校、社会の協力を得ることが極めて難しいために「産まない」選択を強いられることが多く、若者たちの性と生殖に関する権利がないがしろにされていると言わざるを得ない。全国各地で性教育バッシングが吹き荒れる中、頼るのはインターネットに代表されるメディア情報だけというのでは、「14才の母」はドラマだけに留まらず、わが国の教育、保健、福祉政策を根幹から揺るがしかねない深刻な事態を招くことを危惧(きぐ)するのは私だけではない私は元教師だが教師だけでなくこのドラマを見た医師や多くの保護者が危惧している。

2006/12/27(水) 12:51:28 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
私は「14才の母」を反対者の立場から毎週見てビデオも前11話録画した。公式掲示板には反対なら似なくていいという書き込みが見られたが反対意見が掲示されない掲示板であることをいいことにして多くの反対者の視聴者に対してあまりにもこの書き込みは失礼だ。特に注目されたのは第9話だ「14才の母、出産」というタイトルに惹かれて思わず見てしまったという人が多くいた。しかし、生まれてこなかった。1時間、まるまる志田未来演ずるが主人公が苦しんだまま終わったことは奨励できる。14才の出産のハイリスクが良くわかり危機感もよく伝わり第10羽話の高視聴率21,2%に結びつけた。全国の中学生に14才の出産が以下に危険であるかかなりの自己抑制効果を出した。それはともかく、どうなんだろうか、このドラマ。役者一人ひとりは基本的に問題ないと思う。だけど、いかんせん、脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。金八先生の「15歳の母」では、、生徒に討論させる場面があったがこれは明らかに現実離れ。金八のようなジェンダーフリーのキチガイじみた討論は今の時代なら大きな非難が出ていた。ここの問題点は見事にクリアしていた。だけど、「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生徒が出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」両方ともありえないドラマになった。そして最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析しないとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。正、公式掲示板は正当な反対意見は不適切発言として受け付けないから、「すごく感動しました」っていう十代の子供たちの書き込みばっかりだった。このドラマは、こちらの地方では子供は時間の都合で従事までには小学生は寝ないといけない。中学生も勉強の真っ最中だ。小学生や中学生の子供は、ドラマをあまり見たことがないのだ。十代の意見が中学生となって書き込まれている公式掲示板が不思議でならない。保護者は多く見て注目したから視聴率は跳ね上がった。中学生が本当に多く見てると「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。
2006/12/28(木) 13:59:12 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
○追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
結局最悪の中学生に出産を推奨するお花畑のハッピーエンドになってしまったのは非常に残念である。「14才の母」は命のテーマからして、もっと遥かに厳しい結末になるのが普通なのだと思ってたがまた厳しいバッドエンドになればこのドラマは歴史煮のころ名作になり中学生への自己抑制のメッセージになっていた。最終回のハッピーエンドでドラマはこれまで積み上げてきたものが音を立てて崩れ去った。「命の尊さ」のテーマも「愛するために生まれてきたの」のテーマもあのエンドでは生きない。パピーエンドに批判や疑問を持つ人が増えるのは当然だ。本来なら14歳で子供を産んではいけません的な要素を持たせるべき自己抑制のメッセージにしないといけないがこれは逆だ。志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるという中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。志田未来ちゃんの演技力が高いだけに14才でも子供ができても、やっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力があった。志田未来ちゃんの演技直の高さが招いた悲劇である。志田未来ちゃんの演技力の高さを生かしてバッドエンドにすればこれは全国の中学生へ非常に強い自己抑制のメッセージになっていた。この辺が微妙なとこだ。これが例えば勢いだけの我儘な人物像だったりすると、もう少し違った感想を持つんでしょうが、14才の母となった志田未来ちゃんに、ここまでしっかりした意思、考え方を持たせると全国の中学生が納得させられてしまう危険性もでてくる。大人でもこんなにしっかりした考えを持ってない人いっぱいるのだ。
近所のおばさん達の風当たりも非常に弱い、現実はあんなものではない。ご近所付き合いが悪そうな家庭には見えなかった。出産は認めなかったのは現実的だがインパクトがない。全体を通して、私は演出(脚本?)には最初から違和感があった。現実的なキャラクターは波多野卓を演じた北村一輝回を追うごとの注目を集め人気が逆に悪役ながら高まって言った。このドラマは北村一輝に始まり、北村一輝に終わった気がする。途中で未希(志田未来ちゃん)を助けてドラマの運命を大きく変えたのも波多野卓(北村一輝)だった。このキャラクターがいなかったら主人公の未希(志田未来ちゃん)は母子共に死亡して第9話でジエンドだった。また波多野卓(北村一輝)のヒッピツにドラマのキーが隠れていたのも事実だった。志田未来ちゃんは13歳でこの役を演じきってブレークしたといえるのだろうか。また女優としての地位が上がったといえるだろうか。私は逆だと思う、悪魔の教育となった性教育の影響で増えている14才以下の出産が2006年は42件以上に増えることは間違いない。そうなると志田未来ちゃんも「14才の母」も日本崩壊番組と叩かれるのだ。「14才の母」はもうSPもいらないし再放送もしてほしくない。永久にお蔵入りさせてしまうべきでありテレビ局もこのような過激なタイトルのドラマは作らないことが大切だ。
2006/12/29(金) 13:28:52 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」感想
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」感想
個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。まあ、この堂々巡りの議論こそが若年での出産ということの本質なのかもしれないけど、2時間尺の作品ならまだしも、連続ドラマとなると、歯切れの悪い結末となった。若い2人が自分で人生を切り拓こうと強くなったことは認めたいけど、まだこの子たちは今後大変になることを分かっていないな、とも思えてしまう。中卒で働く、勉強できるようになったら勉強する、それは一つの決断かもしれないけど、中卒、高卒、大卒で明らかに給料に格差が出たり、たった1年の違いが職を見つけることに大きな影響を与えることをどこまで彼らが理解しているのか、というのは最後まで曖昧だったかな、と思う。そうした指摘をしても、人の親になったのだから、彼らには自らで人生を切り拓いていく力があり、彼らの決意を信じたい、と言わんばかりの美化にしかならない。このドラマで扱った問題はデリケートすぎて、どっちかの論調に偏れば、反対側から批判が出てくるの繰り返しで、そのバランスを取るのは至難の業だったはずだ。社会派で知られる井上真由子さんでさえ、片方の視点をメインに据えるしかなかったのだから、難しい問題であったことはよく分かった。このドラマにおいて肝心要となる部分は、やはり、「命の大切さ」「愛するために生まれてきたの」のテーマをいかすことなのだろうと思う。テーマをいかすならラストのお花畑のパピーエンドはお粗末だ。テーマをいかすなら14才の母、未希(志田未来ちゃん)と帝王切開手術の大手術で生まれた未熟児の赤ちゃんの命の戦いの2点は最終回は最低踏まえるべきだ。ラストは否の世の中は虐めによる自殺が相次いでいるならば。ベッドで懸命に生きようとしている未希(志田未来ちゃん)と未熟児の赤ちゃんの懸命に生きようとする姿を描きエンディング魅すればドラマ全体が生きてきたのではないかと思う。最終回のお粗末なエンドに怒りを感じている人が多い。
2006/12/30(土) 11:14:23 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」感想
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」感想
「14才の母」の感想。このドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。来年は14才以下の出産が2005年の42件を超えるととんでもない非難が出る。『5年経っても私まだ19だよ?いくらでもやり直せるよ』っていう未希(志田未来ちゃん)の言葉、甘すぎます!やっぱり安易です。安易すぎて腹が立ちます。はじめ智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は嫌いでしたが、今は智志(三浦春馬君)の母(室井滋)ほうが未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より現実的だと思うようになった。中学生が子供を産む事を美化・助長する内容で見るに見かねる一番最悪な単なるハッピーエンドである。障害はあったけど、最後は全部美化。一日で病気も治る安易さ産婦人科医に問うと「一ヶ月に及ぶ戦いもある本等の産婦人科医や小児科医の苦労を描いてほしかったとプロの意思からも非難がでている。このドラマの、伝えたいことわからないので、教えてくださいと言いたい。命とか、性の低年齢化の怖さとか、避妊の大切さとか、全然伝わってこない。何がいいたいんですか?すべてが丸く収まるこのドラマ。もう少し若い人に性への警告を促す内容にするべきだと全体を通し感じました。一応全部見ましたががっかりだ。最終回の予告では子供が危険なようですが、青少年に対する戒めとして、母子共に最悪の事態を招くような結末を期待していたので残念だ。現実ではそうなって欲しくはありませんが、あくまで同世代の売春・援助交際のNEWSが連続している昨今、当事者やその身辺にも多大な迷惑や命の危険をもっと重く表現して欲しかった。姪が同世代に3人居るので“教訓”となることを期待していましたが、“やっちゃったものは仕方ない”と受け止められる面も感じられるので録画も全部しているが見せる気にはなれない。制作意図は“援助交際を助長させるためなのか?援助交際阻止にもならない。スタッフの中に同世代の娘を持つ親が居たらもっと重い内容になるのではないのか。それとも全員フェミ系でフェンフリ系なのか。「出産スペシャル」などと称しているとのお言葉に、何をお考えなのだろうと憤りに似たものを感じる。スペシャルって、反町隆史が出演したこと?と後から思っただけです。脚本家の方の記事も読みましたが、やっぱりこのドラマの本心が掴めません。ただ、こうした場でたくさんの意見を交換することで、自己責任において人生の選択肢が導かれたことはよかったのかもしれません。「14才の母」は何度見ても泣けると言う意見が多いが、「14才の母」わたしはアホらしくて、泣くことはありません。最終回もお花畑のハピーエンドで子供の教訓にもならない。また「14才の母」ドラマ公式掲示板にも腹が立つ。賛否両論らしいですが、と言うのは真っ赤な嘘反対意見は受け付けない掲示板だ。そもそも製作・放送の意図は何なのでしょう?性解放時代の問題提起?これらは例えドラマでもこれはあってはいけないことが基本です。あったらどうしようなどと考え悩む以前の問題です。インタビューで「撮影を終えてどうでしたか?」ときく前に、ひとりの大人・人間として「大変なことをさせてごめんね」と詫びるべきです。クランクアップしたときに花束渡して拍手している場合ではありません。コメンテーターは間違ってもいいドラマだったなどとコメントするべきではありません。とにかくモラル意識に欠けたような我々親世代の不祥事があまりに多くて情けないですね。目に余るような有害な情報を氾濫させ、それを規制しようともしない。そんなシステムをつくりあげてしまったのもまた大人。そんな世の中の犠牲者とも思える主人公をドラマ化して子供に役作りさせるなんて。それをやらせているのもまた大人です。この番組のタイトルを目にするだけで苦痛でした。子どもが子どもを産むということの恐ろしさをもうちょっと考えてみてください。命を大切にしたいなら産むか産まないかではないんです。セックスはまだ早いです。何度もいいますがセックスすればどんな手段を用いても妊娠する確率は0%にはならないんです。またどんなにコンドームで避妊してもエイズやSTD性感染症は防げませんたちまちコンドームで全員がセックスすればエイズやSTD性感染症が蔓延してしまいます。この番組は作ってはいけませんでした。賛否両論にはこれではなりません、私ははじめから放送反対でした。性行為、妊娠出産の低年齢化がおきなければ良いと、心配しています。堕胎も増える可能性が高い。そうならないように、ぜひ教訓的な終わり方にならず逆に助長した終わり方になったからだ。日テレの罪は重い。
2006/12/31(日) 14:06:16 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省。
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省。
「14才の母」は非難がでるエンディングで高視聴率で幕を閉じた。中学生が妊娠してどうのこうのと言う話の番組だが、高視聴率だっただけに多くの反対派も見ており「困っています」という声が高まっている。これをベースにした未成年が実際に14とかそこらの年齢で出産してその後をいろいろ話を聞くドキュメンタリーチックな番組「14才の母 もう独りの14才の母 ドキュメント」という番組が番組放送前にあったがどうにもこうにも未成年の妊娠出産を賛美している。一例として自分と同い年孫娘の女子が15で出産した後の話を見てたんですが「子供の育て方がわからない」「親に預けっぱなしで一人ぐらし」という、自分の考えの斜め上を行っていた。せめて父親となった人間と3人で暮らして保育士さんもどきのところで育児のアドバイスとか聞きながら細々生活しているのは珍しいケースだ。そのメインとなっている14歳の母の最初のストーリーなんて醜いことこの上ない「ある日の夕方、未希と智志が一緒にいる時、街の不良たちに絡まれる。追いかけられた未希と智志は、夜の公園に逃げ込む。そこで、お互いの話をするうち、未希は智志の中に横たわる孤独を感じとる。そして、二人は…………。ここでもう第一線を越えるセックスをして妊娠」これは本当に爆笑物なのだ。孤独が原因で妊娠させる意味がわからないというか、不良が来たら先手を打てという感じのお話としか思えない。結局は生み終わったところで大楕円を迎えるといったエンドになった。その後の世間様からの目や育児に対する数々の障害などは放送しても無意味で続編はしない方がいいどんな道をとっても行き着く頂点はハピーエンドだ。ようするに神はサイコロを振らないのときもそうでしたが、バットエンドはテレビ放送には似合わないからという理由でこういうことをやったのか。事実歪曲は大好きな朝日と毎日に続けとばかりにまずはエンターテイメント部門から手をつけているのか。別に「初めては好きな人と~」とか「18までに童貞とはおさらばしたい~」とかそういう理想を持たせる結果になり昔からあった若者の欲望に今の若者に我慢ができない火をつけてしまった。だったら絶対に避妊具持っていても無駄だ。コンドーム等避妊具ではエイズもSTD性感染症も防げない。避妊ばかり出来ても無意味になる。最後に日本の崩壊の予兆的記事をココに置いておきます。
> (略)
> ・女子大学生の性交体験率が6年前より約10ポイント上昇して62%に達し、横ばいの男子大学生とほぼ並んだことが11日、「日本性教育協会」(東京都文京区)がまとめた全国調査で分かった。大学生のキスや高校生の性交でも同様に男女差が縮まっている実態が判明。学識者による調査委員会は「詳しい解析はこれからだが、1990年代以降の性行動の低年齢化が、女子に担われている傾向がうかがえる」と話している。
>  協会は青少年の性行動などを約6年ごとに調査。今回は昨年11月から今年3月にかけて、12都道府県の中学、高校、大学(専門学校を含む)を対象に行い、地域や学年などを考慮して計5510人分を分析した。大学生の性交体験率は、74年の第一回調査の男子23%、女子11%が、前回99年にはそれぞれ63パーセント、51パーセントに上昇。今回は男子は63パーセントで変わらず、女子が62パーセントに急伸した。
>  高校生は女子が6ポイント伸びて30パーセントとなり、前回と同じ27パーセントの男子を逆転した。中学生は男女とも3-4パーセントでほぼ横ばい。キス経験も女子の増加が目立ち、大学生では前回の9ポイント差を埋めて男女同率の74パーセントに。高校生は男子48パーセントに対して女子52パーセント、中学生は男子16パーセント対女子19パーセントで、いずれも女子が男子を上回った。
>  調査委は「携帯電話のメールの頻度も女子が高い。情報化に適応して異性との交際機会が増え、性行動も活発化しているのかもしれない」と分析している。
>  http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061111-115551.html
2007/01/01(月) 11:27:46 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」の反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」の反省
「14才の母」は40年昔なら主人公未希(志田未来ちゃん)は死亡しており。子供の命も1648g未熟児からもう育たなかった。今は485gの未熟児も育つ時代だが出産の経過からも子宮収縮が悪く止血ができない状態では今の医学でも死亡か一生寝て暮らす植物人間状態になっている。あまりにも幸運を重ねて描きすぎる。この子はすごいんですよ。この位の赤ちゃんだと人工呼吸が必要な子もいますが、自分でしっかり呼吸ができる。一度仮死状態になった子供がこのように自力で呼吸できるように回復するにかかなり時間がかかるはず。ここに未熟児と必死に戦う小児科医師(反町隆史)の医師像が描かれていない。新生児ICUの先生の言葉とケースの中で一生懸命動く子供の姿に感動しなかった人場仮という批判的な声が出ているのはあまりにも美化しすぎていた。「出産には、1人1人のドラマがある。出産する事も命をひとつ育てる事も奇跡のような事であり、学校で言われていた通り、今みんなが授業を受けている事、みんながここにいる事、それ自体が奇跡のような事だと言うのは本当の事」という未希(志田未来ちゃん)の担任(山口沙弥加)の言葉も美化が多くドラマが明らかに作られているなと分かりすぎ。3年B組み金八先生の「15歳の母」はさらに糞ドラマで今では大きな非難がでている。女性は16歳で体の完成期を迎える15歳以下の出産はハイリスクとなることは当たり前である。また15才と14才では出産危険リスクもまったく違ってくる。これは子宮の大きさがまだ完成されていないためだ。命が産まれる事の素晴らしさ、を描きたいならば別に主人公は14才である必要はないわけで、その辺が、やはりこのドラマの始まりの方が置いてきぼりになっていると言う違和感に繋がらざるを得ないわけだ。14才の出産のようなハイリスクの出産を許す親は現実には凄く少ない。14才以下の出産は子供が女子中学生が350万人いた中で1970年はわずかに12件、しかし今は少子化で200万人の女子中学生がいる中であくなの教育となった性教育により3倍以上の42件の激増しているがまだ47都道府県の数には及んでいない。今でも日所ウン珍しい現象だ。これが珍しくない時代になると日本は壊滅する。赤ちゃんの誕生に感動して、大方の中学生の視聴者はもう、中学生で子供を産みたいという考えになってしまっているのではないでしょうか。反対派の私は、やはり、このドラマを見る者としてすでに向こう岸の人間なんだなと改めて思う。今までのあれこれを考えると、率直に言って私は、このドラマの主人公を好きになれない。ハッキリ言うと嫌だ。志田未来ちゃんが嫌いなわけではない主人公の一ノ瀬美希が嫌いなのだ。むしろ私は智志(三浦春馬君)に心動かされてしまった。今まで、とことん無表情だったこの子が、たった15で、自分の血が流れた、自分の遺伝子を持ったまぎれもない自分の子供と対面させられる。場面で本心をいうがまったく前半のドラマと内容がかみ合わずバラバラだが好感は持てる。未希(志田未来ちゃん)は初めのドラマの構想では捨てられるっことになっており年齢も中3ではなく高1という設定から大きな変更があった。ここは三浦春馬君の演技からも見えたドラマの設定の内容の変更、ここは三浦春馬君が智志の役を見事にこなして15才の子供が、自分の子供を見ている現実性、どんなに逃げても、逃げたくても、まぎれもなく、これは自分の子供。という智志を見事に演じきった。オレは高等部には行かない。中学を出たら働く。少しでも子供にお金を送りたい。週刊誌記者、波多野卓(北村一輝)もここは「この子は、明らかに成長している」ことを認めている。しかし波多野卓(北村一輝)に「また青いことをここは日本だろう仕事は伊倉でもある本気でやりたいと思うなら自分でさがせよ」というセリフは智志(三浦春馬君)を成長させておりここは現実性があった。ただしここからはまた現実離れがあり智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は、ついに自分から独立してしまう息子の姿に涙を流すという場面はラストの二人の結婚話とはこれまたドラマがバラバラでリンクしなくなっている。14才で子供を産むとやはり母親か赤ちゃんのどちらかが死んでしまうバッドエンドなら中学生の自己抑制のメッセージになり中学生に対する性の自己抑制にもなる名作となっていた。ナボコフの名作「ロリータ」のような自己抑制のメッセージになるドラマは今の日本では作られないのか「14才の母」は名作になるチャンスだっただけにラストのお花畑のハピーエンドはなんとも尾疎なつな結果となった。

2007/01/02(火) 13:56:19 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
「14才の母」では、ドラマ全体が、ファンタジックなこういったドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。毎回こんな感じで引っ張ってしまい、さらには最終回拡大版ということの意味はまったくなかった。こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていないように思う。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、アップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。もっと第10話から11話まで命がけの戦いを描くべきだった。ドラマの本当の山場は、ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的なハイリスク出産の場面はあったが、出産後、未希(志田未来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。特に小児科医(反町隆史)はもっと赤ちゃんとの命の戦いを時間を割いて描くべきじゃないかったかな。もしかしたら、視聴率が高いということから、これだけ描ければもういい矢という番組関係者の甘い考えがあったのかとも思える。1話延長になった本作だけど、この内容なら、第10話をそのまま拡大して最終回にして、終わらせてしまったほうがすっきりとまとまったかもしれない。体調がまだ万全でない未希(志田未来ちゃん)が未熟児で産まれた子どもが未希の指を握るというシーンはとてもよかったから、そこで切ってしまったほうがドラマとしてはすっきりとした印象になったように思う。ここから二人の運命はどうなってイクノカというナレーションも入れると名作になっていたし、日本中の中学生への自己抑制のメッセージになっていた。智志(三浦春馬君)が子どもを見たときに恐怖でその場に立っていられなかったというシーンはよくわからない。若くても父親なら命がこの世に生まれるということを受け入れることは大変素晴しいことに思うのが普通だが逆に怖いものとしてしか受け入れられない恐怖感ばかりが目立った。このドラマは若年での出産を美化しすぎという批判が大きく出てさらに批判の声が強まっている。実際に美化しすぎである。ドラマチックすぎる展開は致命傷だ。未希(志田未来ちゃん)に出産で命を落とす危険性があったことを見せるシーンも命を尊厳を考えるということの明暗を映していたところだろうし、とりあえずは論調が偏らないように苦心している様子は伺われたがなんという最悪エンドだ。全11話に編成し直した交換条件だったのか、志田未来ちゃんの事務所・研音の先輩にあたる反町隆史氏が小児科医役で特別出演。角川春樹さんに好かれて、すっかり最近は大作映画俳優になった反町隆史氏だけど、小児科医役はミスキャスト。あまりにも優しいタッチの演技がマイナスにでた。プロの産婦人科医からも非難が出ている。行動が緩慢すぎるのだ。ここは小児科医(反町隆史)の必死の命を書けた戦いを描くべきだという声がプロの医師からも上がっている「14才の母」というタイトルも実は「14歳の母」として考えていたことも話の中に組み込まれていた。ここからは私の推測だけど、14という年齢は、大人と子どものちょうど中間に位置する年齢だと思う。15になれば、その年で義務教育は終わって、翌年には高校生になる。高校生となれば、子どもというより大人として扱われるべき。しかし、13以下になると、小学生を上がったばかりで、子どもすぎる。そこで、子どもとも大人とも言い切れない14という年齢は的を得たものだろう。そして、大人を連想させる「母」というキーワードに対照させるために、歳ではなく、「才」という子どもを連想させるキーワードを入れる。子どもと大人という2つの側面を入れたタイトル付けはうなずけたが。15才と1歳違うと14才の出産危険リスクは5倍も高くなりぼらいの死亡率も非常に高いということも計算に入れて描いて幸運に入る方を描いたのは多くの人の反感を買う結果となったなお14才以下の出産は1970年は300万人の女子中学生の中でわずかに12件しかなかったが最近は悪魔の教育となった性教育の影響で少子化で200万人という女子中学生の仲で42件になったがまだ47都道府県の数に達していない14才以下の出産14才の母は今でも47都道府県に独りいるか、いないかの非常に珍しい現象である。また14才以下の出産の新生児の死亡率は50%を超えており60%が実の父、兄弟、叔父など親近相姦であり本等の他人との成功での出産は40%となる琴も頭に入れていてほしい。今後「14才の母」の影響や性教育で14才の母が増えると日本は滅亡する。細かいところまで見てみると、丁寧に作られているドラマではあるけども、出産後のくだりがあまりのもおそまつだ。テーマ性を見せられないまま感動もなく、お粗末なお花畑のパピーエンドに終わったこと羽遺作になり損ねてしまいまったく残念である
2007/01/03(水) 13:47:51 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
放送前から各方面に話題を振りまいていた「14歳の母」を11話完全録画して見直しているが、第1話から、ただいささか描き方が単調な感じがする。14歳の中学生が妊娠、周りの雑音を理解へと変えそしてついに出産していく物語だ。内容は「金八先生」Part1で杉田かおる演じる「15歳の母」浅井雪乃が15歳中学3年生で妊娠するという話はあったがそれよりも1つ下の14才の中学2年生がとなると更なる驚きがある。また出産の肉体的な危険リスクも非常に大きくなるのだ。このドラマの背景が単調でもう少し何かひとクセあればもう少し物語に惹き込まれたように思う。15歳と14才の違いが生かしきれていなかった。日テレが世間からの批判覚悟で臨んだドラマの初回放送は内容が万引き成功もあり教育情欲ナイトの非難も相次いだ。 最近のドラマは「14才の母」でもNANAでも、話題は妊娠ばかりである。これはほかでもない性教育の影響なのだ。性教育で妊娠は教えるからドラマでもいいだろうということになる。昔はドラマやアニメで「憧れの恋愛」だけを描区だけでも問題になっていた。今は性教育の影響で「憧れの恋愛」どころか子供は妊娠や避妊までセックスそのものまでドラマやアニメの子供番組で堂々と描かれている。私が中学生のころは、アイドルをよりかっこよく・かわいく見せるようなドラマばっかりだったような気がするけど。昔の子供も「妊娠」の話題に興味なかったわけではない。ただしキスシーンが出ただけでも凍りつく社会的ムードが昔の子供をガードしてきたことは間違いない。「14才の母」は反対派の立場で11話、全話ビデオ録画しながら見て今ビデオ分析している。主人公の女の子は「女王の教室」に出ていた志田未来ちゃんなのだ。子役でこのような汚れ役をやらせると今後は汚れ約イメージが後を絶たない。ドラマはは締めの印象が大切なのだ。物語が進むにつれて、大人の顔に変わるメークにもスタッフは苦労していた。志田未来ちゃんの演技力が高いだけにドラマの非難は大きい。このドラマについては週刊誌でも取り上げられていて、中には厳しい批判があった。スタッフは「このドラマから何かを感じ取り、考えることをすると思います」といっていたが何を感じ取れたのか。私は何も感じ取れなかった。14才という低年齢出産を美化しただけのドラマだった。「14才の母」はほとんどありえない。1970年は300万人の女子中学生の中でわずかに12件、悪魔の教育となった性教育の影響で爆発的に増えて3倍以上になった2005年でも42件47都道府県の数にも満たないのだ。ただし今後は「14才の母」の影響や過激な性教育の影響で激増する危険性はあり同時に日本が崩壊する危険性もはらんでいる。子供を生む事で母とは言えない。生命を育むことで「母」になるのであって、14才でその資格も能力もない。経済力そのものが問題である。出産危険リスクも非常に高い。テーマ自体が無責任で、許容範囲を逸脱している。母になる事とは、どういうことなのか、母の役割の大切さ、崇高な使命はどうなのか。このドラマには生かしきれていなかった。また最近は、戦後、アメリカから輸入された「育児の常識」が、日本人をダメにした。救国の育児論。が話題を呼んでいる。少年による犯罪、モラルの崩壊、弱者に向かった凶悪事件。「壊れた日本人」の出現は、永年受け継がれてきた日本ならではの育児法が、戦後なくなってしまった結果だった。抱き癖をつけよう。善悪を理屈で教えてはいけない。浮気は厳禁。保育所へはなるべく行かせない――等々、ベテラン小児科医がたどりついた日本人に合った育児法。少年による犯罪、モラルの崩壊、弱者に向かった凶悪事件。「壊れた日本人」の出現は、永年受け継がれてきた日本ならではの育児法が、戦後なくなってしまった結果だった。抱き癖をつけよう。善悪を理屈で教えてはいけない。浮気は厳禁。保育所はなるべく行かせない、等々。ベテラン小児科医がたどりついた日本人にふさわしい育児法。やはり理想の母親像は1960年代から1970年代にあった感じがする。「14才の母」は低廉麗出産を認めて美化したドラマにすぎなかった「14才の母」の続編も再放送もいらないと思う。
2007/01/04(木) 13:39:21 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
14才の妊娠を美化して、すべてが丸く収まるこのドラマ。もう少し若い人に避妊の啓発を促す内容にするべきだと全体を通し感じました全部見ましたがもうがっかりだ。最終回の予告では子供が危険なのはほんの一瞬だけ、青少年に対する戒めとして、母子共に最悪の事態を招くような結末を期待していたので残念だ。「14才の母」は同世代の売春・援助交際のNEWSが連続している昨今、当事者やその身辺にも多大な迷惑や命の危険をもっと重く表現して欲しかった。姪が同世代に3人居るので“教訓”となることを期待していましたが、“やっちゃったものは仕方ない”と受け止められる面も感じられるので録画しら物を見せる気にはなれない。制作意図は“援助交際を助長させるためのドラマに過ぎなくなった。同世代の娘を持つ親から見れば重い内容になってほしかった。1「出産スペシャル」と称した第9話はかなりいい内容だった。しかし反町隆史が出演したことは逆効果につながった。危機が次から次絵と脱して話が美化されていきドラマがどんどん軽くなっていった。後から思ったが。脚本家の方の記事も読んだが、やっぱりこのドラマの本心が掴めまない。脚本家自体もドラマになりにくい世界を描いているから内容がちぐはぐになりはじめと後の部分がバラバラになり何でこうなるのだという場面が多くあった。 またドラマを賛否両論できなくしたのは公式掲示板だ、マンセー意見しか取り上げない。そもそも製作・放送の意図は何なのか。性解放時代の問題提起、家族で話あうとか、考えさせられるとか色々意見はあるようですが、例えドラマでもこれはあってはいけないことが基本だ。あったらどうしようなどと考え悩む以前の問題なのだ。インタビューで「撮影を終えてどうでしたか?」ときく前に、ひとりの大人・人間として「大変なことをさせてごめんね」と詫びるべきだ。クランクアップしたときに花束渡して拍手している場合ではない。コメンテーターは間違ってもいいドラマだったなどとコメントするべきではない。性教育により、とにかくモラル意識に欠けたような我々親世代の不祥事があまりに多くて情けない。目に余るような有害な情報を氾濫させ、それを規制しようともしない。そんなシステムをつくりあげてしまったのもまた大人。そんな世の中の犠牲者とも思える主人公をドラマ化して子供に役作りさせるとは。それをやらせているのもまた大人なのだ。この番組のタイトルを目にするだけで苦痛だった。産まれて来る子どものためにも、経済的にも精神的にも自立できて、周りの人にも祝福してもらえる状況が整って子どもを作るのが一番なのだ。20歳で「成人」ですが、正直精神的に子どもの人もいますし、20台前半では学生も多いので経済的に自立できていない人も多くいます。成人した人間ですら準備が整っていない人も沢山いる。この前小学校低学年くらいの子を深夜2時ごろコンビニに連れてきてる親もいる、子どもが迷惑で危ない行動をしてるのに注意もしない親もいる。非常識な親からは非常識な子どもが育つ可能性が高い。子どもが子どもを産むということの恐ろしさをもうちょっと考えてみてほしい。今の小学生の母親達は見んな性教育を受けた性教育世代であることも注目しておかないといけない。NHK紅白歌合戦で世界中に日本を恥皿視西にしたDJ・OZMAやバックダンサーは見んな二十代で全員性教育を受けた盛況幾世代である。性教育は世の中の性を大きく乱している子供たちを差だてている可能性もある。中学生は中学生なりにいっぱいいっぱい考えて1人前だと思うだろうが、やっぱり大人から見れば子どもなのだ。やはり社会に出ている人々などを見ていると中学生はまだまだ子供だと思う。経験が少ないからどんなに大人ぶっても子どもなのだ。それを自覚できていないのが子どもの証拠なのだ。命を大切にしたいなら産むか産まないかではない。中学生や高校生は生活能力はなくセックスはまだ早い。セイフティーなセックスはありえないことも分かった。何度もいいますがセックスすればどんな手段を用いても妊娠する確率は0%にはならないどころかエイズやSTD性感染症はコンドームでさえ防げないのだ。個々をドラマ製作者は頭に入れてほしかった。
2007/01/05(金) 14:58:28 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
「14才の母」を現状是認する社会は、自己抑制よりも現状を認めるように方向に行きつつあるようで心配です。この子供が大人になったとき、「貴方はポストに捨てられていたんです」では、そんな社会を許せるでしょうか?人は愛されて生まれてこそ、「人」になるれと思うのです。自己を犠牲にしても「他人を愛せることができる」自己抑制教育の必要性を実感します。しかし、心の痛いニュースです。慈恵病院、「赤ちゃんポスト」設置へ 産み捨て・中絶防止ねらい(クリスチャントゥデイ 06/11/09)のニュースがあった。新生児の産み捨てや若年層の中絶を防止する目的で、「マリアの宣教者フランシスコ修道会」創設の慈恵病院(熊本県熊本市)が「赤ちゃんポスト」(通称・こうのとりのゆりかご)を年内にも設置する計画を進めていることが9日、わかった。 国内各紙が伝えた。事情があって育てられない新生児を受け入れる体制を作るという。報道によると、同病院は「あくまでも緊急措置で、捨ててもらうのが目的ではない。新生児の産み捨てや、不幸な中絶を少しでも減らしたい」と説明している。新生児の引き取り先として、岡山県医師会に全国から登録している約160組の里親に、行政を通じて紹介する特別養子縁組制度の適用などを検討しているという。実の親が名乗り出る仕組みや、後で引き取りに来た際の体制を整える。ドイツでは00年に導入され70カ所以上あるが、今回の計画が実現すれば日本初となる。計画によると、病院の窓を外部から開閉できる箱型の「ポスト」を設置。内部は保育器と同じ状態に保たれ、新生児が入れられると別室で警報が鳴る仕組み。これは欧米化とはいえない。ドイツが盛んなだけなのだ。他の国は一部の地域しかやっていない。同病院の蓮田太二理事長(産婦人科)はメディアの取材に対し、「ポストの設置で母子ともに救済したい。疑念を持つ人もいるだろうが、捨て子を見て見ぬふりをして『死なせてもいい』という論理が通るか。子どもに罪はない」と話す。熊本市保健所地域医療課は「病院は赤ちゃんの健康チェックが可能で、命を守る立場。医療法上、抵触することはない」としている。 未来に報いをなんて書いている人間て命のことは考えないのかね。未成年の性行為イコール悪。それだけならあまり意味ないような気がする。
2007/01/06(土) 15:21:57 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
妊娠は病気ではなく放置しても出産で完治する可能性がたかい。ただし15歳以下の低年齢出産は海外でもハイリスクで病人と同じであり15歳からい年典礼が下がるごとに危険リスクは5倍ずつ高くなるから実際は15歳と14才の出産はまったく違うのだよね。「14才の母」が「15歳の母」との違いが大きく出たのは第9話だけでありラストは金八の「15歳の母」と同じお花畑のハピーエンドは非難が出ている。昔、AIDSで死んだ中学生の女の子を見取った教師が全国で講演してるというドキュメンタリーやってたが最後に死んでしまう方が感動する。コンドームでもどんな避妊法でもエイズや性感染症は防げない結婚までの純潔を守る大切さを痛感したという言葉が印象に残ったね。実際に14歳ではないが15才~10才代後半で出産した人に言わせると現実はあんなに甘くないという人が圧倒的に多い。だからマンセー意見以外しか載せない公式掲示板以外はハッピーエンドにはしないでほしいという意見が多かった。実際は未希(志田未来ちゃん)は昼ドラの悪役みたいな主役だっな。
周囲を不幸にしまくって自分だけ美味しい所取りの。「牡丹と薔薇」の香世とか「冬の輪舞」の千鶴子とか。まだ未熟な中学生には産むことが正義で中絶は悪みたいな考えになったかな?どちらも本当は許されないがね。http://bbs001.garon.jp/test/read.php/drama/1166101842/
「14才の母」痛烈に非難される。へのソース、ドラマの内容は2の次で単に、賛否を問いたいだけの内容が多いよね「女王の教室」しかり脚本家がドラマ作りの能力がないことを隠したいだけなんじゃないのか?「14才の母」の多くの問題点はざっと見ただけでも、・村瀬さんの雑誌などでの発言および次回予告の内容と本編の違い→いろいろこのスレで書かれているのでもういいう。・3ヶ月11回の放送では時間が足らな過ぎた。→6ヶ月20回以上の放送でないと描きたくても描けなかったのでは?結局、弟の健太や叔父のマコトには出産することを未希自身の言葉で話す場面もないし、万引きやバイクとの事故の後処理は何もなし。6ヶ月で製作すれば、もう少し家族全員が出産を決意するまでの内容をも描けたはずだし、出産後の子育ても中学を卒業するところ位までは描けたはず。・最終回、5人が一ノ瀬家に集まって、未希と智志が結婚したいと話す場面→かなり作りが雑だった。後で見直せば、「こうすればよかったのに」と思うセリフもあるが、全部の話をやりとりを聞いてからの智志母のセリフにはがっかりした。あれは、現実では自殺を図った人間が言うもんじゃあない。内容はマンネリだったし、脚本家としては0点だ。また志田未来ちゃんは10年に一人の子役ということを書いた記事や人々が多いが果たして志田未来ちゃんは10年に一人の女優なのか昨日1月6日(土)の9時から)成海璃子ちゃんと神木龍之介君の素晴しい中学生らしい純愛ドラマ「瑠璃の島 初恋」が放送されなんと「14才の母」に迫る視聴率をたたき出した。成海璃子ちゃんは14才の中学2年生であり神木龍之介君は中学1年生の二人とも子役であり縁起も志田未来ちゃんに負けないすばらしい演技でドラマの内容も中学生の純愛にピッタリで凄くよかった「14才の母」はあまりにも異次元の世界を描きすぎているから非難が多くでていた。またNHK教育テレビでも歌が上手で「フレンズアンドドリームス」を歌い身長も小学校6年生のときは138cmだったが中学生になり急激に身長が160cm近くに伸びて美少女度がまし一輪車ショーや天てれミッション等で大ブレークしている中学1年生、伊倉愛美ちゃん。また「演歌の女王」に出演が決まっている人気者、福田麻由子ちゃんは小学校6年生の12歳だ。志田未来ちゃんに負けない子役達が多く出現してきたのだ。志田未来ちゃんも「14才の母」が大当たりといって油断はできない状態なのだ志田未来ちゃんは10年に一人の女優ではない。周りがもてはやしているだけなのだ。運良くいいドラマに当たったこと見たほうがいい。その方が今後本人の努力につながっていくからだ。
2007/01/07(日) 16:15:36 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作14才の母、反省
○ 追跡21世紀最大の超問題作14才の母、反省
最近のテレビは「14才の母」のような特殊な傾向を題材に取り上げ、刺激過激をお茶の間に提供する態度に疑問を感じる。視聴率の為、それともテレビ局の発展のためとしかとれない。倫理観に欠けた、人の生死に関わる報道が多いのでつい興奮してしまい、愚痴になってしまう。しかしやっぱり過激な性的な題材が多い!普通の題材だと見る人も少ないという傾向が強まっている。私は反対派の一人で、特殊な話だから興味があって見ていない。しかし予告編といい。CMといい「14才の母」ほど、まんまと策略に乗せられた番組はあっただろうか、ありきたりの大人の恋愛ドラマは見飽きたので、視聴率は取れないのが現状。中学生の純愛を描いた「瑠璃の島スペシャル2007 初恋」が17,8%の視聴率を出し「14才の母」の平均視聴率18,7%に迫り、「たった一つの恋」の11,3%を大きく超えたことからも今の社会情勢を表している。しかし「瑠璃の島スペシャル2007 初恋」は主役の中2の成海瑠子ちゃんと中1の神木龍之介君の熱演が光「14才の母」よりもドラマは遥かにさわやかですがすがしく中学生らしい純愛が描かれていた今後の中学生ドラマの源本にもなりそうな作品だった。「14才の母」はテーマが重過ぎて異次元の世界となり
作品自体が現実的に描いてもドラマにはなりにくかった。脚本のひどさに多くの教育現場や医療現場からも非難が出た。性教育推進派の行っている。「今時の子どもはそれだけ体格もよくなってきていて発達しているから、見ておいた方が参考になるかもしれませんね!!」というのは大嘘である。1950年から1970年までは男女共に身長は一気に15cm平均身長は伸びているが1970年から1985年に掛けては1,3cmしか延びておらず1980年からは伸び悩んでいる。当然所長も精通年齢も1970年からはほとんど変化はないのである。性教育推進派が勝手に言っているだけだ。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。主人公の女の子未希(志田未来ちゃん)は「女王の教室」から知っていた。あのころに比べても、体格もあまり大きくならず。ドラマでも本当に子供にしか見えない。物語が進むにつれて、こんな役を子供にやらせるのは虐待だ児童ポルノだと思うようになってきた。このドラマについては週刊誌でも取り上げられていて、中には厳しい批判もあり社会問題になっている。このドラマを見ても、何かを感じ取り、考えることはまったく思わない。エンディングが特に「14才の母」は悪かった。最近のドラマやアニメは「憧れの恋愛」だけを描いてるのではない。私が中学生のころは、アイドルをよりかっこよく・かわいく見せるようなドラマばっかりだった。最近は性教育の影響で単に「妊娠」がよく話題になるから妊娠ドラマが増えている中学生日記「家出」でも十代の妊娠が描かれていたから驚く。ひどいのもいいところだ。今のテレビ局は完全に狂っているが「瑠璃の島 スペシャル2007 初恋」が視聴率を「14才の母」級にたたき出したことは最近の中学生ドラマでは明るいニュースである。

2007/01/08(月) 17:32:59 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省 
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省 日本テレビの水曜ドラマ「14才の母」は多くの非難が出て行く中で秋ドラマ第4位、18,7%という高視聴率をマークして12月20日幕を閉じた。志田未来さん(13)が演じる未希(志田未来ちゃん)が産むのか、産まないのか、ドラマは展開されたが、婦人科医として若年妊娠を見続けてきた僕としては何か心が晴れない。脚本やドラマの番組構成がバラバラで納得がいかない部分が多いのだ。「14才の母」はSPも再放送も続編もいらない。ないほうがいいと思う。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマ。このような作品の影響力の大きさは計りしれない。たった一度であっても、セックスが行われれば妊娠や性感染症を引き受けるという教育はおざなりでありながら、結果として起こった妊娠に対しては、突如として「愛」だの「命の大切さ」だのと強調するメディア。これが怖いのだ
。診療の場でもよく見受けられる光景だ。現役の産婦人科医に若年妊娠の実態を尋ねると、中学生はめったにないが高校生は珍しくないそうだ。高校生のカップルに「妊娠」を告げながら「どうするの?」と問いかけると、決まって返ってくる言葉が「中絶!」。教育的な意味合いも込めて「中絶しか選択肢はないの」と尋ねると、「だって僕たち高校生ですよ。産めるはずがありません。経済力もないし育児には自信がない」と。君たちが高校生だってことは今に始まったことではない。妊娠する前から、セックスする前から高校生なのだ。妊娠したからといって急に高校生になるのはおかしくはないか」と諭すように語りかける産婦人科医は言葉の虚しに元教
師の私に話しかけてきた。「人間なんてそんなものです」と言ってしまえば元も子もなくなる、ドラマの採り上げ方だけでなく展開についても十分に配慮しないと、世間を混乱させるだけで事態を解決する力にはならない。特に心配なのは、人工妊娠中絶は悪、産むことが美徳であるかのような風潮を生みかねないことだ。「中絶なんて、そんな無責任なこと考えられない」と格好よくいうならば、「セックス後の出来事を予測せずに行動する人の気が知れない」と返したくもなる。過去に中絶を余儀なくされた女性たちの心を傷つけてしまわないかも心配だ。わが国では15歳未満の出産例が2005年には42件と報告されていますが、その陰で456件(2004年度)の人工妊娠中絶が行われている。16歳から49歳の女性のうち16.3%に中絶経験があるだけでなく、その内3割は複数回の中絶を行っている。誰1人として中絶するためにセックスし、中絶するために妊娠する女性はいない。しかし、100%確実な避妊法は存在しないわけだから、望むと望まないにかかわらず、妊娠可能年齢の女性がセックスすれば、たった1回でも妊娠は現実のものとなる。仮に妊娠を継続できない事情があれば、中絶はその個人にとってはやむを得ない選択と認めざるを得えない。私は、若いという理由だけで頭ごなしに産むことを否定しているわけではない。理由はなんであれ妊娠をきっかっけに「産みたい」との欲求が沸き起こってきても不思議ではありませんし、ハイティーンであれば、身体的には産むことへの障害はないといえるかもしれません。しかし、15歳以下のローティーンでは身体的に産むことはハイリスクとなり危険な状態となることが多い。わが国の場合、家族、学校、社会の協力を得ることが極めて難しいために「産まない」選択を強いられることが多く、若者たちの性と生殖に関する権利がないがしろにされていると言わざるを得えない。全国各地で性教育バッシングが吹き荒れる中、頼るのはインターネットに代表されるメディア情報だけというのでは、「14才の母」はドラマだけに留まらず、わ
が国の教育、保健、福祉政策を根幹から揺るがしかねない深刻な事態を招くことを危惧するのは私だけではなく反対派の意見をはねつける公式掲示板以外の掲示板を見れば日本中の国民の多くが危惧している。


2007/01/09(火) 15:06:41 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省『14才の母』 第11話全部ビデオで見直したがテーマの主流である【命ってなに?】命は奇跡!ということはまったく伝わっていなかった。脚本が弱すぎるのだ。「奇跡なんだね。そらが生まれた事も、私がお母さんのところに生まれた事も。何万分、何億分の一の奇跡。命って奇跡なんだね。」って主役の未希(志田未来ちゃん)自体がドラマを自分から美化しているようなものだ。未希(志田未来ちゃん)がそらちゃんを、はじめて抱いた時のやりとりで、「(2580gの)赤ちゃんはもうすでに重い。みんなの愛情がつまってる証拠、それと、きっと、未来の希望も、つまってる。」と母親(田中美佐子)に言った時、なぜ未希(志田未来ちゃん)の母は泣いてしまッたのはドラマを美化しすぎて現実離れしすぎている。 たしか、未希(志田未来ちゃん)という名前の由来が、未来への希望だったし「そら」という名前も共通点がある。だからこそ、お母さんは号泣してしまうではなくて「貴方は14才で子供を産んだことを忘れるな」と厳しく突き放す方が現実性が出てくるのだ。1970年の週刊誌にも「14才の母」の記事が出ていたが苦労捨て子供を産み運良く母子ともに3ヶ月もたって退院した。しかし2年間苦労して育てていた子供が2階から転落して死亡する事故がおきてしまったのだこの事故でこの少女は「14才の母」というタイトルで週刊誌にスクープされ有名になった今でも47都道府県に1人以下の確立でないと出現しない14才の母はスクープスレだ大変な特種になり波多野卓(北村一輝)が追跡調査記事を書き始めたことも良くわかる。問題はこの場面だ「二年後に結婚したい」とか、「働きながら二人で子供を育てたい」とかを、お互いの家族みんなで話し合う場面、やっぱり、未希のあの芯の強さは、14才では現実にはありえない現実離れしすぎなのだ。逆に、何も解ってないからこそ、言いきれるかと考えても無理がある。いつもながら、智志の母親(室井滋)の意見が一番もっともらしい現実的な意見だが自殺未遂した人があのようなことを言う資格はない。ここがドラマの流れがバラバラであり無理があった。さらに、こういう、もっともな意見を言われたら、これも逆に、意地でも頑張ろうと思わさせるほど現実離れをストーリーは起こしていく。また、未希の言った、「5年経ってもまだ19才、いくらでもやり直せる。」というのは大きな無理がある。その若さ(若すぎ)は、あまりにも現実の世界をバカにしている。19歳から高校に入学すると高校卒業は22才、大学は23才に入学卒業は26歳となりこの年になるとまともな道を進んだものは大学を卒業してしっかりした職業に就職しており就職の道はもう閉ざされている。また医師になるには大学院にも行かないといけないから30歳近い年になり非常に厳しい状態になるのだ。このようなことも考えないドラマ作りはドラマ自体がバラバラになり流れが、まとまらない。また予告であった、かなりわくわくどきどきする素晴しい状況のシーンがあったが本編でまったく見当たらなかった。予告編と本編とがこれほどずれたドラマは今までになかった。帝王切開手術後、未希がすぐに歩きまわれるところもひどい現実離れだ。帝王切開手術でも比較的軽かった紀子様でも悠仁様を出産具は半年は行動を制限されている。手術後、子宮が収縮せずにショックで眠り状態が続いた未希(志田未来ちゃん)は遥かに重度の帝王切開手術後なのにもかかわらず、未希の体型が基に戻り。体形もすぐに戻っている。(お腹はすぐにはひっこまない)誰にも相談せずに未希が勝手に、私立校はやめる、公立へ行くと決めたところ。これらはあまりにもドラマの世界とはいえ矛盾しすぎてはいないだろうか。あのご近所さん達の、あからさますぎる意地悪ぶりは意外と現実的だが、風当たりが弱すぎるもっと大人数で強い風当たりが必要だ。いつも通り、ツッコミ処満載で、しかも予想通りのハッピーエンドで、色んな人が激怒しながら、あきれながら、ずーっとこのドラマの行く末を見守っていたのだろうけど。結局は最悪の終わり方になって待った。波多野卓(北村一輝)がずっと14才の母の記事を書き続けると言った「君とあいつとこの子の話書き続けるよ。だから何があっても絶対に終わらせたらダメだぞ。永くおもしろい話しにしてくれよ。」このドラマのすべてを表現し ていた。結局はお花畑のパピーエンドにしかできなかったことは中学生の性を暴走させ中学生の出産を増やし逆に日本の少子化を加速化させて日本を滅亡させるドラマになってしまった恐怖感を私は感じる。


2007/01/10(水) 20:37:46 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
15才や16才の母だったら、賛否両論はできるしかし14才の中2はどんなに考えても賛否両論にはならず結論は否しか出ない。15歳や16歳の高校生では義務教育終了してしまってもまだ生活能力はなく親からの学費で生活している。高校生の出産がテーマなら出産をして育児するために高校を退学するか中絶して高校生活を送るかの選択になる「14才の母」では早くも未来ちゃん以外のドラマ以前から噂されていたもう一人の「14才の母」と思われつ生徒は1年遅れで未来ちゃんの学級に復帰したこれはすでに育児で1年間学業を休業した。もう一人の「14才の母」と見る人が大半だ。わずか42人しか14才の出産はない。47都道府県に1件しかないかの現象が2年続けて起きる中学校は異常としか言いようがない。14才は出産のリスクが危険であり青木家のアザミを読んでみて編集後記を見ると「私は運が良かった」とかかれている出産手記があった。去年のケース から見ても42件の14才の出産があったが、17人死亡25名しか生存しておらず。3分の1が一ヶ月以内に死亡する危険なリスクが第2の「14才の母」の出現は14才の出産をさらに推奨してドラマぶち壊しの恐れがある。この子は妊娠は単なる噂だけの子で描いてほしい。そうしないと美希(未来ちゃん)の「14才の母」が食われてしまうのだ。また2回つづけて14才の出産成功ケースを出すと危険リスクが見ているものに伝わらないのだ。また14才で自立する事が不可能なことや世間の風当たりや問題提起を表現する事が難しくなってしまうのだ。ここは慎重に描かないといけない。このドラマのせいで中学生の間でセクッスが流行する可能性もある。金八の「15歳の母」は今の日本に10代のセックスや妊娠は、当たり前の時代にしてしまった罪の重いドラマなのだ。問題提起では14歳と言う年令からして設定が間違いである。14歳では、妊婦として身体が保たないし下手すれば母子共危険がでてくる。ドラマを成功させたいなら手抜きは、辞めてほしい。私の妹は中一の時ちょうど志田未来ちゃんと同じ身長・体型だったけど生理きてなかった。中2で身長が161cmのなった中二5月でやっと来たのだ。志田未来ちゃんも初潮きていない可能性が高い。妊娠なんて程遠い世界だと思う。リアリティなさすぎだ。そしてドラマを見た中学生の間にセックスブームが到来してコンドームしていても無効なエイズやSTD性感染症があっという間に蔓延して子供が作れないようになる。避妊そどうさえすればいいということは今はできないのだ。志田未来ちゃんが「14才の母」のような汚れ役になるのは、なんとも残念だ。14才の母、は問題になり放送してはいけない番組を放送してしまったのだ。来年厚生労働省で14才以下の出産が42件以上になると日本崩壊番組と叩かれる中学生と高校生の母が10万人に達すると日本は崩壊すると言われる。主演志田未来ちゃんも影響を受けるだろうけれど、見る子供たちも間違いなく影響を受ける。「14才で子供を産むことってあるんだ」「ということはその前に体験するんだ」「好きだったらいいんじゃないのかな」その上、児童に権利を与えようとか今話題になっている。本当にやめて欲しい。日本はますますおかしくなる。童貞処女は恥ずかしいことではない。本当は誇れることなのに。結婚前に体験することが、どれだけ心を傷つけるか。マスコミは良識を持って放送報道をして欲しい。今後は第一回のほう放送のマナーを良く守り金八のパクリにもならないように過激な性教育やジェンダーフリー教育の要素は一切出さないこと、また命がテーマなら子供の中学生の出産推奨番組にならないようにパピーエンドにせづにバッドエンドにすること。コンドームやセックスペニスヤバギナと金八のように性的用語を連発してジェンダーフリーカラーを出さないことが大切だ。「14才の母」は視聴率は衝撃的な内容で子供を堕落させる恐れもあるのだ。開放的な性教育は、10代の妊娠を増やし、社会的負担を増大させ、何より子供たちを不幸にする。そしてその赤ちゃんも不幸にする。エイズ時代のアメリカの性教育を扱った本
「 <small> <a href="http://www.newsdesign.co.jp/at_work/aids.html" target="_blank">http://www.newsdesign.co.jp/at_work/aids.html</a></small>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アメリカでは、開放的な性教育を行った結果、かえって多くの少女が不幸な妊娠をする結果となり社会問題化。ブッシュ政権下で厚生省の10代妊娠対策室長を務めたこの本の著者は、日本でもさかんに言われるSAFE SEX(コンドームなどを用いた安全な性交渉)教育ではダメ、SAVE SEX(結婚までは性交渉を控える)教育が効果を上げたと報告。日本はアメリカの失敗を真似ないでほしいと述べています。女優でもある彼女の白いスーツ姿の写真と純潔を表す白ユリをモチーフに、フォトショップで構成。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今はコンドームの使い方を教える性教育ではだめなのだ!」(14才の母」反対ブログより引用)
結婚までは貞操を守る!自分の体は大切にする。性の価値観や性のモラルを教える日本社会にならないといけないと思う。子供を持つ親の当たり前の気持ちなのだ。なお「14才の母」公式掲示板は昨日で書き込みができなくなった公式掲示板の閉鎖があまりにも早すぎる最低番組終了後は3が月は生きていて書き込みはできるが何千万という反対派の書き込みを拒否してきた子の掲示板、たった20日あまりでなぜ書き込み中止するのかも意味不明で公式掲示板に非難の声が集中している。
2007/01/11(木) 15:27:45 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省 
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省 元教師の私に話しかけてきた。「人間なんてそんなものです」と言ってしまえば元も子もなくなる、ドラマの採り上げ方だけでなく展開についても十分に配慮しないと、世間を混乱させるだけで事態を解決する力にはならない。特に心配なのは、人工妊娠中絶は悪、産むことが美徳であるかのような風潮を生みかねないことだ。「中絶なんて、 そんな無責任なこと考えられない」と格好よくいうならば、「セックス後の出来事を予測せずに行動する人の気が知れない」と返したくもなる。過去に中絶を余儀なくされた女性たちの心を傷つけてしまわないかも心配だ。わが国では15歳未満の出産例が2005年には42件と報告されていますが、その陰で456件(2004年度)の人工妊娠中絶が行われている。16歳から49歳の女性のうち16.3%に中絶経験があるだけでなく、その内3割は複数回の中絶を行っている。誰1人として中絶するためにセックスし、中絶するために妊娠する女性はいない。しかし、100%確実な避妊法は存在しないわけだから、望むと望まないにかかわらず、妊娠可能年齢の女性がセックスすれば、たった1回でも妊娠は現実のものとなる。仮に妊娠を継続できない事情があれば、中絶はその個人にと ってはやむを得ない選択と認めざるを得えない。私は、若いという理由だけで頭ごなしに産むことを否定しているわけではない。理由はなんであれ妊娠をきっかっけに「産みたい」との欲求が沸き起こってきても不思議ではありませんし、ハイティーンであれば、身体 的には産むことへの障害はないといえるかもしれません。しかし、15歳以下のローティーンでは身体的に産むことはハイリスクとなり危険な状態となることが多い。わが国の場合、家族、学校、社会の協力を得ることが極めて難しいために「産まない」選択を強いられることが多く、若者たちの性と生殖に関する権利がないがしろにされていると言わざるを得えない。全国各地で性教育バッシングが吹き荒れる中、頼るのはインターネットに代表されるメディア情報だけというのでは、「14才の母」はドラマだけに留まらず、わが国の教育、保健、福祉政策を根幹から揺るがしかねない深刻な事態を招くことを危惧するのは私だけではなく反対派の意見をはねつける公式掲示板以外の掲示板を見れば日本中の国民の多くが危惧している。最近のテレビは「14才の母」のような特殊な傾向を題材に取り上げ、刺激過激をお茶の間に提供する態度に疑問を感じる。視聴率の為、それともテレビ局の発展のためとしかとれない。倫理観に欠けた、人の生死に関わる報道が多いのでつい興奮してしまい、愚痴になってしまう。しかしやっぱり過激な性的な題材が多い!普通の題材だと見る人も少ないという傾向が強まっている。私は反対派の一人で、特殊な話だから興味があって見ていない。しかし予告編とい
い。CMといい「14才の母」ほど、まんまと策略に乗せられた番組はあっただろうか、ありきたりの大人の恋愛ドラマは見飽きたので視聴率は取れないのが現状。中学生の純愛を描いた「瑠璃の島スペシャル2007 初恋」が17,8%の視聴率を出し「14才の母」の平均視聴率18,7%に迫った。 たった一つの恋」の11,3%を大きく超えたことからも今の社会情勢を表している。しかし「瑠璃の島スペシャル2007 初恋」は主役の中2の成海瑠子ちゃんと中1の神木龍之介君の熱演が光「14才の母」よりもドラマは遥かにさわやかですがすがしく中学生らしい純愛が描かれていた今後の中学生ドラマの源本にもなりそうな作品だった。「14才の母」はテーマが重過ぎて異次元の世界となり作品自体が現実的に描いてもドラマにはなりにくかった。脚本のひどさに多くの教育現場や医療現場からも非難 が出た。

2007/01/12(金) 13:50:32 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作14才の母反省
○ 追跡21世紀最大の超問題作14才の母反省
「14才の母」は最悪のハッピーエンドで終わった。こんなエンドでは勘違いする中学生が増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この番組は親としては見ていられない。子供には見せられない。子供にはみせず意見を書くために見る反対派。きれい過ぎるドラマ。格好いいせりふを未希(志田未来ちゃん)は言う。ハッピーエンドで終わり日本テレビ最悪だ。『5年経っても私まだ19だよ?いくらでもやり直せるよ』っていう未希(志田未来ちゃん)の言葉は甘すぎる!安易すぎて腹が立つ。はじめは智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は嫌いだったが、智志(三浦春馬君)の母(室井滋)のほうが現実的な母だと思うようになった。中学生が子供を産む事を美化・助長する内容で見るに見かねる。物語の過程でいくつか障害はあったけど、最後はおきれいごとだ。一日で病気も治る矛盾点。このドラマの、伝えたいことがわからない。命とか、性の低年齢化の怖さとか、全然伝わってこない。何がいいたいのか?智志(三浦春馬君)の母(室井滋)が言う、世間は冷たいから子供は育てるなってこと?!すべてが丸く収まるこのドラマ。もう少し若い人に避妊の啓発を促す内容にするべきだと全体を通し感じ恐怖感を覚える。全部見てにデオ録画も完全に11話行った。がっかりだ。最終回の予告では子供が危険なようだったので、青少年に対する戒めとして、母子共に最悪の事態を招くような結末を期待していたので残念だ。中学生や高校生の売春・援助交際のNEWSが連続している昨今、当事者やその身辺にも多大な迷惑や命の危険をもっと重く表現して欲しかった。姪が同世代に3人居るので“教訓”となることを期待していましたが、“やっちゃったものは仕方ない”と受け止められる面も感じられるので録画した物を見せる気にはなれない。制作意図は“援助交際を助長させるため?なのか?スタッフの中に心ある人が多数なら同世代の娘を持つ親が居たらもっと重い内容になったはずだ。「出産スペシャル」などと称しているとのお言葉に、何をお考えなのだろうと憤りに似たものを感じる。スペシャルって、反町隆史が出演したこと?と後から思った。脚本家の方の記事も読みましたが、やっぱりこのドラマの本心が掴めない。公式掲示板は建設的な反対意見は番組の侵害で不適切発言として皆削除してしまいマンセー意見しか載せない公式掲示板では賛否両論ができない。「女王の教室」はかなり賛否両論で切る掲示板だったが「14才の母」の公式掲示板は最低だった。賛否両論にはならないドラマのテーマなのだ。そもそも製作・放送の意図は何なのか?性解放時代の問題提起?家族で話あうとか、考えさせられるとかの意見もできる番組ではない。例えドラマでもこれはあってはいけないことが基本だ。あったらどうしようなどと考え悩む以前の問題なのだ。インタビューで「撮影を終えてどうでしたか?」ときく前に、ひとりの大人・人間として「大変なことをさせてごめんね」と詫びるべきだ。クランクアップしたときに花束渡して拍手している場合ではない。コメンテーターは間違ってもいいドラマだったなどとコメントするべきではない。とにかくモラル意識に欠けたような我々親世代の不祥事があまりに多くて情けない。目に余るような有害な情報を氾濫させ、それを規制しようともしない。そんなシステムをつくりあげてしまったのもまた大人。そんな世の中の犠牲者とも思える主人公をドラマ化して子供に役作りさせるなんて。それをやらせているのもまた大人なのだ。この番組のタイトルを目にするだけで苦痛だったという人が多い。20代前半では大学生も多く経済的に自立できていない人が今は逆に増えている。成人した人間ですら準備が整っていない人も沢山いる。この前小学校低学年くらいの子を深夜2時ごろコンビニに連れてきてる親もいる、子どもが迷惑で危ない行動をしてるのに注意もしない親もいる。非常識な親からは非常識な子どもが育つ可能性が高い。子どもが子どもを産むということの恐ろしさをもうちょっと考えてほしい。中学生は中学生なりにいっぱいいっぱい考えて1人前だと思うが、やっぱり大人から見れば子どもなのだ。やはり社会に出ている人を見ていると大学生でさえ子供に等しい。経験が少ないからどんなに大人ぶっても子どもなのだ。命を大切にしたいなら産むか産まないかではない。セックスは中学生ではまだ早い。何度もいうがセックスすればどんな手段を用いても妊娠する確率は0%にはならない。そればかりかエイズやSTD性感染症はコンドームでも防げないのだ。この番組で子供を作ってしまった中学生の親の、一生重みを背負っていくと言う気持ちが理解できますか?もしこの番組の影響でそういう家庭が1軒でも増えたら、その重みに責任をもてますか?自分の同年代の娘が妊娠したら、自分はどうするだろうか。それを思う前に、何より、妊娠する行為にならないように、娘に純潔を守りなさいと言いたいです。それでも、もしできてしまったら14才以下の年齢はハイリスクが高いので危険だが安全な中絶を選ばせるはずだ。14才以下の出産は2005年は42件で47都道府県の数にも満たないが中学生の中絶はその十倍以上の450件以上あったもちろん200万人もいる樹脂中学生の加加からの数字だから数は極わずかだが悪魔の教育となった性教育が激増させているから怖い。しかし、番組制作者さんへ、この番組は作ってはいけません。賛否両論にもなりません私ははじめから放送反対でした。性行為の低年齢化がドクターマサミの番組で夏休後よりも冬休み後のほうが今年は増えていることがわかった。今後非常に心配しています。堕胎も増えるに違いありません。そうならないように、ぜひ教訓的な終わり方になってほしかったです。日テレは民法だからいやなら見るなといえるが中学生の性行為が増えてきた罪は逃れることはできないのだ。
http://bbs001.garon.jp/test/read.php/drama/1166101842/
「14才の母」痛烈に非難される ドラマの内容は2の次で単に、賛否を問いたいだけの内容が多い。脚本家がドラマ作りの能力がないことを隠したいだけなんじゃないの?という非難が多くなっている。
2007/01/13(土) 13:43:54 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「14才の母」で赤ちゃんが未希の指を握り締める場面は、なぜか親として自分の子供ならと思うとぞっとする。現実の低年齢出産の親を尋ねてもいい気はしないということだった。このドラマは、全体的にあまりにうまく行き過ぎた話になり過ぎている。未希(志田未来ちゃん)も奇跡を越える以上に簡単に助かってしまう、赤ちゃんもあんなに簡単に助かってしまい、これでは何の意味もなくなる。現実を知らない中学生は感動させるつもりだったのだろうか視聴者は中学生よりも一般に人たちのほうが遥かに多く非難の声が上がっている。中学校では話題をよび感動したと言う勘違いした生徒も多くいたが教師達は呆れて物がいえなかった教師が多い。また医師も現実離れしすぎた治療や緩慢な医師の動きやあっけなく助かる未希(志田未来ちゃん)や赤ちゃんを見て逆に現実離れに怒っているのだ。小学校も一部だが見た子は痛そうだが小学生はさすがに就寝時間なのでこんな深夜まで起きてる小学生は少ない。見ていたのは皆、お父さん、お母さん、ばかりだ
、しかし一部に見た小学生や中学生がいて本当に勘違いする小中学生が出でしまう恐れがある。やっぱりTVの中の主人公は、皆ヒーロー、ヒロインで、子供は皆、良し悪しを十分判断できずにあこがれてしまうのだ。そうでない、冷静な子供は非常に少ない。中には何かの弾みで流されて、関係を持ってしまって、その意識のどこかには、14才の母の未希(志田未来ちゃん)にあこがれて、10代はじめの妊娠出産がこれから増えていってしまう危険性は十分にある。ある塾の先生に中学生が質問したなかで。「14才の母、すごいですよね。未希(志田未来ちゃん)はえらい、私ならできない。でも、赤ちゃんに会いたいとは思う。真剣に付き合ったら、真剣に求められたら、もしかしたら、しちゃうかな・・?やっぱり未希(志田未来ちゃん)みたいな勇気は出ないけど、でも、友達で結構経験している子の話を聞く。先生、どうして中学生では(セックス?出産?)しちゃいけないの?」昔では考えられない女の子の質問に塾の先生はドキッとしたそうだ。親子でも話し合いはできにくい。性にフランクにならない家庭の子ならいいが性にフランクになる家庭の子供は性経験が速いことが全国調査で分かっている。性にフランクになる家庭の場合、非常に心配になる。今の日本は性にフランクになりやすい家庭が増えてきているからだ。最終回は14才の妊娠出産をためらうような、子供たちに自制させるような終わり方にしてほしかったがまったく逆で子供の性を煽った形になった。もともと話の設定から間
違っているから描くのが難しかったのか「ローマの道は世界に通ず」と言われたローマ帝国も、外国から攻められて滅んだのではなく、裕福になることで、享楽と奢侈に流れ、人々の倫理道徳が退廃し、不倫、同性愛、家庭の崩壊などで、国力が下がって崩壊した。エンディングを見た中学生が、「やっぱりまだ14才では早いんだ」「こんなに大変なんだ」と、思いとどまるような、そんな終わり方にならなかったのは残念である。昨日の日テレジェネジャンでジェンダーフリーで過激な性教育推進派の武田鉄也と杉田かおるが性教育推進をほのめかした発言をして自己抑制プログラム拒否の発言をしていたのも気がかり。この番組でも「14才の母」以降はっきりと性の低年齢化が現れている。「14才の母」は逆効果だ。なおカウセリング相談員も出演していたが海外は84ヶ国が16歳以下はセックスが禁じられておりアメリカでは週によっては18歳未満のセックスは禁じられており両者の合意があってもできない。これに対して日本はそういう決まりはない世界一フリーセックスの国になっていることも性の低年齢化を招いている。極端に言えば両者の合意があれば赤ん坊同士のセックスもかまわないということになる矛盾点が日本にはあるのだ。

2007/01/14(日) 12:46:50 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
今までにも何回も、14才の妊娠出産は良くないと書いた。中絶も反対だ、「14才の母」場合のケースはハイリスクを考えると。この場合は中絶すべき。しかし中絶しても14才の低年齢では不妊症や流産、妊娠ができにくい、腹痛が起きるという怖い後遺症が残るケースが多いのだ。生まれていなくとも、おなかの中で小さくても生命なんです。中絶してはいけない。間違った関係でも生命を宿したら責任を取って産むべきではない。出産はなお危険である。14才では中絶の出産も許されないのだ、宿った生命に罪はない。しかし波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)に言っていた「産む正気じゃないな」という言葉は凄く正論になってくる。14才の母の公式掲示板に、「まだ産むべき時ではないから中絶します」14才ではこちらの方が生理論になる。命を落とす危険が出産は伴ってくるからだ。10代終わりから20代はじめ、大学生たちもよく考えたものの書き込みだ。子供を無理に産もうと勘違いするな! 「その年なら産むなと命の危険が伴う!ハイリスク奈出産でいいのか」と言いたい!どんなに苦労してもその生命を宿した責任を負うなら普通の中学生は中絶している産んだ子供は2005年度の14才以下の出産42人は中絶が遅れた子ばかりだった。中には臨月に入ってやむなく出産してしまった子もいるから驚く。問題は、中絶しなければならないような関係を持ってはいけないことだ。そんな安易な性行為は、してはいけない。結婚できない、育てられないなら、男は求めるな、女は応じるな!結婚して、親が心から望んで、回りからも祝福されるような、そういう関係を持ってから子供を作れ!「14才の母」は、9話はよかったが10話と11話が美化されすぎてナボコブの「ロリータ」のような名作になれなかった。物語の大前提から間違っていると思うので、ハピーエンドではどんなに感動的な最後になろうと、多くの反対派は納得しない。もしこの物語で納得させるなら、最後の終わり方で、間違った付き合いをしてはいけないと教えるような終わり方になること。まだ子供を作ってはいけなかった。一時の感情に流されて関係を持ってはいけなかった。そう諭すバッドエンドの内容であるならば、この番組は教育上良い名作になっていた。結局ハピーエンドになり、視聴率稼ぎの問題作であり、日本社会に10代妊娠出産を増やす大きなきっかけになった、大変な悪番組と後で言われるようになった。「ローマの道は世界に通ず」と言われたローマ帝国も、外国から攻められて滅んだのではなく、裕福になることで、享楽と奢侈に流れ、人々の倫理道徳が退廃し、不倫、同性愛、家庭の崩壊などで、国力が下がって崩壊した。と言うことは、様々な人々が指摘し、日本へ警告している。未希(志田未来ちゃん)の「赤ちゃんに会いたい」という気持ちに無理があり物語がおかしくなってくるのだ。未希(志田未来ちゃん)ははじめからそう思って関係を持ったわけじゃない。一時の感情に流された結果起きた悲劇なのだ。14才の中2では、まだまだ他にやることはどっさりある。中学生で男女関係でも性関係は持ってはいけないコンドームで避妊は出来てもエイズやSTD性感染症は防げないのだ。どんなにドラマの中に生命の危険があっても、ハッピーエンドで終わったから今好きな人がいる中学生の中には、僕たち私たちも「赤ちゃんに会いたい」って勘違いする中学生や高校生が出てくるかもしれない。この気持ちがなくならないのだ。一方で、今の社会では、14才、15才での妊娠の可能性は、生経験の低年齢化が悪魔の教育となった性教育で大人が思っているより、はるかに起きうる出来事になっている。だからこそ、現実の大変さを教える番組になってほしかったなと真剣に思う。また、大人は、そのような社会になった責任をもっと感じるべきだ。大人が一番反省すべきだと思う。14才の母、放送ははじめから反対だった。エンディングが、教育上良いこ戸にならなかったからだ。最悪のバッドエンドで、見た中学生が、「やっぱりまだ14才では早いんだ」「こんなに大変なんだ」と、思いとどまるような、そんな終わり方になっていれば日本のテレビ史に残る名作になっていた。
2007/01/15(月) 13:47:11 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「14才の母」は何か道が外れたドラマになってしまった 。今はコンドームの使い方を教える性教育ではだめなのだ!結婚までは貞操を守る!自分の体は大切にする。性の価値観や性のモラルを教える日本社会にならないといけないと思う。子供を持つ親の当たり前の気持ちなのだ。なお「14才の母」公式掲示板は昨日で書き込みができなくなった公式掲示板の閉鎖があまりにも早すぎる最低番組終了後は3が月は生きていて書き込みはできるが何千万という反対派の書き込みを拒否してきた子の掲示板、たった20日あまりでなぜ書き込み中止するのかも意味不明で公式掲示板に非難の声が集中している「14才の母」はこんなドラマのエンドは許されませんよ。ラストは未希(志田未来ちゃん)赤ちゃんのどちらかが亡くなってバッドエンドにならないと命の尊さもドラマのテーマも伝わらない最終回で幹死亡のチャンスはあった「若いお母さんは子供を見放す人が多いけれぢなかには逆に頑張りすぎる人もいるから気をつけないとの場面ではまだ手術から日がたっていない」という場面で再び美希の容態悪化に持っていけたはずだ。まったく脚本が現実離れしすぎだ。近所の人も未希の噂をしているが、風当たりが凄く弱いのだ。現実ならしばらくはよそにこのケースは出かけるはずだ。赤ちゃんに異常が発生してもすぐに回復する。もっと緊迫感が視聴者に痛々しく伝わらないといけない。何のために小児科医(反町隆史)まで出演させたのか意味がない。学校は学校で美来(志田未来ちゃん)に普通では評定不能な終業書を先生が家まで来て渡し、職員会議では学校長ばかりでなく反対してきた教頭までが美化論する基地が医学校。また予告編で注目された「私のところに生まれなかったほうがよかったのかな」このセリフは待合室の椅子で母という言葉で予告編で、ガラス越しの未希の絶叫と大きくずれていた。視聴者の釣りだった。これだけ視聴者をだまして釣り視聴率をかせいだドラマは過去にない。智志(三浦春馬君)は高校へ行かずに働く決意をした。これは当たり前です。未希の体調の回復がドラマの中で早すぎた。 帝王切開手術での後遺症でもう第2子からは子供を産めない体になっていることも出ない今後多くの中学生が帝王切開手術を受けるようになると危険です。一度帝王切開手術を受けるともう抵抗切開手術なしでは出産できなくなるからだ。各中学校からの教師達の声を聞くと、「中学生で子供を造りたい」と平気で言うバカ中学生が増えて中学校の先生達が頭を痛めているそうだ。恐れていたことが本等
になってきた。どうすんだよ日テレこの罪は重いぞ来年の14才以下の出産が2005年の42件を超えると「14才の母」の影響で日本壊滅番組と非難はさらに大きくなる。そのためにはお花畑のハピーエンドではなくて今の子供の自殺問題も考慮するなら番組の価値が上がるハーフバッドエンドにすべきだった。赤ちゃんの世話で未希が行き再び体調を崩した未希(志田未来ちゃん)がベッドから「必ず元気になって、そらをまただっこするからね」のこ駑馬でエンドすれば作品価値がまったく違っていた。また中学生にも中学生の出産は負担が大きいことも分かり自己抑制へのメッセージになっていた。エンドがハピーエンドで14歳の多くの中学生が見て
いたから大変なことになった。無事産んで無事退院したストーリーになったからだ。「あたしも彼氏とセックスしたい」とか言ってる人も爆発的に増え子供の性の暴走に沢に追い討ちの拍車がかかり始めている。ドラマとはいえもっと現実的にしないと駄目だと思う。人の考えはひとそれぞれだけど、一番きびしくしないと。命の重さを教えるなら、もっときつくしてほしかった。「14才の母」のような超過激なタイトルのドラマはナボコフの「ロリータ」のような「名作」になるか糞ドラマになるかのどちらかで中間はないのだ。最近のドラマは「14才の母」でもNANAでも、話題は妊娠ばかりである。これはほかでもない性教育の影響なのだ。性教育で妊娠は教えるからドラマでもいいだろうということになる。昔はドラマやアニメで「憧れの恋愛」だけを描区だけでも問題になっていた。今は性教育の影響で「憧れの恋愛」どころか子供は妊娠や避妊までセックスそのものまでドラマやアニメの子供番組で堂々と描かれている。
2007/01/16(火) 12:44:50 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省西日本はまた1月7日放送のNNNドキュメントで放送された『もうひとつの「14才の母 」ドキュメント』再放送が入らないので東京の友人からビデオを送ってもらい見たが小戸とくべき日本を崩壊させる放送だった。番組では若年者の性行為や妊娠と言った問題に真摯に取り組む産婦人科医の活躍や実際に十代で出産を経験した少女らの実情を追う形式となっていた。詳細は省略すが、実際妊娠をしてしまった少女たちの多くが両親の離婚など家庭環境 に恵まれず、愛情不足からそうした行動に走っている様子がよく分かった。ドラマの「14才の母」のように少女も少年も家庭環境に恵まれたケースは非常に珍しいのだ。 医師のもとにメールを送ってよこした援助交際がやめられないという少女は、いけないとは思っているがそうした状況のときだけ満たされる思いがあるためやめられないと訴えていた。なぜこのような援助交際が高校生ばかりが中学生や小学生まで低年齢化してきたのか。性教育が大きな原因である。性教育が行われなかった1970年代には援助交際と言う言葉さえなかったのだ。性教育の延長線上に援助交際は存在しているのだ。番組の最後のほうに、ある意味番組の馬鹿げた結論とも言える医師の言葉として中学生は性行為を行わないという前提で考えずにしっかりと避妊を教えるべきだということを言っていた。しかし、これは明らかにおかしいというより大間違いである。文部省がなぜ高校生以下の性行為は容認すべきではないという考えに基づいた性教育に切り替えたのか。よく考えないといけない。このような考えの性教育になるともう本当の性教育ではなくて自己抑制プログラムに近くなる。しかも医師の言っている愛情不足が原因であるのに解決方法が避妊教育と言うのは明らかに的外れな意見だと思う。愛情不足が原因であればその愛情不足をいかにして補うかが問われるのであって性行為を肯定し、避妊を教える事では根本的な問題解決にならない事は明白である。この医師の言うことは大変な自体を招きまさに日本を崩壊させる医師である。エイズ予防=コンドームという図式も同様ですが多くのことが美名のもとに問題のすり替えが行われている。 出生率の低下を受けて嫡出子と同様の権利を非嫡出子に与えるべきだとなどというのはその典型的な例と言える。そんな事をすれば同棲や不倫などを法的に認めるようなもので、家庭が崩壊していく先鞭をつける結果となる。逆に極端な少子化を招いてしまうのだ。過激なジェンダーフリー教育やフェミニストの思想が大きく取り上げられている。すべてが自己決定となると今の調査では子供を生もうと考えている女性が今は激減しているから少子化は今後は超加速化する。とんでもない医師の言葉でこのような番組を放送する自体が間違っている。『もうひとつの「14才の母 」ドキュメント』の放送もドラマ「14才の母」と同様にひどい非難を受けているのだ。下記のソースで確認してください。<AHREF=
"http://newvoice.luckybits.com/talk/back/2002-9-19/9-19.html">http://newvoice.lucky-bits.com/talk/back/2002-9-19/9-19.
html
2007/01/17(水) 11:02:58 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
前文の続き
http://www.ausbbs.com/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=136&forum=9
http://plaza.rakutenco.jp/mizuhonet/10001
http://hamamoto.or.jp/005.html
*コンドームはエイズやSTD性感染症は防げません最近の性医学の進歩は目覚しいものがありますが悪いことが原因がわかっても防ぐ手立てがわからない。
http://www.tctv.ne.jp/enoku/t24.html
*コンドームでも防ぐことのできない性感染症の一覧性行為の低年齢化は避妊教育では防げないということや、エイズ予防においてコンドームは全く役にたたないという意識を教師や保護者など一般的なレベルまで浸透させる努力が必要なのだ。


2007/01/17(水) 11:03:44 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
http://bbs001.garon.jp/test/read.php/drama/1166101842/
(高橋秀実氏のソース文前文引用)「14才の母」には冒頭から驚かされた。ふたりの中学生が初めて
結ばれるシーン。主役の一ノ瀬未希が「よしよししていい?」と彼の頭を撫で、「な んでこうしたくなるの?」「これ、いけないことなのかな?」などと言いつつ手を差し伸べる。つまり彼女が誘惑したのである。いけないこととわかっていながら相手に決めさせて共犯関係のアリバイをつくる。私には無邪気を装った手練手管にしか思えなかったのである。母親も物わかりがよすぎる。娘の妊娠を知って動揺するものの、「あなたのことを何もわかっていなかった」と反省さたりする。それに付け入るように未希は「私が大事?」「どうして?」と畳みかけ、母親が彼女に対する情愛を切々と語ると「お母さんにとっての私は、私にとってのこの子」と出産を正当化してしまう。産科の医師などは未希に「もう二度と泣きません、だから信じてください」と言われただけで、「そこまで言うなら、私には止めることはできません」とあっさり容認してしまうのである。無邪気だから純真、妊娠・出産するから純愛、という具合にドラマ自体がアリバイ工作の産物のようなのだ。このドラマで唯一まともに見えるのは、体を張って息子を守ろうとする母親だろう。しかし彼女はバブリーな不動産業を営み、やがて落ちぶれていく設定。無邪気を信じない者は地獄に落ちると言わんばかりに。 命は大切である。しかし「命の大切さ」を利用して周囲を封じ込める手口は驕りだと私は思う。都合の良すぎる「思いやり」物語は、裏を返せば狡猾な「わがまま」放題となんら変わりはない。○  高橋秀実氏は番組の脚本を鋭く分析して批判しているさすが専門家の評論家だ。しかし我々素人の目で見てもあまりにもこれは明 らかにドラマだ美化も大げさで現実離れだという面が多く目に付いた。
http://bbs001.garon.jp/test/read.php/drama/1166101842/
なぜ押さないときのセックスはいけないのかソースでよく確認してください。まだ16歳の母なら賛否両論できる学業選ぶか意気地選ぶかの研究討議はできるが、中学生2年生では賛否両論にならず結論は日本国民全体のことを考えると否しか出ない。中学生や高校生の母が10万人に達すると日本は潰れるのだ。性に興味があるから間違った知識でやってしまう可能性もありさらには大人の性も煽り少女性愛者(ロリコン)の犯罪が増える恐れもある。事実小学生や中学生、高校生を対象にした性犯罪が増えている。中学生や高校生の性犯罪は表に出ないし小学生ほど注目されないが実際は小学生の性犯罪の数十倍も発生している。「14才の母」は主演の13歳の中1の子役志田未来ちゃんの演技がすごくても、ドラマの設定が過激であるから、中学生に与える影響は非常に大きい。たとえ14才の母になってはいけないと、安易な性交渉はいけないという筋書きであっても、妊娠したんですから、最後産むんですから、好奇心旺盛な子供たちには、どうしても、その前に行う行為に関心が大きく、志田未来ちゃんがかわいければかわいいほど、演技がよければ良いほど、中学生同士の安易な付き合いが増え、10代の妊娠がますます増える可能性があります 。もう日本は限界状態に来ているのです。 今日は「14才の母」第2回の放送だ今日は視聴率は30%超えが予想されているがこれは「14才の母」批判派がみんな見るから視聴率が跳 ね上がるのだ。だから高視聴率で喜べない事実もある。「14才の母」について多くの批判の書き込みがあるのは、このドラマの問題の関心の深さ、深刻さを表している。放送禁止用語の問題も多くあるが第一回放送では出なかった。 「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが、日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべて。しかし、「14歳の母 」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であり、日本人として断固許せない。安倍新政権になって教育の再生が求められる中で、日教組をはじめとする家庭崩壊推進団体の薄気味悪い笑い声が聞こえそうだ。まず、このドラマを徹底的に批判することが大切だ。そのためにはマスコミが注目してもより批判は視聴者は批判ブログもあるから多く批判文を書き込んでほしい 。そしてこのドラマのスポンサーすべてに対して倫理的、道徳的な問題点を突き上げ、スポンサーから下りてもらうように徹底して抗議行動を展開することが重要である。「愛するってどういうこと?新しい性教育ガイド」「10代の性行動の危機を考え行動する会」があるのをご存知でしょうか(以下のHPからの転載です)10代の性感染症、少女売春、妊娠が急増しています。これは東京などの大都市のみならず、県内でも同じ状況にあります。 我々、医師、教育関係者、心理カウンセラーは、このような10代の性行動の急速な変容に深刻な危機感を抱いております。つい最近の情報(国立国際医療センター、丸岡慎一所長)によれば、東京都内山手線管内のエイズ罹患率は、既に米国のそれを超えたとのことです。規範意識を喪失した10代の(もちろん大人も)性的行動の変容が、日本社会を滅ぼす決定的引き金になりかねません。これは単なる私どもの杞憂とはいえないと思います。この問題をあらゆる立場の方々に深く受け止めていただき、われわれ大人に課せられた責任を共に考えていきたいと思います。今、我々は、総力をあげてこの問題に取り組まなくてはなりません。これは今行われているコンドーム一点張りの性教育に問題があるといわれています。「欲望をコントロール
しよう!」という明確なメッセージを持った運動が、今強く要請されています。1970年代も昔も21世紀も「14才の母」は実際にはありえないのです。なぜなら、14才以下の出産は1970年は12件、2005年は悪魔の教育である性教育により42件ですがまた47都道府県の数に達していないが性教育により3倍以上に増えた。しかし子供を生む事で母とは言えない。生命を育むことで「母」になるのであって、14才でその資格も能力もない。自力で育てる収入や生活能力もなく国の補助金(これは我々の税金が使われている)や親や親せきに大きく迷惑がかかる。未希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人になると日本は貧乏になり国は崩壊して滅びてしまうのです。

2007/01/18(木) 11:34:46 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省 結局最悪の中学生に出産を推奨するお花畑のハッピーエンドになってしまったのは非常に残念である。「14才の母」は命のテーマからして、もっと遥かに厳しい結末になるのが普通なのだと思ってたがまた厳しいバッドエンドになればこのドラマは歴史煮のころ名作になり中学生への自己抑制のメッセージになっていた。最終回のハッピーエンドでドラマはこれまで積み上げてきたものが音を立てて崩れ去った。「命の尊さ」のテーマも「愛するために生まれてきたの」のテーマもあのエンドでは生きない。パピーエンドに批判や疑問を持つ人が増えるのは当然だ。本来なら14歳で子供を産んではいけません的な要素を持たせるべき自己抑制のメッセージにしないといけないがこれは逆だ。志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるという中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。志田未来ちゃんの演技力が高いだけに14才でも子供ができても、やっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力があった。志田未来ちゃんの演技直の高さが招いた悲劇である。志田未来ちゃんの演技力の高さを生かしてバッドエンドにすればこれは全国の中学生へ非常に強い自己抑制のメッセージになっていた。この辺が微妙なとこだ。これが例えば勢いだけの我儘な人物像だったりすると、もう少し違った感想を持つんでしょうが、14才の母となった志田未来ちゃんに、ここまでしっかりした意思、考え方を持たせると全国の中学生が納得させられてしまう危険性もでてくる。大人でもこんなにしっかりした考えを持ってない人いっぱいるのだ。個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。「14才の母」のドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。来年は14才以下の出産が2005年の42件を超えるととんでもない非難が出る。『5年経っても私まだ19だよ?いくらでもやり直せるよ』っていう未希(志田未来ちゃん)の言葉、甘すぎます!やっぱり安易です。安易すぎて腹が立ちます。はじめ智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は嫌いでしたが、今は智志(三浦春馬君)の母(室井滋)ほうが未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より現実的だと思うようになった。中学生が子供を産む事を美化・助長する内容で見るに見かねる一番最悪な単なるハッピーエンドである。障害はあったけど、最後は全部美化。一日で病気も治る安易さ産婦人科医に問うと「一ヶ月に及ぶ戦いもある本等の産婦人科医や小児科医の苦労を描いてほしかったとプロの意思からも非難がでている。このドラマの、伝えたいことわからないので、教えてくださいと言いたい。
2007/01/19(金) 12:53:47 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「14才の母」はドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。第10話も最終回拡大版も、こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていなかった。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、この回はアップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。このドラマの本当の山場は金八の「15歳の母」と違い、出産することまでがすべてで15歳と14歳の違いを出すことにある。出産その後は描く皮膚用はない。未希たちがどうなったかを描いても頂点は同じでハピーエンドにしかならない。もしかしたら、視聴率が高いということから、本当は未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんの命の選択でどちらかが死亡のとことが高視聴率でありきたりのハピーエンドになってしまったのかもしれない。1話延長になった意味がない。この内容なら、第10話をそのまま最終回にして、拡大版か何かで終わらせてしまったほうがすっきりとまとまっていた。未熟児で産まれた子どもが未希の指を握るというシーンはとてもよかったが、そこで美希の体調に異変が起こり今度の二人の運命はという形で切ってしまったほうがドラマとしてはすっきりとした印象になったように思う。それでも、智志(三浦春馬)が子どもを見たときに恐怖でその場に立っていられなかったというシーンは考えられない。今まで自分の子供に責任を取りたいといっていたのに、最終回で再び同じセルフのプレイバックは脚本が薔薇ならになっている。子供に命がこの世に生まれるということを受け入れる
ことは大変恐いことであることを印象付けるのはドラマにもう一つインパクトが足りなかった。このドラマは若年での出産を美化しすぎという批判が多い。そうした批判をうまくかわした意義あるシーンだったがうまく幾度ころが批判はさらに激しくなっていた。ドラマチックすぎる展開も良くない現実離れ。未希に出産で命を落とす危険性があったことを見せるシーンを命を尊厳を考えるということの明暗を映してもっと強く前面に出してほしかった。とりあえずは論調が偏らないように苦心しているが内容は良くない。全11話に編成し直した交換条件だったのか、志田さんの事務所・研音の先輩にあたる反町隆史氏が小児科医役で特別出演。角川春樹さんに好かれて、すっかり最近は大作映画俳優になった反町氏だが、意外なほど小児科医役が不自然になった。これはミスキャストといえる。ぶっきらぼうなキャラが売り物のキャラだけに未熟児と戦う必死の小児科医の姿を描いてほしかった。医師としても、ああいう優しいタッチの演技は向かない。「子供の命を救おうと頑張っているのだから周りは黙っていろ」と激怒する医師の方が向いていた。「14才の母」というタイトルも実は「14歳の母」として考えていたことも話の中に組み込まれていた。ここからは私の推測だけど、14という年齢は、大人と子どものちょうど中間に位置する年齢だと思う。15になれば、その年で義務教育は終わって、翌年には高校生になる。高校生となれば、子どもというより大人として扱われるべき。しかし、13以下になると、小学生を上がったばかりで、子どもすぎる。そこで、子どもとも大人とも言い切れない14という年齢は的を得たものだろう。そして、大人を連想させる「母」というキーワードに対照させるために、歳ではなく、「才」という子どもを連想させるキーワードを
入れる。子どもと大人という2つの側面を入れたタイトル付けはなるほどと感じる。このドラマの最高殊勲者、美希の命を助けてドラマの運命まで変えた波多野卓(北村一輝)の「14歳の母」から「14才の母」に書き換えたとことに意図は見えたがラスト
が出産美化の後味悪いお花畑のハピーエンドにせっかくのドラマが名作に慣れなかったことに怒りをぶつける視聴者が多い。細かいところまで見てみると、丁寧に作られているドラマではあるけども、出産後のくだりを命の危機を脱してからは、ここまで引っ張ることもないと思うし、引っ張っためにドラマチックに展開を作りすぎているように思う。テーマ性を見せるには、思い切ったバッドエンドかハーフバッドエンドなら評価も大きく違い中学生に自己抑制に適した展開に持ってけたのではなかったと思う。全体は実に見づらいドラマだった。決して作りが粗いとかそういったことはなく、いろいろと考えられて作られたドラマであることは分かったが重いテーマ性に真摯に向かって丁寧に作られたドラマであることは確かであろう。だが、このドラマの場合は、作家性や構成の巧みさなどというテクニカルな点以上に、扱っているテーマが現実味をかけ離れすぎていて、一概に作品の完成度は計りにくいという印象が残った。個人的には、起承転結の中の「起」と「結」はあまりうまくハマっているとはお世辞にも思えなかった。「承」と「転」に当たると思われる第2話~第7話に関しては見て損はなかったと思う。女1人でのし上がり、世間の冷たさを痛いほど身に沁みて知っている桐野静香(室井滋)、中卒が世間を生きていくことが辛いことを知っているマコトおじさん(河本準一)、中立的な立場から未希をフォローし続けた的場医師(高畑淳子学校側や生徒側の反応、波多野(北村一輝)を通しての世間から見た客観的な視点+マスコミの視点と、様々な視点を見せていった脚本だったキャラクターで生きたのは波多野卓(北村一輝)だけで後は不完全燃焼。特に、桐野家を金持ちボンボンにしてしまったのは導入部、結末部でノリきれなかった要因の一つとして挙げられるのではないか、と思う。生命の尊さを訴え
る作品としては意味がない。14歳では中絶も出産も許してはいけない。出産を肯定してしまったのは同年代の子たちには影響が強すぎる、と批判が出のも当然だ。ただ、決してこのドラマが若年における出産を全面的に肯定しているわけではないけども、その批判を完全にかわすほど、このドラマは主人公に波風を立ててこなかったのもまた真であったように思う。やはり、視聴率がよかったからと、SPや続編を今後作らないことや再放送をしないことが今後大切だ。「14才の母」は今後は永久のお蔵入りにして2度と出さないことが大切なのだ。また今後子供の性を暴走させる、このような過激な内容のドラマを制作しないことが大切なのだ。
2007/01/21(日) 14:14:54 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「14才の母」のドラマでは相変わらず、未希(志田未来ちゃん )の両親(生瀬勝久 田中美佐子)は甘いな。加奈子(田中美佐子)は未希(志田未来ちゃん)と散々、話し合ったって言っているけど、それほど話し合っているとも思えないし、意外と案外、素直に未希(志田未来ちゃん)の「産みたい」という願いを聞き入れてしまった、という印象を受けた。忠彦(生瀬勝久)のほうはギリギリまで食い下がっていた。この姿こそが現実の親の姿だ。しかし、この人もイマイチ押しが足らない。「縛り付けてでも手術を」と言っているんだけど、母親に反対され、あっさり折れる。このような、お父さんじゃ、娘に人工中絶させるのは無理だ。また中絶を描くと中学生に中絶推奨になるので絶対にいけない。しかし出産は直いけない行為だ。14才では命にかかわるケースが多い。子供の親の像も年々変わっているのだろうけども、私は個人的にもっと親は厳しく描いてもよかったのではないかと思う。人の深刻の度合いは分からないから一概には言えないと断り
を入れておきながらも、厳しく接して、トコトンまで対立して向き合うことで、今回のような結論に至るならまだしも、簡単に決
めすぎていたのでは、という気がする。親の厳しさは昔も今も簡単に変わってはいないのだ。一ノ瀬家の親子3人の考えていることは共感できるところはない。このドラマの弱いところは周りの人物の幅広い視点を入れていないところ。その中で、未希(志田未来ちゃん)のクラス担任の遠藤(山口紗弥加)、マコトおじさん(河本準一)の役割が不十分になってしまった。唯一美希の出産に賛成のはずのマコトおじさん(河本準一)の役割が両親が未希(志田未来ちゃん)の出産を肯定したために役割が不十分だった。クラス担任の遠藤(山口紗弥加)は付録のようなものだった。ここが「14才の母」の最大の反省だろう。一ノ瀬家で唯一、言い得ているな、と思えたのは、未希の弟の発言かな。人を殺したのなら、どうとでもいえるが、人が産まれてくることに対し、どう言葉をかければいいのか、と。やはり、既成概念にある程度、縛られていると率直にものは言えないものだけど、恐らくはこの子どもの台詞は無理があり妙に大人っぽくなっている。井上真由子さんがテーマを描ききれていない。智志(三浦春馬君)の苦悩を吐露した台詞も不十分で男が弱く描かれていて脚本がいかにもフェミニストっぽくジェンダーフリー臭い感じだ。智志(三浦春馬君)は「未希(志田未来ちゃん)は1人で悩みながらも、大きなものを背負いながら、笑って前向きに歩き出そうとしているのに、男である自分は未希に対して、何もしてやれない、こんな自分が情けなくて腹が立つ」といいながら夜逃げしたときに病院を訪れたときには「赤ん坊なんか生まれずに死んで住まった方が良かった」と逆のことを言っている。最終回では個々のセリフが再び重複しているのだ。このドラマは一体何が言いたいのといいたい。中核の3人の言動・行動には疑問符が多いのだ。 周りの人物の言動や行動に注目すべきところの謎が増えてきたがラストは謎は放任のままだった。井上脚本は多くドラマの源本を修正されたことも見え見えだった。一ノ瀬家の家族構成や智司(三浦春馬君)の年齢もドラマスタートで多くく変更されていた。未希(志田未来ちゃん)の担任(山口紗弥加)は付録のようなものだった。一番弱かったのが肝心な教育現場の先生達。医療現場の医師たちだ。プロの教師や医師の反感を大きく買ってしまった。ドラマはいろいろな方面の視点を取り入れようと工夫しているのは分かるのだけど、ちょっと論調の度合いのバランスが悪いような気もする。未希(志田未来ちゃん)は完全に産むことを決意したが、その理由が「会いたいから」というもの。その気持ちは見ている瞳は伝わらない。その理由のために、学校も辞め、14歳で子どもを産み育てていく決意をしたというのは親も許せない途方もないことのように思える。未希(志田未来ちゃん)の母親・加奈子(田中美佐子)は必死に頭を下げて、妊娠の事実をつかんだ学校に未希にチャンスを、と懇願している最中に、未希はクラスの面々に「私は産む」と宣言。親と子の間での相克は一体なんじゃいなという感じだ。学校を辞めるにしても、それは親の意思とは全く正反対のものだし、義務教育も終わっていない身であれば働くことも出来ないし、もし、出来たとしても、おなかが大きくなってくれば誰かの助けがなければ生きていけない。そのとき、どうする?やはり、どうしてもこの疑問が付きまとう。未希(志田未来ちゃん)「14才の母」では、この問題を必死に考えているようには思 えない。それは、親が優しすぎるからだろう。現実的な提言をして、未希(志田未来ちゃん)にとっては辛いことかもしれないが 、これはかなり現実離れした親の好意的な対応だと思う。殴り飛ばして、親子間の不和が際立ったほうが現実的なのだ。未希(志
田未来ちゃんの)両親(生瀬勝久 田中美佐子)は現実離れに好意的に接してくれている。いかにもドラマっぽかった。もう少し 、家族間でモメて、家族の仲が崩れかかって、一番の頼みの綱が切れるくらいの波にもまれても尚、産みたいのなら、そりゃ、本物だろうと思う。このドラマの描き方だと、なぜ、あそこまでリスクを背負って、未希が産みたいのかがあまり伝わってこない。もっと荒波を起こしてほかった。「14才の母」は脚本が弱くて脚本のアイデア不足が目立ちラストが最悪の結果となった。




2007/01/22(月) 11:43:11 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「14才の母」のドラマの流れは、つなぎみたいなお話で、前回のつながりがうすく激動の展開はなかった。14才の母、出産だけは多くの人に緊迫感を与え次回の21,5%の高視聴率につなげた。しかし第10話には激動もなく、話自体、最悪のハピーエンドに向かっていった。だから、演出を第9話のみ登板となるはずの山下学美さんに任せたのもうなずける。出産前は、山を次回以降に持ってくるつもりだが、前後が結びつかない。戸田菜穂演じる妊婦を登場も、これから未希(志田未来ちゃん)に訪れるであろう苦難を暗示させる物ではなかった。それを見た未希(志田未来ちゃん)不安を感じるどころかほっとした感じ実見えた。やはり、安産では次回への伏線に結びつかない。第8話の大きなテーマとなったのは、自分の命か赤ん坊の命か、どちらを取るかということ。この結論に関しては、最終回までの流れを見てもドラマは無茶苦茶になって分からなかった。もっと究極の選択をさせるべきだ。正しいことを言っていた桐野家の方が逆に一ノ瀬家以上にもとんでもないことになっており、桐野静香(室井滋)の会社は倒産寸前になり、智志(三浦春馬君)が反抗的な面が見えて幹の立場をよく考えた発言をしていたがこれが第10話でありえない発言をしてしまい最終回にまた同じ発言を繰り返すという矛盾点。脚本が無茶苦茶である。波多野卓(北村一輝)も何か今回の一件には思うところがあって、驚異の嗅覚で一ノ瀬家と桐野家をかぎまわっているのはこのドラマで唯一現実的なキャラクターで人気は回を追うごとに上がっていった。この波多野卓(北村一輝)のキャラクターも井上真由子の脚本と大きな変更があり標的は脚本では未希(志田未来ちゃん)だったが智司(三浦春馬君)に変更されていた。このドラマは全10話から1話延長と異例の措置はいらなかった。前クールの「CAとお呼びっ!」の倍近い視聴率を記録してもこれだけ大きな非難がでてはドラマの価値がない。一ノ瀬家のやっていることはまるっきり理想論である。すべてを金で片付けたくない、と桐野静香(室井滋)からの示談金を受け取らなかったりしたあたりとか、未希が父親なしでも何とかやっていけるとやや軽々しく口にしてしまったりするあたりとか、ものすごくやっていることは理想論だ。現実はそういかないだろう。それに加え、学校側とか、マスコミ側とか、もう少し波風を立ててもいいところを意外とすんなりと収束に向かわせて、家族のドラマにシフトさせてしまった。呆気なさを感じる。このドラマは脇役のキャラクターも回を追うごとに現実離れした。一ノ瀬家の理想論に巻き込まれた。加奈子(田中美佐子)と静香(室井滋)の意見の対峙は、この14才の出産ということに対する現実と理想を対じ、しきれていなかった。加奈子(田中美佐子)の言う、子どもは自ら自分の人生を切り拓いていくのだから、子どもの決意を親としては応援したい、金ですべてに片をつけるということは間違っているということ。そして、静香の言う、14才の子どもに出産を許す親は甘い、世の中を渡っていく上でお金がどれだけ大事なのかということ。加奈子(田中美佐子)の言っていることは理想論、静香(室井滋)の言っていることはまさしく現実だ。静香(室井滋)の方が現実は正しい。正しい方を不幸のどん底にする描き方は脚本家がフェミニストでジェンダーフリー支持者であることが良くわか
る。視聴者に考える場を提供するという点で考えれば、このあたりが落としどころだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった。それに加え、子どもを育てながら学校に通うということの難しさということは遠藤先生(山口紗弥加)の口から言わせている。学歴のない人が仕事をしていくということがどれだけ辛いものであるのかということはマコトおじさん(河本準一)の口から言わせている。しかしどちらもインパクトがなく単なるまやかしのようなものだった。命を軽々しく捨てないでほしいという願いは助産師さん口から言わせているがじゃさん資産の出産状態も謎のままになり脚本家なにを書いているのだといいたい。ドラマということで理想論を展開させねばならない点を考慮して、脇役にキャラクターの背景の描き方が浅すぎるのだ。現実性がまったくない。論調が一辺倒になってしまう。井上脚本は今回のドラマ「14才の母」では、これが「白い巨頭」を手がけた井上真由子さんの脚本なのかと大きな非難がでた。


2007/01/23(火) 11:40:25 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省 「14才の母」はやはり、志田未来ちゃんの13歳中1という子役である年齢を考えるとドラマ自体に無理がある。放送時間帯も午後10時なので「親子でテレビ鑑賞」はで着ない。番組終了の午後11時まで子供を起していると小学生や中学生は寝不足となりテレビを見たのは多くは子供の保護者が番組を見ていた。番組の時間帯の限界も考えていなかった。「14才の母」は正直、甘っちょろくて、お行儀がよすぎる。初回の放送から普通の中学生だった未希(志田未来ちゃん)が中学校を脱走して彼氏の智志に会いに行ったりするシーンやゲームセンターで遊ぶ姿は不良少女なのだ。さらに単なるカツアゲで公演まで追っかけてくるバカ不良たち。捕まるとただではすまないことは分かっているから普通はカツアゲでは逃げられた場合は加害者は追わないのだ。さらに薬局で妊娠検査薬を万引きの成功した未希(志田未来ちゃん)中学生に有害情報を注ぎ込む番組になっていた。最も問題点だった妊娠の話でよくあるセックスシーンがうまく連想シーンにぼかされたことは評価できる。13歳で中1の志田未来ちゃんにはキスシーンや抱擁シーンでも児童ポルノの問題がでてくる元々「14才の母」というタイトル自体が誰がやっても児童ポルノになってしまいタイトルから無理があるのだ。ただ少女性愛者(ロリコン)達が趣味があって喜びそうなシーンはいくらかあった。事実、志田未来ちゃんのセックスシーンが見たかったロリコンファンが多くいたのだ。だが、この話はセックスシーンが物語の核となるわけだがセックス連想シーンは行き過ぎのように思う。手をつないで、抱き合った場面は児童ポルノと撮られても仕方がないのだ。14才では1回だけの性行為で子どもができる可能性は少ない。ただし最悪の場合はできる。この点は恐らく、最悪事態を想定して描いたものだろう。演じている志田未来ちゃんが13歳で中1の子役ということで、少女性愛者(ロリコン)達が未成年による性的欲求を感じさせるようなカットは児童ポルノに引っ掛かる可能性が大きい。この程度の描写はギリギリの限界だった。作り手側もどこに落としどころを見つけるかで苦労したのだとは思う。それに、事務所側のNGもあったのだ。個々は相当もめたところだ。また、ストーリーの流れが凄く甘い。普通の男の子と女の子が生半可な性的関心から流れで、といったあたりのほうが今の時
世を表していると思うのだが、このドラマは男の子が金持ちのボンボン坊ちゃまという設定。家で居場所を感じられない坊ちゃまとそれに共感した女の子が惹かれあったという展開で、上の映像的な面も含め、子どもができるプロセスがかなりファンタジーの世界の印象を受ける。やはり、生命の価値や尊厳ということにテーマを描くのは14才では無理だ。純愛めいた惹かれ合うお膳立てなしに軽薄な動機や認識でのセックス連想シーンという流れのほうがよかったと思う。そのほうが実際、生まれくる命をこれからどう考えるかということに説得力が出たはずだ。セックスを連想させるシーンも問題だこのシーンは未希(志田未来ちゃん)の方が手を回して智志(三浦春馬君)を誘惑しているのだ。普通は14才の中二では女子は接近よくやキス欲はあっても性欲はない。男子は中2では一気にキスよくや接近欲から性欲まで駆け上がる女子は高校生からやっと性欲が出てくるのだ。このセックスを連想させるシーンは逆だった感じだ。ドラマ全体の流れを見ても14歳で子どもができたということを本人たちがどう考え、親がどう悩み、河本さん扮する叔父さんがどう相談にのり、担任や学校側がどう対処し、マスコミや行政による反応はどうなのか、等、様々な人たちの視点から論じる湖とは少なくほとんどのキャラクターが不完全燃焼だ予想外に完全燃焼したのはドラマの運命まで変えた波多野卓(北村一輝)だけが現実的なキャラクターとなりドラマをリードしていった。未希(志田未来ちゃん)の唯一の見方という設定だった。叔父(河本準一)は未希(志田未来ちゃん)の両親が出産肯定で壊れた。何のための叔父が意味が分からなかった。ドラ物脚本のの限界を感じる。社会派ドラマは成立せずすべてが美化された急送的な理想像の「14才の母」になりドラマ終了後も視聴者の怒りは収まらない。
2007/01/24(水) 12:39:55 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「14才の母」は今の日本社会の逆行ドラマで無理があった。その理由は裕福な国、日本に住んでいる私たちには、実は地球上で熾烈な生存競争が行われていることに気づいていない。なぜ、セックスを禁じられ、勉強をさせられているのか?実感がわいていない人がほとんどだ。それは生き残るためだ。頭脳力を鍛えて他の国の国民を打ち負かす力を身につけるため。桃や栗の木が実を結ぶために3年の歳月が必要なのは、実を結ぶ前にまず生き残らなければならない。これは人間も同じこと。生殖活動であるセックスをする前に、すでに生き残る力をつけておかなければ、子孫を残すのに不利なわけだ。 今、地球は国際社会になった。国際社会とはとても美化した言い方だが、これは本当のことを言うと、国際暴力社会、国際生存競争社会と言いかえることができる。他の国の企業が日本に上がり込んで、日本の経済を吸い取っていってもいい世界だということだ。他の国の企業が日本の企業にけんかを売ってもいい世界だというこになる。そして日本も同様に他の国にけんかを売っている。生き残る力は、世界と比較して勝つ力だ。勝たなければ先進国としての現状の裕福な生活が送れないというこになる。これは一人一人の生活レベルに関係しているとても身近なことであって、他人事ではないことを知らなければならない。逆に言うと、生き残る力をアップさせるためには、セックス(生殖活動)を犠牲にしなければならない。セックスする年齢をどんどん先送りさせ、その間に生きる力を身につけさせなければならない。人間の遺伝子には、早い女の子は11歳普通は12歳から13歳で初潮がくるように設定されているが、生き残る競争が国際的に激しくなってきたため、たったの11年~13年では頭脳力を鍛えるには不充分になってしまった。だから私たちは11歳~13歳でセックスを始める人は明らかに「早過ぎる」のだ。日本では女性が16歳以上、男性が18歳以上でなければ結婚が認められていない。その理由は生き残るためであることが分かったと思う。また女性を16歳に年齢制限しているのは初潮が始まっても子宮など胎児を育て安産ができる体になるには16歳はかかるからだ。だから法律でこのように認められている。女性なら最低16年、男性ならば裁定18年間はセックスのことを考えずに教育を受けて生きる力を身につけなさいということになる。この年齢以下で子供を作ってしまうことは、明らかに子育てに不利だ。まあ、中には一人くらいそのような国民がいても国はダメージを受けないが、全員が若い頃にセックスをして子供を生み落とすようになれば、日本は間違いなく世界に取り残され、超貧しい国となり国は崩壊して滅びる。現状としては最低でも大学レベル(22歳)までは恋愛やセックスをメインに考えず、教育を受け、生き残る力を身につけていかなければ、国際暴力社会で生きていくことが困難になってきた。ところが、遺伝子には11歳~13歳で発情するように設定されているから困ったものだ。発情し、恋愛に全てをささげたい、セックスしたいという本能の欲求に打ち勝って教育を受けなければならない。そう、今の時代は遺伝子の命令に反抗しなければ生きていけないのだ。「14才の母」はこのような日本の社会の現状までも無視して作り上げた、とんでもないドラマであり2006年の14才以下の出産が42件以上になり今後、中学生や高校生の妊娠や出産が増え、エイズやSTD性感染症が増えるとると日本壊滅番組と叩かれるのだ。なおエイズやSTD性感染症はコンドームでも防ぐことはできない。避妊指導も安易に行うべきではないのだ。
2007/01/25(木) 13:34:14 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作14才の母、反省
○ 追跡21世紀最大の超問題作14才の母、反省『あたしは13才ですけど、14才の母を見たからって、たとえ彼氏との間にできた子供を産もうなんて思いません!!大人はもし娘にこのTVを見さすとデキちゃった時産む!とか言うっていう考え方は
ないと思いますよ。私はすくなくともTVを見てそう感じません。私が作ってるサイトにも普通産まないよ~。ってみんな書いてるし・・・。まあ大人が思ってる以上にTVに私達は影響されてないですよ。みんなゴムつけろよ。とか言ってます』公式掲示板の沙智さんの書き込みを読んで、ますます心配になった。>ゴムつけろよ・・・ってことは、ゴムつければ性関係を持つと言う ことだ。>私が作ってるサイトにも普通産まないよ~。ってみんな書いてるし・・・。産まないと言うことは中絶すると言うことだ。書
き込みから中学生同士の性関係が増えていることを知って、ますます心配になった。早い性関係は決していいものではない。私が言いたいのは結婚するまでは純潔を守るということ。ぜひ自分を大切にしてほしい。またコンドームではエイズも性感染症も防げません「14才の母」は14才の妊娠がテーマですがエイズをテーマにしたドラマでは最近はコンドームの問題も取り上げられています。コンドームは避妊は出来てもエイズもSTD性感染症も防げませんコンドームは性教育の大きな問題点となっておりセイフティーなセックスは現
性医学段階は不可能なのだ。結婚まで純潔を守る以外方法はないと警告がされている。性感染症の原因は早くわかっても治療法は見つかっていない。本当に日テレが全 国の中学生に自己抑制や生の価値観や尊さを伝えるメッセージとしては描けなかった。個々に問題点が残る。 今の社会では、14才、15才での妊娠の可能性は悪魔の教育となった性教育によりはるかに昔に比べて起きうる出来事にな
っている。 今の教育の今後の改善点だ。だからこそ、現実の大変さを教える番組になってほしいと真剣に思ったが残念だ。また、大人や性教育を過激に行っている教育現場の教師も、そのような社会になった責任をもっと感じるべきだ。大人(特に教師)が一番反省すべきだと思う。14才の母、が今後は自己抑制の役目は果たせず逆に中学生の性を暴走させることは確実だ。お花畑の最悪のハピーエンドで、見た中学生が、「14才でも子供を産んでいいじゃんか」と思わさないような指導が今後は教育現場の先生に求められ「14才の母」のドラマを子供の考えから打ち壊す指導が必要になるだろう。
2007/01/26(金) 13:42:10 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」反省 ドラマ「14才の母」は視聴率稼ぎが見え見えのドラマになった。その問題点の一つはドラマの話が変わり過ぎたことだ。未希、桐2度と会わない約束で出産→いつの間にじっくり話し合ったのか結婚宣言、未希医者を目指す→すぐにでも働きたい。最終回は医者の医の字も出てこない、未希が意地でも産みたがった子→誰にも望まれない子、桐、子供産まれないほうがよかった→二人の子だから責任とりたい。あまりにも常識的に考えても話が変わりすぎてドラマの内容がバラバラになっていた。ギリギリで撮影してるから撮ってる方が混乱して、話の辻褄が合わなくなってたためか、それにしてもひどすぎる。最終回に近づいたら予告画面と本編が違うし。お粗末過ぎる。予告編で多くの視聴者がつられた23%の視聴者のうち15%は予告編でつられてしまったといっていい。これは放送終了後不満を漏らす人が非常に多い事からもわかる。
2007/01/27(土) 12:46:11 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。金八先生の「15歳の母」では、、生徒に討論させる場面があったがこれは明らかに現実離れ。金八のようなジェンダーフリーのキチガイじみた討論は今の時代なら大きな非難が出ていた。ここの問題点は見事にクリアしていた。だけど、「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生徒が出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」両方ともありえないドラマになった。そして最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析しないとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。正、公式掲示板は正当な反対意見は不適切発言として受け付けないから、「すごく感動しました」っていう十代の子供たちの書き込みばっかりだった。このドラマは、こちらの地方では子供は時間の都合で従事までには小学生は寝ないといけない。中学生も勉強の真っ最中だ。小学生や中学生の子供は、ドラマをあまり見たことがないのだ。十代の意見が中学生となって書き込まれている公式掲示板が不思議でならない。保護者は多く見て注目したから視聴率は跳ね上がった。中学生が本当に多く見てると「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。キャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。普通の家庭で育ってたり、親と一緒に見てたりとかしてれば、そんなことは考えないし、考えても実現の可能性はゼロだって分かるんだけどああいう書き込みって本心というか願望にも聞こえる。本心だとしたら、本人が可哀想であり 親が無関心ってことだがいずれにしても大変な自体に発展しかねない中学生の出産は1970年は12件だったが悪魔の教育、性教育により3倍以上の42件に激増したがまだ47都道府県の数には至っていない。非常に珍しい現象で住んでいるが、これが「14才の母」によりこの種奪いに来年激増すると「14才の母」は日本壊滅番組と叩かれる。実際にドラマに影響されているのは、昨今の若ママブーム(?)に乗せられてなのか、実際はヤングママ十代ママは増えてもごく一部で1%にもみたず、逆に出産適齢期の20~30代のが激増して少子化は今年度は逃れるかもしれないが後は加速化するというショッキングなデーターも新聞をにぎわせてい
る。女性が子供よりも仕事を選ぶからこの問題は仕方がないのだ。十代のママは増えても人口は1%以下で話にならないし増えると大量の税金が使用され日本は崩壊するのだ。

2007/01/28(日) 12:30:16 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作 「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作 「14才の母」反省 人間の遺伝子には、早い女の子は11歳普通は12歳から13歳で初潮がくるように設定されているが、生き残る競争が国際的に激しくなってきたため、たったの11年~13年では頭脳力を鍛えるには不充分になってしまった。だから私たちは11歳~13歳でセックスを始める人は明らかに「早過ぎる」のだ。日本では女性が
16歳以上、男性が18歳以上でなければ結婚が認められていない。その理由は生き残るためであることが分かったと思う。また女性を16歳に年齢制限しているのは初潮が始まっても子宮など胎児を育て安産ができる体になるには16歳はかかるからだ。だから法律でこのように認められている。女性なら最低16年、男性ならば裁定18年間はセックスのことを考えずに教育を受けて生きる力を身につけなさいということになる。この年齢以下で子供を作ってしまうことは、明らかに子育てに不利だ。まあ、中には一人くらいそのような国民がいても国はダメージを受けないが、全員が若い頃にセックスをして子供を生み落とすようになれば、日本は間違いなく世界に取り残され、超貧しい国となり国は崩壊して滅びる。現状としては最低でも大学レベル(22歳)までは恋愛やセックスをメインに考えず、教育を受け、生き残る力を身につけていかなければ、国際暴力社会で生きていくことが困難になってきた。ところが、遺伝子には11歳~13歳で発情するように設定されているから困ったものだ。発情し、恋愛に全てをささげたい、セックスしたいという本能の欲求に打ち勝って教育を受けなければならない。そう、今の時代は遺伝子の命令に反抗しなければ生 きていけないのだ。「14才の母」はこのような日本の社会の現状までも無視して作り上げた、とんでもないドラマであり2006年の14才以下の出産が42件以上になり今後、中学生や高校生の妊娠や出産が増え、エイズやSTD性感染症が増えるとると日本壊滅番組と叩かれるのだ。なおエイズやSTD性感染症はコンドームでも防ぐことはできない。避妊指導も安易に行うべきではないのだ。14才という低年齢出産を美化しただけのドラマだった。「14才の母」はほとんどありえない。1970年は300万人の女子中学生の中でわずかに12件、悪魔の教育となった性教育の影響で爆発的に増えて3倍以上になった2005年でも42件47都道府県の数にも満たないのだ。ただし今後は「14才の母」の影響や過激な性教育の影響で激増する危険性はあり同時に日本が崩壊する危険性もはらんでいる。子供を生む事で母とは言えない。生命を育むことで「母」になるのであって、14才でその資格も能力もない。経済力そのものが問題である。出産危険リスクも非常に高い。テーマ自体が無責任で、許容範囲を逸脱している。母になる事とは、どういうことなのか、母の役割の大切さ、崇高な使命はどうなのか。このドラマには生かしきれていなかった。また最近は、戦後、アメリカから輸入された「育児の常識」が、日本人をダメにした。救国の育児論。が話題を呼んでいる。少年による犯罪、モラルの崩壊、弱者に向かった凶悪事件。「壊れた日本人」の出現は、永年受け継がれてきた日本ならではの育児法が、戦後なくなってしまった結果だった。抱き癖をつけよう。善悪を理屈で教えてはいけない。浮気は厳禁。保育所へはなるべく行かせない――等々、ベテラン小児科医がたどりついた日本人に合った育児法。少年による犯罪、モラルの崩壊、弱者に向かった凶悪事件。「壊れた日本人」の出現は、永年受け継がれてきた日本ならではの育児法が、戦後なくなってしまった結果だった。抱き癖をつけよう。善悪を理屈で教えてはいけない。浮気は厳禁。保育所はなるべく行かせない等々。ベテラン小児科医がたどりついた日本人にふさわしい育児法。やはり理想の母親像は1960年代から1970年代にあった感じがする。「14才の母」は低廉麗出産を認めて美化したドラマにすぎなかった「14才の母」の続編も再放送もいらない。


2007/01/29(月) 12:49:53 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「「14才の母反省 
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「「14才の母反省 「14才の母」は全10話から1話延長と異例の措置はいらなかった。前クールの「CAとお呼び っ!」の倍近い視聴率を記録してもこれだけ大きな非難がでてはドラマの価値がない。一ノ瀬家のやっていることはまるっきり理想論である。すべてを金で片付けたくない、と桐野静香(室井滋)からの示談金を受け取らなかったりしたあたりとか、未希が父親なしでも何とかやっていけるとやや軽々しく口にしてしまったりするあたりとか、ものすごくやっていることは理想論だ。現実はそういかないだろう。それに加え、学校側とか、マスコミ側とか、もう少し波風を立ててもいいところを意外とすんなりと収束
に向かわせて、家族のドラマにシフトさせてしまった。呆気なさを感じる。このドラマは脇役のキャラクターも回を追うごとに現
実離れした。一ノ瀬家の理想論に巻き込まれた。加奈子(田中美佐子)と静香(室井滋)の意見の対峙は、この14才の出産ということに対する現実と理想を対じ、しきれていなかった。加奈子(田中美佐子)の言う、子どもは自ら自分の人生を切り拓いていくのだから、子どもの決意を親としては応援したい、金ですべてに片をつけるということは間違っているということ。そして、静香
の言う、14才の子どもに出産を許す親は甘い、世の中を渡っていく上でお金がどれだけ大事なのかということ。加奈子(田中美佐子)の言っていることは理想論、静香(室井滋)の言っていることはまさしく現実だ。静香(室井滋)の方が現実は正しい。正しい方を不幸のどん底にする描き方は脚本家がフェミニストでジェンダーフリー支持者であることが良くわかる。視聴者に考える場を提供するという点で考えれば、このあたりが落としどころだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった。それに加え、子どもを育てながら学校に通うということの難しさということは遠藤先生(山口紗弥加)の口から言わせている。学歴のない人が仕事をしていくということがどれだけ辛いものであるのかということはマコトおじさん(河本準一)の口から言わせている。しかしどちらもインパクトがなく単なるまやかしのようなものだった。命を軽々しく捨てないでほし いという願いは助産師さん口から言わせているがじゃさん資産の出産状態も謎のままになり脚本家なにを書いているのだといいたい。ドラマということで理想論を展開させねばならない点を考慮して、脇役にキャラクターの背景の描き方が浅すぎるのだ。現実性がまったくない。論調が一辺倒になってしまう。井上脚本は今回のドラマ「14才の母」では、これが「白い巨頭」を手がけた井上真由子さんの脚本なのかと大きな非難がでた。 「14才の母」について多くの批判の書き込みがあるのは、このドラマの問題の関心の深さ、深刻さを表している。放送禁止用語の問題も多くあるが第一回放送では出なかった。 「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが、日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。 視聴率が結果であり、すべて。しかし、「14歳の母 」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であり、日本人として断固許せない。安倍新政権になって教育の再生が求められる中で、日教組をはじめとする家庭崩壊推進団体の薄気味悪い笑い声が聞こえそうだ。まず、このドラマを徹底的に批判することが大切だ。そのためにはマスコミが注目してもより批判は視聴者は批判ブログもあるから多く批判文を書き込んでほしい 。そしてこのドラマのスポンサーすべてに対して倫理的、道徳的な問題点を突き上げ、スポンサーから下りてもらうように徹底して抗議行動を展開することが重要である。「愛するってどういうこと?新しい性教育ガイド」「10代の性行動の危機を考え行動する会」があるのをご存知でしょうか(以下のHPからの転載です)10代の性感染症、少女売春、妊娠が急増しています。これは東京などの大都市のみならず、県内でも同じ状況にあります。我々、医師、教育関係者、心理カウンセラーは、このような10代の性行動の急速な変容に深刻な危機感を抱いております。つい最近の情報(国立国際医療センター、丸岡慎一所長)によれば、東京都内山手線管内のエイズ罹患率は、既に米国のそれを超えたとのことです。規 範意識を喪失した10代の(もちろん大人も)性的行動の変容が、日本社会を滅ぼす決定的引き金になりかねません。


2007/01/30(火) 13:22:28 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「14才の母」では、ドラマ全体が、ファンタジックなこういった ドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。毎回こんな感じで引っ張ってしまい、さらには最終回拡大版ということの意味はまったくなかった。こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていないように思う。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、アップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。もっと第10話から11話まで命がけの戦いを描くべきだった。ドラマの本当の山場は、ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的なハイリスク出産の場面はあったが、出産後、未希(志田未来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。特に小児科医(反町隆史)はもっと赤ちゃんとの命の戦いを時間を割いて描くべきじゃないかったかな。もしかしたら、視聴率が高いということからこれだけ描ければもういい矢という番組関係者の甘い考えがあったのかとも思える。1話延長になった本作だけど、この内容なら、第10話をそのまま拡大して最終回にして、終わらせてしまったほうがすっきりとまとまったかもしれない。放送前から各方面に話題を振りまいていた「14歳の母」を11話完全録画して見直しているが、第1話から、ただいささか描き方が単調な感じがする。14歳の中学生が妊娠、周りの雑音を理解へと変えそしてついに出産していく物語だ。内容は「金八先生」Part1で杉田かおる演じる「15歳の母」浅井雪乃が15歳中学3年生で妊娠するという話はあったが
それよりも1つ下の14才の中学2年生がとなると更なる驚きがある。また出産の肉体的な危険リスクも非常に大きくなるのだ。このドラマの背景が単調でもう少し何かひとクセあればもう少し物語に惹き込まれたように思う。15歳と14才の違いが生かしきれていなかった。日テレが世間からの批判覚悟で臨んだドラマの初回放送は内容が万引き成功もあり教育情欲ナイトの非難も相次いだ。 最近のドラマは「14才の母」でもNANAでも、話題は妊娠ばかりである。これはほかでもない性教育の影響なのだ。14才の妊娠を美化して、すべてが丸く収まるこのドラマ。もう少し若い人に避妊の啓発を促す内容にするべきだと全体を通し感じました全部見ましたがもうがっかりだ。最終回の予告では子供が危険なのはほんの一瞬だけ、青少年に対する戒めとして、母子共に最悪の事態を招くような結末を期待していたので残念だ。「14才の母」は同世代の売春・援助交際のNEWSが連続している昨今、当事者やその身辺にも多大な迷惑や命の危険をもっと重く表現して欲しかった。姪が同世代に3人居るので“教訓”となることを期待していましたが、“やっちゃったものは仕方ない”と受け止められる面も感じられるので録画しら物を見せる気にはなれない。制作意図は“援助交際を助長させるためのドラマに過ぎなくなった。同世代の娘を持つ親から見れば重い内容になってほしかった。1「
出産スペシャル」と称した第9話はかなりいい内容だった。しかし反町隆史が出演したことは逆効果につながった。危機が次から次絵と脱して話が美化されていきドラマがどんどん軽くなってい
った。後から思ったが。脚本家の方の記事も読んだが、やっぱりこのドラマの本心が掴めまない。脚本家自体もドラマになりにくい世界を描いているから内容がちぐはぐになりはじめと後の部分がバラバラになり何でこうなるのだという場面が多くあった。 またドラマを賛否両論できなくしたのは公式掲示板だ、マンセー意見しか取り上げない。「14才の母」を現状是認する社会は、自
己抑制よりも現状を認めるように方向に行きつつあるようで心配です。この子供が大人になったとき、「貴方はポストに捨てられ
ていたんです」では、そんな社会を許せるでしょうか?人は愛されて生まれてこそ、「人」になるれと思うのです。自己を犠牲に
しても「他人を愛せることができる」自己抑制教育の必要性を実感します。しかし、心の痛いニュースです。慈恵病院、「赤ちゃ
んポスト」設置へ 産み捨て・中絶防止ねらい(クリスチャントゥデイ 06/11/09)のニュースがあった。新生児の産み捨てや若年層の中絶を防止する目的で、「マリアの宣教者フランシスコ修道会」創設の慈恵病院(熊本県熊本市)が「赤ちゃんポ
スト」(通称・こうのとりのゆりかご)を年内にも設置する計画を進めていることが9日、わかった。 国内各紙が伝えた。事情が
あって育てられない新生児を受け入れる体制を作るという。報道によると、同病院は「あくまでも緊急措置で、捨ててもらうのが
目的ではない。新生児の産み捨てや、不幸な中絶を少しでも減らしたい」と説明している。新生児の引き取り先として、岡山県医師会に全国から登録している。約160組の里親に、行政を通じて紹介する特別養子縁組制度の適用などを検討しているという。実の親が名乗り出る仕組みや、後で引き取りに来た際の体制を整える。ドイツでは00年に導入され70カ所以上あるが、今回の計画が実現すれば日本初となる。計画によると、病院の窓を外部から開閉できる箱型の「ポスト」を設置。内部は保育器と同じ状態に保たれ、新生児が入れられると別室で警報が鳴る仕組み。これは欧米化とはいえない。ドイツが盛んなだけなのだ。他の国は一部の地域しかやっていない。妊娠は病気ではなく放置しても出産で完治する可能性がたかい。ただし15歳以下の低年齢出産は海外でもハイリスクで病人と同じであり15歳からい年典礼が下がるごとに危険リスクは5倍ずつ高くなるから実際は15歳と14才の出産はまったく違うのだよね。「14才の母」が「15歳の母」との違いが大きく出たのは第9話だけでありラストは金八の「15歳の母」と同じお花畑のハピーエンドは非難が出ている。昔、AIDSで死んだ中学生の女の子を見取った教師が全国で講演してるというドキュメ
ンタリーやってたが最後に死んでしまう方が感動する。コンドームでもどんな避妊法でもエイズや性感染症は防げない結婚までの純潔を守る大切さを痛感したという言葉が印象に残ったね。実際に14歳ではないが15才~10才代後半で出産した人に言わせると現実はあんなに甘くないという人が圧倒的に多い。だからマンセー意見以外しか載せない公式掲示板以外はハッピーエンドにはしないでほしいという意見が多かった。実際は未希(志田未来ちゃん)は昼ドラの悪役みたいな主役っだ。


2007/02/01(木) 13:32:03 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「14才の母」は非難がでるエンディングで高視聴率で幕を閉じ た。中学生が妊娠してどうのこうのと言う話の番組だが、高視聴率だっただけに多くの反対派も見ており「困っています」という声が高まっている。これをベースにした未成年が実際に14とかそこらの年齢で出産してその後をいろいろ話を聞くドキュメンタリーチックな番組「14才の母 もう独りの14才の母 ドキュメント」という番組が番組放送前にあったがどうにもこうにも未成年の妊娠出産を賛美している。一例として自分と同い年孫娘の女子が15で出産した後の話を見てたんですが「子供の育て方がわからない」「親に預けっぱなしで一人ぐらし」という、自分の考えの斜め上を行っていた。せめて父親となった人
間と3人で暮らして保育士さんもどきのところで育児のアドバイスとか聞きながら細々生活しているのは珍しいケースだ。その
メインとなっている14歳の母の最初のストーリーなんて醜いことこの上ない「ある日の夕方、未希と智志が一緒にいる時、街
の不良たちに絡まれる。追いかけられた未希と智志は、夜の公園に逃げ込む。そこで、お互いの話をするうち、未希は智志の
中に横たわる孤独を感じとる。そして、二人は…………。ここでもう第一線を越えるセックスをして妊娠」これは本当に爆笑物なのだ。孤独が原因で妊娠させる意味がわからないというか、不良が来たら先手を打てという感じのお話としか思えない。結局は生み終わったところで大楕円を迎えるといったエンドになった。その後の世間様からの目や育児に対する数々の障害などは放送しても無意味で続編はしない方がいいどんな道をとっても行き着く頂点はハピーエンドだ。 放送前から各方面に話題を振りまいていた「14歳の母」を11話完全録画して見直しているが、第1話から、ただいささか描き方が単調な感じがする。14歳の中学生が妊娠、周りの雑音を理解へと変えそしてついに出産していく物語だ。内容は「金八先生」Part1で杉田かおる演じる「15歳の母」浅井雪乃が15歳中学3年生で妊娠するという話はあったがそれよりも1つ下の14才の中学2年生がとなると更なる驚きがある。また出産の肉体的な危険リスクも非常に大きくな
るのだ。このドラマの背景が単調でもう少し何かひとクセあればもう少し物語に惹き込まれたように思う。15歳と14才の違いが生かしきれていなかった。日テレが世間からの批判覚悟で臨んだドラマの初回放送は内容が万引き成功もあり教育情欲 ナイトの非難も相次いだ。 最近のドラマは「14才の母」でもNANAでも、話題は妊娠ばかりである。これはほかでもない性教育の影響なのだ。性教育で妊娠は教えるからドラマでもいいだろうということになる。昔はドラマやアニメで「憧れの恋愛」だけを描区だけでも問題になっていた。今は性教育の影響で「憧れの恋愛」どころか子供は妊娠や避妊までセックスそのものまでドラマやアニメの子供番組で堂々と描かれている。アメリカでは、開放的な性教育を行った結果、かえって多くの少女が不幸な妊娠をする結果となり社会問題化。ブッシュ政権下で厚生省の10代妊娠対策室長を務めたこの本の著者は、日本でもさかんに言われるSAFE SEX(コンドームなどを用いた安全な性交渉)教育ではダメ、SAVE SEX(結婚までは性交渉を控える)教育が効果を上げたと報告。放送前から各方面に話題を振りまいていた「14歳の母」を11話完全録画して見直しているが、第1話から、ただいささか描き方が単調な感じがする。14歳の中学生が妊娠、周りの雑音を理解へと変えそしてついに出産していく物語だ。内容は「金八先生」Part1で杉田かおる演じる「15歳の母」浅井雪乃が15歳中学3年生で妊娠するという話はあったがそれよりも1つ下の14才の中学2年生がとなると更なる驚きがある。また出産の肉体的な危険リスクも非常に大きくなるのだ。このドラマの背景が単調でもう少し何かひとクセあればもう少し物語に惹き込まれたように思う。15歳と14才の違いが生かしきれていなかった。日テレが世間からの批判覚悟で臨んだドラマの初回放送は内容が万引き成功もあり教育情欲ナイトの非難も相次いだ。 最近のドラマは「14才の母」でもNANAでも、話題は妊娠ばかりである。これはほかでもない性教育の影響なのだ。性教育で妊娠は教えるからドラマでもいいだろうということになる。昔はドラマやアニメで「憧れの恋愛」 だけを描区だけでも問題になっていた。今は性教育の影響で「憧れの恋愛」どころか子供は妊娠や避妊までセックスそのものまでドラマやアニメの子供番組で堂々と描かれている。アメリカでは、開放的な性教育を行った結果、かえって多くの少女が不幸な妊娠をする結果となり社会問題化。ブッシュ政権下で厚生省の10代妊娠対策室長を務めたこの本の著者は、日本でもさかんに言われるSAFE SEX(コンドームなどを用いた安全な性交渉)教育ではダメ、SAVE SEX(結婚までは性交渉を控える)教 育が効果を上げたと報告。
日本はアメリカの失敗を真似ないでほしいと述べています。女優でもある彼女の白いスーツ姿の写真と純潔を表す白ユリをモチーフに、フォトショップで構成。今はコンドームの使い方を教える性教育ではだめなのだ!」結
婚までは貞操を守る!自分の体は大切にする。性の価値観や性のモラルを教える日本社会にならないといけないと思う。子供
を持つ親の当たり前の気持ちなのだ。なお「14才の母」公式掲示板は昨日で書き込みができなくなった公式掲示板の閉鎖があ
まりにも早すぎる最低番組終了後は3が月は生きていて書き込みはできるが何千万という反対派の書き込みを拒否してきた子の掲示板、たった20日あまりでなぜ書き込み中止するのかも意味不明で公式掲示板に非難の声が集中している。



2007/02/02(金) 12:44:18 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。このドラマの話題の超過激な主人公を演じている志田未来ちゃんはどんな子なんだろうか調べてみると恐るべき事実が覚醒した。インターネットで最新情報が入り一番信頼性があるフリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』で志田未来ちゃんを調べると「『14才の母』の収録が終わったあと、母親役の田中美佐子と更衣室 で着替えていたときに、突然パンツ1丁で自作の歌を歌いながらおかしな踊りを踊り出したことがある。」これは志田未来ちゃんが普 通の中1とは思えない面がある。普通の中1は私も良く離しているがまだ子供であり純真なものである。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。安倍新政権になって教育の再生で性教育の大幅な見直しが求められる中で、日教組をはじめとする家庭崩壊推進団体の薄気味悪い笑い声が聞こえそうだ。視聴率が反対派も多く見るから跳ね上がるが、マスコミが注目しないように無視して番組を見た感想を生で批判することが大切だ。そしてこのドラマのスポンサーすべてに対して倫理的道徳的な問題点を突き上げないといけない、スポンサーに徹底して抗議行動を展開することが重要だ。しかし「14才の母最新情報ブログ」には下記のような書き込みがあり私は反論した。「14才で子供を産むのは多くのリスクやデメリットがあると思います。しかし、多くの喜びや苦労を経験することは素晴らしいと思います。ネガティブな発想で後悔するより、前向きな発想で苦労に立ち向かいましょう。色々な体験が貴方の人生を豊かにし、充実した一生を送れるでしょう。書き込みと意見はあまりにも無責任だ。今、このドラマ「14才の母」で美希(志田未来ちゃん)の周りで起こっている出来事はみんなに美希(未来ちゃん)が周りに迷惑をかけているのだ。たった一人の中学生の妊娠や出産でもこのように大きな迷惑を回りにかかるようになる。中学生と高校生の母が10万人になると国は私たちが払っている税金を一人あたり年間120万円、10万人
だと1兆2000億円もの税金が費用に使われて一般国民の税金も引き上げられ経済的にも日本は崩壊するのだ。税金もこん
なバカ中学生やバカ高校生に使われるのは我々はもってのほかなのだ。また14才で子供を産むのは子供だけでなく母体の死亡リスクやデメリットが非常に高いことも考えていない。16歳が女性は体の完成期だ。16歳から1年ずつ低年低下するごとに5の
二乗倍も出産危険リスクは高まって行く。今日も自然分娩だと脳梗塞や死に至るタレントのニュースが報道された。16歳は出産危険リスクはないが15歳からは1年年齢が下がるとひどい違いがでてくるのだ。本当の14才の母である青木あざみさんの自伝「青木家のあざみ」を読むと。「14才の出産は凄く苦しくて難産になり死ぬかと思った親も子も無事だったのは奇跡だ った」。と編集後記に書かれていた。17歳の出産は楽だったと書かれている。「多くの喜びや苦労を経験することは素晴らしいと思います。ネガティブな発想で後悔するより、前向きな発想で苦労に立ち向かいましょう。色々な体験が貴方の人生を豊かにし、充実した一生を送れるでしょう。」こういう意見はとんでもない意見で危険な中学生の出産推奨になることは確実である。非常に危険な意見だ。2005年には42件の14才以下の出産があった。1970年は子供の数は今の2倍近くいたが。14才以下の出産は、わずか12件だった。
しかし最近は悪魔の教育となり見るも無残な結果となり子供の性を暴走させ始めた性教育に
より14才の出産は3倍も激増している。しかし14才以下の出産は厚生省の発表でまだ47都道府県の数にも届かない42件なだ。しかも一ヶ月以内に生まれた子供は育たずに17名も死亡しており25人しか現在生存していない。過去10年間で14才以下の出産で15件も事故がおき14才以下の出産で死亡した14才の母は15人もいる。これが数万人になると出産による死者も数千人14才以下の出産で死亡することになり大きな社会問題になる。


2007/02/03(土) 14:35:29 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「人間なんてそんなものです」と言ってしまえば元も子もなくなる、ドラマの採り上げ方だけでなく展開についても十分に配慮しないと世間を混乱させるだけで事態を解決する力にはならない。特に心配なのは、人工妊娠中絶は悪、産むことが美徳であるかのような風潮を生みかねないことだ。「中絶なんて、 そんな無責任なこと考えられない」と格好よくいうならば、「セックス後の出来事を予測せずに行動する人の気が知れない」と返したくもなる。過去に中絶を余儀なくされた女性たちの心を傷つけてしまわないかも心配だ。わが国では15歳未満の出産例が2005年に は42件と報告されていますが、その陰で456件(2004年度)の人工妊娠中絶が行われている。16歳から49歳の女性のうち16.3%に中絶経験があるだけでなく、その内3割は複数回の中絶を行っている。誰1人として中絶するためにセックスし、中絶するために妊娠する女性はいない。しかし、100%確実な避妊法は存在しないわけだから、望むと望まないにかかわらず、妊娠可能年齢の女性がセックスすれば、たった1回でも妊娠は現実のものとなる。仮に妊娠を継続できない事情があれば、中絶はその個人にと ってはやむを得ない選択と認めざるを得えない。私は、若いという理由だけで頭ごなしに産むことを否定しているわけではない。理由はなんであれ妊娠をきっかっけに「産みたい」との欲求が沸き起こってきても不思議ではありませんし、ハイティーンであれば、身体 的には産むことへの障害はないといえるかもしれません。しかし、15歳以下のローティーンでは身体的に産むことはハイリスクとなる。
最近のテレビは「14才の母」のような特殊な傾向を題材に取り上げ、刺激過激をお茶の間に提供する態度に疑問を感じる。視聴率の為、それともテレビ局の発展のためとしかとれない。倫理観に欠けた、人の生死に関わる報道が多いのでつい興奮してしまい、愚痴になってしまう。しかしやっぱり過激な性的な題材が多い!普通の題材だと見る人も少ないという傾向が強まっている。私は反対派の一人で、特殊な話だから興味があって見ていない。しかし予告編といい。CMといい「14才の母」ほど、まんまと策略に乗せられた番組はあっただろうか、ありきたりの大人の恋愛ドラマは見飽きたので、視聴率は取れないのが現状。中学生の純愛を描いた「瑠璃の島スペシャル2007 初恋」が17,8%の視聴率を出し「14才の母」の平均視聴率1
8,7%に迫り、「たった一つの恋」の11,3%を大きく超えたことからも今の社会情勢を表している。しかし「瑠璃の島スペシャル2007 初恋」は主役の中2の成海瑠子ちゃんと中1の神木龍之介君の熱演が光「14才の母」よりもドラマは遥かにさわやかですがすがしく中学生らしい純愛が描かれていた今後の中学生ドラマの源本にもなりそうな作品だった。「。「14才の母」のドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きてiiいる。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。来年は14才以下の出産が2005年の42件を超えるととんでもない非難が出る。『5年経っても私まだ19だよ?いくらでもやり直せるよ』っていう未希(志田未来ちゃん)の言葉、甘すぎます!やっぱり安易です。安易すぎて腹が立ちます。はじめ智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は嫌いでしたが、今は智志(三浦春馬君)の母(室井滋)ほうが未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より現実的だと思うようになった。中学生が子供を産む事を美化・助長する内容で見るに見かねる一番最悪な単なるハッピーエンドである。障害はあったけど、最後は全部美化。一日で病気も治
る安易さ産婦人科医に問うと「一ヶ月に及ぶ戦いもある本等の産婦人科医や小児科医の苦労を描いてほしかったとプロの意思からも非難がでている。このドラマの、伝えたいことわからないので、教えてくださいと言いたい。


2007/02/05(月) 13:47:50 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省中教審が求めているのは個々なのだが川崎市のようなとんでもない過激な性教育地帯があり志田未来ちゃんは神奈川県出身の子役タレントという点も注目しておかないといけない。大人でさえ避妊失敗して望まない妊娠があるのに、子供に避妊とかいうのは恐ろしい性教育でありセックスを前提とした性教育になるのだ。子供はセックスしては駄目!ロリコン反対!性的虐待撲滅!このような目的はまったくドラマの中に盛り込まれていなかった。良いキャラクターは波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)や智志(三浦春馬)訓へ全国への警告のメッセージを発していて虐めではなくて高感度があり後半は未希(志田未来ちゃん)の命の恩人となりドラマの運命を大きく変えた。もう一人は智志の母(室井滋)が未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)を現実性では上回り、現実手金キャラクターだった。他のキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の叔父(河本準一)をはじめほとんどが不完全燃焼に終わった。「人
と違う道を歩くことがどんなに難しいか」と言うところが良い。 人と違う道を歩くこと自体は、別に悪くないが、子供が子供を産むことは、単なる「人と違うこと」では済まないのだ。結局このドラマの中の誰も、生まれてくる子の将来なんて考えてない。DQNカップル出産 → 中卒ワーキングプア DQN妊娠 ←子供も中卒DQNに ← 生活保護 少子化対策にもマイナスだ。 日本国が「14才の母」によりさらに荒廃まっしぐらになりそうな予感もする。タイトルじたいが超過激で釣りだった。ついつまらなくてもみてしまうしり上がりに手に汗握る展開になっていき名作入りのドラマになるチャンスはいくらでもあった。しかし「面白くてズート観て来たのに、最終回でガッカリした」という意見も多い。「 ハッピーエンドじゃないって雑誌の
コメントで読んだのに裏切られた」という人も多かった。 アンハッピーじゃない方が良かったとは言わないひとも、「もうちょっと上手な展開があれば」と思った人も多い。 志田未来ちゃんの親は学校にも行かせないでセックス万引きドラマ出させるんだから実の親事態も虐待もいいとこだ。志田未来ちゃんには妹いる。妹も芸能界入りさせるという。志田未来ちゃんと同じ道を歩ませるのは目に見えている。なおいじめ描写への批判なんかは虐められたことがある人や、虐め撲滅運動の人が熱心に叩いていたのでドラマに智志(三浦春馬君)や未希(志田未来ちゃん)の弟(小清水一揮)の虐め描写がでなかったのは正解だった。14才への批判では、虐めの件は普段はドラマ叩かないような人まで批判してる感じがした。「14才の母」はテーマ自体が問題だから批判がやむなしじゃなくて明らかに駄目で有害な作品になってしまった。どうせなら女王で中盤以降セックスなら納得いった。当然野島伸司は除いているよな?しかし野島的な終わらせ方も実は単にヌーベルヴァーグ映画とかに多い不条理的な終わらせ方を単に受け狙いで採用しただけの安直なものに過ぎないのだ。井上由美子自体も今回は脚本が振り回された感じだ。最低最悪の脚本家と言うイメージが付き名作「白い巨頭」を手がけた脚本家のイメージはもうなかった。『さっさと仕事やめてホームレスにでもなって志田未来と一緒に底辺の人生を生きればいいんだよ。志田未来も2度とテレビに出ずに不登校の学校に登校しろお前は「内申のためにクラブ入っています」なんていえる立場じゃないだろう。ろくすっぽ学校行ってなくて悲惨な成績とっているんだから』という怒りの視聴者の不満の声「14才の母」のスタッフ全員が反省すべきだ。西日本はまた1月7日放送のNNNドキュメントで放送された『もうひとつの「14才の母 」ドキュメント』再放送が入らないので東京の友人からビデオを送ってもらい見たが小戸とくべき日本を崩壊させる放送だった。番組では若年者の性行為や妊娠と言った問題に真摯に取り組む産婦人科医の活躍や実際に十代で出産を経験した少女らの実情を追う形式となっていた。詳細は省略すが、実際妊娠をしてしまった少女たちの多くが両親の離婚など家庭環境に恵まれず、愛情不足からそうした行動に走っている様子がよく分かった。ドラマの「14才の母」のように少女も少年も家庭環境に恵まれたケースは非常に珍しのだ。医師のもとにメールを送ってよこした援助交際がやめられないという少女は、いけないとは思っているがそうした状況のときだけ満たされる思いがあるためやめられないと訴えていた。なぜこのような援助交際が高校生ばかりが中学生や小学生まで低年齢化してきたのか。性教育が大きな原因である。性教育が行われなかった1970年代には援助交際と言う言葉さえなかったのだ。性教育の延長線上に援助交際は存在しているのだ。番組の最後のほうに、ある意味番組の馬鹿げた結論とも言える医師の言葉として中学生は性行為を行わないという前提で考えずにしっかりと避妊を教えるべきだということを言っていた。しかし、これは明らかにおかしいというより大間違いである。文部省がなぜ高校生以下の性行為は容認すべきではないという考えに基づいた性教育に切り替えたのか。よく考えないといけない。このような考えの性教育になるともう本当の性教育ではなくて自己抑制プログラムに近くなる。しかも医師の言っている愛情不足が原因であるのに解決方法が避妊教育と言うのは明らかに的外れな意見だと思う。愛情不足が原因であればその愛情不足をいかにして補うかが問われるのであって性行為を肯定し避妊を教える事では根本的な問題解決にならない事は明白である。この医師の言うことは大変な自体を招きまさに日本を崩壊させる医師である。エイズ予防=コンドームという図式も同様ですが多くのことが美名のもとに問題のすり替えが行われてい
る。 出生率の低下を受けて嫡出子と同様の権利を非嫡出子に与えるべきだとなどというのはその典型的な例と言える。そんな事をすれば同棲や不倫などを法的に認めるようなもので、家庭が崩壊していく先鞭をつける結果となる。



2007/02/06(火) 13:45:53 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省人間の遺伝子には、早い女の子は11歳普通は12歳から13歳で初潮がくるように設定されているが、生き残る競争が国際的にむつかしくなってきたため、たったの11年~13年では頭脳力を鍛えるには不充分になってしまった。だから私たちは11歳~13歳でセックスを始める人は明らかに「早過ぎる」のだ。日本では女性16歳以上、男性が18歳以上でなければ結婚が認められていない。その理由は生き残るためであることが分かったと思う。また女性を16歳に年齢制限しているのは初潮が始まっても子宮など胎児を育て安産ができる体になるには16歳はかかるからだ。だから法律でこのように認められている。女性なら最低16年、男性ならば裁定18年間はセックスのことを考えずに教育を受けて生きる力を身につけなさいということになる。この年齢以下で子供を作ってしまうことは、明らかに子育てに不利だ。まあ、中には一人くらいそのような国民がいても国はダメージを受けないが、全員が若い頃にセックスをして子供を生み落とすようになれば、日本は間違いなく世界に取り残され、超貧しい国となり国は崩壊して滅びる。現状としては最低でも大学レベル(22歳)までは恋愛やセックスをメインに考えず、教育を受け、生き残る力を身につけていかなければ、国際暴力社会で生きていくことが困難になってきた。ところが、遺伝子には11歳~13歳で発情するように設定されているから困ったものだ。発情し、恋愛に全てをささげたい、セックスしたいという本能の欲求に打ち勝って教育を受けなければならない。そう、今の時代は遺伝子の命令に反抗しなければ生 きていけないのだ。「14才の母」はこのような日本の社会の現状までも無視して作り上げた、とんでもないドラマであり2006年の14才以下の出産が42件以上になり今後、中学生や高校生の妊娠や出産が増え、エイズやSTD性感染症が増えるとると日本壊滅番組と叩かれるのだ。なおエイズやSTD性感染症はコンドームでも防ぐことはできない。避妊指導も安易に行うべきではないのだ。14才という低年齢出産を美化しただけのドラマだった。「14才の母」はほとんどありえない。1970年は300万人の女子中学生の中でわずかに12件、悪魔の教育となった性教育の影響で爆発的に増えて3倍以上になった2005年でも42件47都道府県の数にも満たないのだ。ただし今後は「14才の母」の影響や過激な性教育の影響で激増する危険性はあり同時に日本が崩壊する危険性もはらんでいる。子供を生む事で母とは言えない。生命を育むことで「母」になるのであって、14才でその資格も能力もない。『あたしは13才ですけど、14才の母を見たからって、たとえ彼氏との間にできた子供を産もうなんて思いません!!大人はもし娘にこのTVを見さすとデキちゃった時産む!とか言うっていう考え方はないと思いますよ。私はすくなくともTVを見てそう感じません。私が作ってるサイトにも普通産まないよ~。ってみんな書いてるし・・・。まあ大人が思ってる以上にTVに私達は影響されてないですよ。みんなゴムつけろよ。とか言ってます』公式掲示板の沙智さんの書き込みを読んで、ますます心配になった。>ゴムつけろよ・・・ってことは、ゴムつければ性関係を持つと言う ことだ。>私が作ってるサイトにも普通産まないよ~。ってみんな書いてるし・・・。産まないと言うことは中絶すると言うことだ。書き込みから中学生同士の性関係が増えていることを知って、ますます心配になった。早い性関係は決していいものではない。私が言いたいのは結婚するまでは純潔を守るということ。ぜひ自分を大切にしてほしい。またコンドームではエイズも性感染症も防げません「14才の母」は14才の妊娠がテーマですがエイズをテーマにしたドラマでは最近はコンドームの問題も取り上げられています。コンドームは避妊は出来てもエイズもSTD性感染症も防げませんコンドームは性教育の大きな問題点となっておりセイフティーなセックスは現性医学段階は不可能なのだ。結婚まで純潔を守る以外方法はないと警告がされている。性感染症の原因は早くわかっても治療法は見つかっていない。本当に日テレが全 国の中学生に自己抑制や生の価値観や尊さを伝えるメッセージとしては描けなかった。個々に問題点が残る。 今の社会では、14才、15才での妊娠の可能性は悪魔の教育となった性教育によりはるかに昔に比べて起きうる出来事になっている。 今の教育の今後の改善点だ。だからこそ、現実の大変さを教える番組になってほしいと真剣に思ったが残念だ。また、大人や性教育を過激に行っている教育現場の教師も、そのような社会になった責任をもっと感じるべきだ。大人(特に教師)が一番反省すべきだと思う。14才の母、が今後は自己抑制の役目は果たせず逆に中学生の性を暴走させることは確実だ。お花畑の最悪のハピーエンドで、見た中学生が、「14才でも子供を産んでいいじゃんか」と思わさないような指導が今後は教育現場の先生に求められ「14才の母」のドラマを子供の考えから打ち壊す指導が必要になるだろう。



2007/02/07(水) 13:57:53 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。このドラマの話題の超過激な主人公を演じている志田未来ちゃんはどんな子なんだろうか調べてみると恐るべき事実が覚醒した。インターネットで最新情報が入り一番信頼性があるフリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』で志田未来ちゃんを調べると「『14才の母』の収録が終わったあと、母親役の田中美佐子と更衣室 で着替えていたときに、突然パンツ1丁で自作の歌を歌いながらおかしな踊りを踊り出したことがある。」これは志田未来ちゃんが普 通の中1とは思えない面がある。普通の中1は私も良く離しているがまだ子供であり純真なものである。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえタイトルのインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。

2007/02/08(木) 14:51:43 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」反省「14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。高卒で子育てして、働きながら勉強など受験に受かっても、女は25過ぎたら就職口なんて無い。それも無名大学なら書類ではじかれるでしょうに。だったら勉強せずに頑張ってパートから正社員に上がる方を選ぶ方が道は開けるのだ。いつでも勉強できるなんて、お花畑もいい所だ。働いた事がないから、働きながら勉強するなんて言えるんだ。現実と何一つ即して無いのに、現実と戦ったフリ。まさにお話の世界。公式BBS見てみると、続編希望者が十代に多くいた。三十代からは希望者はいなかった。十代はこのドラマの続編希望どうして希望するするか理由が書かれていない。感動した。おもしろかったの理由だ。三十代以上の続編はないほうが言いのほうは現
実と食い違いが激しすぎる。と理由は具体的に書かれていた。私も続編は希望しない。「14才の母」は近年まれにみる低視聴率に喘いでいる日テレの水10枠を高視聴率に切り替える必死さが伝わってくるドラマに見えた。高視聴率は子供と性について一緒に考えるのではなく公式掲示板の書き込みからは、子供の性への好奇心や性欲が大人の恋に勝ったってことだろう。最初から最後まで自分の事しか考えられない今が良ければいいとかそんな感じだ。結局はそれだと思う。なんかそこんとこうやむやにして純愛とか言うものには欠けていた。またテーマの命の尊さを伝えるにはインパクトがラストになくお花畑になり伝わらなかった。母としてもキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。普通の家庭で育ってたり、親と一緒に見てたりとかしてれば、そんなことは考えないし、考えても実現の可能性はゼロだって分かるんだけどああいう書き込みって本心というか願望にも聞こえる。本心だとしたら、本人が可哀想であり 親が無関心ってことだがいずれにしても大変な自体に発展しかねない中学生の出産は1970年は12件だったが悪魔の教育、性教育により3倍以上の42件に激増したがまだ47都道府県の数には至っていない。日本テレビのドラマ「14才の母」は12月20日で11話全部が終了した。志田未来ちゃん(13)が演じる未希ちゃんが産むのか、産まないのか、ドラマがどう展開されていくのが主なストーリーであり低年齢出産のハイリスクを伴う出産がテーマだった。プロの産婦人科医として若年妊娠を見続けてきた医師にドラマの感想を聞くと私は何か心が晴れない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない。 たった一度であっても、セックスが行われれば妊娠や性感染症を引き受けるという教育はおざなりでありながら、結果として起こった妊娠に対しては、突如として「愛」だの「命の大切さ」だのと強調するメディア。これが怖いのだ。プロの医師に聞くと診療の場でもよく見受けられる光景です。中学生はめったにないが高校生のカップルに「妊娠」を告げながら「どうするの?」と問いかけると、決まって返ってくる言葉が「中絶!」。教育的な意味合いも込めて「中絶しか選択肢はないの」と尋ねると、「だって僕たち高校生ですよ。産めるはずがありません。経済力もないし、育児には自信がない」と。「君たちが高校生だってことは今に始まったことではない。妊娠する前から、セックスする前から高校生なのだ。妊娠したからといって急に高校生になるのはおかしくはないか」と諭すように語りかける医師の言葉の虚しさを私も感じる。「人間なんてそんなものです」と言ってしまえば元も子もないが、これではあまりにも無責任だ。ドラマの採り上げ方だけでなく展開についても十分に配慮はされていたが、内容は現実とが学校の教師や家庭、プロの産婦人科医と賭けかなれていた。私は「14才の母」を反対者の立場から毎週見てビデオも前11話録画した。公式掲示板には反対なら似なくていいという書き込みが見られたが反対意見が掲示されない掲示板であることをいいことにして多くの反対者の視聴者に対してあまりにもこの書き込みは失礼だ。特に注目されたのは第9話だ「14才の母、
出産」というタイトルに惹かれて思わず見てしまったという人が多くいた。しかし、生まれてこなかった。1時間、まるまる志田
未来演ずるが主人公が苦しんだまま終わったことは奨励できる。14才の出産のハイリスクが良くわかり危機感もよく伝わり第10話の高視聴率21,2%に結びつけた。 全国の中学生に14才の出産が以下に危険であるかかなりの自己抑制効果を出した。それはともかく、どうなんだろうか、このドラマ。役者一人ひとりは基本的に問題ないと思う。だけど、いかんせん、脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。
2007/02/09(金) 14:03:37 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作14才の母批判
○ 追跡21世紀最大の超問題作14才の母批判 個人的に「14才の母」をビデオで見返して、感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はなかった。ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版で締めくくらせればもっと印象がよくなったように思う。井上真由美さんの脚本は決して上手ではない。脚本が弱すぎて多くの問題点が出てしまった。未希が戸籍の話をする場面とかはもう完全に大人は分かりきっていることで中学生に見せるなら放送時間を9時に繰り上げるべきだ。放送時間もテレビ局は考えていなかった。多くは腑に落ちない部分ばかりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。このドラマに寄せられている批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、とい
う台詞があった。これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピール
しつつ、でも、それだけじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。それでも、最終回 の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。堂々巡りの議論こそが若年での出産ということの本質なのかもしれないけど、2時間尺の作品ならまだしも、連続ドラマとなると、歯切れのいい結末とはいかなかった。「14才の母」はドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。第10話も最終回拡大版も、こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていなかった。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、この回はアップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。このドラマの本当の山場は金八の「15歳の母」と違い、出産することまでがすべてで15歳と14歳の違いを出すことにある。出産その後は描く皮膚用はない。未希たち
がどうなったかを描いても頂点は同じでハピーエンドにしかならない。もしかしたら、視聴率が高いということから、本当は未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんの命の選択でどちらかが死亡のとことが高視聴率でありきたりのハピーエンドになってしまったのかもしれない。1話延長になった意味がない。この内容なら、第10話をそのまま最終回にして、拡大版か何かで終わらせてしまったほうがすっきりとまとまっていた。未希(志田未来ちゃん )の両親(生瀬勝久 田中美佐子)は甘いな。加奈子(田中美佐子)は未希(志田未来ちゃん)と散々、話し合ったって言っているけど、それほど話し合っているとも思えないし、意外と案外、素直に未希(志田未来ちゃん)の「産みたい」という願いを聞き入れてしまった、という印象を受けた。忠彦(生瀬勝久)のほうはギリギリまで食い下がっていた 。この姿こそが現実の親の姿だ。しかし、この人もイマイチ押しが足らない。「縛り付けてでも手術を」と言っているんだけど、母親
に反対され、あっさり折れる。このような、お父さんじゃ、娘に人工中絶させるのは無理だ。また中絶を描くと中学生に中絶推奨になるので絶対にいけない。しかし出産は直いけない行為だ。
14才では命にかかわるケースが多い。子供の親の像も年々変わっているのだろうけども、私は個人的にもっと親は厳しく描いてもよかったのではないかと思う。人の深刻の度合いは分からないから一概には言えないと断りを入れておきながらも、厳しく接して、トコトンまで対立して向き合うことで、今回のような結論に至るならまだしも、簡単に決めすぎていたのでは、という気がする。ドラマの流れは、つなぎみたいなお話で、前回のつながりがうすく激動の展開はなかった。14才の母、出産だけは多くの人に緊迫感を与え次回の21,5%の高視聴率につなげた。しかし第10話には激動もなく、話自体、最悪のハピーエンドに向かっていった。だから、演出を第9話のみ登板となるはずの山下学美さんに任せたのもうなずける。出産前は、山を次回以降に持ってくるつもりだが、前後が結びつかない。戸田菜穂演じる妊婦を登場も、これから未希(志田未来ちゃん)に訪れるであろう苦難を暗示させる物ではなかった。それを見た未希(志田未来ちゃん)不安を感じるどころかほっとした感じ実見えた。やはり、安産では次回への伏線に結びつかない。第8話の大きなテーマとなったのは、自分の命か赤ん坊の命か、どちらを取るかということ。この結論に関しては、最終回までの流れを見てもドラマは無茶苦茶になって分からなかった。もっと究極の選択をさせるべきだ。正しいことを言っていた桐野家の方が逆に一ノ瀬家以上にもとんでもないことになっており、桐野静香(室井滋)の会社は倒産寸前になり、智志(三浦春馬君)が反抗的な面が見えて幹の立場をよく考えた発言をしていたがこれが第10話でありえない発言をしてしまい最終回にまた同じ発言を繰り返すという矛盾点。脚本が無茶苦茶である。
2007/02/10(土) 12:50:25 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 中教審が求めているのは個々なのだが川崎市のようなとんでもない過激な性教育地帯があり志田未来ちゃんは神奈川県出身の子役タレントという点も注目しておかないといけない。大人でさえ避妊失敗して望まない妊娠があるのに、子供に避妊とかいうのは恐ろしい性教育でありセックスを前提とした性教育になるのだ。子供はセックスしては駄目!ロリコン反対!性的虐待撲滅!このような目的はまったくドラマの中に盛り込まれていなかった。良いキャラクターは波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)や智志(三浦春馬)訓へ全国への警告のメッセージを発していて虐めではなくて高感度があり後半は未希(志田未来ちゃん)の命の恩人となりドラマの運命を大きく変えた。もう一人は智志の母
(室井滋)が未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)を現実性では上回り、現実手金キャラクターだった。他のキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の叔父(河本準一)をはじめほとんどが不完全燃焼に終わった。「人と違う道を歩くことがどんなに難しいか」と言うところが良い。 人と違う道を歩くこと自体は、別に悪くないが、子供が子供を産むことは、単なる「人と違うこと」では済まないのだ。結局このドラマの中の誰も、生まれてくる子の将来なんて考えてない。DQNカップル出産 → 中卒ワーキングプア DQN妊娠 ←子供も中卒DQNに ← 生活保護 少子化対策にもマイナスだ。○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 中教審が求めているのは個々なのだが川崎市のようなとんでもない過激な性教育地帯があり志田未来ちゃんは神奈川県出身の子役タレントという点も注目しておかないといけない。大人でさえ避妊失敗して望まない妊娠があるのに、子供に避妊とかいうのは恐ろしい性教育でありセックスを前提とした性教育になるのだ。
2007/02/11(日) 13:33:53 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判正しいことを言っていた桐野家の方が逆に一ノ瀬家以上にもとんでもないことになっており、桐野静香(室井滋)の会社は倒産寸前になり、智志(三浦春馬君)が反抗的な面が見えて幹の立場をよく考えた発言をしていたがこれが第10話でありえない発言をしてしまい最終回にまた同じ発言を繰り返すという矛盾点。脚本が無茶苦茶である。波多野卓(北村一輝)も何か今回の一件には思うところがあって、驚異の嗅覚で一ノ瀬家と桐野家をかぎまわっているのはこのドラマで唯一現実的なキャラクターで人気は回を追うごとに上がっていった。この波多野卓(北村一輝)のキャラクターも井上真由子の脚本と大きな変更があり標的は脚本では未希(志田未来ちゃん)だったが智司(三浦春馬君)に変更されていた。このドラマは全10話から1話延長と異例の措置はいらなかった。前クールの「CAとお呼びっ!」の倍近い視聴率を記録し
てもこれだけ大きな非難がでてはドラマの価値がない。一ノ瀬家のやっていることはまるっきり理想論である。すべてを金で片付けたくない、と桐野静香(室井滋)からの示談金を受け取らなかったりしたあたりとか、未希が父親なしでも何とかやっていけるとやや軽々しく口にしてしまったりするあたりとか、ものすごくやっていることは理想論だ。現実はそういかないだろう。それに加え、学校側とか、マスコミ側とか、もう少し波風を立ててもいいところを意外とすんなりと収束に向かわせて、家族のドラマに
シフトさせてしまった。呆気なさを感じる。このドラマは脇役のキャラクターも回を追うごとに現実離れした。一ノ瀬家の理想論
に巻き込まれた。加奈子(田中美佐子)と静香(室井滋)の意見の対峙は、この14才の出産ということに対する現実と理想を対じ、しきれていなかった。加奈子(田中美佐子)の言う、子どもは自ら自分の人生を切り拓いていくのだから、子どもの決意を親と
しては応援したい、金ですべてに片をつけるということは間違っているということ。そして、静香の言う、14才の子どもに出産を
許す親は甘い、世の中を渡っていく上でお金がどれだけ大事なのかということ。加奈子(田中美佐子)の言っていることは理想論、静香(室井滋)の言っていることはまさしく現実だ。静香(室井滋)の方が現実は正しい。正しい方を不幸のどん底にする描き方は脚本家がフェミニストでジェンダーフリー支持者であることが良くわかる。視聴者に考える場を提供するという点で考えれば、このあたりが落としどころだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶
しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。



2007/02/12(月) 15:05:55 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判最近のテレビは「14才の母」のような特殊な傾向を題材に取り上げ、刺激過激をお茶の間に提供する態度に疑問を感じる。視聴率の為、それともテレビ局の発展のためとしかとれない。倫理観に欠けた、人の生死に関わる報道が多いのでつい興奮してしまい、愚痴になってしまう。しかしやっぱり過激な性的な題材が多い!普通の題材だと見る人も少ないという傾向が強まっている。私は反対派の一人で、特殊な話だから興味があって見ていない。しかし予告編といい。CMといい「14才の母」ほど、まんまと策略に乗せられた番組はあっただろうか、ありきたりの大人の恋愛ドラマは見飽きたので、視聴率は取れないのが現状。中学生の純愛を描いた「瑠璃の島スペシャル2007 初恋」が17,8%の視聴率を出し「14才の母」の平均視聴率18,7%に迫り、「たった一つの恋」の11,3%を大きく超えたことからも今の社会情勢を表している。しかし「瑠璃の島スペシャル2007 初恋」は主役の中2の成海瑠子ちゃんと中1の神木龍之介君の熱演が光「14才の母」よりもドラマは遥かにさわやかですがすがしく中学生らしい純愛が描かれていた今後の中学生ドラマの源本にもなりそうな作品だった。「14才の母」はテーマが重過ぎて異次元の世界となり作品自体が現実的に描いてもドラマにはなりにくかった。脚本のひどさに多くの教育現場や医療現場からも非難が出た。性教育推進派の行っている。「今時の子どもはそれだけ体格もよくなってきていて発達しているから、見ておいた方が参考になるかもしれませんね!!」というのは大嘘である。1950年から1970年までは男女共に身長は一気に15cm平均身長は伸びているが1970年から1985年に掛けては1,3cmしか延びておらず1980年からは伸び悩んでいる。当然所長も精通年齢も1970年からはほとんど変化はないのである。性教育推進派が勝手に言っているだけだ。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。金八先生の「15歳の母」では、、生徒に討論させる場面があったがこれは明らかに現実離れ。金八のようなジェンダーフリーのキチガイじみた討論は今の時代なら大きな非難が出ていた。この問題点は見事にクリアしていた。だけど、「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生徒が出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」両方ともありえないドラマになった。そして最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析したいとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。正、公式掲示板は正当な反対意見は不適切発言として受け付けないから、「すごく感動しました」っていう十代の子供たちの書き込みばっかりだった。このドラマは、こちらの地方では子供は時間の都合で従事までには小学生は寝ないといけない。中学生も勉強の真っ最中だ。小学生や中学生の子供は、ドラマをあまり見たことがないのだ。十代の意見が中学生となって書き込まれている公式掲示板が不思議でならない。保護者は多く見て注目したから視聴率は跳ね上がった。中学生が本当に多く見てると「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。
2007/02/13(火) 13:11:57 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 個人的「14才の母」をビデオで見返して、感じたこととしては 、1話分を延長させる必要性はなかった。ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版で締めくくらせればもっと印象がよくなったように思う。井上真由美さんの脚本は決して上手ではない。脚本が弱すぎて多くの問題点が出てしまった。未希が戸籍の話をする場面とかはもう完全に大人は分かりきっていることで中学生に見せるなら放送時間を9時に繰り上げるべきだ。放送時間もテレビ局は考えていなかった。多くは腑に落ちない部分ばかりで、
トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。このドラマに寄せられている批判をある程度汲み入れようということ
で、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も
分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それだけじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。それでも、最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたよう
に思う。堂々巡りの議論こそが若年での出産ということの本質なのかもしれないけど、2時間尺の作品ならまだしも、連続ドラマとなると、歯切れのいい結末とはいかなかった。(結局最悪の中学生に出産を推奨するお花畑のハッピーエンドになってしまったのは非常に残念である。「14才の母」は命のテーマからして、もっと遥かに厳しい結末になるのが普通なのだと思ってたがまた厳しいバッドエンドになればこのドラマは歴史煮のころ名作になり中学生への自己抑制のメッセージになっていた。最終回のハッピーエンドでドラマはこれまで積み上げてきたものが音を立てて崩れ去った。「命の尊さ」のテーマも「愛するために生まれてきたの」のテーマもあのエンドでは生きない。パピーエンドに批判や疑問を持つ人が増えるのは当然だ。本来なら14歳で子供を産んではいけません的な要素を持たせるべき自己抑制のメッセージにしないといけないがこれは逆だ。志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるという中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。志田未来ちゃんの演技力が高いだけに14才でも子供ができても、やっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力があった。志田未来ちゃんの演技直の高さが招いた悲劇である。志田未来ちゃんの演技力の高さを生かしてバッドエンドにすればこれは全国の中学生へ非常に強い自己抑制のメッセージになっていた。この辺が微妙なとこだ。「14才の母」のドラマでは相変わらず、未希(志田未来ちゃん )の両親(生瀬勝久 田中美佐子)は甘いな。加奈子(田中美佐子)は未希(志田未来ちゃん)と散々、話し合ったって言っているけど、それほど話し合っているとも思えないし、意外と案外、素直に未希(志田未来ちゃん)の「産みたい」 という願いを聞き入れてしまった、という印象を受けた。忠彦(生瀬勝久)のほうはギリギリまで食い下がっていた。この姿こそが現実の親の姿だ。しかし、この人もイマイチ押しが足らない。「縛り付けてでも手術を」と言っているんだけど、母親に反対され、あっさり折れる。このような、お父さんじゃ、娘に人工中絶させるのは無理だ。また中絶を描くと中学生に中絶推奨になるので絶対にいけない。しかし出産は直いけない行為だ。14才では命にかかわるケースが多い。子供の親の像も年々変わっているのだろうけども、私は個人的にもっと親は厳しく描いてもよかったのではないかと思う。人の深刻の度合いは分からないから一概には言えないと断りを入れておきながらも、厳しく接して、トコトンまで対立して向き合うことで、今回のような結論に至るならまだしも、簡単に決めすぎていたのでは、という気がする。
2007/02/14(水) 13:05:23 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判『14才の母』 第11話全部ビデオで見直したがテーマの主流である【命ってなに?】命は奇跡!ということはまったく伝わっていなかった。脚本が弱すぎるのだ。「奇跡なんだね。そらが生まれた事も、私がお母さんのところに生まれた事も。何万分、何億分の一の奇跡。命って奇跡なんだね。」って主役の未希(志田未来ちゃん)自体がドラマを自分から美化しているようなものだ。未希(志田未来ちゃん)がそらちゃんを、はじめて抱いた時のやりとりで、「(2580gの)赤ちゃんはもうすでに重い。みんなの愛情がつまってる証拠、それと、きっと、未来の希望も、つまってる。」と母親(田中美佐子)に言った時、なぜ未希(志田未来ちゃん)の母は泣いてしまッたのはドラマを美化しすぎて現実離れしすぎている。 たしか、未希(志田未来ちゃん)という名前の由来が、未来への希望だったし「そら」という名前も共通点がある。だからこそ、お母さんは号泣してしまうではなくて「貴方は14才で子供を産んだことを忘れるな」と厳しく突き放す方が現実性が出てくるのだ。1970年の週刊誌にも「14才の母」の記事が出ていたが苦労捨て子供を産み運良く母子ともに3ヶ月もたって退院した。しかし2年間苦労して育てていた子供が2階から転落して死亡する事故がおきてしまったのだこの事故でこの少女は「14
才の母」というタイトルで週刊誌にスクープされ有名になった今でも47都道府県に1人以下の確立でないと出現しない14才の母はスクープスレだ大変な特種になり波多野卓(北村一輝)が追跡調査記事を書き始めたことも良くわかる。個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。 ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。ドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。来年は14才以下の出産が2005年の42件を超えるととんでもない非難が出る。『5年経っても私まだ19だよ?いくらでもやり直せるよ』っていう未希(志田未来ちゃん)の言葉、甘すぎます!やっぱり安易です。 安易すぎて腹が立ちます。はじめ智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は嫌いでしたが、今は智志(三浦春馬君)の母(室井滋)ほうが未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より現実的だと思うようになった。中学生が子供を産む事を美化・助長する内容で見るに見かねる一番最悪な単なるハッピーエンドである。障害はあったけど、最後は全部美化。一日で病気も治る安易さ産婦人科医に問うと「一ヶ月に及ぶ戦いもある本等の産婦人科医や小児科医の苦労を描いてほしかったとプロの医師からも非難がでている。


2007/02/15(木) 14:02:15 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 ドラマ「14才の母」はドラマをバックラッシュさせると、打算も何もなく純粋に相手をいとおしく思った結果のセックス=妊娠、打算はなかっただろうけど、純粋なのならなおさら怖い「これっていけないことかな」この言葉から未希(志田未来ちゃん)はもうセックスは知っていたのだ。 嫌な言い方だけど、好奇心か、性の衝動が抑えられなかった結果の妊娠としか思えない。このことからは波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)を叩く理由は十二分にある。一円も稼げず、義務教育を受けなければならない身で子供産むなんて無責任なのだまたあっさりそれを認めた両親もどうかしている。むしろ、智志(三浦春馬君)に絡んでるのが的はずれ。小野寺学校長にしても、私立の学校を首にしたところで、学校側が非難されるはずがない。「14才の母」は家族構成から大きく図テレいる。初めの脚本、一ノ瀬家は父、母、兄、未希、弟=本編は父、母、未希、弟の4人家族となった。初めのころの構図とここから大きく変わってドラマの内容も一転2点3点している。予告編のこれほどずれたドラマは過去にはなく、予告編は視聴者の釣りだと見る人がかなり多くなっている。ハッピーエンドだけは絶対やっちゃ駄目だ。スタッフは心を鬼にして社会的に責任をおわす形がベストだ。「たった一つの恋」とは視聴率も2倍も高く多くの人が注目している視聴率は反対派があまりに過激なタイトルに心配したドラマを注目してみた結果高視聴率になった。反対派の人たちに嫌だったらドラマは見るなというのは大変失礼だしとんでもないことだ。私はこのドラマの大きな反対派だがビデオ録画を第1話から全部録画しておりドラマを分析して感想を書いている。 ドラマが完全に終われば11話を通してみて観想を総集編として書いて出すつもりでいる。最終回が放送される。予告編の内容からパピーエンドの奈脳性が高まり。糞ドラマになり中学生のセックスや出産の番組になる可能性が高まり怒りを感じている人が多くいる。私は両方助かってハピーエンドは反対だ。虐めや自殺する子供たちは両者が助かりはピーエンドとなると。命を一度失ってもまた生まれ変われると逆効果が起こり自殺を逆に助長するようになるからだ。また中学生の性の暴走に拍車を掛ける恐れもある。両者が助かってはピーエンドだと逆に命の尊さは伝わらず。虐められると自殺して生まれ変われると信じて自殺を助長してしまうのだ。また子供を作ってもいいという性の価値観がなくなる中学生が増える。ラストは
未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんか、どちらかが死亡するバッドエンドでないドラマは壊れる。赤ちゃんがもし亡くなっても、未希(志田未来ちゃん)の原因で低年齢出産の為急死だったら納得でき自己抑制には一応なってくる。すべての原因は低年齢出産=14才=未熟。未希(志田未来ちゃん)を死亡させるほうが良いのだが、赤ちゃんを死なす結末は良くないけど、こうしないと命〕を感じ取れない。「たったひとつの恋」みたいなおわらいドラマのパピーエンドにはなってほしくない。「14才の母」は「たった一つの恋」とは違い衝撃的な過激なタイトルと金八の「15歳の母」とは違った方向でこれまで高視聴率をたたき出したドラマだ。それだけにどんなラストになるのか多くの反対派の人も注目して今日は多く見るのだし視聴者みん
なが納得するには絶対にハピーエンドになってはいけない。ドラマ全体が、ファンタジックなこういったドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。毎回こんな感じで引っ張ってしまい、さらには最終回拡大版ということの意味はまったくなかった。こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていないように思う。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、アップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。もっと第10話から11話まで命がけの戦いを描くべきだった。ドラマの本当の山場は、ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的なハイリスク出産の場面はあったが、出産後、未希(志田未
来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「 愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。特に小児科医(反町隆史)はもっと赤ちゃんとの命の戦いを時間を割いて描くべきじゃないかったかな。もしかしたら、視聴率が高いということから、これだけ描ければもういい矢という番組関係者の甘い考えがあったのかとも思える。
2007/02/16(金) 12:47:07 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 一ノ瀬家のやっていることはまるっきり理想論である。すべてを金で片付
けたくない、と桐野静香(室井滋)からの示談金を受け取らなかったりしたあたりとか、未希が父親なしでも何とかやってい けるとやや軽々しく口にしてしまったりするあたりとか、ものすごくやっていることは理想論だ。現実はそういかないだろう。それに加え、学校側とか、マスコミ側とか、もう少し波風を立ててもいいところを意外とすんなりと収束に向かわせて、家族のドラマにシフトさせてしまった。呆気なさを感じる。このドラマは脇役のキャラクターも回を追うごとに現実離れした。一ノ瀬家の理想論に巻き込まれた。加奈子(田中美佐子)と静香(室井滋)の意見の対峙は、この14才の出産ということに対する現実と理想を対じ、しきれていなかった。加奈子(田中美佐子)の言う、子どもは自ら自分の人生を切り拓いていくのだから、子どもの決意を親としては応援したい、金ですべてに片をつけるということは間違っているということ。そして、静香の言う、14才の子どもに出産を許す親は甘い、世の中を渡っていく上でお金がどれだけ大事なのかということ。加奈子(田中美佐子)の言っていることは理想論、静香(室井滋)の言っていることはまさしく現実だ。静香(室井滋)の方が現実は正しい。正
しい方を不幸のどん底にする描き方は脚本家がフェミニストでジェンダーフリー支持者であることが良くわかる。視聴者に考える
場を提供するという点で考えれば、このあたりが落としどころだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった。
志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成 だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は
、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や
未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも1
4才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。でも47都道府県に1人以下の確立でないと出現しない14才の母はスクープスレだ大変な特種になり波多野卓(北村一輝)が追跡調査記事を書き始めたことも良くわかる。個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。 ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。ドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起 きている。
2007/02/17(土) 12:34:20 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 金八時代とは時代が違うから過激な性教育やジェンダーフリーの面は徹底的に控えないといけない。生徒の言葉は比喩な用語で十分視聴者は理解できる。性的用語、セックス、性交、H、コンドーム、ピル、ペニスやワギナといった言葉は金八のように言わせない。控えないといけない。セックス表現では彼氏とやった、結ばれたと比喩的な表現が必要だ。これで十分にわかる。避妊については触れないこと多くの中学校は受精と妊娠は教えても途中課程での性交や避妊は扱わないことになっているからだ。避妊指導は危険だなコンドームでは避妊は出来てもエイズやSTD性感染症は防げず逆に蔓延させて女性だけでなく男性も不妊症にさせる妊娠以上に危険リスクがある。今の間違ったコンドーム一点張りの性教育が唯一先進諸国で日本のエイズやSTD性感染症を増やしている原因だ。『初めまして、こんばんは。私は17歳男子高校生です。先程、貴ブログを検索サイトでふと見かけ、10月の記事を見ると衝撃的なタイトルのドラマが…。「14歳の母」、頭の中が真っ白にになりました。民放大手の日本テレビがそんなふしだらな番組を作るとは思ってもいませんでした。もはや日本テレビは視聴率を稼ぐ事にしか念頭を置いていないのでしょうね。あれほど日本テレビを信用していた矢先でした。現代社会にはびこる「物質主義」の象徴ともいえる今回の日テレの行為。視聴率優先、内容後回し。子供の教育者であるはずの大人たちがこのような破廉恥
な番組を作ってるようでは、将来の道徳・モラルの向上は不可能でしょう。保守派の私は未成年の性交は反対です。親、学校、放送局がもっと道徳や倫理を教えることに力を入れれば防げるのではないか。でも人間は人間。ロボットとは違い、感情が生まれながらにして備わっているのです。だから多くの人、特に発達段階の未成年が淫行行為の被害者になってしまう危険性が高いのです。一番大切なのは大人、特に親のしつけや学校教育は子供の将来を左右します。指導者であり教育者でもある立派な大人があのような番組を制作するのはいかがなものか。ひとつ間違えば大変なことを起こしかねません。そうなればの親は泣き、やり場のない怒りにさいなまれることでしょう。一生ただただ後悔するだけ。言語道断そのものです。健全な教え方や切り口での「純潔教育」はもう存在しないのでしょうか。本当に残念としか言いようがありません。親自体もその権力を失ってしまいました。学校教育も子供の非行防止を防いでいるわけではありません。メディアの優等生といわれてきたテレビ放送も、これでは子供にかえって悪影響です。健全な番組は少数派になったとすら思います。ああ、堕落した日本社会、一体どうなるのやら。これも時代の流れなのか。私たち人間にはどうにもできません。』 14才の母の公式掲示板に送られていたメールである。今後はもっとドラマの現実社会にも迫らないといけない。。「14才の母」はなぜか後味の悪い放送になってしまった。これは日本の危機だ。今のテレビは腐っている。マスコミもスポンサーや自分たちの不祥事は隠蔽する傾向にある。それでいて他の事件は偉そうに報道している。こんなテレビじゃ子供から見ても「大人はクズ」と感じてしまう。子供が大人を尊敬できない時代だから子供のモラルも低下し日本の品格もがた落ちなのだ。全部責任は今の大人にある。大人は子供に偉そうなことをいう前にきちんとした見本を見せろ!今の親は子供のやったことはすぐにマスコミやメディアやゲームのせいにする親が多い。教師も学校の性教育を反省しない。大人がこんなことじゃ子供もカスに成長する「子はカスがいい」とはよく言ったものだ。今の大人はどうにかしてる。なんでもかんでも人のせいにして自分の責任だと認められない大人が多すぎる。亀田も子役も料理も全部金づる扱いです。今日の「14才の母」のような美化の仕方はよくない。後味が悪くて眠れない視聴者もたくさんいるのだ。こんなことすれば脚本もグダグダになる。 なんでそんなことするのか?いい作品にしたいなら反対派の意見の方をマンセ ー派の意見よりも良く聞け!このようなテーマは正しい結論はあるが間違ったことを正当化して美化するようでは、どうせ正しい答えなんてないんだから。「14才の母 愛するために生まれてきたの」のせっかくのテーマが台無しじゃないか。本当に腹立つ!ドラマは感想は見ないと掛けないから最後まで見るが、家族が話し合うきっかけになればとか言ってたが十代の妊娠や性について「14才の母」を見て親子で話合うのは無理だ。波多野卓(北村一輝)だけが今は唯一現実性を保っているキャラクターだ。 しかし今のままでは主人公に全然共感持てないしリアルでなくてきもいだけだ。波多野卓(北村一輝)編集長の平和ボケの飽食日本を憂 う愛国?の情に共感する人が回を追うごとに憎まれ役の味方やフェアンが逆に増えたのは現実味があるキャラクターに偶然に仕上がったためだろう。過去に何があって真実を追求してた正義感溢れる戦場ジャーナリすトがゴシップばかり追いかける三流ジャーナリストになったのかそのほうが興味ある。最後主人公に影響されて純な心を取り戻し初心に帰るという脚本だけはやめてくれ。最後まで一ノ瀬家を追い詰めるハイエナ編集長の悪に徹して欲しい。本当に発展途上国の方が社会や人間は腐敗してるわけで。 彼がジャーナリズム振りかざしてやってることは単なるイジメではなく中学生への警告だからだ。個人名が安易に想像できるような記事を書いて正義を語られる憎まれ役だが逆に好感が出るのは何か現実性があるためではなかろうか。単に正義感ふりかざして取材をしている記者ではないのだ。取材先に莫大な迷惑をかける、なんてまさにマスゴミという設定も現実への皮肉も効いてる。まさに今の中学生へのこれ以上の警告はない。 現実的には「14才の母」は内容は本当は18禁にすべき番組だ。最後の終わり方は現実では「ありえない」。普通は男の方の両親も健在の場合が多いからこんなに綺麗にまとまるわけない。最後の写真の場面は性交を助けるドラマとしか見えない。


2007/02/18(日) 15:45:29 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 日本テレビのドラマ「14才の母」は志田未来ちゃん(13)が演じる未希ちゃんが産むのか、産まないのか、ドラマがどう展開されていくのが主なストーリーであり低年齢出産のハイリスクを伴う出産がテーマだった。プロの産婦人科医として若年妊娠を見続けてきた医師にドラマの感想を聞くと私は何か心が晴れない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない。たった一度であっても、セックスが行われれば妊娠や性感染症を引き受けるという教育はおざなりでありながら、結果として起こった妊娠に対しては、突如として「愛」だの「命の大切さ」だのと強調するメディア。これが
怖いのだ。プロの医師に聞くと診療の場でもよく見受けられる光景です。中学生はめったにないが高校生のカップルに「妊娠」を告げながら「どうするの?」と問いかけると、決まって返ってくる言葉が「中絶!」。教育的な意味合いも込めて「中絶しか選択肢はないの」と尋ねると、「だって僕たち高校生ですよ。産めるはずがありません。経済力もないし、育児には自信がない」と。 「君たちが高校生だってことは今に始まったことではない。妊娠する前から、セックスする前から高校生なのだ。妊娠したからといって急に高校生になるのはおかしくはないか」と諭すように語りかける医師の言葉の虚しさを私も感じる。「人間なんてそんなものです」と言ってしまえば元も子もないが、これではあまりにも無責任だ。ドラマの採り上げ方だけでなく展開についても十分に配慮はされていたが、内容は現実とが学校の教師や家庭、プロの産婦人科医と賭けかなれていた。私は「14才の母」を反対者の立場から毎週見てビデオも前11話録画した。公式掲示板には反対なら似なくていいという書き込みが見られたが反対意見が掲示されない掲示板であることをいいことにして多くの反対者の視聴者に対してあまりにもこの書き込みは失礼だ。特に注目されたのは第9話だ「14才の母、出産」というタイトルに惹かれて思わず見てしまったという人が多くいた。しかし、生まれてこなかった。1時間、まるまる志田未来演ずるが主人公が苦しんだまま終わったことは奨励できる。14才の出産のハイリスクが良くわかり危機感もよく伝わり第10羽話の高視聴率21,2%に結びつけた。全国の中学生に14才の出産が以下に危険であるかかなりの自己抑制効果を出した。それはともかく、どうなんだろうか、このドラマ。役者一人ひとりは基本的に問題ないと思う。だけど、いかんせん、脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職
員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。結局最悪の中学生に出産を推奨するお花畑のハッピーエンドになってしまったのは非常に残念である。「14才の母」は命のテーマからして、もっと遥かに厳しい結末になるのが普通なのだと思ってたがまた厳しいバッドエンドになればこのドラマは歴史煮のころ名作になり中学生への自己抑制のメッセージになっていた。最終回のハッピーエンドでドラマはこれまで積み上げてきたものが音を立てて崩れ去った。「命の尊さ」のテーマも「愛するために生まれてきたの」のテーマもあのエンドでは生きない。パピーエンドに批判や疑問を持つ人が増えるのは当然だ。本来なら14歳で子供を産んではいけません的な要素を持たせるべき自己抑制のメッセージにしないといけないがこれは逆だ。志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるという中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。志田未来ちゃんの演技力が高いだけに14才でも子供ができても、やっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力があった。志田未来ちゃんの演技直の高さが招いた悲劇である。志田未来ちゃんの演技力の高さを生かしてバッドエンドにすればこれは全国の中学生へ非常に強い自己抑制のメッセージになっていた。この辺が微妙なとこだ。これが例えば勢いだけの我儘な人物像だったりすると、もう少し違った感想を持つんでしょうが、14才の母となった志田未来ちゃんに、ここまでしっかりした意思、考え方を持たせると全国の中学生が納得させられてしまう危険性もでてくる。大人で もこんなにしっかりした考えを持ってない人いっぱいるのだ。
2007/02/19(月) 12:44:38 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判 
○ 追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判 大人(特に教師)が一番反省すべきだと思う。14才の母、が今後は自己抑制の役目は果たせず逆に中学生の性を暴走させることは確実だ。お花畑の最悪のハピーエンドで、見た中学生が、「14才でも子供を産んでいいじゃんか」と思わさないような指導が今後は教育現場の先生に求められ「14才の母」 のドラマを子供の考えから打ち壊す指導が必要になるだろう。「14才の母」はこんなドラマのエンドは許されませんよ。ラストは未希(志田未来ちゃん)赤ちゃんのどちらかが亡くなってバッドエンドにならないと命の尊さもドラマのテーマも伝わらない最終回で幹死亡のチャンスはあった「若いお母さんは子供を見放す 人が多いけれぢなかには逆に頑張りすぎる人もいるから気をつけないとの場面ではまだ手術から日がたっていない」という場面で再び美希の容態悪化に持っていけたはずだ。まったく脚本が現実離れしすぎだ。近所の人も未希の噂をしているが、風当たりが凄く弱いのだ。現実ならしばらくはよそにこのケースは出かけるはずだ。赤ちゃんに異常が発生してもすぐに回復する。もっと緊迫感が視聴者に痛々しく伝わらないといけない。何のために小児科医(反町隆史)まで出演させたのか意味がない。学校は学校で美来(志田未来ちゃん)に普通では評定不能な終業書を先生が家まで来て渡し、職員会議では学校長ばかりでなく反対してきた教頭までが美化論する基地が医学校。また予告編で注目された「私のところに生まれなかったほうがよかったのかな」このセリフは待合室の椅子で母という言葉で予告編で、ガラス越しの未希の絶叫と大きくずれていた。視聴者の釣りだった。これだけ視聴者をだまして釣り視聴率をかせいだドラマは過去にない。智志(三浦春馬君)は高校へ行かずに働く決意をした。これは当たり前です。未希の体調の回復がドラマの中で早すぎた。 帝王切開手術での後遺症でもう第2子からは子供を産めない体になっていることも出ない今後多くの中学生が帝王切開手術を受けるようになると危険です。一度帝王切開手術を受けるともう抵抗切開手術なしでは出産できなくなるからだ。赤ちゃんも回復ドラマの事案の中で早すぎる。最終回は緊迫感に掛ける。こんなエンドでは感動も何もない。なにもかも美化すればいいというものではない。これは中学生の出産推奨ドラマになった。
2007/02/20(火) 11:03:59 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判 
○ 追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判 十代の意見が中学生となって書き込まれている公式掲示板が不思議でならない。保護者は多く見て注目したから視聴率は跳ね上がった。中学生が本当に多く見てると 「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。キャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで
、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本
のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」
、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。金八先生の「15歳の母」では、、生徒に討論させる場面があったがこれは明らかに現実離れ。金八のようなジェンダーフリーのキチガイじみた討論は今の時代なら大きな非難が
出ていた。この問題点は見事にクリアしていた。だけど、「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生徒が出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」両方ともありえないドラマになった。そして最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。 そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析したいとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。正、公式掲示板は正当な反対意見は不適切発言として受け付けないから、「すごく感動しました」っていう十代の子供たちの書き込みばっかりだった。このドラマは、こちらの地方では子供は時間の都合で従事までには小学生は寝ないといけない。中学生も勉強の真っ最中だ。小学生や中学生の子供は、ドラマをあまり見たことがないのだ。十代の意見が中学生となって書
き込まれている公式掲示板が不思議でならない。保護者は多く見て注目したから視聴率は跳ね上がった。中学生が本当に多く見てると「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。
2007/02/21(水) 13:22:14 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 ドラマ「14才の母」はドラマをバックラッシュさせると、打算も何もなく純粋に相手をいとおしく思った結果のセックス=妊娠、打算はなかっただろうけど、純粋なのならなおさら怖い「これっていけないことかな」この言葉から未希(志田未来ちゃん)はもうセックスは知っていたのだ。 嫌な言い方だけど、好奇心か、性の衝動が抑えられなかった結果の妊娠としか思えない。このことからは波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)を叩く理由は十二
分にある。一円も稼げず、義務教育を受けなければならない身で子供産むなんて無責任なのだまたあっさりそれを認めた両親もどうかしている。むしろ、智志(三浦春馬君)に絡んでるのが的はずれ。小野寺学校長にしても、私立の学校を首にしたところで、学校側が非難されるはずがない。「14才の母」は家族構成から大きく図テレいる。初めの脚本、一ノ瀬家は父、母、兄、未希、弟=本編は父、母、未希、弟の4人家族となった。初めのころの構図とここから大きく変わってドラマの内容も一転2点3点している。予告編のこれほどずれたドラマは過去にはなく、予告編は視聴者の釣りだと見る人がかなり多くなっている。ハッピーエンドだけは絶対やっちゃ駄目だ。スタッフは心を鬼にして社会的に責任をおわす形がベストだ。一ノ瀬家のやっていることはまるっきり理想論である。すべてを金で片付けたくない、と桐野静香(室井滋)からの示談金を受け取らなかったりしたあたりとか、未希が父親なしでも何とかやってい けるとやや軽々しく口にしてしまったりするあたりとか、ものすごくやっていることは理想論だ。現実はそういかないだろう。それに加え、学校側とか、マスコミ側とか、もう少し波風を立ててもいいところを意外とすんなり
と収束に向かわせて、家族のドラマにシフトさせてしまった。 呆気なさを感じる。このドラマは脇役のキャラクターも回を追うごとに現実離れした。一ノ瀬家の理想論に巻き込まれた。加奈子(
田中美佐子)と静香(室井滋)の意見の対峙は、この14才の出産ということに対する現実と理想を対じ、しきれていなかった。加
奈子(田中美佐子)の言う、子どもは自ら自分の人生を切り拓いていくのだから、子どもの決意を親としては応援したい、金です
べてに片をつけるということは間違っているということ。そして、静香の言う、14才の子どもに出産を許す親は甘い、世の中を渡
っていく上でお金がどれだけ大事なのかということ。加奈子(田中美佐子)の言っていることは理想論、静香(室井滋)の言っていることはまさしく現実だ。静香(室井滋)の方が現実は正しい。正しい方を不幸のどん底にする描き方は脚本家がフェミニスト
でジェンダーフリー支持者であることが良くわかる。視聴者に考える場を提供するという点で考えれば、このあたりが落としどこ
ろだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった。一ノ瀬家のやっていることはまるっきり理想論である。すべ
てを金で片付けたくない、と桐野静香(室井滋)からの示談金を受け取らなかったりしたあたりとか、未希が父親なしでも何とか
やってい けるとやや軽々しく口にしてしまったりするあたりとか、ものすごくやっていることは理想論だ。現実はそういかないだろう。それに加え、学校側とか、マスコミ側とか、もう少し波風を立ててもいいところを意外とすんなりと収束に向かわせて、家族のドラマにシフトさせてしまった。呆気なさを感じる。このドラマは脇役のキャラクターも回を追うごとに現実離れした。一ノ瀬家の理想論に巻き込まれた。加奈子(田中美佐子)と静香(室井滋)の意見の対峙は、この14才の出産ということに対する現実
と理想を対じ、しきれていなかった。加奈子(田中美佐子)の言う、子どもは自ら自分の人生を切り拓いていくのだから、子ども
の決意を親としては応援したい、金ですべてに片をつけるということは間違っているということ。そして、静香の言う、14才の子
どもに出産を許す親は甘い、世の中を渡っていく上でお金がどれだけ大事なのかということ。加奈子(田中美佐子)の言っていることは理想論、静香(室井滋)の言っていることはまさしく現実だ。静香(室井滋)の方が現実は正しい。正しい方を不幸のどん底にする描き方は脚本家がフェミニストでジェンダーフリー支持者であることが良くわかる。視聴者に考える場を提供するという
点で考えれば、このあたりが落としどころだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった
2007/02/22(木) 13:37:16 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判「
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判「14才の母」では、ドラマ全体が、ファンタジックなこういった ドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。毎回こんな感じで引っ張ってしまい、さらには最終回拡大版ということの意味はまったくなかった。こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていないように思う。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、アップダウ
ンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。もっと第10話から11話まで命がけの戦いを描くべきだった。ドラマの本当の山場は、ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的なハイリスク出産の場面はあったが、出産後未希(志田未来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。は非難がでるエンディングで高視聴率で幕を閉じ た。中学生が妊娠してどうのこうのと言う話の番組だが、高視聴率だっただけに多くの反対派も見ており「困っています」という声が高まっている。これをベースにした未成年が実際に14とかそこらの年齢で出産してその後をいろいろ話を聞くドキュメンタリーチックな番組「14才の母 もう独りの14才の母 ドキュメント」という番組が番組放送前にあったがどうにもこうにも未成年の妊娠出産を賛美している。一例として自分と同い年孫娘の女子が15で出産した後の話を見てたんですが「子供の育て方がわからない」「親に預けっぱなしで一人ぐらし」という、自分の考えの斜め上を行っていた。せめて父親となった人間と3人で暮らして保育士さんもどきのところで育児のアドバイスとか聞きながら細々生活しているのは珍しいケースだ。そのメインとなっている14歳の母の最初のストーリーなんて醜いことこの上ない「ある日の夕方、未希と智志が一緒にいる時、街の不良たちに絡まれる。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注が
なければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。 まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理、14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可
能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇
ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思う。



2007/02/23(金) 12:51:47 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ超過激すぎる。「14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。高卒で子育てして、働きながら勉強など受験に受かっても、女は25過
ぎたら就職口なんて無い。それも無名大学なら書類ではじかれるでしょうに。だったら勉強せずに頑張ってパートから正社員
に上がる方を選ぶ方が道は開けるのだ。いつでも勉強できるなんて、お花畑もいい所だ。働いた事がないから、働きながら勉
強するなんて言えるんだ。現実と何一つ即して無いのに、現実と戦ったフリ。まさにお話の世界。公式BBS見てみると、続編希望者が十代に多くいた。三十代からは希望者はいなかった。十代はこのドラマの続編希望どうして希望するするか理由が書かれていない。感動した。おもしろかったの理由だ。三十代以上の続編はないほうが言いのほうは現実と食い違いが激しすぎる
。と理由は具体的に書かれていた。私も続編は希望しない。「14才の母」は近年まれにみる低視聴率に喘いでいる日テレの
水10枠を高視聴率に切り替える必死さが伝わってくるドラマに見えた。個人的に「14才の母」をビデオで見返して、感じた
こととしては、1話分を延長させる必要性はなかった。ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版で締めくくらせればもっと印象がよくなったように思う。井上真由美さんの脚本は決して上手ではない。脚本が弱すぎて多くの問題点が出てしまった。未希が戸籍の話をする場面とかはもう完全に大人は分かりきっていることで中学生に見せるなら放送時間を9時に繰り上げるべきだ。放送時間もテレビ局は考えていなかった。多くは腑に落ちない部分ばかりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。このドラマに寄せられている批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それだけじゃ、ドラマにならなiいんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。中教審が求めているのは個々なのだが川崎市のようなとんでもない過激な性教育地帯があり志田未来ちゃんは神奈川県出身の子役タレントという点も注目しておかないといけない。大人でさえ避妊失敗して望まない妊娠があるのに、子供に避妊
とかいうのは恐ろしい性教育でありセックスを前提とした性教育になるのだ。子供はセックスしては駄目!ロリコン反対!性的虐待撲滅!このような目的はまったくドラマの中に盛り込まれていなかった。良いキャラクターは波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)や智志(三浦春馬)訓へ全国への警告のメッセージを発していて虐めではなくて高感度があり後半は未希(志田未来ちゃん)の命の恩人となりドラマの運命を大きく変えた。もう一人は智志の母(室井滋)が未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)を現実性では上回り、現実手金キャラクターだった。他のキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の叔父(河本準一)をはじめほとんどが不完全燃焼に終わった。

2007/02/24(土) 12:33:32 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 14才では命にかかわるケースが多い。子供の親の像も年々変わっているの だろうけども、私は個人的にもっと親は厳しく描いてもよかったのではないかと思う。人の深刻の度合いは分からないから一概には言えないと断り を入れておきながらも、厳しく接して、トコトンまで対立して向き合うことで、今回のような結論に至るならまだしも、簡単に決めすぎていたのでは、という気がする。親の厳しさは昔も今も簡単に変わってはいないのだ。一ノ瀬家の親子3人の考えていることは共感できるところはない。このドラマの弱いところは周りの人物の幅広い視点を入れていないところ。その中で、未希(志田未来ちゃん)のクラス担任の遠藤(山口紗弥加)、マコトおじさん(河本準一)の役割が不十分になってしまった。唯一美希の出産に賛成のはずのマコトおじさん(河本準一)の役割が両親が未希(志田未来ちゃん)の出産を肯定したために役割が不十分だった。クラス担任の遠藤(山口紗弥加)は付録のようなものだった。ここが「14才の母」の最大の反省だろう。一ノ瀬家で唯一、言い得ているな、と思えたのは、未希の弟の発言かな。人を殺したのなら、どうとでもいえるが、人が産まれてくることに対し、どう言葉をかければいいのか、と。やはり、既成概念にある程度、縛られていると率直にものは言えないものだけど、恐らくはこの子どもの台詞は無理があり妙に大人っぽくなっている。井上真由子さんがテーマを描ききれていない。智志(三浦春馬君)の苦悩を吐露した台詞も不十分で男が弱く描かれていて脚本がいかにもフェミニストっぽくジェンダーフリー臭い感じだ。智志(三浦春馬君)は「未希(志田未来ちゃん)は1人で悩みながらも、大きなものを背負いながら、笑って前向きに歩き出そうとしているのに、男である自分は未希に対して、
何もしてやれない、こんな自分が情けなくて腹が立つ」といいながら夜逃げし たときに病院を訪れたときには「赤ん坊なんか生まれずに死んで住まった方が良かった」と逆のことを言っている。最終回では個々のセリフが再び重複しているのだ。このドラマは一体何が言いたいのといいたい。中核の3人の言動・行動には疑問符が多いのだ。 周りの人物の言動や行動に注目すべきところの謎が増えてきたがラストは謎は放任のままだった。井上脚本は多くドラマの源本
を修正されたことも見え見えだった。一ノ瀬家の家族構成や智司(三浦春馬君)の年齢もドラマスタートで多くく変更されていた
。未希(志田未来ちゃん)の担任(山口紗弥加)は付録のようなものだった。一番弱かったのが肝心な教育現場の先生達。医療現場の医師たちだ。プロの教師や医師の反感を大きく買ってしまった。ドラマはいろいろな方面の視点を取り入れようと工夫しているのは分かるのだけど、ちょっと論調の度合いのバランスが悪いような気もする。未希(志田未来ちゃん)は完全に産むことを決意したが、その理由が「会いたいから」というもの。その気持ちは見ている瞳は伝わらない。その理由のために、学校も辞め、14歳で子どもを産み育てていく決意をしたというのは親も許せない途方もないことのように思える。未希(志田未来ちゃん)の母親 ・加奈子(田中美佐子)は必死に頭を下げて、妊娠の事実をつかんだ学校に未希にチャンスを、と懇願している最中に、未希はクラスの面々に「私は産む」と宣言。親と子の間での相克は一体なんじゃいなという感じだ。学校を辞めるにしても、それは親の意思とは全く正反対のものだし、義務教育も終わっていない身であれば働くことも出来ないし、もし、出来たとしても、おなかが大きくなってくれば誰かの助けがなければ生きていけない「14才の母」はなぜか後味の悪い放送になってしまった。これは日本の危機だ。今のテレビは腐っている。マスコミもスポンサーや自分たちの不祥事は隠蔽する傾向にある。それでいて他の事件は偉そうに報道している。こんなテレビじゃ子供から見ても「大人はクズ」と感じてしまう。子供が大人を尊敬できない時代だから子供のモラルも低下し日本の品格もがた落ちなのだ。全部責任は今の大人にある。大人は子供に偉そうなことをいう前にきちんとした見本を見せろ!今の親は子供のやったことはすぐにマスコミやメディアやゲームのせいにする親が多い。教師も学校の性教育を反省しない。大人がこんなことじゃ子供もカスに成長する「子はカスがいい」とはよく言ったものだ。今の大人はどうにかしてる。なんでもかんでも人のせいにして自分の責任だと認められない大人が多すぎる。亀田も子役も料理も全部金づる扱いです。今日の「14才の母」のような美化の仕方はよくない。後味が悪くて眠れない視聴者もたくさんいるのだ。こんなことすれば脚本もグダグダになる。 なんでそんなことするのか?いい作品にしたいなら反対派の意見の方をマンセ ー派の意見よりも良く聞け!このようなテーマは正しい結論はあるが間違ったことを正当化して美化するようでは、どうせ正しい答えなんてないんだから。「14才の母」愛するために生まれてきたの」のせっかくのテーマが台無しじゃないか。本当に腹立つ!ドラマは感想は見ないと掛けないから最後まで見るが、家族が話し合うきっかけになればとか言ってたが十代の妊娠や性について「14才の母」を見て親子で話合うのは無理だ。波多野卓(北村一輝)だけが今は唯一現実性を保っているキャラクターだ。 しかし今のままでは主人公に全然共感持てないしリアルでなくてきもいだけだ。波多野卓(北村一輝)編集長の平和ボケの飽食日本を憂 う愛国?の情に共感する人が回を追う
ごとに憎まれ役の味方やフェアンが逆に増えたのは現実味があるキャラクターに偶然に仕上がったためだろう 。



2007/02/25(日) 12:38:50 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 「14才の母」では、ドラマ全体が、ファンタジックなこういった ドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。毎回こんな感じで引っ張ってしまい、さらには最終回拡大版ということの意味はまったくなかった。こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていないように思う。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいならアップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。もっと第10話から11話まで命がけの戦いを描くべきだった。ドラマの本当の山場は、ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的なハイリスク出産の場面はあったが、出産後、未希(志田未来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。「14才の母」は非難がでるエンディングで高視聴率で幕を閉じ た。中学生が妊娠してどうのこうのと言う話の番組だが、高視聴率だっただけに多くの反対派も見ており「困っています」という声が高まっている。これをベースにした未成年が実際に14とかそこらの年齢で出産してその後をいろいろ話を聞くドキュメンタリーチックな番組「14才の母 もう独りの14才の母 ドキュメント」という番組が番組放送前にあったがどうにもこうにも未成年の妊娠出産を賛美している。一例として自分と同い年孫娘の女子が15で出産した後の話を見てたんですが「子供の育て方がわからない」「親に預けっぱなしで一人ぐらし」という、自分の考えの斜め上を行っていた。せめて父親となった人間と3人で暮らして保育士さんもどきのところで育児のアドバイスとか聞きながら細々生活しているのは珍しいケースだ。そのメインとなっている14歳の母の最初のストーリーなんて醜いことこの上ない「ある日の夕方、未希と智志が一緒にいる時 、街の不良たちに絡まれる。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になる
が。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理、14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組
になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない 。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけない。


2007/02/26(月) 12:52:19 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 このドラマは脇役のキャラクターも回を追うごとに現実離れした。一ノ瀬家の理想論に巻き込まれた。加奈子(田中美佐子)と静香(室井滋)の意見の対峙は、この14才の出産ということに対する現実と理想を対じ、しきれていなかった。加奈子(田中美佐子)の言う、子どもは自ら自分の人生を切り拓いていくのだから子どもの決意を親としては応援したい、金ですべてに片をつけるということは間違っているということ。そして、静香の言う、14才の子どもに出産を許す親は甘い、世の中を渡っていく上でお金がどれだけ大事なのかということ。加奈子(田中美佐子)の言っていることは理想論、静香(室井滋)の言っていることはまさしく現実だ。静香(室井滋)の方が現実は正しい。正しい方を不幸のどん底にする描き方は脚本家がフェミニストでジェンダーフリー支持者であることが良くわかる。視聴者に考える場を提供するという点で考えれば、このあたりが落としどころだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった。それに加え、子どもを育てながら学校に通うということの難しさということは遠藤先生(山口紗弥加)の口から言わせている。学歴のない人が仕事をしていくということがどれだけ辛いものであるのかということはマコトおじさん(河本準一)の口から言わせている。しかしどちらもインパクトがなく単なるまやかしのようなものだった。命を軽々しく捨てないでほし いという願いは助産師さん口から言わせているがじゃさん資産の出産状態も謎のままになり脚本家なにを書いているのだといいたい。ドラマということで理想論を展開させねばならない点を考慮して、脇役にキャラクターの背景の描き方が浅すぎるのだ。現実性がまったくない。論調が一辺倒になってしまう。井上脚本は今回のドラマ「14才の母」では、これが「白い巨頭」を手がけた井上真由子さんの脚本なのかと大きな非難がでた。 「14才の母」について多くの批判の書き込みがあるのは、このドラマの問題の関心の深さ、深刻さを表している。放送禁止用語の問題も多くあるが第一回放送では出なかった。 「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦
で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが、日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。 視聴率が結果であり、すべて。しかし、「14歳の母 」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であり、日本人として断固許せない。安倍新政権になって教育の再生が求められる中で、日教組をはじめとする家庭崩壊推進団体の薄気味悪い笑い声が聞こえそうだ。まず、このドラマを徹底的に批判することが大切だ。そのためにはマスコミが注目してもより批判は視聴者は批判ブログもあるから多く批判文を書き込んでほしい 。「14才の母」は今の日本社会の逆行ドラマで無理があった。その理由は裕福な国、日本に住んでいる私たちには、実は地球上で熾烈な生存競争が行われていることに気づいていない。なぜ、セックスを禁じられ、勉強をさせられているのか?実感がわいていない人がほとんどだ。それは生き残るためだ。頭脳力を鍛えて他の国の国民を打ち負かす力を身につけるため。桃や栗の木が実を結ぶために3年の歳月が必要なのは、実を結ぶ前にまず生き残らなければならない。これは人間も同じこと。生殖活動であるセックスをする前に、すでに生き残る力をつけておかなければ、子孫を残すのに不利なわけだ。今、地球は国際社会になった。国際社会とはとても美化した言い方だが、これは本当のことを言うと、国際暴力社会、国際生存競争社会と言いかえることができる。他の国の企業が日本に上がり込んで、日本の経済を吸い取っていってもいい世界だということだ。他の国の企業が日本の企業にけんかを売ってもいい世界だというこになる。そして日本も同様に他の国にけんかを売っている。生き残る力は、世界と比較して勝つ力だ。勝たなければ先進国としての現状の裕福な生活が送れないというこになる。これは一人一人の生活レベルに関係しているとても身近なことであって、他人事ではないことを知らなければならない。逆に言うと、生き残る力をアップさせるためには、セックス(生殖活動)を犠牲にしなければならない。セックスする年齢をどんどん先送りさせ、その間に生きる力を身につけさせなければならない。人間の遺伝子には、早い女の子は11歳普通は12歳から13歳で初潮がくるように設定されているが、生き残る競争が国際的に激しくなってきたため、たったの11年~13年では頭脳力を鍛えるには不充分になってしまった。だから私たちは11歳~13歳でセックスを始める人は明らかに「早過ぎる」のだ。



2007/02/27(火) 12:59:09 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 「14才の母」公式掲示板は昨日で書き込みができなくなった公式掲示板の閉鎖があまりにも早すぎる最低番組終了後は3が月は生きていて書き込みはできるが何千万という反対派の書き込みを拒否してきた子の掲示板、たった20日あまりでなぜ書き込み中止するのかも意味不明で公式掲示板に非難の声が集中している「14才の母」はこんなドラマのエンドは許されませんよ。ラストは未希(志田未来ちゃん)赤ちゃんのどちらかが亡くなってバッドエンドにならないと命の尊さもドラマのテーマも伝わらない最終回で幹死亡のチャンスはあった「若いお母さんは子供を見放す人が多いけれぢなかには逆に頑張りすぎる人もいるから気をつけないとの場面ではまだ手術から日がたっていない」という場面で再び美希の容態悪化に持っていけたはずだ。まったく脚本が現実離れしすぎだ。近所の人も未希の噂をしているが、風当たりが凄く弱いのだ。現実ならしばらくはよそにこのケースは出かけるはずだ。赤ちゃんに異常が発生してもすぐに回復する。もっと緊迫感が視聴者に痛々しく伝わらないといけない。何のために小児科医(反町隆史)まで出演させたのか意味がない。ドキュメントで放送された『もうひとつの「14才の母 」ドキュメント』再放送が入らないので東京の友人からビデオを送ってもらい見たが小戸とくべき日本を崩壊させる放送だった。番組では若年者の性行為や妊娠と言った問題に真摯に取り組む産婦人科医の活躍や実際に十代で出産を経験した少女らの実情を追う形式となっていた。詳細は省略すが、実際妊娠をしてしまった少女たちの多くが両親の離婚など家庭環境 に恵まれず、愛情不足からそうした行動に走っている様子がよく分かった。ドラマの「14才の母」のように少女も少年も家庭環境に恵まれたケースは非常に珍しいのだ。 医師のもとにメールを送ってよこした援助交際がやめられないという少女は、いけないとは思っているがそうした状況のときだけ満たされる思いがあるためやめられないと訴えていた。なぜこのような援助交際が高校生ばかりが中学生や小学生まで低年齢化してきたのか
。性教育が大きな原因である。性教育が行われなかった1970年代には援助交際と言う言葉さえなかったのだ。性教育の延長線上に援助交際は存在しているのだ。AHREF="http://bbs001.garon.jp/test/read.php/drama/1166101842/">http://bbs001.garon.jp/test/
read.php/drama/1166101842/(高橋秀実氏のソース文前文引用)「14才の母」には冒頭から驚かされた。ふたりの中学生が初めて結ばれるシーン。主役の一ノ瀬未希が「よしよししていい?」と彼の頭を撫で、「な
んでこうしたくなるの?」「これ、いけないことなのかな?」などと言いつつ手を差し伸べる。つまり彼女が誘惑したのである。いけ
ないこととわかっていながら相手に決めさせて共犯関係のアリバイをつくる。私には無邪気を装った手練手管にしか思えなかったのである。母親も物わかりがよすぎる。娘の妊娠を知って動揺するものの、「あなたのことを何もわかっていなかった」と反省さたりする。それに付け入るように未希は「私が大事?」「どうして?」と畳みかけ、母親が彼女に対する情愛を切々と語ると「お母さんにとっての私は、私にとってのこの子」と出産を正当化してしまう。産科の医師などは未希に「もう二度と泣きません、だから信じてください」と言われただけで、「そこまで言うなら、私には止めることはできません」とあっさり容認してしまうのである。無邪気だから純真、妊娠・出産するから純愛、という具合にドラマ自体がアリバイ工作の産物のようなのだ。このドラマで唯一まともに見えるのは体を張って息子を守ろうとする母親だろう。 しかし彼女はバブリーな不動産業を営み、やがて落ちぶれていく設定。結局最悪の中学生に出産を推奨するお花畑のハッピーエンドになってしまったのは非常に残念である。「14才の母」は命のテーマからして、もっと遥
かに厳しい結末になるのが普通なのだと思ってたがまた厳しいバッドエンドになればこのドラマは歴史煮のころ名作になり中学生への自己抑制のメッセージになっていた。最終回のハッピーエンドでドラマはこれまで積み上げてきたものが音を立てて崩れ去った。「命の尊さ」のテーマも「愛するために生まれてきたの」のテーマもあのエンドでは生きない。パピーエンドに批判や疑問を持つ人が増えるのは当然だ。本来なら14歳で子供を産んではいけません的な要素を持たせるべき自己抑制のメッセージにしないといけないがこれは
逆だ。志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるという中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。




2007/02/28(水) 11:30:10 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
出産は認めなかったのは現実的だがインパクトがない。全体を通して、私は演出(脚本?)には最初から違和感があった。現実的なキャラクターは波多野卓を演じた北村一輝回を追うごと
の注目を集め人気が逆に悪役ながら高まって言った。このドラマは北村一輝に始まり、北村一輝に終わった気がする。途中で
未希(志田未来ちゃん)を助けてドラマの運命を大きく変えたのも波多野卓(北村一輝)だった。このキャラクターがいなかったら主人公の未希(志田未来ちゃん)は母子共に死亡して第9話でジエンドだった。また波多野卓(北村一輝)のヒッピツにドラマのキーが隠れていたのも事実だった。志田未来ちゃんは13歳でこの役を演じきってブレークしたといえるのだろうか。また女優としての地位が上がったといえるだろうか。私は逆だと思う、悪魔の教育となった性教育の影響で増えている14才以下の出産が2006年は42件以上に増えることは間違い ない。そうなると志田未来ちゃんも「14才の母」も日本崩壊番組と叩かれるのだ。「14才の母」はもうSPもいらないし再放送もしてほしくない。永久にお蔵入りさせてしまうべきでありテレビ局もこのような過激なタイトルのドラマは作らないことが大切だ。 内容は現実とが学校の教師や家庭、プロの産婦人科医と賭けかなれていた。「14才の母」は世間を混乱させるだけで事態を解決する力にはならない。エンドが特に悪い。特に心配なのは、人工妊娠中絶は悪、産むことが美徳であるかのような風潮を生みかねないことだ。「中絶なんて、そんな無責任なこと考えられない」と格好よくいうならば、「セックス後の出来事を?#92;測せずに行動する人の気が知れない」と返したくもなる。過去に中絶を余儀なくされた女性たちの心を傷つけてしまわないかも心配だ。わが国では15歳未満の出産例が2005年は1年間42件と厚生労働省から報告されたが、その陰で456件(2004年度)の人工妊娠中絶が行われている。200万人もいる女子中学生の中からの数からだからしてた数のように見えるが性教育がなかった1970年に比べて3倍以上に増えていることが見逃せない。ないのだから、望むと望まないにかかわらず、妊娠可?#92;年齢の女性がセックスすれば、たった1回でも妊娠は現実のものとなる。仮に妊娠を継続できない事情があれば、中絶はその個人にとってはやむを得ない選択と認めざるを得ないが。私は、若いという理由だけで頭ごなしに産むことを否定しているわけではない。理由はなんであれ妊娠をきっかっけに「産みたい」との欲求が沸き起こってきても不思議ではない。ハイティーンであれば、身体的には産むことへの障害はないといえるかもしれない。ただしローティーン(15歳以下)はハイリスクとなるから危険なことも考えないといけない。しかし、わが国の場合、家族、学校、社会の協力を得ることが極めて難しいために「産まない」選択を強いられることが多く、若者たちの性と生殖
に関する権利がないがしろにされていると言わざるを得ない。全国各地で性教育バッシングが吹き荒れる中、頼るのはインタ ーネットに代?#92;されるメディア情報だけというのでは、「14才の母」はドラマだけに留まらず、わが国の教育、保健、福祉政策を根幹から揺るがしかねない。
2007/03/01(木) 13:57:58 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判脚本のひどさに多くの教育現場や医療現場からも非難が出た。性教育推進派の行っている。「今時の子どもはそれだけ体格もよくなってきていて発達しているから、見ておいた方が参考になるかもしれ
ませんね!!」というのは大嘘である。1950年から1970年までは男女共に身長は一気に5cm平均身長は伸びているが1970年から1985年に掛けては1,3cmしか延びておらず1980年からは伸び悩んでいる。当然所長も精通年齢も1970年からはほとんど変化はないのである。性教育推進派が勝手に言っているだけだ。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいん
だけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事にな
ってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。金八先生の「15歳の母」では、生徒に討論させる場面があったがこれは明らかに現実離れ。金八のようなジェンダーフリーのキチガイじみた討論は今の時代なら大きな非難が出ていた。この問題点は見事にクリアしていた。だけど、「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生徒が出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」両方ともありえないドラマになった。そして最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは
男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析したいとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。このドラマは脇役のキャラクターも回を追うごとに現実離れした。一ノ瀬家の理想論に巻き込まれた。加奈子(田中美佐子)と静香(室井滋)の意見の対峙はこの14才の出産ということに対する現実と理想を対じ、しきれていなかった。加奈子(田中美佐子)の言う、子どもは自ら自分の人生を切り拓いていくのだから、子どもの決意を親としては応援したい、金ですべてに片をつけるということは間違っているということ。そして、静香の言う、14才の子どもに出産許す親は甘い、世の中を渡っていく上でお金がどれだけ大事なのかということ。加奈子(田中美佐子)の言っていることは理想論、静香(室井滋)の言っていることはまさしく現実だ。静香(室井滋)の方が現実は正しい。正しい方を不幸のどん底にする描き方は脚本家がフェミニストでジェンダーフリー支持者であることが良くわかる。視聴者に考える場を提供するという点で考えれば、このあたりが落としどころだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真
も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは?#92;分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶
しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可?#92;だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりして いる。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。 父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や
希望や未来が開かれる、また才?#92;がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの?#92;算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結果、目に付いた。
2007/03/02(金) 13:04:40 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判  
○ 追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判  不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。金八先生の「15歳の母」では、、生徒に討論させる場面があったがこれは明らかに現実離れ。金八のようなジェンダーフリーのキチガイじみた討論は今の時代なら大きな非難が出ていた。この問題点は見事にクリアしていた。だけど、「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生徒が出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」両方ともありえないドラマになった。そして最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。 そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析したいとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。金八のようなジェンダーフリーのキチガイじみた討論は今の時代なら大きな非難が出ていた。この問題点は見事にクリアしていた。だけど、「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生徒が
出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」両方
ともありえないドラマになった。そして最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。 そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析したいとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。

2007/03/03(土) 13:52:37 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判  
○ 追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判  「14才の母」は命のテーマからして、もっと遥かに厳しい結末になるのが普通なのだと思ってたがまた厳しいバッドエンドになればこのドラマは歴史煮のころ名作になり中学生への自己抑制のメッセージになっていた。最終回のハッピーエンドでドラマはこれまで積み上げてきたものが音を立てて崩れ去った。「命の尊さ」のテーマも「愛するために生まれてきたの」のテーマもあのエンドでは生きない。パピーエンドに批判や疑問を持つ人が増えるのは当然だ。本来なら14歳で子供を産んではいけません的な要素を持たせるべき自己抑制のメッセージにしないといけないがこれは逆だ。志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるという中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。志田未来ちゃんの演技力が高いだけに14才でも子供ができても、やっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力があった。志田未来ちゃんの演技直の高さが招いた悲劇である。志田未来ちゃんの演技力の高さを生かしてバッドエンドにすればこれは全国の中学生へ非常に強い自己抑制のメッセージになっていた。
2007/03/04(日) 12:55:43 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判  
○ 追跡、21世紀最大の町問題作「14才の母」批判  14才の妊娠出産は良くないと書いたが。中絶には反対です、未希(志田未来ちゃん)場合も中絶すべきではありません。中絶すれば中絶推奨番組となり、中学生や高校生の中絶が爆発的に増えます。中絶はあってはいけません。生まれていなくとも、おなかの中で小さくても生命なんです。中絶してはいけません。間違った関係でも生命を宿したら責任を取って産むべきです。ここはドラマは正しく描かれている。宿った生命に罪はありません。しかし14才の出産はもっといけ
ません。14才の母の掲示板に、私は妊娠をして子供ができたらやっぱり子供を産んで育てます中1で子供ができて自由に義務教育は卒業できるから子供を作りたい。そういう書き込みをいくつか見ました。10代終わりから20代はじめ、大学生たちだ。勘違いするな!子供がソだれられないときは子供ができる性行為はするな!もし妊娠すればどんなに苦労してもその生命を宿した責任を一生背負いなさい!と怒鳴りたい。
2007/03/05(月) 13:12:56 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大のt超問題作「14才の母」批判 
○ 追跡、21世紀最大のt超問題作「14才の母」批判  「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ
超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出 せない。ここにもスポンサーはつけ込んでいる。このドラマの話題の超過激な主人公を演じている志田未来ちゃんはどんな子なんだろうか調べてみると恐るべき事実が覚醒した。インターネットで最新情報が入り一番信頼性があるフリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』で志田未来ちゃんを調べると「『14才の母』の収録が終わったあと、母親役の田中美佐子と更衣室 で着替えていたときに、突然パンツ1丁で自作の歌を歌いながらおかしな踊りを踊り出したことがある。」これは志田未来ちゃんが普 通の中1とは思えない面がある。普通の中1は私も良く離しているがまだ子供であり純真なものである。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレ
ビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せな
い。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開 かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇
ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思い
ます。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。十代はこのドラマの続編希望どうして希望するするか理由が書かれていない。感動した。おもしろかったの理由だ。三十代以上の続編はないほうが言いのほうは現実と食い違いが激しすぎる。と理由は具体的に書かれていた。私も続編は希望しない。「14才の母」は近年まれにみる低視聴率に喘いでいる日テレの水10枠を高視聴率に切り替える必死さが伝わってくるドラマに見えた。高視聴率は子供と性について一緒に考えるのではなく公式掲示板の書き込みからは、子供の性への好奇心や性欲が大人の恋に勝ったってことだろう。最初から最後まで自分の事しか考えられない今が良ければいいとかそんな感じだ。結局はそれだと思う。なんかそこんとこうやむやにして純愛とか言うものには欠けていた。またテーマの命の尊さを伝えるにはインパクトがラストになくお花畑になり伝わらなかった。母としてもキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の
描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。普通の家庭で育ってたり、親と一緒に見てたりとかしてれば、そんなことは考えないし、考えても実現の可能性はゼロだって分かるんだけどああいう書き込みって本心というか願望にも聞こえる。本心だとしたら、本人が可哀想であり 親が無関心ってことだがいずれにしても大変な自体に発展しかねない中学生の出産は1970年は12件だったが悪魔の教育、性教育により3倍以上の42件に激増したがまだ47都道府県の数には至っていない。日本テレビのドラマ「14才の母」は12月20日で11話全部が終了した。志田未来ちゃん(13)が演じる未希ちゃんが産むのか、産まないのか、ドラマがどう展開されていくのが主なストーリーであり低年齢出産のハイリスクを伴う出産がテーマだった。プロの産婦人科医として若年妊娠を見続けてきた医師にドラマの感想を聞くと私は何か心が晴れない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない。 たった一度であっても、セックスが行われれば妊娠や性感染症を引き受けるという教育はおざなりでありながら、結果として起こった妊娠に対しては、突如として「愛」だの「命の大切さ」だのと強調するメディア。これが怖いのだ。

2007/03/06(火) 14:11:48 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡21世紀最大の超問題作14才の母批判
○ 追跡21世紀最大の超問題作14才の母批判  「14才の母」の描き方は脚本家がフェミニストでジェンダーフリー支持者であることが良くわかる。視聴者に考える場を提供するという点で考えれば、このあたりが落としどころだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった。 志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は
死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成 だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。最終回のハッピーエンドでドラマはこれまで積み上げてきたものが音を立てて崩れ去った。「命の尊さ」のテーマも「愛するために生まれてきたの」のテーマもあのエンドでは生きない。パピーエンドに批判や疑問を持つ人が増えるのは当然だ。本来なら14歳で子供を産んではいけません的な要素を持たせるべき自己抑制のメッセージにしないといけないがこれは逆だ。志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるとい
う中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。志田未来ちゃんの演技力が高いだけに14才でも子供ができても、やっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力があった。志田未来ちゃんの演技直の高さが招いた悲劇である。志田未来ちゃんの演技力の高さを生かしてバッドエンドにすればこれは全国の中学生へ非常に強い自己抑制のメッセージになっていた。この辺が微妙なとこだ。これが例えば勢いだけの我儘な人物像だったりすると、もう少し違った感想を持つんでしょうが、14才の母となった
志田未来ちゃんに、ここまでしっかりした意思、考え方を持たせると全国の中学生が納得させられてしまう危険性もでてくる。大人でもこんなにしっかりした考えを持ってない人いっぱいるのだ。個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる子
どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っているという台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。「14才の母」の感想。このドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相 次いで起きている。来年は14才以下の出産が2005年の42件を超えるととんでもない非難が出る。


2007/03/07(水) 14:20:41 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  問題はこの場面だ「二年後に結婚したい」とか、「働きながら二人で子供を育てたい」とかを、お互いの家族みんなで話し合う場面、やっぱり、未希のあの芯の強さは、14才では現実にはありえない現実離れしすぎなのだ。逆に、何も解ってないからこそ、言いきれるかと考えても無理がある。いつもながら、智志の母親(室井滋)の意見が一番もっともらしい現実的な意見だが自殺未遂した人があのようなことを言う資格はない。ここがドラマの流れがバラバラであり無理があった。さらに、こういう、もっともな意見を言われたら、これも逆に、意地でも頑張ろうと思わさせるほど現実離れをストーリーは起こしていく。また、未希の言った、「5年経ってもまだ19才、いくらでもやり直せる。」というのは大きな無理がある。その若さ(若すぎ)は、あまりにも現実の世界をバカにしている。19歳から高校に入学すると高校卒業は22才、大学は23才に入学卒業は26歳となりこの年になるとまともな道を進んだものは大学を卒業してしっかりした職業に就職しており就職の道はもう閉ざされている。また
医師になるには大学院にも行かないといけないから30歳近い年になり非常に厳しい状態になるのだ。このようなことも考えないドラマ作りはドラマ自体がバラバラになり流れが、まとまらない。また予告であった、かなりわくわくどきどきする素晴しい状況のシーンがあったが本編でまったく見当たらなかった。予告編と本編とがこれほどずれたドラマは今までになかった。帝王切開手術後、未希がすぐに歩きまわれるところもひどい現実離れだ。帝王切開手術でも比較的軽かった紀子様でも悠仁様を出産具は半年は行動を制限されている。手術後、子宮が収縮せずにショックで眠り状態が続いた未希(志田未来ちゃん)は遥かに重度の帝王切開手術後なのにもかかわらず、未希の体型が基に戻り。体形もすぐに戻っている。(お腹はすぐにはひっこまない)誰にも相談せずに未希が勝手に、私立校はやめる、公立へ行くと決めたところ。これらはあまりにもドラマの世界とはいえ矛盾しすぎてはいないだろうか。あのご近所さん達の、あからさますぎる意地悪ぶりは意外と現実的だが、風当たりが弱すぎるもっと大人数で強い風当たりが必要だ。いつも通り、ツッコミ処満載で、しかも予想通りのハッピーエンドで、色んな人が激怒しながら、あきれながら、ずーっとこのドラマの行く末を見守っていたのだろうけど。結局は最悪の終わり方になって待った。今でも47都道府県に1人以下の確立でないと出現しない14才の母はスクープスレだ大変な特種になり波多野卓(北村一輝)が追跡調査記事を書き始めたことも良くわかる。個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。 ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。個々
は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。ドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。来年は14才以下の出産が2005年の42件を超えるととんでもない非難がでる。

2007/03/08(木) 13:55:30 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大のt超問題作「14才の母」批判 
○ 追跡、21世紀最大のt超問題作「14才の母」批判  「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生
徒が出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」
両方ともありえないドラマになった。そして最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、
出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。 そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析したいとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。金八のようなジェンダーフリーのキチガイじみた討論は今の時代なら大きな非難が出ていた。この問題点は見事にクリアしていた。だけど、「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生徒が出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」両方ともありえないドラマになった。公式掲示板は正当な反対意見は不適切発言として受け付けないから、「すごく感動しました」っていう十代の子供たちの書き込みばっかりだった。このドラマは、こちらの地方では子供は時間の都合で従事までには小学生は寝ないといけない。中学生も勉強の真っ最中だ。小学生や中学生の子供は、ドラマをあまり見たことがないのだ。十代の意見が中学生となって書き込まれている公式掲示板が不思議でならない。保護者は多く見て注目したから視聴率は跳ね上がっ た。 中学生が本当に多く見てると 「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、ま
だ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。キャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母( 田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成し
なかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるの
は相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本が
ステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけ、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。
2007/03/09(金) 13:00:58 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 「14才の母」は主演の13歳の中1の子役志田未来ちゃんの演技がすごくても、ドラマの設定が過激であるから、中学生に与える影響は非常に大きい。たとえ14才の母になってはいけないと、安易な性交渉はいけないという筋書きであっても、妊娠したんですから、最後産むんですから、好奇心旺盛な子供たちには、どうしても、その前に行う行為に関心が大きく、志田未来ちゃんがかわいければかわいいほど、演技がよければ良いほど、中学生同士の安易な付き合いが増え、10代の妊娠がますます増える可能性があります。もう日本は限界状態に来ているのです。 今日は「14才の母」第2回の放送だ今日は視聴率は30%超えが予想されているがこれは「14才の母」批判派がみんな見るから視聴率が跳 ね上がるのだ。だからなって物高視聴率で喜べない事実もある。「14才の母」について多くの批判の書き込みがあるのは、このドラマの問題の関心の深さ、深刻さを表している。放送禁止用語の問題も多くあるが第一回放送では出なかった。 「3年B組金八先生」のモデルに
なった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが、日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべて。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であり、日本人として断固許せない。安倍新政権になって教育の再生が求められる中で、日教組をはじめとする家庭崩壊推進団体の薄気味悪い笑い声が聞こえそうだ。志田未来ちゃんは13歳でこの役を演じきってブレークしたといえるのだろうか。また女優としての地位が上がったといえるだろうか。私は逆だと思う、悪魔の教育となった性教育の影響で増えている14才以下の出産が2006年は42件以上に増えることは間違い ない。そうなると志田未来ちゃんも「14才の母」も日本崩壊番組と叩かれるのだ。「14才の母」はもうSPもいらないし再放送もしてほしくない。永久にお蔵入りさせてしまうべきでありテレビ局もこのような過激なタイトルのドラマは作らないことが大切だ。 内容は現実とが学校の教師や家庭、プロの産婦人科医と賭けかなれていた。「14才の母」は世間を混乱させるだけで事態を解決する力にはならない。エンドが特に悪い。特に心配なのは、人工妊娠中絶は悪、産むことが美徳であるかのような風潮を生みかねないことだ。
「中絶なんて、そんな無責任なこと考えられない」と格好よくいうならば、「セックス後の出来事を?#92;測せずに行動する人の気が知れない」と返したくもなる。過去に中絶を余儀なくされた女性たちの心を傷つけてしまわないかも心配だ。わが国では15歳未満の出産例が2005年は1年間42件と厚生労働省から報告されたが、その陰で456件(2004年度)の人工妊娠中絶
が行われている。200万人もいる女子中学生の中からの数からだからしてた数のように見えるが性教育がなかった1970年に比べて3倍以上に増えていることが見逃せない。ないのだから、望むと望まないにかかわらず、妊娠可?#92;年齢の女性がセック スすれば、たった1回でも妊娠は現実のものとなる。仮に妊娠を継続できない事情があれば、中絶はその個人にとってはやむを得ない選択と認めざるを得ないが。私は、若いという理由だけで頭ごなしに産むことを否定しているわけではない。理由はなんであれ妊娠をきっかっけに「産みたい」との欲求が沸き起こってきても不思議ではない.。ハイティーンであれば、身体的には産むことへの障害はないといえるかもしれない。ただしローティーン(15歳以下)はハイリスクとなるから危険なことも考えないといけない。しかし、わが国の場合、家族、学校、社会の協力を得ることが極めて難しいために「産まない」選択を強いられることが多く、若者たちの性と生殖に関する権利がないがしろにされていると言わざるを得ない。全国各地で性教育バッシングが吹き荒れる中、頼るのはインタ ーネットに代表されるメディア情報だけというのでは、「14才の母」はドラマだけに留まらず、わが国の教育、保健、福祉政策を根幹から揺るがしかねない。
2007/03/10(土) 13:30:13 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それだけじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。それでも、最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。堂々巡りの議論こそが若年での出産ということの本質なのかもしれないけど、2時間尺の作品ならまだしも、連続ドラマとなると、歯切れのいい結末とはいかなかった。(結局最悪の中学生に出産を推奨するお花畑のハッピーエンドになってしまったのは非常に残念である。「14才の母」は命のテーマからして、もっと遥かに厳しい結末になるのが普通なのだと思ってたがまた厳しいバッドエンドになればこのドラマは歴史煮のころ名作になり中学生への自己抑制のメッセージになっていた。最終回のハッピーエンドでドラマはこれまで積み上げてきたものが音を立てて崩れ去った。「命の尊さ」のテーマも「愛するために生まれてきたの」のテーマもあのエンドでは生きない。パピーエンドに批判や疑問を持つ人が増えるのは当然だ。本来なら14歳で子供を産んではいけません的な要素を持たせるべき自己抑制のメッセージにしないといけないがこれは逆だ。志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるという中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。志田未来ちゃんの演技力が高いだけに14才でも子供ができて
も、やっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力があった。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。このドラマの話題の超過激な主人公を演じている志田未来ちゃんはどんな子なんだろうか調べてみると恐るべき事実が覚醒した。インターネットで最新情報が入り一番信頼性があるフリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』で志田未来ちゃんを調べると「『14才の母』の収録が終わったあと、母親役の田中美佐子と更衣室 で着替えていたときに、突然パンツ1丁で自作の歌を歌いながらおかしな踊りを踊り出したことがある。」これは志田未来ちゃんが普 通の中1とは思えない面がある。普通の中1は私も良く離しているがまだ子供であり純真なものである。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。 中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進
めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であり、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は
無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠
出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000
億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。



2007/03/11(日) 15:33:21 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  ドラマの本当の山場は、ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的なハイリスク出産の場面はあったが、出産後、未希(志田未来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。「14才の母」は非難がでるエンディングで高視聴率で幕を閉じた。中学生が妊娠してどうのこうのと言う話の番組だが、高視聴率だっただけに多くの反対派も見ており「困っています」という声が高まっている。これをベースにした未成年が実際に14とかそこらの年齢で出産してその後をいろいろ話を聞くドキュメンタリーチックな番組「14才の母 もう独りの14才の母 ドキュメント」という番組が番組放送前にあったがどうにもこうにも未成年の妊娠出産を賛美している。一例として自分と同い年孫娘の女子が15で出産した後の話を見てたんですが「子供の育て方がわからない」「親に預けっぱなしで一人ぐらし」という、自分の考えの斜め上を行っていた。せめて父親となった人間と3人で暮らして保育士さんもどきのところで育児のアドバイスとか聞きながら細々生活しているのは珍しいケースだ。そのメインとなっている14歳の母の最初のストーリーなんて醜いことこの上ない「ある日の夕方、未希と智志が一緒にいる時 、街の不良たちに絡まれる。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理、14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない 。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけない。ドラマ
が完全に終われば11話を通してみて観想を総集編として書いて出すつもりでいる。最終回が放送される。予告編の内容からパピーエンドの奈脳性が高まり。糞ドラマになり中学生のセックスや出産の番組になる可能性が高まり怒りを感じている人が多くいる。私は両方助かってハピーエンドは反対だ。虐めや自殺する子供たちは両者が助かりはピーエンドとなると。命を一度失ってもまた生まれ変われると逆効果が起こり自殺を逆に助長するようになるからだ。また中学生の性の暴走に拍車を掛ける恐れもある。両者が助かってはピーエンドだと逆に命の尊さは伝わらず。虐められると自殺して生まれ変われると信じて自殺を助長してしまうのだ。また子供を作ってもいいという性の価値観がなくなる中学生が増える。ラストは未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんか、どちらかが死亡するバッドエンドでないドラマは壊れる。赤ちゃんがもし亡くなっても、未希(志田未来ちゃん)の原因で低年齢出産の為急死だったら納得でき自己抑制には一応なってくる。すべての原因は低年齢出産=14才=未熟。未希(志田未来ちゃん)を死亡させるほうが良いのだが、赤ちゃんを死なす結末は良くないけど、こうしないと命〕を感じ取れない。「たったひとつの恋」みたいなおわらいドラマのパピーエンドにはなってほしくない。「14才の母」は「たった一つの恋」とは違い衝撃的な過激なタイトルと金八の「15歳の母」とは違った方向でこれまで高視聴率をたたき出したドラマだ。それだけにどんなラストになるのか多くの反対派の人も注目して今日は多く見るのだし視聴者みんなが納得するには絶対にハピーエンドになってはいけない。ドラマ全体が、ファンタジックなこういったドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。毎回こんな感じで引っ張ってしまい、さらには最終回拡大版ということの意味はまったくなかった。こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていないように思う。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、アップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。もっと第10話から11話まで命がけの戦いを描くべきだった。ドラマの本当の山場は、ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的なハイリスク出産の場面はあったが、出産後、未希(志田未来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「 愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。特に小児科医(反町隆史)はもっと赤ちゃんとの命の戦いを時間を割いて描くべきじゃないかったかな。もしかしたら、視聴率が高いということから、これだけ描ければもういい矢という番組関係者の甘い考えがあったのかとも思える。

2007/03/12(月) 13:25:08 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判   
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判   静香(室井滋)の方が現実は正しい。正しい方を不幸のどん底にする描き方は脚本家がフェミニストでジェンダーフリー支持者であることが良くわかる。視聴者に考える場を提供するという点で考えれば、このあたりが落としどころだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった。それに加え、子どもを育てながら学校に通うということの難しさということは遠藤先生(山口紗弥加)の口から言わせている。学歴のない人が仕事をしていくということがどれだけ辛いものであるのかということはマコトおじさん(河本準一)の口から言わせている。しかしどちらもインパクト
がなく単なるまやかしのようなものだった。命を軽々しく捨てないでほし いという願いは助産師さん口から言わせているがじゃさ
ん資産の出産状態も謎のままになり脚本家なにを書いているのだといいたい。ドラマということで理想論を展開させねばならない
点を考慮して、脇役にキャラクターの背景の描き方が浅すぎるのだ。現実性がまったくない。論調が一辺倒になってしまう。井上
脚本は今回のドラマ「14才の母」では、これが「白い巨頭」を手がけた井上真由子さんの脚本なのかと大きな非難がでた。 「14才の母」について多くの批判の書き込みがあるのは、このドラマの問題の関心の深さ、深刻さを表している。放送禁止用語の問題も多くあるが第一回放送では出なかった。 「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが、日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべて。しかし、「14歳の母 」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であり、日本人として断固許せない。安倍新政権になって教育の再生が求められる中で、日教組をはじめとする家庭崩壊推進団体の薄気味悪い笑い声が聞こえそうだ。現代社会によどむ難題をテーマにして果敢に切り込むドラマを作る以上、賛否両方の声にさらされるのは避けられない。「私自身、何が正解か分からない。でも、命の大切さについて、このドラマを見て親と子で語り合ってもらえたら」と、井上さんは結んだ。毎日新聞 2006年11月6日 東京朝刊井上真由子はアホかこれでも脚本家かよ。これらの事件はみん な「14才の母」が始まってから起こった事件じゃないかこの言い訳をどのように説明するのだ虐めの自殺事件は「14才の母」の放送後相次いで起きているこのことを井上真由子は同説明していいのか本人事態がわかっていないのではないのか。「私自身何が正解か分からない。でも、命の大切さについて、このドラマを見て親と子で語り合ってもらえたら」と言う言葉は無責任だ自分でも政界がわからないことを脚本化してドラマ化は非常に危険な問題を引き起こす危険性があるのだ。ちなみに去年の中学生の出産は42人で、そのうち生まれた子供は17人は死んであり。生きてるのは25人なのだ。子供を出産した14才以下の少女の死亡は10年間で25名にも上るのだ。こんな危険なケースが中学生に蔓延すると恐ろしいことになる。3年B組金八先生は校内暴力や子供の性の暴走の引金となった「15歳の母」の制作は非常にまずいのだ「14才の母」は「15歳の母」と違い1年違うと出産危険リスクはこんなにも違ってくるということを強調した描き方にしないといけない。14才以下の女子中学生200万のうち42人しか今のとこといないが1970年の300万人の女子中学生がいた1970年の12人に比べると確実に悪魔の教育になった性教育により確実に増えている。

2007/03/13(火) 13:19:36 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可?#92;だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されま
す。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才?#92;がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりもそもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの?#92;算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結果目に付いた。結?#92;健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえタイトルのインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率
稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。 中学生が本当に多く見てると 「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。キャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。

2007/03/14(水) 12:34:07 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  ビデオ分析しないとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。正、公式掲示板は正当な反対意見は不適切発言として受け付けないから、「すごく感動しました」っていう十代の子供たちの書き込みばっかりだった。このドラマは、こちらの地方では子供は時間の都合で従事までには小学生は寝ないといけない。中学生も勉強の真っ最中だ。小学
生や中学生の子供は、ドラマをあまり見たことがないのだ。十代の意見が中学生となって書き込まれている公式掲示板が不思議でならない。保護者は多く見て注目したから視聴率は跳ね上がった。中学生が本当に多く見てると 「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。キャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」 、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。「14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。高卒で子育てして、働きながら勉強など受験に受かっても、女は25過ぎたら就職口なんて無い。それも無名大学なら書類ではじかれるでしょうに。だったら勉強せずに頑張ってパートから正社員に上がる方を選ぶ方が道は開けるのだ。いつでも勉強できるなんて、お花畑もいい所だ。働いた事がないから、働きながら勉強するなんて言えるんだ。現実と何一つ即して無いのに、現実と戦ったフリ。まさにお話の世界。公式BBS見てみると、続編希望者が十代に多くいた。三十代からは希望者はいなかった。十代はこのドラマの続編希望どうして希望するするか理由が書かれていない。感動した。おもしろかったの理由だ。三十代以上の続編はないほうが言いのほうは現実と食い違いが激しすぎる。と理由は具体的に書かれていた。私も続編は希望しない。「14才の母」は近年まれにみる低視聴率に喘いでいる日テレの水10枠を高視聴率に切り替える必死さが伝わってくるドラマに見えた。高視聴率は子供と性について一緒に考えるのではなく公式掲示板の書き込みからは子供の性への好奇心や性欲が大人の恋に勝ったってことだろう。最初から最後まで自分の事しか考えられない今が良ければいいとかそんな感じだ。結局はそれだと思う。なんかそこんとこうやむやにして純愛とか言うものには欠けていた。またテーマの命の尊さを伝えるにはインパクトがラストになくお花畑になり伝わらなかった。母としてもキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋 )も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田
のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。



2007/03/16(金) 11:32:51 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  最終回 の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。堂々巡りの議論こそが若年での出産ということの本質なのかもしれないけど、2時間尺の作品ならまだしも、連続ドラマとなると、歯切れのいい結末とはいかなかった。「14才の母」はドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。第10話も最終回拡大版も、こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていなかった。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、この回はアップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。このドラマの本当の山場は金八の「15歳の母」と違い、出産することまでがすべてで15歳と14歳の違いを出すことにある。出産その後は描く皮膚用はない。未希たちがどうなったかを描いても頂点は同じでハピーエンドにしかならない。もしかしたら、視聴率が高いということから、本当は未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんの命の選択でどちらかが死亡のとことが高視聴率でありきたりのハピーエンドになってしまったのかもしれない。1話延長になった意味がない。この内容なら、第10話をそのまま最終回にして、拡大版か何かで終わらせてしまったほうがすっきりとまとまっていた。未希(志田未来ちゃん )の両親(生瀬勝久 田中美佐子)は甘いな。加奈子(田中美佐子)は未希(志田未来ちゃん)と散々、話し合ったって言っているけど、それほど話し合っているとも思えないし、意外と案外、素直に未希(志田未来ちゃん)の「産みたい」という願いを聞き入れてしまった、という印象を受けた。忠彦(生瀬勝久)のほうはギリギリまで食い下がっていた。
この姿こそが現実の親の姿だ。しかし、この人もイマイチ押しが足らない。「縛り付けてでも手術を」と言っているんだけど、母親に反対され、あっさり折れる。このような、お父さんじゃ、娘に人工中絶させるのは無理だ。また中絶を描くと中学生に中絶推
奨になるので絶対にいけない。しかし出産は直いけない行為だ。14才では命にかかわるケースが多い。子供の親の像も年々変わっているのだろうけども、私は個人的にもっと親は厳しく描いてもよかったのではないかと思う。人の深刻の度合いは分からないから一概には言えないと断りを入れておきながらも、厳しく接して、トコトンまで対立して向き合うことで、今回のような結論に至るならまだしも、簡単に決めすぎていたのでは、という気がする。ドラマの流れは、つなぎみたいなお話で、前回のつながりがうすく激動の展開はなかった。14才の母、出産だけは多くの人に緊迫感を与え次回の21,5%の高視聴率につなげた。しかし第10話には激動もなく
、話自体、最悪のハピーエンドに向かっていった。私はこのドラマの大きな反対派だがビデオ録画を第1話から全部録画しておりドラマを分析して感想を書いている。 ドラマが完全に終われば11話を通してみて観想を総集編として書いて出すつもりでいる。最終回が放送される。予告編の内容からパピーエンドの奈脳性が高まり。糞ドラマになり中学生のセックスや出産の番組になる可能性が高まり怒りを感じている人が多くいる。私は両方助かってハピーエンドは反対だ。虐めや自殺する子供たちは両者が助かりはピーエンドと
なると。命を一度失ってもまた生まれ変われると逆効果が起こり自殺を逆に助長するようになるからだ。また中学生の性の暴走に拍車を掛ける恐れもある。両者が助かってはピーエンドだと逆に命の尊さは伝わらず。虐められると自殺して生まれ変われると信じて自殺を助長してしまうのだ。また子供を作ってもいいという性の価値観がなくなる中学生が増える。ラストは未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんか、どちらかが死亡するバッドエンドでないドラマは壊れる。赤ちゃんがもし亡くなっても、未希(志田未来ちゃん)の原因で低年齢出産の為急死だったら納得でき自己抑制には一応なってくる。すべての原因は低年齢出産=14才=未熟。未希(志田未来ちゃん )を死亡させるほうが良いのだが、赤ちゃんを死なす結末は良くないけど、こうしないと命〕を感じ取れない。「たったひとつの恋」
みたいなおわらいドラマのパピーエンドにはなってほしくない。「14才の母」は「たった一つの恋」とは違い衝撃的な過激なタイトルと金八の「15歳の母」とは違った方向でこれまで高視聴率をたたき出したドラマだ。それだけにどんなラストになるのか多くの反対派の人も注目して今日は多く見るのだし視聴者みんなが納得するには絶対にハピーエンドになってはいけない。ドラマ全体が、ファンタジックなこういったドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。毎回こんな感じで引っ張ってしまい、さらには最終回拡大版ということの意味はまったくなかった。こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていないように思う。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、アップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。もっと第10話から11話まで命がけの戦いを描くべきだった。ドラマの本当の山場は、ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的な ハイリスク出産の場面はあったが、出産後、未希(志田未来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「 愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。



2007/03/17(土) 11:34:14 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるという中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。志田未来ちゃんの演技力が高いだけに14才でも子供ができても、やっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力があった。志田未来ちゃんの演技直の高さが招いた悲劇である。志田未来ちゃんの演技力の高さを生かしてバッドエンドにすればこれは全国の中学生へ非常に強い自己抑制のメッセージになっていた。この辺が微妙なとこだ。これが例えば勢いだけの我儘な人物像だったりすると、もう少し違った感想を持つんでしょうが、14才の母となった志田未来ちゃんに、ここまでしっかりした意思、考え方を持たせると全国の中学生が納得させられてしまう危険性もでてくる。大人でもこんなにしっかりした考えを持ってない人いっぱいるのだ。個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っているという台詞があった。ここは納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。「14才の母」の感想。このドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしい
ことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。このドラマの話題の超過激な主人公を演じている志田未来ちゃんはどんな子なんだろうか調べてみると恐るべき事実が覚醒した。インターネットで最新情報が入り一番信頼性があるフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で志田未来ちゃんを調べると「『14才の母』の収録が終わったあと、母親役の田中美佐子と更衣室 で着替えていたときに、突然パンツ1丁で自作の歌を歌いながらおかしな踊りを踊り出したことがある。」これは志田未来ちゃんが普 通の中1とは思えない面がある。普通の中1は私も良く離しているがまだ子供であり純真なものである。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。

2007/03/18(日) 14:50:11 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」 聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、 見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。このドラマの話題の超過激な主人公を演じている志田未来ちゃんはどんな子なんだろうか調べてみると恐るべき事実が覚醒した。インターネットで最新情報が入り一番信頼性があるフリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』で志田未来ちゃんを調べると「『14才の母』の収録が終わったあと、母親役の田中美佐子と更衣室 で着替えていたときに、突然パンツ1丁で自作の歌を歌いながらおかしな踊りを踊り出したことがある 。」これは志田未来ちゃんが普 通の中1とは思えない面がある。普通の中1は私も良く離しているがまだ子供であり純真なものである。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。日本テレビのドラマ「14才の母」は12月20日で11話全部が終了した。志田未来ちゃん(13)が演じる未希ちゃんが産むのか、産まないのか、ドラマがどう展開されていくのが主なストーリーであり低年齢出産のハイリスクを伴う出産がテーマだった。プロの産婦人科医として若年妊娠を見続けてきた医師にドラマの感想を聞くと私は何か心が晴れない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない。 たった一度であっても、セックスが行われれば妊娠や性感染症を引き受けるという教育はおざ
なりでありながら、結果として起こった妊娠に対しては、突如として「愛」だの「命の大切さ」だのと強調するメディア。これが怖いのだ。プロの医師に聞くと診療の場でもよく見受けられる光景です。中学生はめったにないが高校生のカップルに「妊娠」を告げながら「どうするの?」と問いかけると、決まって返ってくる言葉が「中絶!」。教育的な意味合いも込めて「中絶しか選択肢はないの」と尋ねると、「だって僕たち高校生ですよ。産めるはずがありません。経済力もないし、育児には自信がない」と。「君たちが高校生だってことは今に始まったことではない。妊娠する前から、セックスする前から高校生なのだ。妊娠したからといって急に高校生になるのはおかしくはないか」と諭すように語りかける医師の言葉の虚しさを私も感じる。「人間なんてそんなものです」と言ってしまえば元も子もないが、これではあまりにも無責任だ。ドラマの採り上げ方だけでなく展開についても十分に配慮はされていたが、内容は現実とが学校の教師や家庭、プロの産婦人科医と賭けかなれていた。私は「14才の母」を反対者の
立場から毎週見てビデオも前11話録画した。公式掲示板には反対なら似なくていいという書き込みが見られたが反対意見が掲示されない掲示板であることをいいことにして多くの反対者の視聴者に対してあまりにもこの書き込みは失礼だ。***3月19日関西で初めて日放送のNNNドキュメントが放送された。この番組の最後のほうに、ある意味番組の結論とも言える医師の言葉として中学生は性行為を行わないという前提で考えずにしっかりと避妊を教えるべきだということを言っていました。ここに中学生の性を刺激して14才以下の出産激増をさせている言葉が入っている。性教育がなかった1970年は14才以下の出産は9件2005年は42件4倍以上
に激増している。本等の問題解決に踏み込まず逆に中学生の性を刺激して中学生のセックスを激増させ14才以下の出産を激増させる基になっている。このことは後日詳しく伝えよう。


2007/03/19(月) 14:54:01 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作 「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作 「14才の母」批判7日放送のNNNドキュメントで放送されたもうひとつの「14才の母 」をたまたま見ました。番組では若年者の性行為や妊娠と言った問題に真摯に取り組む産婦人科医の活躍や実際に十代で出産を 経験した少女らの実情を追う形式となっていました。詳細は省略しますが、実際妊娠をしてしまった少女たちの多くが両親の離婚
など家庭環境に恵まれず、愛情不足からそうした行動に走っている様子がよく分かりました。医師のもとにメールを送ってよこし
た援助交際がやめられないという少女は、いけないとは思っているがそうした状況のときだけ満たされる思いがあるためやめられないと訴えていました。番組の最後のほうに、ある意味番組の結論とも言える医師の言葉として中学生は性行為を行わないという前提で考えずにしっかりと避妊を教えるべきだということを言っていました。しかし、これは明らかにおかしいと思います。愛情不足が原因であるのに解決方法が避妊教育と言うのは明らかに的外れな意見だと思います。愛情不足が原因であればその愛情不足をいかにして補うかが問われるのであって性行為を肯定し、避妊を教える事では根本的な問題解決にならない事は明白です。エイズ予防=コンドームという図式も同様ですが多くのことが美名のもとに問題のすり替えが行われています。出生率の低下を受けて嫡出子と同様の権利を非嫡出子に与えるべきだとなどというのはその典型的な例と言えるでしょう。そんな事をすれば同棲や不倫などを法的に認めるようなもので、家庭が崩壊していく先鞭をつける結果となるでしょう。性行為の低年齢化は避妊教育では防げないということや、エイズ予防においてコンドームは全く役にたたないという意識を一般的なレベルまで浸透させる努力が必要だと思います。「14才の母」はありえない。なぜなら、子供を生む事で母とは言えない。生命を育むことで「母」になるのであって、14才でその資格も能力もない。テーマ自体が無責任で、許容範囲を逸脱している。母になる事とは、どういうことなのか?母の役割の大切さ、崇高な使命がドラマに描かれていない。14才の母」では、ドラマ全体が、ファンタジックなこういったドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。毎回こんな感じで引っ張ってしまい、さらには最終回拡大版ということの意味はまったくなかった。こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていないように思う。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら 、アップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。もっと第10話から11話まで命がけの戦いを描くべきだった。ドラマの本当の山場は、ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的なハイリスク出産の場面はあったが、出産後、未希(志田未来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。特に小児科医(反町隆史)はもっと赤ちゃんとの命の戦いを時間を割いて描くべきじゃないかったかな。もしかしたら、視聴率が高いということから、これだけ描ければもういい矢という番組関係者の甘い考えがあったのかとも思える。1話延長になった本作だけど、この内容なら、第10話をそのまま拡大して最終回にして、終わらせてしまったほうがすっきりとまとまったかもしれない。放送前から各方面に話題を振りまいていた「14歳の母」を11話完全録画して見直しているが、第1話から、ただいささか描き方が単調な感じがする。14歳の中学生が妊娠、周りの雑音を理解へと変えそしてついに出産していく物語だ。内容は「金八先生」Part1で杉田かおる演じる「15歳の母」浅井雪乃が15歳中学3年生で妊娠するという話はあったがそれよりも1つ下の14才の中学2年生がとなると更なる驚きがある。また出産の肉体的な危険リスクも非常に大きくなるのだ。このドラマの背景が単調でもう少し何かひとクセあればもう少し物語に惹き込まれたように思う。15歳と14才の違いが生かしきれていなかった。日テレが世間からの批判覚悟で臨んだドラマの初回放送は内容が万引き成功もあり教育情欲ナイトの非難も相次いだ。 最近のドラマは「14才の母」でもNANAでも、話題は妊娠ばかりである。これはほかでもない性教育の影響なのだ。14才の妊娠を美化して、すべてが丸く収まるこのドラマ。もう少し若い人に避妊の啓発を促す内容にするべきだと全体を通し感じました全部見ましたがもうがっかりだ。最終回の予告では子供が危険なのはほんの一瞬だけ、青少年に対する戒めとして、母子共に最悪の事態を招くような結末を期待していたので残念だ。「14才の母」は同世代の売春・援助交際のNEWSが連続している昨今、当事者やその身辺にも多大な迷惑や命の危険をもっと重く表現して欲しかった。姪が同世代に3人居るので“教訓”となることを期待していま
したが、“やっちゃったものは仕方ない”と受け止められる面も感じられるので録画しら物を見せる気にはなれない。制作意図は
“援助交際を助長させるためのドラマに過ぎなくなった。同世代の娘を持つ親から見れば重い内容になってほしかった。1「出産ス
ペシャル」と称した第9話はかなりいい内容だった。しかし反町隆史が出演したことは逆効果につながった。危機が次から次絵と
脱して話が美化されていきドラマがどんどん軽くなっていった。後から思ったが。脚本家の方の記事も読んだが、やっぱりこのドラマの本心が掴めまない。脚本家自体もドラマになりにくい世界を描いているから内容がちぐはぐになりはじめと後の部分がバラバラになり何でこうなるのだという場面が多くあった。 またドラマを賛否両論できなくしたのは公式掲示板だ、マンセー意見しか取り上げない。絶対にありえない「14才の母」のドラマは「ドキュメント200714才の母もう独りの14才の母」で証明された。中学生の性を刺激するだけで過激な性教育となる放送はすべきではない。
2007/03/20(火) 12:56:42 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作 「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作 「14才の母」批判 「14才の母」はテーマが重過ぎて異次元の世界となり作品自体が現実的に描いてもドラマにはなりにくかった。脚本のひどさに多くの教育現場や医療現場からも非難が出た。性教育推進派の行っている。「今時の子どもはそれだけ体格もよくなってきていて発達しているから、見ておいた方が参考になるかもしれませんね!!」というのは大嘘で
ある。1950年から1970年までは男女共に身長は一気15cm平均身長は伸びているが1970年から1985年に掛けて1,3cmしか延びておらず1980年からは伸び悩んでいる。当然初潮も精通年齢も1970年からはほとんど変化はないのである。性教育推進派が勝手に言っているだ
けだ。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上
げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれて
いない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。金八先生の「15歳の母」では、、生徒に討論させる場面があったがこれは明らかに現実離れ。金八のようなジェンダーフリーのキチガイじみた討論は今の時代なら大きな非難が出ていた。この問題点は見事にクリアしていた。だけど、「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生徒が出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」両方ともありえないドラマになった。そして最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じら
れない。そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析したいとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。正、公式掲示板は正当な反対意見は不適切発言として受け付けないから、「すごく感動しました」っていう十代の子供たちの書き込みばっかりだった。このドラマは、こちらの地方では子供は時間の都合で従事までには小学生は寝ないといけない。中学生も勉強の真っ最中だ。小学生や中学生の子供は、ドラマをあまり見たことがないのだ。十代の意見が中学生となって書き込まれている公式掲示板が不思議でならない。保護者は多く見て注目したから視聴率は跳ね上がった。中学生が本当に多く見てると「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれてい
くことになる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。



2007/03/21(水) 12:37:21 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが、日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか
。視聴率が結果であり、すべて。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であり、日本人として断固許せない。安倍新政権になって教育の再生が求められる中で、日教組をはじめとする家庭崩壊推進団体の薄気味悪い笑い声が聞こえそうだ。志田未来ちゃんは13歳でこの役を演じきってブレークしたといえるのだろうか。また女優としての地位が上がったといえるだろうか。私は逆だと思う、悪魔の教育となった性教育の影響で増えている14才以下の出産が2006年は42件以上に増えることは間違い ない。そうなると志田未来ちゃんも「14才の母」も日本崩壊番組と叩かれるのだ。「14才の母」はもうSPもいらないし再放送もしてほしくない。永久にお蔵入りさせてしまうべきでありテレビ局もこのような過激なタイトルのドラマは作らないことが大切だ。 内容は現実とが学校の教師や家庭、プロの産婦人科医と賭けかなれていた。「14才の母」は世間を混乱させるだけで事態を解決する力にはならない。エンドが特に悪い。特に心配なのは、人工妊娠中絶は悪、産むことが美徳であるかのような風潮を生みかねないことだ。「中絶なんて、そんな無責任なこと考えられない」と格好よくいうならば、「セックス後の出来事を?#92;測せずに行動する人の気が知れない」と返したくもなる。過去に中絶を余儀なくされた女性たちの心を傷つけてしまわないかも心配だ。わが国では
15歳未満の出産例が2005年は1年間42件と厚生労働省から報告されたが、その陰で456件(2004年度)の人工妊娠中絶が行われている。200万人もいる女子中学生の中からの数からだからしてた数のように見えるが性教育がなかった1970年に比べて3倍以上に増えていることが見逃せない。ないのだから、望むと望まないにかかわらず、妊娠可?#92;年齢の女性がセック スすれば 、たった1回でも妊娠は現実のものとなる。仮に妊娠を継続できない事情があれば、中絶はその個人にとってはやむを得ない選択と認めざるを得ないが。私は、若いという理由だけで頭ごなしに産むことを否定しているわけではない。理由はなんであれ妊娠をきっかっ けに「産みたい」との欲求が沸き起こってきても不思議ではない。ハイティーンであれば、身体的には産むことへの障害はないといえるかもしれない。ただしローティーン(15歳以下)はハイリスクとなるから危険なことも考えないといけない。しかし、わが国の場合、家族、学校、社会の協力を得ることが極めて難しいために「産まない」選択を強いられることが多く、若者たちの性と生殖に関する権利がないがしろにされていると言わざるを得ない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない。たった一度であっても、セックスが行われれば妊娠や性感染症を引き受けるという教育はおざなりでありながら、結果として起こった妊娠に対しては、突如として「愛」だの「命の大切さ」だのと強調するメディア。これが怖いのだ。プロの医師に聞くと診療の場でもよく見受けられる光景です。中学生はめったにないが高校生のカップルに「妊娠」を告げながら「どうするの?」と問いかけると、決まって返ってくる言葉が「中絶!」。教育的な意味合いも込めて「中絶しか選択肢はないの」と尋ねると、「だって僕たち高校生ですよ。産めるはずがあり ません。経済力もないし、育児には自信がない」と。「君たちが高校生だってことは今に始まったことではない。妊娠する前から、セックスする前から高校生なのだ。妊娠したからといって急に高校生になるのはおかしくはないか」と諭すように語りかける医師の言葉の虚しさを私も感じる。「人間なんてそんなものです」と言ってしまえば元も子もないが、これではあまりにも無責任だ。ドラマの採り上げ方だけでなく展開についても十分に配慮はされていたが、内容は現実とが学校の教師や家庭、プロの産婦人科医と賭けかなれていた。私は「14才の母」を反対者の立場から毎週見てビデオも前11話録画した。公式掲示板には反対なら似なくていいという書き込みが見られたが反対意見が掲示されない掲示板であることをいいことにして多くの反対者の視聴者に対してあまりにもこの書き込みは失礼だ。特に注目されたのは第9話だ「14才の母、出産」というタイトルに惹かれて思わず見てしまったという人が多くいた。しかし、生まれてこなかった。1時間、まるまる志田未来演ずるが主人公が苦しんだまま終わったことは奨励できる。14才の出産のハイリスクが良くわかり危機感もよく伝わり第10羽話の高視聴率21,2%に結びつけた。全国の中学生に14才の出産が以下に危険であるかかなりの自己抑制効果を出したは答えはノーだ。ハピーエンドで逆効果になっただけのことなのだ。


2007/03/22(木) 14:42:27 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 このドラマの本当の山場は金八の「15歳の母」と違い、出産することまでがすべてで15歳と14歳の違いを出すことにある。出産その後は描く皮膚用はない。未希たちがどうなったかを描いても頂点は同じでハピーエンドにしかならない。もしかしたら、視聴率が高いということから、本当は未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんの命の選択でどちらかが死亡のとことが高視聴率でありきたりのハピーエンドになってしまったのかもしれない。1話延長になった意味がない。この内容なら 、第10話をそのまま最終回にして、拡大版か何かで終わらせてしまったほうがすっきりとまとまっていた。未熟児で産まれた子どもが未希の指を握るというシーンはとてもよかったが、そこで美希の体調に異変が起こり今度の二人の運命はという形で切ってしまったほうがドラマとしてはすっきりとした印象になったように思う。それでも、智志(三浦春馬)が子どもを見たときに恐怖でその場に立っていられなかったというシーンは考えられない。今まで自分の子供に責任を取りたいといっていたのに、最終回で再び同じセルフのプレイバックは脚本が薔薇ならになっている。子供に命がこの世に生まれるということを受け入れることは大変恐いことであることを印象付けるのはドラマにもう一つインパクトが足りなかった。このドラマは若年での出産を美化しすぎという批判が多い。そうした批判をうまくかわした意義あるシーンだったがうまく幾度ころが批判はさらに激しくなっていた。ドラマチックすぎる展開も良くない現実離れ。未希に出産で命を落とす危険性があったことを見せるシーンを命を尊厳を考えるということの明暗を映してもっと強く前面に出 してほしかった。とりあえずは論調が偏らないように苦心しているが内容は良くない。全11話に編成し直した交換条件だったのか、志田さんの事務所・研音の先輩にあたる反町隆史氏が小児科医役で特別出演。角川春樹さんに好かれて、すっかり最近は大作映画俳優になった反町氏だが、意外なほど小児科医役が不自然になった。 これはミスキャストといえる。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるの
に賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のク
ラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たちそんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。

2007/03/23(金) 13:31:17 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っているという台詞があった。ここは納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。最終回の内 容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。「14才の母」の感想。このドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。第11話全部ビデオで見直したがテーマの主流である【命ってなに?】命は奇跡!ということはまったく伝わっていなかった。脚本が弱すぎるのだ。「奇跡なんだね。そらが生まれた事も、私がお母さんのところに生まれた事も。何万分、何億分の一の奇跡。命って奇跡なんだね。」って主役の未希(志田未来ちゃん)自体がドラマを自分から美化しているようなものだ。未希(志田未来ちゃん)がそらちゃんを、はじめて抱いた時のやりとりで、「(2580gの)赤ちゃんはもうすでに重い。みんなの愛情がつまってる証拠、それと、きっと、未来の希望も、つまってる。」と母親(田中美佐子)に言った時、なぜ未希(志田未来ちゃん)の母は泣いてしまッたのはドラマを美化しすぎて現実離れしすぎている。 たしか、未希(志田未来ちゃん)という名前の由来が、未来への希望だったし「そら」という名前も共通点がある。だからこそ、お母さんは号泣してしまうではなくて「貴方は14才で子供を産んだことを忘れるな」と厳しく突き放す方が現実性が出てくるのだ。1970年の週刊誌にも「14才の母」の記事が出ていたが苦労捨て子供を産み運良く母子ともに3ヶ月もたって退院した。しかし2年間苦労して育てていた子供が2階から転落して死亡する事故がおきてしまったのだこの事故でこの少女は「14
才の母」というタイトルで週刊誌にスクープされ有名になった今でも47都道府県に1人以下の確立でないと出現しない14才の母はスクープスレだ大変な特種になり波多野卓(北村一輝)が追跡調査記事を書き始めたことも良くわかる。個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。 ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。ドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。


2007/03/24(土) 13:15:31 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社など
ないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん )のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞 いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくてい いといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえタイトルのインパクトが強すぎ超過激すぎる。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。日本テレビのドラマ「14才の母」は12月20日で11話全部が終了した。 志田未来ちゃん(13)が演じる未希ちゃんが産むのか、産まないのか、ドラマがどう展開されていくのが主なストーリーであり低年齢出産のハイリスクを伴う出産がテーマだった。プロの産婦人科医として若年妊娠を見続けてきた医師にドラマの感想を聞
くと私は何か心が晴れない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない たった一度であっても、セックスが行われれば妊娠や性感染症を引き受けるという教育はおざなりでありながら、結果として起こった妊娠に対しては、突如として「愛」だの「命の大切さ」だのと強調するメデ
ィア。これが怖いのだ。プロの医師に聞くと診療の場でもよく見受けられる光景です。中学生はめったにないが高校生のカップルに「妊娠」を告げながら「どうするの?」と問いかけると、決まって返ってくる言葉が「中絶!」。教育的な意味合いも込めて「中絶しか選択肢はないの」と尋ねると、「だって僕たち高校生ですよ。産めるはずがありません。経済力もないし、育児には自信がない」と。「君たちが高校生だってことは今に始まったことではない。妊娠する前から、セックスする前から高校生なのだ。妊娠したからといって急に高校生にな
るのはおかしくはないか」と諭すように語りかける医師の言葉の虚しさを私も感じる。「人間なんてそんなものです」と言ってしまえば元も子もないが、これではあまりにも無責任だ。ドラマの採り上げ方だけでなく展開についても十分に配慮はされていたが、内容は現実とが学校の教師や家庭、プロの産婦人科医と賭けかなれていた。私は「14才の母」を反対者の立場から毎週見てビデオも前11話録画した。公
式掲示板には反対なら似なくていいという書き込みが見られたが反対意見が掲示されない掲示板であることをいいことにして多くの反対者の視聴者に対してあまりにもこの書き込みは失礼だ。***3月19日関西で初めて日放送のNNNドキュメントが放送された。この番組の最後の
ほうに、ある意味番組の結論とも言える医師の言葉として中学生は性行為を行わないという前提で考えずにしっかりと避妊を教えるべきだということを言っていました。ここに中学生の性を刺激して14才以下の出産激増をさせている言葉が入っている。性教育がなかった1970年は14才以下の出産は9件2005年は42件4倍以上に激増している。本等の問題解決に踏み込まず逆に中学生の性を刺激して中学生のセックスを激増させ14才以下の出産を激増させる基になっている。




2007/03/25(日) 13:56:38 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。 そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析したいとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。
他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。正、公式掲示板は正当な反対意見は不適切発言として受け付けないから、「すごく感動しました」っていう十代の子供たちの書き込みばっかりだった。このドラマは、こちらの地方では子供は時間の都合で従事までには小学生は寝ないといけない。中学生も勉強の真っ最中だ。小学生や中学生の子供は、ドラマをあまり見たことがないのだ。十代の意見が中学生となって書き込まれている公式掲示板が不思議でならない。保護者は多く見て注目したから視聴率は跳ね上がった。中
学生が本当に多く見てると「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。 「14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。高卒で子育てして、働きながら勉強など受験に受かっても、女は25過ぎたら就職口なんて無い。それも無名大学なら書類ではじかれるでしょうに。だったら勉強せずに頑張ってパートから正社員に上がる方を選ぶ方が道は開けるのだ。いつでも勉強できるなんて、お花畑もいい所だ。働いた事がないから、働きながら勉強するなんて言えるんだ。現実と何一つ即して無いのに、現実と戦ったフリ。まさに
お話の世界。公式BBS見てみると、続編希望者が十代に多くいた。三十代からは希望者はいなかった。十代はこのドラマの続編希望どうして希望するするか理由が書かれていない。感動した。おもしろかったの理由だ。三十代以上の続編はないほうが言いのほうは現実と食い違いが激しすぎる。と理由は具体的に書かれていた。私も続編は希望しない。「14才の母」は近年まれにみる低視聴率に喘いでいる日テレの水10枠を高視聴率に切り替える必死さが伝わって
くるドラマに見えた。高視聴率は子供と性について一緒に考えるのではなく公式掲示板の書き込みからは、子供の性への好奇心や性欲が大人の恋に勝ったってことだろう。最初から最後まで自分の事しか考えられない今が良ければいいとかそんな感じだ。結局はそれだと思う。なんかそこんとこうやむやにして純愛とか言うものには欠けていた。またテーマの命の尊さを伝えるにはインパクトがラストになくお花畑になり伝わらなかった。母としてもキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていた
と評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。普通の家庭で育ってたり、親と一緒に見てたりとかしてれば、そんなことは考えないし、考えても実現の可能性はゼロだって分かるんだけどああいう書き込みって本心というか願望にも聞こえる。本心だとしたら、本人が可哀想であり 親が無関心ってことだがいずれにしても大変な自体に発展しかねない中学生の出産は1970年は12件だったが悪魔の教育、性教育により3倍以上の42件に激増したがまだ47都道府県の数には至っていない。日本テレビのドラマ「14才の母」は12月20日で11話全部が終了した。志田未来ちゃん(13)が演じる未希ちゃんが産むのか、産まないのか、ドラマがどう展開されていくのが主なストーリーであり低年齢出産のハイリスクを伴う出産がテーマだった。プロの産婦人科医として若年妊娠を見続けてきた医師にドラマの感想を聞くと私は何か心が晴れない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人 (三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない。 たった一度であっても、セックスが行われれば妊娠や性感染症を引き受けるという教育はおざなりでありながら、結果として起こった妊娠に対しては、突如として「愛」だの「命の大切さ」だのと強調するメディア。これが怖いのだ。



2007/03/27(火) 13:00:48 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的なハイリスク出産の場面はあったが、出産後未希(志田未来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。は非難がでるエンディングで高視聴率で幕を閉じ た。中学生が妊娠してどうのこうのと言う話の番組だが、高視聴率だっただけに多くの反対派も見ており「困っています」という声が高まっている。これをベースにした未成年が実際に14とかそこら の年齢で出産してその後をいろいろ話を聞くドキュメンタリーチックな番組「14才の母 もう独りの14才の母 ドキュメント」という
番組が番組放送前にあったがどうにもこうにも未成年の妊娠出産を賛美している。一例として自分と同い年孫娘の女子が15で出産した後の話を見てたんですが「子供の育て方がわからない」「親に預けっぱなしで一人ぐらし」という、自分の考えの斜め上を行っていた 。せめて父親となった人間と3人で暮らして保育士さんもどきのところで育児のアドバイスとか聞きながら細々生活しているのは珍しいケースだ。そのメインとなっている14歳の母の最初のストーリーなんて醜いことこの上ない「ある日の夕方、未希と智志が一緒にいる
時、街の不良たちに絡まれる。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラ マにならない。 母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。14才の妊娠出産は良くないと書いたが。中絶には反対です、未希(志田未来ちゃん)場合も中絶すべきではありません。中絶すれば中絶推奨番組となり、中学生や高校生の中絶が爆発的に増えます。中絶はあってはいけません。生まれていなくとも、おなかの中で小さくても生命なんです。中絶してはいけません。間違った関係でも生命を宿したら責任を取って産むべきです。ここはドラマは正しく描かれている。宿った生命に罪はありません。しかし14才の出産はもっといけません。14才の母の掲示板に、私は妊娠をして子供ができたらやっぱり子供を産んで育てます中1で子供ができて自由に義務教育は卒業できるから子供を作りたい。そういう書き込みをいくつか見ました。10代終わりから20代はじめ、大学生たちだ。勘違いするな!子供がソだれられないときは子供ができる性行為はするな!もし妊娠すればどんなに苦労してもその生命を宿した責任を一生背負いなさい!と怒鳴りたい。問題は、中絶や出産をしなければならないような関係を
持つことが間違っている。そんな安易な性行為はしてはいけないのだ。結婚できない、育てられないなら、男は求めるな、女は応じるな!結婚して、親が心から望んで、回りからも祝福されるような、正しい関係を持ってから子供を作りなさい!と言いたい。「14才の母」は、これから最後の2話になります。このドラマは物語の大前提から間違っていると思うので、どんなに感動的な最後になろうと、ハピーエンドのなれば、私だけでなく反対派は納得しないと思います。物語は、最後の終わり方ですべてが決まりにってれがただの視聴率稼ぎだったのか、それとも全国の中学生へ自己抑制と命の尊さや愛の深さを伝えるメッセージだったのかが決まる。全国の中
学生に間違った付き合いをしてはいけないと教えるような終わり方になることが大切だ。まだ子供を作ってはいけなかった。一時の感情に流されて関係を持ってはいけなかった。こんな時代の大人に育てられた子供は本当に可愛そうだ、自殺だってしたくもなるだろう。本当にこういうあいまいなドラマが現在の日本をダメにしている顕著な例だ20年前でも中学生で産もうとする女がえらいなんて反響はない。今より遥かに保守的だった時代だ。美希(志田未来ちゃん)の行動や性格は志田未来ちゃんの演技力が高すぎて逆効果になりリアリティがないのは別にかまわないが、演技力とは無関係に美希(志田未来ちゃん)が共感できないキャラになってしまっていることと、脚本家が信じてる倫理観がどうもおかしいというのが致名的。タイトル自体が過激すぎなのだ 「14才の母」で「命の尊さ」や「愛するために生まれてきた」を市庁舎に伝えるにはまだ「14才の母」はドラマでこんなに世の中甘くないって思わせる目標に迫りきれていないのだ。「14才の母」を私は今までの放送分1話から5話までビデオ録画を完全に行いセリフも調べて脚本を分析してもこのドラマの狙いは中絶なんてしないで皆産んで少子化問題を解決しよーぜの方向性も見られるが無事出産ハピーエンドじゃ話にならない。子供の性を放送させ望まない妊娠やエイズやSTD性感染症が増えてみんな子供は不妊症になり逆に少子化に輪をかける用になるドラマではコンドームを取り上げて入るがコンドームは避妊は出来てもエイズやSTD性感染症は防げないので中教審から「安易な避妊指導はすべきではない」と中教審から警告が出ているのだ。コンドームでみんながせっクスするようになるとあっという間にエイズやSTD性感染症が蔓延して高校生で子供が全員不妊症になり少子化問題どころではなくなるのだ。この時代が2010年に迫っている危険なデーターまで出されているのだ計算上では2010年には確かにそのようになる。



2007/03/28(水) 14:01:04 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ 。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」 、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。「14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。高卒で子育てして、働きながら勉強など受験に受かっても、女は25過ぎたら就職口なんて無い。それも無名大学なら書類ではじかれるでしょうに。だったら勉強せずに頑張ってパートから正社員に上がる方を選ぶ方が道は開けるのだ。いつでも勉強できるなんて、お花畑もいい所だ。働いた事がないから、働きながら勉強するなんて言えるんだ。現実と何一つ即して無いのに、現実と戦ったフリ。まさにお話の世界。公式BBS見てみると、続編希望者が十代に多くいた。三十代からは希望者はいなかった。十代はこのドラマの続編希望どうして希望するするか理由が書かれていない。感動した。おもしろかったの理由だ。三十代以上の続編はないほうが言いのほうは現実と食い違いが激しすぎる。と理由は具体的に書かれていた。私も続編は希望しない。「14才の母」は近年まれにみる低視聴率に喘いでいる日テレの水10枠を高視聴率に切り替える必死さが伝わってくるドラマに見えた。高視聴率は子供と性について一緒に考えるのではなく公式掲示板の書き込みからは子供の性への好奇心や性欲が大人の恋に勝ったってことだろう。最初から最後まで自分の事しか考えられない今が良ければいいとかそんな感じだ。結局はそれだと思う。なんかそこんとこうやむやにして純愛とか言うものには欠けていた。またテーマの命の尊さを伝えるにはインパクトがラストになくお花畑になり伝わらなかった。母としてもキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋 )も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。 14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。 結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。このドラマの話題の超過激な主人公を演じている志田未来ちゃんはどんな子なんだろうか調べてみると恐るべき事実が覚醒した。インターネットで最新情報が入り一番信頼性があるフリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』で志田未来ちゃんを調べると「『14才の母』の収録が終わったあと、母親役の田中美佐子と更衣室 で着替えていたときに、突然パンツ1丁で自作の歌を歌いながらおかしな踊りを踊り出したことがある。」 これは志田未来ちゃんが普 通の中1とは思えない面がある。普通の中1は私も良く離しているがまだ子供であり純真なものである。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。



2007/03/29(木) 11:30:59 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  超過激な主人公を演じている志田未来ちゃんはどんな子なんだろうか調べてみると恐るべき事実が覚醒した。インターネットで最新情報が入り一番信頼性があるフリー百科事典 『ウィキペディ(Wikipedia)』で志田未来ちゃんを調べると「『14才の母』の収録が終わったあと、母親役の田中美佐子と更衣室 で着替えていたときに、突然パンツ1丁で自作の歌を歌いながらおかしな踊りを踊り出したことがある。」これは志田未来ちゃんが普 通の中1とは思えない面がある。普通の中1は私も良く離しているがまだ子供であり純真なものである。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。このドラマの本当の山場は金八の「15歳の母」と違い、出産することまでがすべてで15歳と14歳の違いを出すことにある。出産その後は描く皮膚用はない。未希たちがどうなったかを描いても頂点は同じでハピーエンドにしかならない。もしかしたら、視聴率が高いということから、本当は未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんの命の選択でどちらかが死亡のとことが高視聴率でありきたりのハピーエンドになってしまったのかもしれない。

2007/03/30(金) 13:46:53 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組
になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが
今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成 だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望、未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません。雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。 まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や
未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理、14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。。「14才の母」は非難がでるエンディングで高視聴率で幕を閉じた。中学生が妊娠してどうのこうのと言う話の番組だが、高視聴率だっただけに多くの反対派も見ており「困っています」という声が高まっている。これをベースにした未成年が実際に14とかそこらの年齢で出産してその後をいろいろ話を聞くドキュメンタリーチックな番組「14才の母 もう独りの14才の母 ドキュメント」という番組が番組放送前にあったがどうにもこうにも未成年の妊娠出産を賛美している。一例として自分と同い年孫娘の女子が15で出産した後の話を見てたんですが「子供の育て方がわからない」「親に預けっぱなしで一人ぐらし」という、自分の考えの斜め上を行っていた。せめて父親となった人間と3人で暮らして保育士さんもどきのところで育児のアドバイスとか聞きながら細々生活しているのは珍しいケースだ。そのメインとなっている14歳の母の最初のストーリーなんて醜いことこの上ない「ある日の夕方、未希と智志が一緒にいる時 、街の不良たちに絡まれる。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが
。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれるまた才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理、14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。


2007/04/01(日) 14:21:37 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  私も続編は希望しない。「14才の母」は近年まれにみる低視聴率に喘いでいる日テレの水10枠を高視聴率に切り替える必死さが伝わってくるドラマに見えた。高視聴率は子供と性について一緒に考えるのではなく公式掲示板の書き込みからは、子供の性への好奇心や性欲が大人の恋に勝ったってことだろう。最初から最後まで自分の事しか考えられない今が良ければいいとかそんな感じだ。結局はそれだと思う。なんかそこんとこうやむやにして純愛とか言うものには欠けていた。またテーマの命の尊さを伝えるにはインパクトがラストになくお花畑になり伝わらなかった。母としてもキャラクターは未希(
志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑
になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。普通の家庭で育ってたり、親と一緒に見てたりとかしてれば、そんなことは考えないし、考えても実現の可能性はゼロだって分かるんだけどああいう書き込みって本心というか願望にも聞こえる。本心だとしたら、本人が可哀想であり 親が無関心ってことだがいずれにしても大変な自体に発展しかねない中学生の出産は1970年は12件だったが悪魔の教育、性教育により3倍以上の42件に激増したがまだ47都道府県の数には至っていない。日本テレビのドラマ「
14才の母」は12月20日で11話全部が終了した。志田未来ちゃん(13)が演じる未希ちゃんが産むのか、産まないのか、ドラ
マがどう展開されていくのが主なストーリーであり低年齢出産のハイリスクを伴う出産がテーマだった。プロの産婦人科医として若年妊娠を見続けてきた医師にドラマの感想を聞くと私は何か心が晴れない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない。 志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるという中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。志田未来ちゃんの演技力が高いだけに14才でも子供ができても、やっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力が
あった。志田未来ちゃんの演技直の高さが招いた悲劇である。志田未来ちゃんの演技力の高さを生かしてバッドエンドにすればこれは全国の中学生へ非常に強い自己抑制のメッセージになっていた。この辺が微妙なとこだ。これが例えば勢いだけの我儘な人物像だったりすると、もう少し違った感想を持つんでしょうが、14才の母となった志田未来ちゃんに、ここまでしっかりした意思、考え方を持たせると全国の中学生が納得させられてしまう危険性もでてくる。大人でもこんなにしっかりした考えを持ってない人いっぱいるのだ。個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感
じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っているという台詞があった。ここは納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。「14才の母」の感想。このドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が
結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。


2007/04/02(月) 13:33:40 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可?#92;だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりして いる。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。 父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才?#92;がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの?#92;算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲
示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結果、目に付いた。 志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」と
いうタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。 父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっ
ているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだと
いうので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていでき
れば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえタイトルのインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。
2007/04/03(火) 12:56:06 | URL | 批評 大志尊徳 #-[ 編集]
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  結局このドラマの中の誰も、生まれてくる子の将来なんて考えてない。DQNカップル出産 → 中卒ワーキングプア DQN妊娠 ←子供も中卒DQNに ← 生活保護 少子化対策にもマイナスだ。 日本国が「14才の母」によりさらに荒廃まっしぐらになりそうな予感もする。人間の遺伝子には、早い女の子は11歳普通は12歳から13歳で初潮がくるように設定されているが、生き残る競争が国際的にむつかしくなってきたため、たったの11年~13年では頭脳力を鍛えるには不充分になってしまった。だから私たちは11歳~13歳でセックスを始める人は明らかに「早過ぎる」のだ。日本では女性16歳以上、男性が18歳以上でなければ結婚が認められていない。その理由は生き残るためであることが分かったと思う。また女性を16歳に年齢制限しているのは初潮が始まっても子宮など胎児を育て安産ができる体になるには16歳はかかるからだ。だから法律でこのように認められている。女性なら最低16年、男性ならば裁定18年間はセックスのことを考えずに教育を受けて生きる力を身につけなさいということになる。この年齢以下で子供を作ってしまうことは、明らかに子育てに不利だ。まあ、中には一人くらいそのような国民がいても国はダメージを受けないが、全員が若い頃にセックスをして子供を生み落とすようになれば日本は間違いなく世界に取り残され、超貧しい国となり国は崩壊して滅びる。現状としては最低でも大学レベル(22歳)までは恋愛やセックスをメインに考えず、教育を受け、生き残る力を身につけていかなければ、国際暴力社会で生きていくことが困難に なってきた。ところが、遺伝子には11歳~13歳で発情するように設定されているから困ったものだ。発情し、恋愛に全てをささ
げたい、セックスしたいという本能の欲求に打ち勝って教育を受けなければならない。14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する「14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。高卒で子育てして、働きながら勉強など受験に受かっても、女は25過ぎたら就職口なんて無い。それも無名大学なら書類ではじかれるでしょうに。だったら勉強せずに頑張ってパートから正社員に上がる方を選ぶ方が道は開けるのだ。いつでも勉強できるなんて、お花畑もいい所だ。テーマの命の尊さを伝えるにはインパクトがラストになくお花畑になり伝わらなかった。
母としてもキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好